2013年3月24日日曜日

第08話「きゅぴらっぱ~!ふしぎ赤ちゃん誕生!!」 脚本=成田良美 演出=黒田成美 絵コンテ=門 由利子

本筋もちっちゃいギャグも面白かった。(´ω`*)

▲作画もかわいかったなぁ(*´ω`*)このくだりの動きがコミカルでとっても楽しかった。
流石は稲上さん。


キモキモ赤ちゃんは作画が上手かったのか、思ってたより抵抗感無く見られました。
「カワイイ」という言葉には共感できなかったですが。

▲六花ちゃんの心情を想像するだけでニヤニヤがとまらないシーンでしたね!
われわれには確かに見えた。六花ちゃんの心の中で沸騰する、
マグマのような嫉妬の心がッ!

こうなったらやっぱり六花ちゃんもアイドルになるしかないッ!(`;ω;')
▲天然ボケと不思議なものにリアクションの薄い子。
▲そして細かいことは気にしない楽天家と、マジメ人間。
▲それはつまり、ツッコミ:ボケの割合が1:3ということ!
▲ ツッコミ大忙し。
▲そしてこうなる。(*´ω`*)楽しすぎるッ!

六花ちゃんのジト目率は、私が期待した以上に多くなって行くのかもしれない。

▲あれ?目を閉じたらかわいいやんけ
▲(想像以上に)こうかは ばつぐんだ!

アイちゃん「きゅぴ」⇒まこぴー「あぁ・・・」⇒おれたち「おぉ・・・」
というピタゴラスイッチが完成した。

その表情アリなのかぁ・・・・これは強力だ。


▲「ダビィちゃん」
「ダビィちゃん」

▲伝統のうらポジ入りましたー
▲たかすぎるたかすぎるー

テンポもよくて楽しいギャグシーンでした。

▲ボエー。
更に濃い特徴が明らかに。

空を飛び回る系の敵を打ち落とすのに使えそうな能力。
▲かわいい。(*´ω`*)
 ▲その歌声にサラリーマンも怒りの起床。

▲斬新な攻撃方法! なかなか面白い。
▲おばけひつじはラリホーをとなえた!プリキュアはねむってしまった!
▲仲がいいんですのね(´ω`*)

▲面白いアイディアだけじゃなくて、ちゃんとカッコイイところも見せてくれてた。
(*´ω`*)そこがうれしい

▲輝く知性の光!
キャラが立つしギャグとしても面白いし。いいなぁこれ(´ω`*)
 

゚・*:.:♪*・今回のテーマは゜゚・♯*:.。. :*・゜

・アイちゃんが登場する
・真琴とマナ達がちょっと距離を縮める話

テーマが少なく、比較的軽いものだった分、
キャラクター描写(コント)が多めに観られて楽しかったですね。

▲序盤、マナがはしゃぎまくってるのを観るだけでもニヤニヤしてしまった。


【「ちょっとだけ」距離が近づくまこぴーと3人。】

▲ 4人で居るときに大人しかったのは、気取ってたからではなく
3人の輪の中にどうやって入ったらいいかわからなかったから。

「3人は昔からの仲良し。でも私は違う・・」
この一言で全部察しがつきますね。的確なセリフ。
▲オトナなダビィちゃんはすべてを察してアドバイスを送る。
いいねぇ。(´ω`*)いいコンビだ。

クールでオトナなのと、クールだけどまだまだ子供な二人組み。

▲キュアソードのシビアな性格がそのまま出ただけの場面。

だけどこれが距離をちょっと縮めるきっかけになった。

▲でもまあ、結局仲良くなりたいと思ったら歩みよりが大事よね。

「マナ」と呼んだのは無意識だったようだけど。
友達になるってそういうもんよねー(´ω`*)
▲次回。超能力赤ちゃんが学校を混乱のるつぼに叩き落す。

おジャ魔女の頃からこの枠の番組を見ている人間としては
「いつものやつか」と思うところですが。

「本筋」としては何かテーマを仕込んでいるのかな?
というのが気になるところではありますね。

13 件のコメント:

  1. ドキドキは面白いなぁ、哺乳瓶の中身がキュアビタンだったりして

    アイちゃん王女と同じ青い目にピンクの髪って・・あと12のハーティエルで王女復活?

    ジコチューのアイデアも敵の3人も面白い、ジコチューは良くしゃべるし
    どっちかって言うと今までのプリキュアの敵よりセーラームーの怪人ていう感じを
    受けますね、最後のラブラブラブ~もセーラーの時のラブリーと重なって思える

    ジョーの正体は何時わかるのでしょうか?気になるなぁ
    タルト的人物のような気もするし さて続きが気になります
    早く日曜が来ないか待ちきれません

    返信削除
  2. ジョー岡田…ラビーズがどんな代物か知らないで渡していたし、個人的には「謎のまま」でいい気がしてしまいました。

    それと、「バトルは負けたけど、吹き出物が治ったから良しとして引き上げる」というマーモの優先順位(バトルの勝利<吹き出物)が今回のベストカット悪党編。
    プリキュア編は「マナを名前で呼んだ真琴」。

    それでは。

    返信削除
  3. 羊ジコチュー→寝ていたい人間のジコチューだから「羊が1匹...」攻撃やるなこれは、そのためには増殖するな、と思ったらホントにその通りになった(笑)。さすがに、それ以外は想像以上の展開。アイちゃん誕生シーンも含めギャグとしてはどれも古典的だけど楽しかった。

    返信削除
  4. プリキュア軍曹2013年3月24日 15:08

    マナの歌唱力のひどさ…(涙)
    ただプリキュアの主人公の持ち味は人並み外れた欠陥持ちってのもあると思いますのでそれもまた良しと思います…!
    ぜひ歌ヘタを克服するために町内でののど自慢的なイベントに参加する話をやっていただきたい…!
    あんだけの羊をジンギスカンにしたら何人前できるでしょうか…!(おだやかじゃない)
    アイちゃんが王女様だとしたらあの時聞いた声の主は今井さんってことになるかなぁ…

    PS,マナの歌声を録音しようとしたらレコーダー壊れちゃいますかねぇ…?

    返信削除
  5. 結局だれも『ドキドキ』というネーミングに突っ込まないのと、黄色要らんのでは?という疑問は残りますが、作画も綺麗なのとネタも良かったので楽しめたと思います。
    キャラについてはスマイルや5などのように一人一人には声にも性格にも強い個性は無いけれど、4人まとめて見ればなんとか見られるレベルでしょうか・・・正直一人だけ取り出した場合ではこれだ!という強いオーラとかオリジナリティとかが何も感じられないのがこの作品の弱いところかと。2クール目以降どう化けるかには注目したいです。

    タマゴから生まれて羽で空を飛ぶ・・・ゴム以外は何でも食べそうな赤ちゃんを重ねてしまいました(笑)。

    返信削除
  6. 今回、変身時に線が紫色っぽくなってましたね。
    よくあることなのかな?

    返信削除
    返信
    1. 羊の催眠が効いているのを表すのに全体をピンクにしていたようですね
      羊がいる間は画面の四隅にピンク色が強く出る画面がありましたよ

      削除
    2. なるほど!
      ありがとうございます。

      削除
  7. 今回はギャグが面白かったのと真琴の距離感を縮めようとする感じがよかったです。ジコチューの使い方とか六花の突っ込みっぷりには笑わせてもらいました。(ポストりんちゃん、あかねちゃんですね。頑張ってもらいたいものです。ボケ3人で大変だとは思いますが。)そして昔から仲良しの3人に対し、自分はどう接していいのか分からない、素直になれないという真琴の感じが切なかったのですが戦いの中で培っていく絆とはじめて名前で呼ぶところは素直によかったねと思えました。
    そしてジョーさんですが、彼ってもしかしてトランプ王国の出張人ではないでしょうか?音吉さんみたいにジコチューに対して予防線を張っていたのかもしれません。ところで変身アイテムたくさんありましたけどまだプリキュア増えるんでしょうか?

    返信削除
  8. アイちゃんが生まれたシーンに、あかねちゃんを投入したかった…w
    六花ちゃんだけが気をもむ展開が多そうで、大変ですね~~

    あと、これまで色々小難しい2字熟語を使ってたのに、なんでアイちゃんの名前だけ「決まり!」ですか!? そこは2字熟語で行くべきだったのでは!?

    実は先日、NS2を姪っ子と一緒に見に行った帰りにものすごくねだられて、ちゅぱちゅぱアイちゃんを買わされてしまいましたw
    まぁ、ロイヤルクロックほど凶悪な値段でなくて、良かったですが…
    しかし、この赤ちゃん、うるさいな~~! ひっきりなしになんかしゃべってて、うざいったらありゃしない玩具でした。姪っ子は大喜びでしたけどね…


    返信削除
  9. 更新いつもお疲れ様です。

    ドキドキ!は登場人物のポテンシャルや精神年齢が高いと感じますが、それでも「友達を作る(でいる)のに大事ものは何?」っていうメッセージはしっかり見せてくれますね。やっぱりプリキュアだな、と個人的に嬉しくなるお話でした。

    マナの音痴という設定はこの先どこかで真琴と一緒に「唄う事で何かを成し遂げる」場面が出てくるのかなあって思いました。
    ドキドキ!はそういう細かい設定もストーリーに汲み上げてくる予感がありますね。

    しかし相変わらずジコチューの登場理由がざっくばらんだw
    個人的にジコチューとなった人達の心を救う(それをストーリーのテーマとして組み込む)、あるいはその自己中ぶりと向き合ってプリキュアたちが何かを掴むような戦いになっていくのかなと思っていたんですが、今のところは重要視されていないようで。
    ここは気軽に「バトル要素」としてギミック化されたものを楽しむ場面と捉えていいのかな、と。



    ひょっとしてまこぴーも生誕時は卵から孵ったんだろうか・・・

    返信削除
  10. 前回から、何気にOp映像が映画宣伝以外のところでマイナーチェンジしてる...

    返信削除
  11. チェスター2013年4月1日 1:25

    ちょっと感想が遅くなりましたが・・
    楽しい回でしたね♪

    キモ赤ちゃん・・ではなかったですね
    笑うと確かに可愛かったです
    他の方の感想にもありましたが、
    グッズは売れる予感がします

    しかし、人型ダビィちゃんはクールですね
    妖精型になるとおちゃめな部分がでてきますけど
    歴代プリキュア妖精の中でも今までで一番しっかりした妖精かも

    六花ちゃんは完全にツッコミ役
    ポジションが確定しちゃいましたね

    エンディングでマナちゃんがマイクを持たされてない理由が分かりました
    ・・六花ちゃんから「マナは口パクでいいから!」って言われてるのかも(笑)

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...