2012年8月26日日曜日

第28話「ウソ?ホント?おばけなんかこわくない!」 脚本=米村正二 演出=広嶋秀樹 絵コンテ=佐々木憲世


やだなぁ・・今日はスマイル初の文句ばっかり感想文です。
今回の話を楽しんで見れた方は、以下の文章を読んで気分を害されても
私は責任を負えません。


まさか「スマイルプリキュア」で、去年をほうふつとさせるような感想を持つことになるとは
思ってなかったなぁ。





゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜
 
「うわ!なにこれ!脚本も演出も荒いなー!」


と言うのが視聴中・後の正直な感想。

スマイルプリキュアでは初めて、お茶入れたり机片づけたりと
気を散らせながら視聴しました。

これまでは「お茶を入れようと思ってもCMまでは画面から目が離せない」
程に引き込まれていたわけですから、今回はその「引き」の力が殆ど無かったという事だと思います。
(飽くまで私個人の話ですよ(゚ω゚))

シリーズ構成の描く脚本ですから、「今の時期はこういうお話で行く」という事の

意思表示の証でもあると思うんですが、
これまでの「軽くて楽しい回」と比べても随分「荒い」と思いました。

特にそれを顕著に感じたのが、なおちゃんが「あれはマジョリーナ」と思い出すタイミング。
れいかさんの「廊下を走ってはいけません」というギャグを「どうしても入れたい」という下心と
人物の心情を計るタイミングの未熟さで、ギャグは決まりきらないし
なおちゃんのセリフには「唐突感」が出てしまっています。



他にも
・いくら背景で雰囲気を出しても、昼間の学校で肝試ししようったって盛り上がらないし
  ・「肝試し回」という事ならもっと「怖い雰囲気づくりから」アイディアを出せたんじゃないかと思うし、

・序盤、怖がり二人だけを行かせるのでは肝試しというより「意地悪」だし、


・今回は全体的にセリフの出方が自然ではないように感じました。
 

「セリフやリアクションを出させるため」に仕組んだ会話や行動のきっかけの与え方がとても雑で、
キャラクターがそれに「付き合ってる感」が出てしまっていた気がします。


例えば
「怖がりを克服したいとは思わないし」と言ってたなおちゃんが
「怖がりを直さなきゃ」と言うに至る理由が弱くて「言わされてる感」が見えてしまう所。




これまでの「スマイル」はその「誘導」がとても丁寧・上手で、
会話の流れもとても自然で感動していただけに、この粗さは残念です。


画面の見せ方・物語運びのぎこちなさも「引きが無い」事の原因だとは思いますが、
やはり元々の脚本にアイディアや丁寧さが無い事が「残念」の一番の原因だと思います。


そう、この雑さはちょうど1年前の「30分で地球を救え回」の時のよう





とはいえ、上記は全て「大人目線」の意見です。


今回の監督やシリーズ構成は「どういう作品が子供に好まれるか」を真剣に
分析・検討して「プリキュア」を作っています。


前半、我々大人が毎回熱中して観ていた「熱くて濃い話」よりも
「こういう軽い話の方が子供たちの望んでいるものなんだ」
という持論の結果がこの作品であり、実際に子供たちが喜んで見ているというのなら、

私は自分が好みでない物語であっても「良い」と思います。


身近に子供が居ないのでわかりませんが、子供たちがどう感じているのか、
聞いてみたいですね。(´・ω・`)
製作スタッフでもないくせに気になっちゃいます。



でも今回のお話に限って言えば、「軽い話を意識されている」事には理解をするとしても、
「話づくりが雑」な点はファンとして納得できません。



・「マジョリーナタイム」も「大人視聴者を意識したのかな?」と疑ってしまう使い方。
もし本当にそうだとしたら
過去のプロデューサー、監督たちが声を揃えて言ってきた、「作者としてはやっちゃいけない」大チョンボです。



・お化けを前にパニクるヒロイン。 それはちびっこには「楽しいもの」と
見えるのかもしれない。それが作者の狙いかも知れない。

でも、ヒーロー(ヒロイン)が何の主張もせずに、

揚句戦いもせずに動けない敵に必殺技を放って終わりだなんて
どうなんだろう?と思う。

100歩譲ってその「大きすぎて動けないギャグ」をやるにしても、

①大きさの威圧感をアピール・みんな警戒する。マジョリーナも高笑い(前振り)
②・・なかなか攻撃が来ない
③もう一度威圧感アピール、高笑いのマジョリーナ
④攻撃が来ない⇒疑う
⑤ギャグタッチで手足ピコピコ
⑥「もしかして動けないんじゃ?」「マヌケすぎちゃう?」逆上するマジョリーナ
⑦必殺技

くらいにしっかりとギャグの基本(緊張と緩和)をやってくれたら、あるいは「ギャグ回としてアリ」と思えたかもしれないのに。

▲2個?・・ああ、先週の分か・・・・・?あれ?先週もアカンベーは出たけど
時計の針が回らなかっただけだよな?なんで2個なんだろう。
▲「なんということでしょう。」
なかなかいい洒落だったと思うけど、ギャグ回と言うほどの雰囲気が出来てなかったせいか
あんまり笑えなかったな・・

▲れいかさんのまじめギャグ。田中裕太さんならきっともっとバチッと面白く決めてくれたんだろうな。

21 件のコメント:

  1. 正直、私も今回はていおさんと同意見です。
    スマイルが始まって以来初めて「つっまんないなー…」と思ってしまいました(*_*;
    用意されていたもの全てが唐突・不自然感が満載で(以下略)
    今回については何も語るまい…です。

    次回予告をみて、DX3を思い浮かべたのは私だけではないはず( ・`д・´)
    一抹の不安はぬぐい去れませんが、次回はとびきりの「スマイル」ができることを期待しています。

    しかしまぁ、ウルフルンさんのガッツポーズの嬉しそうなことw

    返信削除
    返信
    1. ね。理屈はともかく、まず感覚でそう感じちゃいますよね。
      「ちびっこは寧ろこういうのが毎回見たがってたんだ」っていう証でもあれば、
      それが救いになるんですけどね。(´・ω・`)

      削除
  2. 今日の話は、いわゆる「伝えたいテーマが無い」回。プリキュアでこういう話は成功しませんねえ

    これならいっそ、最後に出てきた「夏休みの宿題」で話を作ってほしかったなあと思いました。
    れいかさんが自由研究の題材を何にするか決めかねて悩んでいるところから始まり、最後に決めるという流れで。



    あと完全に余談ですが、自由研究の題材を「お化けについて」とかやっちゃうと、そのうちれいかさんがお化けを召喚して使役するんじゃないかと思いました

    返信削除
    返信
    1. 伝えたいテーマが無いお話はプリキュアに関わらず面白い物にはならないと思いますよ。

      >これならいっそ、最後に出てきた「夏休みの宿題」で話を作ってほしかったなあと思いました。

      いいえ。面白く作れる人なら今回の題材でも十分面白く作れたと思いますし、
      今回の様な作り方をする人ならどんな題材で話を作っても面白くはなりません。


      ここで言う「面白い」というのは「大人目線」での話ですが。

      削除
  3. もちろんマジョリーナタイムの安売りなど不満点はないわけではないですが(逆に今後おまわりさんとの絡みへの期待へと繋がりましたが(笑))、ただ今回は今回で変なテーマとか理屈とかに囚われずスマイルの持ち味である『5人でわいわいやる』といった部分が前面に出ていたので全体として(動けないオチであっさりテンポ良く終わらせた戦闘といい)見ていて楽しかったと僕は思います。

    しかし直接今回に対しての話ではありませんが、シリーズワーストクラスのつまらない戦闘(ハートキャッチ以外はどっこいどっこいかも知れませんが)といい、スイート時代の取り立てて特徴の感じられなかった演出といい・・・前者は大塚氏、後者に関しては境氏・・・この『結果』だけ見る限りでは彼らは上に立つより最前線でいちスタッフとして頑張って頂いた方が視聴者にとっては有益だな、と皮肉にも彼らが奮起している回をみて思ったりします。

    返信削除
  4. >最前線でいちスタッフとして頑張って頂いた方が視聴者にとっては有益だな、と皮肉にも彼らが奮起している回をみて思ったりします。

    境さんについては私もそう感じています。

    ただ、大塚さんに関しては、あの前半の「スタッフも巻き込んでやるき全開」な雰囲気は
    彼が「監督」だからこそ出せたものだと思っています。


    子供にはウケが良くないという事なら黙るしかありませんが、私はあのころのような
    熱い作品が好きです。

    返信削除
  5. 今回は序盤に、みゆきが「妖怪は大丈夫でお化けはダメ」という部分で納得できないものを
    抱えたまま見てしまったせいか消化不良といいますか、釈然としない感じが残ってしまいました。

    中でも不満が残ってしまったのがみゆきとなおの絡みについてです。
    この二人は他の組み合わせに比べるとこれまでの話で描写が少ない印象があったので、
    どんな描かれ方をするのか密かに期待していました。
    しかし、見終わってみると確かに二人のシーンは多かったのですが、ただ並んで立っていただけなじゃないか、と感じました。
    すぐ隣に同じ気持ちを共感できる相手がいるというのに、どうもお互いを意識していなかったように思います。
    会話もそれほど多くはなかったですし、後はたまに目配せをするくらいで同じように驚いて逃げるだけ。
    これまでのなおならば思わずみゆきに抱きつく位はしそうだと思っていたのですが。私の高望みだったのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. >これまでのなおならば思わずみゆきに抱きつく位はしそうだと思っていたのですが。私の高望みだったのでしょうか。

      仮にそういうシーンを「意識して作った」となると正に「大人向け」となってしまう訳ですが、
      しかし確かに二人の・・・というか、全員のリアクションの付け方にはアイディアが足りなくて
      不満が残りましたね。(´・ω・`)

      削除
  6. プリキュア軍曹2012年8月28日 20:38

    頭が悪くてハートも弱い自分ですがれいかしゃんの見せ場には時々違和感を感じたりしています…!

    「なんということでしょう。」ってセリフを聞いた時にはあの某番組の有名なBGMがヘビーローテーションしてました。
    来週は久々に3幹部がいっせいに登場…!
    来週以降は全世代の視聴者にとって納得できる構成にしてほしいです…!

    返信削除
    返信
    1. >来週以降は全世代の視聴者にとって納得できる構成にしてほしいです…!

      そうですね。大人のファンとしてはそこが望みです。
      が、我々大人が喜んだからと言ってそれが子供にもウケているとは言えない

      という事は作者はもちろん念頭に置いてるはずですから、
      我々も頭の片隅に置いておかなくてはいけないと思います。

      削除
  7. どこかの名無し2012年8月29日 0:06

    今回の話は「大人の事情の詰め合わせ」のような気がする。
    それとも前回のように関西圏の視聴者に配慮してストーリーを「進めない」ように工夫したつもりなのか…

    登校日を設定して昼間に肝試し? 要するにバッドエナジー回収の完全な伏線。
    それは一歩違えば完全に「いじめ」。
    肝試しを夜にやったらバッドエナジーが回収できないからな。

    若返ったマジョリーナは「疑ってしまう使い方」どころか、出す必要性を感じない。
    出さなくてもストーリーは進められる。

    青木れいかの「なんということでしょう」は完全に朝日放送つながりだな。
    だいたいこれはあの状況で使う台詞ではないし、これも必要性を感じない。
    加藤みどりさんが泣くぞ。

    戦闘シーンは完全に消化不良。
    変身シーンに時間をかけた結果、残り5分程度だったからある程度予想はしていたが。

    ラストは…「えっ、何それは(ドン引き)」
    何故そういう方向に持っていったの…

    以前「最強の布陣は一歩違えば一気に瓦解する」と申し上げたと思うが、これが現実になった回といえよう。
    但しあくまでも大人の視点でのこと、本来のターゲットたる視聴者はどう思っているかはわからぬ。

    久々に投稿してみた。

    返信削除
    返信
    1. >若返ったマジョリーナは「疑ってしまう使い方」どころか、出す必要性を感じない。

      一応あるんですよ。
      あの場面で老婆姿のマジョリーナが振り返ったらそこで「マジョリーナだ!」と
      気付いちゃうので話が変わってしまいます。

      が、あそこは若い姿でなくとも、老婆姿のマジョリーナがちょっと衣装を変えただけでも
      成立するので、やはり「大人たちのリアクションを意識したのか?」という疑いは出てしまうという話です。


      >以前「最強の布陣は一歩違えば一気に瓦解する」と申し上げたと思うが、これが現実になった回といえよう。

      恐らく、最終回近くにはまた気合入った内容になると思いますが、作者がこの内容を「意図して」
      作っている以上、それまではもしかしたら、覚悟しなければいけないかもしれません。

      削除
  8. みんなちょっと飽きてきたんじゃないの? 難癖付けようとネチネチしてる感があるよ。
    確かにNISSANコンビが発揮するような絡みがなかったですが、絶望するほど悪い話でもないと思います。
    ただメインターゲットとしては「宿題やった?」とか言われて気持ちが沈む子が出てきそうですが…

    ところでひとつ気にしたいのはアカンベェ2体同時使用の件。
    もしかしてアカオーニさんの出番削られたんでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 飽きてきた・という事は無いと思いますよ。
      プリキュアを見るのは皆今年が初めてではないのですから。

      >絶望するほど悪い話でもないと思います。

      そうです。それほど「悪い」と思う人は、このコメント欄の中には多くありません。

      ただ、「大人が見るには今回のエピソードは粗末で不満が残る」という事実が
      反映されているだけだと思います。

      削除
    2. 作画にせよ話の練りこみにせよ物足りないのはわかるけど、その評価は辛すぎないかな~て思います。

      怖がりななおをからかうための話としては順当な流れだったと思います。
      (いじりをいじめと判断するのはいじめ問題に過敏になり過ぎではありませんかね?)

      マジョリーナタイムに関しても、大人の都合ではなくなおの成長を助ける存在だと考えられないでしょうか?
      マジョリーナタイムゆえにマジョリーナの仕業と気付けないみゆき達の中、唯一知っているなおが怖いのを我慢して見ることで事態の真相を暴いたわけです。
      …まぁ、そんな演出はなかったんですけどもね…

      削除
  9. 今回はどたばた喜劇ですか?小さな子供たちは喜びそうですが
    一寸唸ってしまいますね。
    ていおさんの言うとおり粗いですね
    話の内容も、5の「リンちゃんイケメン幽霊とデート」と比べてしまいお粗末
    校舎が動かないって、デザトリアンは動けたろ!突っ込む処もありましたが
    話の落差が激しいプリキュアだと次回に期待・・トイ魔人出現!
    まさかネタ切れ・・

    この場を借りて今回のプリキュアの不満点
    1)アドバイザーの役割的人物がいない、友達がいない?
     ほのかのバーさんとかおたかさんとか志穂とか健太とか益子さん三色団子とか
     居たんだけど固定キャラいないよね
     もっと友人の話が合ってもいい気がするんだけどね
    2)プリキュアの基地の役割果たしてないよね
     ナッツハウスぐらい活用すればいいのにね、ポップが来た時ぐらいしか使ってないし

    此れからピエーロの復活まで出来れば、シリアスで行って欲しいな。

    返信削除
    返信
    1. >1)アドバイザーの役割的人物がいない、友達がいない?

      「今作には過去作の○○の要素がないからいかん」という発想は解釈を狭めてしまう考え方だと思いますよ。

      制作の一番最初に作者が描きたいものをイメージした時、「必要な要素がキャラクターとして誕生した」
      訳ですから、アドバイザーという立場のキャラクターは「みゆきたちの物語を描くうえでは要らない」と
      考えた「かも」しれません。

      何しろ監督は無印の頃から制作に関わっていて、個々のキャラクターの立ち位置や登場する意味は
      我々よりもよほど理解しているはずなのですから。

      サブキャラクターの存在感が薄いあたりも「意図してそうしている」のがうかがえますから、

      「今作は「5人の」物語。」
      「誰かに導かれるのではなく、自分たちで集まり、悩みながら自分の意志で決めて「作っていく」物語」
      という明確な意思を持って作ってるんだな、と私は思っています。

      とはいえ、「好み」というのはまた理屈とは別の話ですから、
      作者の意図を推し量ったうえでも不満が残るなら、その感情はそのままでよいと思いますが。


      >2)プリキュアの基地の役割果たしてないよね

      それは同意見ですね。夢があって楽しいアイディアだったのに。残念ですよね。

      削除
    2. >作者の意図
      と言うよりも題名のスマイルに引っかかっているんですよね
      誰のスマイル?ミユキ達の敵を倒し乗り越えた笑顔?
      視聴者の笑顔?単にフィニッシュの掛け声?

      ハートキャッチのように助けられた友人たちや人々が笑顔になる
      と言うなら納得も出来るが
      バットエナジーを奪われた人々が笑顔を見せるシーンはないし
      ミユキ達だけの笑顔なら話は狭すぎると思うのですが?
      それに人気の生徒会長1話限りでしたし話がもっと膨らむかと思ってもしぼんでしまうし
      プリキュアは人の繋がりを大切にしてきたアニメだと思っていたので5人だけの世界では
      さびしすぎませんか?それなのにやよいはハブられてしまうし・・

      削除
    3. >バットエナジーを奪われた人々が笑顔を見せるシーンはないし
      ミユキ達だけの笑顔なら話は狭すぎると思うのですが?

      なるほど。確かにそうですね。「フレッシュ」以降一般人に認知されることがタブーでも
      なくなったのに、「みんなの平和を守るヒロイン」という印象を出さないのは勿体ないと私も思います。


      >5人だけの世界ではさびしすぎませんか?

      そうですね。もう少し「5人を取り巻く人々」にスポットを当てても「5人の物語」という主題を
      崩すことは無いでしょうし、寧ろよいスパイスになってくれそうな気もしますね。

      そう考えると勿体ない気がします。

      削除
  10. >「今作は「5人の」物語。」
    わたしもそう考えたいですが題名のスマイルが引っかかって・・
    誰の笑顔?ミユキ達の敵を倒した時の笑顔?視聴者の笑顔?
    ミユキ達なら自己満足すぎるし、視聴者なら媚びているような
    前の作品にくらべてお笑いが多いので視聴者だと思うのですが
    ハートキャッチのように救われた人が笑顔になるような簡潔明瞭ではないので
    せめてバットエナジー出さされた人たちが笑顔になるシーンでも有れば
    すっきりするんですが

    返信削除
  11. 米村先生の活躍を「プリキュア」だけでくくると「あれ?」と思ったのでしょうが…それは単なる「1面」に過ぎない。
    俺はアニポケとFAIRYTAILで米村先生の担当回を楽しんでますから。

    彼は突拍子もないギャグ回をアニポケで何度もやったので、その延長線に感じました。
    ええ、やりました。真剣なバトルもやれば、アホなギャグも。

    FAIRYTAILでは、激闘モノを結構な数。

    「アニポケウォッチャー向けの回」を持ってくるとは…。侮れませんよ、ていおさん!

    それでは。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...