2018年12月31日月曜日

ていお亭・イベント参加情報

日時
場所
イベント名
配置番号
新刊
6/3
国際展示場
僕らのラブライブ19
D27
8/11
国際展示場
C94
申込完了
9/23
国際展示場
僕らのラブライブ20
申込予定
ていお亭通販営業中
http://teiotei.web.fc2.com/tuuhan.htm
「つまんないのか?」と聞かれれば「そんなことないよ、いいとこいっぱいあるよ」と
答えるけど、「じゃあ面白いの?」と聞かれても胸張って「はい」とは言えない。
それが今の私の飾らぬ本音です。
▲その言葉はこのネガティブな感想が並ぶ状況では
「誉めようとする人はそんな言葉しか言えないの?」と思われてしまう。
ネガティブ意見をむしろ補強する結果になってしまうんですよ。
反論したいならもうちょい論理的に頑張らないと、むしろ同調者に迷惑ですよ。

2018年5月27日日曜日

HUGっと!プリキュア第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」

脚本=田中 仁
演出=ひろしまひでき
絵コンテ=八島善孝
文字数3277(追記2回目
んー・・なんつったらいいのか難しいですね。

作画・作話・芝居・構成などのパート毎に
「すごく良い」と感じるところと
「なんだそれ」と感じるところが分かれていて

「全体としてどうだったか」をスパっと一言で言えない感じ。

スポーツ観戦でいうなら
「エラーや謎采配があった一方でファインプレーも多かった試合」、
みたいな感覚です。


投票結果はこちらから見られます。https://vote1.fc2.com/result/928119/59/

2018年5月20日日曜日

HUGっと!プリキュア 第16話「みんなのカリスマ!?ほまれ師匠はつらいよ」

脚本=村山 功
演出=川崎弘ニ
絵コンテ=渡邊巧大
作画監督=渡邊巧大
文字数3612【賛】
うーん・・まいったな・・
色んなものがうますぎる。

※日曜日に外出の予定があったので、文章は2回に分かれて書いています



bloggerの投票機能が使えなくなったため、一言コメントコーナーと投票所を一元化しました。
連続投票が不可能になったため、一言コメントが50文字を超える場合は当ブログコメント欄を
使用してください。
https://vote1.fc2.com/result/928119/58/
投票後はここから結果を確認できます。

2018年5月13日日曜日

メイドラゴンアンソロジー4

メイドラゴンアンソロ4巻に呼んでもらいました。(´∀`*)

HUGっと!プリキュア 第15話「迷コンビ…?えみるとルールーのとある一日」

脚本=成田良美
演出・絵コンテ=田中裕太
文字数3274【賛】
成田脚本について、数行追記しました。
久々の3000字超え。
感想執筆に2時間半かかったのも久しぶり。
ふう・・・



15話あなたの感想は?

頑張って複数投票しても集計は「1」で記録されますよ

2018年5月6日日曜日

HUGっと!プリキュア 第14話「はぎゅ~!赤ちゃんスマイルめいっぱい!」

脚本=広田光毅
演出・絵コンテ=志水淳児
文字数1124

うまい。





14話、あなたの感想は?

一生懸命連続投票してる方がいますが、いくら頑張っても集計では「1」にまとめますからね。(゚ω゚)

2018年5月3日木曜日

カレイドスター視聴中

「皆さんがそんなに言うなら」
ということで、噂のカレイドスターを見始めました。

現在は5話までですが、感想は

「なるほど。」です。


2018年4月29日日曜日

HUGっと!プリキュア第13話「転校生はフレッシュ&ミステリアス!」

脚本=田中 仁
演出・絵コンテ=角銅博之
文字数1424
うん。(゚ω゚)

前半あまりにも心が動かなくて「これヤバいな」と思ってましたが
後半に見どころがあって「あ、じゃあいいか。」って気分になりました。

13話あなたの感想は?



2018年4月22日日曜日

HUGっと!プリキュア 第12話「ドキドキ!みんなでパジャマパーティー!」

脚本=村山 功
演出・絵コンテ=関 暁子
文字数2688※村山脚本の特徴について追記しました
うん?んー・・・・

・・ん?
キャラの特徴はそこそこ出てたし
コネタもまあ上手いなと思ったし
描くべき設定も沢山あったようですし

内容としては結構詰まってたとは思うんですけどね。

でも、それにしては・・なんか、視聴後の気分がよくないというか
心に残るものが無かったなぁ・・なんでかなぁ・・・



・・・そうか、この話面白くなかったんだ。

味噌汁に例えるなら、具だくさんだけどダシが少なかった、みたいなものです。


12話、あなたの感想は?

2018年4月18日水曜日

女性のための番組ですから

「男は理屈で納得する」「女は感情で納得する」

なんて話はよく聞きますよね。
例外なんて挙げたらキリが無いですが、一般論としては私も「そうだ」と思います。

そしてプリキュアは幼い「女性向け」の作品である以上、
女性が「納得する」と言うのなら、

自分自身はそれが納得できなかったとしても、
理屈馬鹿の主義として受け入れることは出来ます。
(自分の意見は書くけども、それとは別の大前提として。)

今回のママとの会話からのはなの立ち直りについて、
私は「質問に答えてないじゃんか」
と思ったものでしたが

(山)さんのコメント
でもね、年頃の女の子が、悩んでる時に、本当に必要なのは、
解決してあげる事ではなく、親身になって、話を聞いて、
傍に居てあげる事、「母親の優しさ」だそうです。

これを拝見して一つ納得することが出来ました。

2018年4月15日日曜日

HUGっと!プリキュア第11話「私がなりたいプリキュア!響け!メロディソード!」

脚本=坪田 文
演出・絵コンテ=畑野森生
文字数 2493
うん。(゚ω゚)

前半には首をひねるところもあったんだけど、
クライマックスではナナメになってた首が縦に動いてました。

いいじゃないですか。


11話、あなたの感想は?

ていお亭・イベント参加情報

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 6/3 国際展示場 僕らのラブライブ19 D27 ○ 8/11 国際展示場 C94 申込完了 ○ 9/23 国際展示場 僕らのラブライブ20 申込予定 ?...