2018年12月31日月曜日

ていお亭・イベント参加情報

日時
場所
イベント名
配置番号
新刊
3/4
蒲田PIO
芸能人はカードが命!15
申込完了
3/18
蒲田PIO
僕らのラブライブ18
申込完了
4/15
蒲田PIO
レインボーフレーバー18
申込完了
4/30
国際展示場
COMIC1
申込完了
8/11
国際展示場
C94
申込完了
ていお亭通販営業中
http://teiotei.web.fc2.com/tuuhan.htm
☆書店戻しのレア商品が若干数入荷しています。(´Д`* )

2018年2月18日日曜日

HUGっと!プリキュア第03話「ごきげん?ナナメ?おでかけはぐたん!」

脚本=村山 功
演出=村上貴之
絵コンテ=角銅博之
文字数1714
かわいいーーーーーーヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

うーん、やっぱりキャラクターのツカミは表情を見せることですよねぇ。

第3話あなたの感想は?



2018年2月11日日曜日

HUGっと!プリキュア 第02話「みんなの天使!フレフレ!キュアアンジュ!」

脚本=坪田 文
演出=平池綾子
絵コンテ=佐藤順一 
文字数2792
ぬうううううううううううううう
かわいいなあ・・・(`・ω・´;)

理屈馬鹿としては「見た目」を語るのは後回しにしたいんですが、
やっぱり視聴中に一番考えたことが「ひたすら可愛い」だったからしょうがないよね。

2話あなたの感想は?



2018年2月6日火曜日

15年てすごいな。

▲キュアエールは15年前から居た説。
なっがい前振りですこと。(ノ∀`)

・・それにしても色が・・・15年てすごいな。
そういやあのころは地デジじゃなかったんだもんな。

ってそうか。なぎほのが当時15歳だったんじゃないか!!
なぎほのがマーブルスクリューしてたころ、
はなちゃんは生まれてもいないじゃないか!

・・15年てすごいな。

2018年2月4日日曜日

プリアラ・1年分の投票結果集計


1年分の集計が出ました。
皆さんお付き合いいただきありがとうございました。

これは今後、「当時」を残すものとして非常に貴重な資料になっていくと思います。

HUGっと!プリキュア第01話「フレフレみんな!元気のプリキュア、キュアエール誕生!」

脚本=坪田 文
演出・絵コンテ=座古明史
文字数2498【賛】

この姿に、
確かに「お母さんの強さ」を見た!

HUGっとプリキュア第1話あなたの感想は?



2018年2月1日木曜日

最終回を見た割には熱が

プリアラ最終話は良かった。とてもいい最終回だった。
余計なケチや厭味を言いたくなることもなく(OPのジュリオ以外)
綺麗に締めてくれたのは本当にうれしい。


・・・これは偽らざる個人的感情であり、投票結果を見る限り
ウチを読みに来てくれる皆さんも程度の差はあれど似たような
感想をお持ちのようです。


しかし、おかしいと思いませんか。
いい最終回を見た、という感触の割には熱を感じないのです。

2018年1月31日水曜日

キラキラ☆プリキュアアラモード全話を振り返る

【追記あり】
最終話を見た後、私は投票所には「満足」を一票入れました。

実は、最終話を見る前までは「差し引きゼロ」の気分でした。
2週間前から用意を始めていたこの本文も
それを前提に下描きをしていましたので、序文はすべて書き換えることになりました。

それほどまでに、最終話が良かったと言う事です。

※  ※  ※

この1年間、私のプリキュア感想はハイ&ローの波が4回くらいあった気がします。

そのたびにアツくなったり冷めたりして、それにやがて疲れた結果が
「差し引きゼロ」を選びかけることになったのだと思います。

作品全体を振り返るなら、
私の感想は賛否それぞれ同じ量だけ語ることになります。

だから、読後感のためにもまずは不満点から語っていくことにいたしましょう。

【追記】▲あ、これこれ。
40話の時にも書いたんですが、最後の最後まで
これ放置した監督のセンスは私、嫌いです。

なんですかね。
これを最終回まで残したってことは監督なりのこだわりがあったんでしょうか。

シエルが歩いてきてキュアパルフェになる絵は用意するのに、

▲この展開があったあとさえも

「ジュリオ」がシエルの前にかぶって画面を黒くする絵を放置って???



まして、ここは「大好きが一番のマストアイテム」と歌うところ。
そこにあの絵はないでしょ・・・


職場で誰かしらが「ここ変えないの?」とは言っただろうし、
よほどのこだわりがなきゃここまで放置するなんて事は考えられませんねー

私の理屈で凝り固まった発想力では読み解けなかったです。
誰か教えてくれませんか。
いや、これがキャラクターをモノのように扱うような作家だったなら
今更疑問は感じないんですよ。
暮田監督の普段の仕事にそういう作り方が見られないから、「不思議」に思うんですよね。

2018年1月28日日曜日

キラキラ☆プリキュアアラモード最終話

脚本:田中仁
演出:貝澤幸男
文字数1347【賛】

ははぁ~~(*゚ω゚*)良い最終回だった!
目んたま引ん剝くくらいよかった。

先週まですっかり冷めていた心が、2話までを見た時と同じくらいの
テンションに戻るほどに感動しました。

※画像の仕入れ先がやってなかったので、今回は文章のみでお送りします。(゚ω゚)

最終話、あなたの感想は?

全話通してのあなたの感想は?



2018年1月21日日曜日

キラキラ☆プリキュアアラモード第48話[457]「さいごの戦い!世界まるごとレッツ・ラ・まぜまぜ!」

脚本=田中 仁
演出・絵コンテ=暮田公平
文字数1852「肉弾戦封印解除?」を追記しました。
うーん・・・

良いじゃない。(゚ω゚)

「よくしゃべる最終決戦ですこと」
と思ったし、私はここまでにすっかり心が冷めてしまっていましたが、

それでも納得できました。

それは、窮屈で荒い話づくりでありながらも
「物語の最後に、プリキュアにどんな主張をさせるのか」ひいては
「どういうプリキュアを描くのか」

という部分においては明確な意思が感じられたからです。

48話あなたの感想は?



2018年1月14日日曜日

キラキラ☆プリキュアアラモード 第47話「大好きをとりもどせ!キュアペコリンできあがり!」

脚本=大内珠帆
演出=古家陽子
絵コンテ=芝田浩樹
文字数1013
うーん。(・´ω`・)

「何を描きたいか」は分かったし、「そのために必要な要素」も不足は無かったと思います。
・・が、率直な感想として、面白くなかったです。

47話あなたの感想は?



ていお亭・イベント参加情報

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 3/4 蒲田PIO 芸能人はカードが命!15 申込完了 ○ 3/18 蒲田PIO 僕らのラブライブ18 申込完了 ○ 4/15 蒲田PIO レインボーフレーバー1...