2012年11月27日火曜日

第40話「熱血!あかねの宝さがし人生!!」 脚本=佐々木なふみ 演出=岩井隆央 絵コンテ=佐々木憲世

きたキタ(*゚∀゚*)

アツい話が帰ってきた。



クライマックスへ向けて盛り上げる、最初の一歩が始まった(゚∀゚)

▲タイトルコールがあかね!

▲アイキャッチもダブルサニー。

あかね回であるということを細かく演出してますね。(゚∀゚)
作品に対する本気度って、こういう細かい気遣いにこそよく出る物ですよね。

▲モノローグではじまる。40話だけど、改めて自己紹介。
こうすることで、あかねというキャラクターを改めて根っこから描く準備をしたわけですね。


゚・*:.:♪*・アツくなりそうなテーマ!゜゚・♯*:.。. :*・゜

 ▲宝物!それは人の「大切なもの」、すなわち心の根っこに繋がるテーマ!
アツくなる雰囲気がプンプン伝わってきますね!

▲「自分の宝物は何?」と考える事。「自分の大切なものを考える事。」
それは即ち「自分の心を見つめ直す」という事!


▲お好み焼き?好きだけどなんかちがう。
▲ぶらいあん。
▲うれしいうれしい。喜んでる。黄瀬もはりきってる。

でもブライアンはこの場面限り。あかねちゃんにはまだ早かったのか…lllorz

ぶらいあん、残念ッ!!m9(^Д^)

゚・*:.:♪*・敵も用意万全゜゚・♯*:.。. :*・゜

アツくなるお話には絶対に欠かせない、もう一つの要素。
敵ッ!!
▲仮面の中の素顔はカワリーノさんに違いない。
敵側もぼちぼち本気を出しにかかったようです。

▲追い詰められるウルフルン!

▲「一人ずつ」襲わせることを提案する。
キャラクター個人のエピソードの為に、一対一の決闘の場面を用意するジョーカー。

流石は切れ者。なかなかの名演出家です。


゚・*:.:♪*・用意は整った!゜゚・♯*:.。. :*・゜
 
▲そして用意は整ったッ!
あかん!(´;ω;`)それはどう見ても壊されるフラグや・・・・壊されるためのアイテムやで・・・(´;ω;`)
▲喜びッ!しかしそれは「割れるために膨らんだ風船」の如しッ!

しかし・・・しかしそれは同時に、クライマックスの逆転の鍵でもあったのだ!

▲「宝物」が出来たことを喜ぶあかね。
長回しでじっくりと、あかねの「嬉しい気持ち」を盛り上げます。

いわば前振り。料理で言うなら仕込み。


゚・*:.:♪*・゜゚そして遂に来た決戦!・♯*:.。. :*・゜

▲あかねの最高のハッピー。それを「壊す」と明言するウルフルン!
分かり易く、恐ろしい。

ウルフルンにも「絶対に負けられない」理由が出来た!
だからこそ二人の対決は白熱必至となる。

▲もういつものお約束のセリフは言わない!
「い つ も と は 違 う 」のだ!という印象が伝わります!

 ▲黒ッパナのダメージも、いつもより強め・・に感じるウルフルンの声!

「なにが笑顔だ!てめえらのやる事全部ムカつくんだよ!
なにもかも、ブッ壊してやるぜ!」 
 

「タカラもん?こんなチャッチい人形がか?」

「言っただろ?テメェの大事なもんは、全部ブッつぶしてやるってよ!」

ほれぼれするような悪党らしいセリフの数々!

そして。
▲やられた。

▲そして更に、サニーにもとどめ!!無慈悲なる一撃!

 ▲敗北に絶望するサニー!しかし・・
▲ウルフルンがいいことを言った!(゚∀゚)

それはあかねにとって、何が一番大切かを思い出させる一言だった!

「次はキュアハッピー」。そう言って去る背中は
「あかん!それだけは絶対に」という思いを起こさせ、

「(宝物とは、)絶対に失いたくない物じゃないかな」

という過去の言葉と共に、その絶対に失いたくない物が何かを悟るきっかけとなった


基本的な話の作り方ですが、しかしその作り方がとても上手いと思います。

 ▲完全敗北からの超復活!
クライマックスの為に、物語の主役だけに許された、「意志の力で起こす奇跡」

▲そのクライマックスに向き合う敵は、タフでなくては務まらない!
この必死の形相が、また両者の戦いを熱くします。

▲演出も派手!燃える様に光るエフェクト!
スタッフもまた、あかねと一緒に燃えていた事は想像に難くない!!
羨ましくなるくらい、良い仕事です!



しかしそれでも倒れないウルフルン!
反撃の一撃にピンチを迎えるあかねのところへ
駆けつける仲間たち!

▲来るのが分かっていても、感動できるいい場面でしたね!
ウルフルンも、この見せ場の為に頑張った。

ただ、あのあかねの渾身の一撃を受けて、あんな消滅したかのようなエフェクトまで
みせたのに、全くの無傷ってあたりはなんだよそれーーーーー('A`)

って思いました。

「結構ボロボロになってて、さっきの一撃も最後の反撃だったけど、
レインボーバーストでなければ倒せない程度にパワーが残ってる」みたいな
雰囲気で居て欲しかった。

▲そして最後はまたモノローグで締める。
あかねというキャラクターを基礎からしっかり熱を持って描いた、
良いお話だったと思います。

 ▲「宝物」に続いて彼女たちに与えられるテーマは「夢」!

これまたアツくなる予感しかしない!

「泣き虫」は次回どんな涙を見せるのか?涙の先にどんな表情を見せるのか?
期待しながら待ちたいと思います。


しかし、宝物、夢ときたら残りの3人にはどんなテーマを与えるんだろう?
家族かな?あとは何だろう?(゚ω゚)
 

4 件のコメント:

  1. それはもうれいかは「道」みゆきは「幸せ(ハッピー)」しかないでせう

    返信削除
  2. 細かい、と言えば実は今回からロイヤルクロックの指す色とメインキャラの色を一致させていることでしょうか。(以降9=黄色、10=蛍光緑、11=蛍光青)その是否はともかくデコルといい、シリーズで一番商品との連動にこだわっているのがスマイルの『きっちり』してるところの現れだと思います。

    ただグッズに限らずその『きっちり』しているところ・教科書通り過ぎるところが観ていて窮屈に感じる・意外性がないところが当初から変わることのないスマイルのマイナスに感じるところではあります。
    第一2周も個人回するのはさすがに・・・どうせなら個人回2周ではなくコンビメイン回(5でのこまかれ、こまうら、のぞりん回みたいに)もするべきだったかな、とも。
    かといって昨年のスイートみたいにあまりにも1年通じてチグハグ、いきあたりばったりっぽく感じるのも極端ではありますが・・・観る人間の許容範囲はまちまちとはいえプリキュアシリーズに限らず難しいところです(笑)。

    いやそれでも今回とくに前フリもなくいきなり『たからもの』探しと知ったときは、する必要性を感じなかったのですが、結果的に観て楽しめたので良かったと思います。戦闘もですが中盤、あかねちゃんが『めっちゃうれしい!』とみんなに抱きついたときにはうるっときてしまいましたしw

    返信削除
  3. プリキュア軍曹2012年11月28日 19:18

    来週またしっかりとした表情でサンダーを放つピースが見れるでしょうか…?
    今から楽しみです…!

    返信削除
  4. この五話で5人の夢や進み道を語ってくれるのを期待!
    最後の締めくくりがどうなるか最終回が今から楽しみになってきました。

    しかし、次のプリキュア・・ドキドキプリキュアって・・・
    ドレミのシリーズタイトルみたいになってきたなぁ
    そー言えばテレ玉で「お邪魔女ドレミナイショ」再放送中でしたな

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...