2013年1月29日火曜日

ぐぬぬ商品

グッズ情報にはとんと疎い私は今日こんな商品があることを知りました。

特典として監督とPのオーディオコメンタリーや声優さん座談会が収録されているそうです。

それは是非聞いてみたい。見てみたい。(*´д`*)


と思いましたが価格が・・・ッ!((((;゚Д゚)))単品で3枚買うより高いッ!
これは明らかに「我々向け」の商品ッ!
「高くても買うやつは買うんだから値段で遠慮するこたあねえぜーッ!」という
販売者の声が聞こえてくるようです。(被害妄想の可能性もあります)

これを買おうという層の殆どは既に単品でBDを買っているでしょう。私もそうです。
既にBDを買っている人たちに、この特典だけをニンジンにして
また2万もの出費を提案するというのか・・ぐぬぬ。

商売人目線で見るなら「抜け目がない」とも言えますが。



・・いや。
「これでも売れる」と判断したという事は、プリキュアというコンテンツは
未だ全く衰え知らずで、それだけのパワーがあるという事の証明という事にもなります。

そう考えるなら、ファンとしてこれは「嬉しい」とも思えますね。

「阿漕な・・」と思ったなら買わなきゃあ良いんですから。
公式ベッドシーツに比べたら真っ当で微笑ましいってもんです。

私は、興味はありますが遠慮させて頂きます。(*´ω`*)

総括コメント受付中

流石に最終回だけあって、当感想ブログにも沢山の賛否のコメントを
頂いております。

あと1日くらい待ってから、それらのご意見も踏まえて「ていお」なりの、
「大人のファンから見た、スマイルプリキュアはどういう作品だったのか」
の総括をしたいと思っています。

幸いここも沢山の方が見るブログサイトになりましたので、
「こういう意見もあるよ」という事を匿名掲示板のように感情的にならずに世の中に
発信する事が出来ます。

(感情アリの匿名掲示板ならではの本音のぶつけ合いも、選り分けられる目があれば
参考になるので、それはそれで存在意義は大変大きいですが。)

もし私が語っていない事で「自分はこう思う」と思う所があれば、
是非お教えいただければと思います。

2013年1月24日木曜日

猫情報2013その1

そういえば先の冬コミで「ニャーくんはどうしてますか?」という
質問を貰い、最近写真をうpしていなかったことを思い出しました。

というのも、ヤツの行動は常に「食う」「寝る」「家を出る」だけなので
もう特に目新しい写真のネタも撮れなくなっていたのです。

▲心配かけて悪かったな。俺は元気だぜ。

ニャーくん、こないだていおがびちょびちょの雑巾で俺の体をしつこく拭いて来たから、
ちょっと爪出しパンチで脅かしてやったぜぇ。ワイルド(野良)だろぉ~?


賞味期限ぎりぎりアウトのギャグを語るほど元気です。

ゴム手袋をせずにいたら怪我をするところでした。あぶなかった。
ゴム手袋はたった2回の使用で廃棄となりました。

※  ※  ※

猫業界はちょっと前までは恋の季節だった様で、寒いのにあまりウチには来ませんでした。

たまに見かける時には泥と脂と砂埃でド汚い姿になっています。
私に対してもよそよそしく、あまり近寄ってきませんでした。


それが終わったのか、最近はまたこうしてウチに侵入してくるようになったわけですが。

▲ほらこんなに汚い。白い部分が灰色に。これでも綺麗にしたんですが・・


▲久々に来てやったのに、相変わらず安いカリカリしか出してくれないのか。
 仕方ない、ていおが食事をするまで見張ってるとするか。

 ヤツがこうして私の近くで寝ているのは、私の食事を狙っているからなのです。
その証拠に、私が席を立ちキッチンへ向かって歩くと、目を開けてこちらをじっと
観察しているのです。



こんなかんじで。目が少年のようにキラキラしとる。
そして蛇のように隙が無い。


そろそろコイツも去勢と首輪をしてやらなきゃいけないかなーと思っています。


その際にはジャアクキング本の売り上げからその費用を捻出するしかないのですが、
ご了承いただけますと幸いです。

2013年1月20日日曜日

第47話「最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!!」 脚本=成田良美 演出=黒田成美 絵コンテ=志田直俊

ラスボス戦。それは即ち物語最大のピンチと、それに打ち勝つ物語。



・・の割りには、バッドエンドの世界からの復帰が随分抽象的であっさり風味に見えました。
「あれれ?そんなもんなの?」

仮面ライダーのゲーム(´Д`* )

数日前から結構話題になってるので皆さんご存知かと思いますが、
仮面ライダー無双みたいのが出るんですってね(*゚∀゚*)

 
画がすごい!キレイでカッコいい!

ゲームから離れて久しい私にとっては、
PS3が発売されて以降初めて「やってみたい」と思うタイトルです。
 ・・PS4の発表があるんじゃないかという噂もあるこの時期になってようやく。


ただ、一個だけ懸念があります。
このゲームは勿論、仮面ライダーを沢山知っていた方がより楽しめるのでしょうが、

私はフォーゼとウィザードは碌に見てないんです。

どちらも4週までで見るのをやめてしまいました。


フォーゼは面白いと思ってたし、この先も面白くなりそうだと思ってたんですが、
それでも何故か「この先も見たい」と思えなかった。多分、やっぱり、あのズングリした
見た目のせいかな・・

ウィザードはカッコイイと思うし、脚本も良く出来ているなーと感心しながら
見てたんですが、登場人物の一人にも魅力が感じられなくて、続きを見る気になれませんでした。
特に主役に「主役っぽい雰囲気」や「親しみやすさ」がなく、「普通のあんちゃんがかっこつけてる」
だけのように薄く見えてしまったので・・残念ですがついていけませんでした。(´・ω・`)

平成仮面ライダーは序盤「ナニコレ?」な感じから後半イイ感じになるっていう
パターンもあると思うので(キバとか)、良いうわさでも聞けばまた見始めるかもしれませんが。




※  ※  ※

あとは、私の性分として物語を見ると

「今回の面白さは何処にあるのか?」「あのクライマックスのためのフリはどれだ」とか
「なぜあの場面を入れたのか?」とか、物語の構成の順番をバラして

「今回描くテーマはこれだけあって、
それを分かり易く自然に説明するために、この順番で組んだわけか。」

という分析を今や見ながらリアルタイムでやってしまうようになってしまっているので、
「見るとすごく疲れる。1週間に2度もそんな作業をしていたら仕事にならん 」

という個人的事情もあります。

最近はプリキュアを視聴していると自然と感想文の文章のパーツが出てきます。
視聴後は、それらを順番に並べて行って、それに上乗せして自分の考えを
まとめるというブログの作業になっています。


3年半毎週欠かさずやってると、こういうことになるんですね。
そしてこの癖はこの先もっと高速かつ複雑になっていくんだろうなと思います。

※  ※  ※

ちなみに好きな平成ライダーは
クウガ、カブト、電王、W,ディケイド、オーズ。

皆話づくりが上手くて、主人公、サブともに魅力的なキャラが多いと私は思っています。

555は見た目が好きです。
物語も短期的には好きですが、全体でみると腑に落ちないところがいっぱいあって
上記と比べるとちょっと落ちるかな・・と。

響鬼は良いドラマだと思います。
前半2クール、明確な意思を持ってそれを貫いた監督と脚本家は凄いと思います。
登場人物も魅力十分。でも「仮面ライダーとして」カッコイイって言えるのかなぁ?
ってちょっと思っちゃいます。
あと、ヒロインが土下座したくなるほど可愛いです。

2013年1月13日日曜日

第46話「最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!!」 脚本=成田良美 演出・絵コンテ=三塚雅人

「ネガティブな私、どいてー!」


正直序盤は前回の「え?ここにきてニセプリキュア?なにそれ?大丈夫?」
という気持ちをひきずってついていけませんでしたが、

「みんなが居るからハッピー」などの5人の言葉の意味を曲解する
バッドエンドプリキュアの言葉を聞いて徐々に気が変わりました。
 ▲他人が不幸になるのを見ると自分は安心感を感じて幸福と勘違いする。
そういう人いるなー(`・ω・´)他者を貶めないと自分を立たせることのできない人。
「ザ・悪い見本」こういう大人になっちゃいけません。

これを聞いて、「なるほど、これはハッピー達を上手く引き立たせてくれそうだ」と思いました。

2013年1月7日月曜日

年賀状受け取り手募集の件

昨日実施した「余った年賀状の受け取り手」募集につきまして、

丁度こちらの年賀状のあまり枚数と同数のご応募があり、
本日印刷を完了いたしました。

数日ののちに届くと思いますので、お待ちください。
ご応募下さった皆様、ありがとうございました。


また、 年賀状の左上と右上に居るキャラクターの名前を

http://teiotei.web.fc2.com/■■■■■■.jpg

↑の■■■■■■の中にアルファベットで入力していただくことで
原画をJPGで見る事が出来るようにしました。

第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」 脚本=米村正二 演出・絵コンテ=芝田浩樹 作画監督=フランシス・カネダ、アリエス・ナリオ

▲あ、それやるんだ・・・・(; ゚Д゚)

2013年1月6日日曜日

年賀状

今年は例年以上に年賀状のあて先不明返却が多かったですね(´・ω・`)

毎年の事なので覚悟はしてますが、戻ってきた年賀状を見ると
やっぱりちょっと寂しい気持になります。

が、そういえば去年とは発送する数が違うのだから、割合的には
変わらないのか、と気が付きました。

(一度あて先不明で戻ってきたご住所に関しては、あて先印刷ソフトから
外してしまいます。転居された方はお手数ですが、ご一報いただけますと幸いです。)

※  ※  ※

毎年通販をするごとに年賀状をお送りする方が少しずつ増え、
今年は遂に200通の大台を超えました。
(毎回の通販のご利用者数はこの3割程度ですが)

年賀状は「年ごとの成長が最も分かり易く見える素材」ですから
気合を入れなきゃいけなかったんですが、

勉強不足、気合不足でなかなか自分で満足のいく年賀状がお出しできておりません。

「来年こそは・・」と心の中で唱えながら、また今年も1年間勉強をさせて頂きます。



そして皆様、
本年も「週刊ジャアクキング&ていお亭」を、宜しくお願い致します。

2013年1月4日金曜日

ロックマンだいすきー(^q^)(コメント返信)

>ちっちゃくなった あかねちゃん達を アカネさんが助けたという話ですか・・・
 by セクシィードラフト

結果的にそうなりましたね。(゚ω゚)


「ろりこんからの・・」でロリコンの人を抑えてるのは変身した満ですか? 

ですね。(゚ω゚)
小っちゃくて分かりにくいですが。

すなわち、咲舞コンビは・・(ノω・、) うっ



ていおさんにオススメのロックマンのゲーム「ストリートファイター×ロックマン」
http://www.capcom.co.jp/rockman/sfxmm/


わーヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

ロックマンの新作じゃないですかー! 
ロックマン大好き―!(*゚∀゚*)

今もロックマンの曲聞きながら作業してるくらいのロックマン好きですからね私も。


中学生の頃はジャージの袖に手を引っ込めて袖からピンポン玉(白)を
発射して遊ぶくらいロックマンが好きだった(※)私ですからね!
これは嬉しいですね!

教えてくれてありがとうございます!
ゲーム方面には全くアンテナを立ててないので、教えられなかったら
ずっと知らないままでした。


このゲームは海外のMEGAMANファンが作ったもので、それをカプコンが公認した
作品だそうです。

アイディアとこだわりの演出が沢山あって
とっても楽しいです。


どうやらセーブやパスワードがなさそうなので、
攻略は数か月後、時間が出来たときにじっくりやろうと思います。

(※中学生でそんな遊びをしちゃうくらいですから、ええ。
他の子と比べても幼稚なガキでしたよ('A`)

発射したロックバスターが丁度敵の股間に命中して
怒り狂った敵から殴られるという事件も、今は良い・・・いや、苦々しい思い出ですわ。

でもジャージが青色だったから、ピンポン玉沢山詰めて膨らませると
ちょうどロックバスターに見えてですね・・・・・・・・ああ・・

 何てバカなガキなんでしょう。泣けてきた。


そのバカガキの事で思い出しましたが、「なないろスマッシュ!」のななこのキャラクターは
当時のバカガキだった私そのものです。
ムッツリだったのであんなに素直にエロくはなかったですが。)

2013年1月3日木曜日

冬コミ報告

明けましておめでとうございます。(゚ω゚)

先日の冬コミでは珍しくスケブを沢山描きました。通常なら0~1件、
頑張っても3件ですが、今回は6件引き受けました。
オリジナル作品での出店だったので暇だったのです。(゚ω゚)

その中から一部をここに展示しておきます。 
中にはスケブでないと描かないレアなものもあったので。


゚・*:.:♪*・美翔さん゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲「お気に入りのキャラで」というリクエストだとやはり美翔さんか日向さんの2択となります。

どこかで見たネトゲのポスターのポージングを真似しました。

スケブっつうと上手い人なんかはアタリ線が無かったり、ペン入れ・着色までやっちゃう人も
いますが、今の私にはそこまでの画力はありません。あと10年待ってください。



゚・*:.:♪*・咲舞コンビ゜゚・♯*:.。. :*・゜
 
▲これは珍しい。日向さんと美翔さんが表情を崩さずに密着している。
週刊ジャアクキングではまず見られない光景。

しかしこの美翔さんの左手には接着剤が塗られていることに
日向さんは数秒後に気づくことになる…!

 ▲イース。

「分かりました」と引き受けたものの、衣装デザインを忘れてしまって大変苦労しました。
同じ理由で、「プリキュア」の姿のリクエストにも苦労しました。

「そうだった、俺は変身前しか描いてないんだった」と、描きながら思い出した次第です。

次からはタブレットに資料を入れて持ち歩かなきゃいけませんね。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...