2012年11月20日火曜日

第39話「どうなっちゃうの!?みゆきのはちゃめちゃシンデレラ!!」 脚本=成田良美 演出・絵コンテ=三塚雅人

楽しい楽しい(´Д`* )

そのサブタイの通りハチャメチャで、「えー!」とツッコミたくなるような
展開がいっぱいあってとにかく見ていて楽しかった。

▲行く末を知っているからノリノリのシンデレラ。



▲みゆきの本領発揮でイジワルばあさんにイジワルさせる隙を与えない!
 ▲つかまってる魔女。
▲大筋としては間違ってないけど、絵的にかなりおかしい。
 ▲メタ発言からのお遊戯。シンデレラ「役」としてはノリノリ
 ▲しつこく「ブチ壊し」に来る3人組。


▲あったクルー。ユルい解決方法。
本物を叩き割るなんて極悪非道な事は恐らく考えもしなかっんだろう。


゚・*:.:♪*・演出゜゚・♯*:.。. :*・゜

ギャグのテンポと見せ方が上手くて「あれ?また田中裕太回か?」と思いました。
▲▼特にこういうところ。みゆきの妄想を即・打ち砕くこの魔女の姿。
 ▲れいxやよがいらんドラマをやってる後ろで
みゆきがマイペースに靴を脱ぐ「ユルい雰囲気」。

実にお上手。実に楽しい。(´Д`* )

更に、
「王子様とのダンス」ではヒキとアップとパンを利用して枚数を極力使わないよう
気を遣う一方、アカンベーとの戦いでは迫力のあるアクションをしっかり描いていて
「プリキュア」の見どころも十分!
▲場所を大きく使う、ダイナミックな戦闘シーン!構図も良い!
▲プリキュアなのにこのユルさ。カッコワルイんじゃないよ!それがコミカルなんだよ!
 
▲「型破り」の単独変身!
▲一人でプリンセスフォーム!
▲更にプリンセスフォームオリジナル必殺技!
▲れいか王子の城!というイメージのためのガクブチ。
▲OPの使い回し。こういうアイディア、いいよね。OPが本編とつながると、
「OPがただのイメージじゃなくて、本当に作品とつながってるんだ」と
感じられてよいと思います。

その逆に「OPに似た内容が本編で全然見られない」と「なんだよ・・ただの思わせぶりかよ・・」
って思っちゃうものですし。
 ▲痺れろホイ!は却下でしたか・・('A`)
しかしやよいちゃんには「魔法が使える」という特性が付きましたね。(゚∀゚)ふふふふ・・・

「ハチャメチャ」な楽しさの中に、「プリキュアの定番」を崩すイレギュラーな
演出も混ざって、全体通してとても「楽しい見どころ」にあふれた1話になったと思います!

「「楽しいお話になるように」、沢山アイディアを出そうとワクワクしながら仕事をされたんだろうなぁ」
と、作品を通して感じられます。

そこがまた気持ちがいいです。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回は
「みんなが知ってるシンデレラの世界を、プリキュアが守る!」
「シンデレラの世界・・というか、それに対するみゆきの憧れを台無しにするコント

基本はギャグを描きながらも
「絵本がテーマのプリキュア」が「絵本の物語を守る!」という、しっかりとした本筋を
作ったところが、今回「しっかりプリキュアしてた」と感じられた理由であり、

私が今回最も感動したところです。

その物語を作るために作者が用意したアイディア
「はじまりのシンデレラ」というアイテム!

「シンデレラの本の中にハイール」ではなく、
メルヘンランドのアイテムを舞台とすることで、マジョリーナ達がそれを
「ぶち壊しにかかってくる」という構図を作り、

コントと「みゆきの憧れ」と「プリキュア」のすべてを
描くことが出来たわけです。実に良いアイディアだったと思います。
▲別世界に入ったみゆきの姿が「絵本」となって見られるというのも楽しい演出。
まさにメルヘン!とてもよい演出!

▲絵本は出版社が作ってるとおもったでしょ。ちがうよ!メルヘンランドで作られてるんだよ!
サンタクロースだって居るし! (゚∀゚)


 ゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

前回の感想文でこの話を見ればのぞみとみゆきの違いが分かる!

なんて描きましたが、正直そんなに分からなかったですね(゚ω゚)


ただ、みゆきたちの物語にはより敵側のキャラクターの存在が
不可欠になっているような気がしますね。

のぞみたちは、プリキュアになるまでは「自分たちの物語」」
みゆきたちは、コントのアタマから敵と一緒。「ファイブdeチャンス回」みたいなのが多い

みたいな感じでしょうか。うーん、例外もいっぱいあるし全然うまくまとまらない。('A`)


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

「みんなが居たから、シンデレラがハッピーなお話になったんだよ!」

恐らく今回までは
「あまりアツく、濃い人物ドラマにはならないように、コント重視で楽しいアニメをやりましょう」
というディレクションがあったんだと思います。

お陰で大人にはちょっとさみしく物足りないと感じる内容にはなっていましたが、
子供にはどうやら好評なようで(サンプル数が少なすぎますが。)

私はこの構成方針は上手いと思います。

しかしそんな中でも今回は、
「みんなが居たからハッピーになれた」という、スマイルプリキュアの主題ともいうべき
要素がハッキリと描かれていて、良かったなぁと思いました。

▲そして恐らく次回からはちょっとギアを上げていきそうな感じがありますね。
今度の5人のエピソードは、キャラクターの内面を描いて行って、
クライマックスへの弾みにしようという事なんじゃないでしょうか?
 ▲とってもアツそう!(゚∀゚)楽しみですね!

10 件のコメント:

  1. 「スマイル」らしくて面白かったです~(*´ェ`*)
    久々の絵本を題材にしたストーリー展開でしたが、正味二十数分によくあれだけ詰め込めたなぁと感心しました。
    ポップたんの立ち位置が、見事にネバーエンディングストーリーのセバスチャンで、コレもスタッフさんは意識していたのかなと思いました。

    もはやマンネリと化していた戦闘も、一人変身・プリンセスフォームでの戦闘(ちょっとだけでしたが)があったりと、ひねりが効いていて素晴らしかったです。
    ハッピーが城から落ちていくシーンも、動く動く。作画・動画さんも頑張っていたなぁ(゚д゚)

    返信削除
  2. いや面白い
    ミユキは可愛かったし、レイカは宝塚の男役ぴったり
    ネズミと馬って・・

    次回頑張れあかねちゃん!

    返信削除
  3. >しかしやよいちゃんには「魔法が使える」という特性が付きましたね
    ジャアクキング本でのやよいちゃんの活躍が楽しみでなりません。ふふふふ

    返信削除
  4. 今回はみゆきちゃん回だけあって、みゆきちゃんらしさが詰まった一遍でした。
    特に、馬車を無くして走っていく所。あの様な所がみゆきちゃんらしいな、と思いました。

    前から仰られていたのぞみとみゆきちゃんの違いですが私は、暗闇を歩いていると前方に
    大きな光が見え、暗闇を歩いてた人はその光の方へ行きたくなる。この光がのぞみのイメージで
    暗闇を歩いている人の足元を照らして一緒に進んでくれる小さな光。この光がみゆきちゃんのイメージです。
    後は端的に言えばカリスマと凡人、でしょうか。
    抽象的且つ、分かりにくい意見で申し訳ありません。

    返信削除
  5. やっぱりこういうのは先にやったプリキュア5の方がインパクトありますし(むろん5の以前から昔からギャグアニメとかでシンデレラのパロディ・劇中劇はあるにしましても)、りんちゃんの『物語が進まないよ』発言やうららの番組当初からは考えられないようなナナメ上行くキャラのはじけっぷり&ちゃっかり舞踏会にも参加する『彼女らしい』したたかさなど(以上全てミルク先生の創作ですが)、話としても5の方がキャラの持ち味を出せていたので見応えもありました。

    それに比べるとスマイルのシンデレラはいささか淡白にしてそのキャラの味を活かしきれてなかった気もします。

    ただ今回だけではありませんがこの1年近くスマイルはキャラの魅力はシリーズ随一でも話自体はホント教科書どおり過ぎてインパクトが少ないのですが(汗)、ふくえんさん&大谷さんの『ミジュマル&ピカチュウ』コンビの力量でもったイメージが強く、この二人が居なかったらと思いますとゾッとするくらいではありますが、結果的に今回もまたこの二人の力で楽しめましたので良かったとは思います。

    >OPの使いまわし
    従来でしたら手抜き&次回予告の時点でまだ間に合ってないのか・・・なネガティブ面の象徴ではありますが、おそらく次回以降最後の?個人回では『演出の一環として』意図的に使ってくるのだと思います。(はわわwなやよい、ガッツポーズのなお、額の汗さえダイヤモンドなれいか)

    返信削除
  6. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. なんか…親切心で情報を出してるつもりなのかもしれませんが…
      ここって、ネタバレOKなところなんですか?

      だとすれば、残念だけどもう二度と来れないな…

      削除
    2. ていおさんは公式発表があるまでネタバレ情報は見ないようにしていると以前から何度も言ってるじゃないですか
      人と話すときや何か紹介するときはもっと相手のことを考えて下さい
      噛み砕いて言うと空気読めってことです
      ケロロさんはもう何年もここに書き込んでおられますが、いつもいつも強引で身勝手すぎます
      もう少し考えて書き込んだ方がいいと思います

      削除
  7. 今回一番笑ったのは、あかねちゃんの「そこ、いらんドラマ展開すな!」っていうツッコミですね!w
    今回は全編あかねちゃんのツッコミが冴え渡ってましたw しかし、なおちゃんと一緒に全裸でムチを受けてたかと思うと(黙れ

    今回はみゆきちゃん回だったけど、れいか王子は男前だし、ボディラインの出る魔女服のやよいちゃんはエロ可愛かったし、あかねちゃんとなおちゃんも何気に大活躍で、5人とキャンディがそれぞれ活躍してるのが良かったですね。

    え~、今回バッドエナジーは回収できなかったけど、成功してたら世界中の子供たちがウルトラハップップーになっちゃうという、実はスゴイスケールの大きな作戦でしたw
    いよいよバットエンド王国も本腰を入れてきたということでしょうかねぇw

    返信削除
  8. 「1人でハッピーになったんじゃない」…なるほど、これでみんなの絆が生きるってわけか。

    「キッチンで爆発」、「赤っ鼻を”ドジで”召喚」と「ドジ」も組み込まれており、とってもコミカルな世界に。

    しかし、本物を破壊されたら負けていた…。
    「ただのギャグ」で終わらないのが「スマイルプリキュア!」らしさだと思います。

    それでは。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...