2013年4月22日月曜日

12話補足:コメント紹介

今回も沢山のご意見を頂き、私とは違った視点、私が気づかなかったところ等に
気づくことが出来ました。

その中でも特に感心したものがあった場合は、以後新たに記事として書き起こして
ご紹介してみようかと思います。

このブログに来てくださる方にとって
より多くの視点・考え方に触れる一助となればよいと思います。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

武藤カズキンさん
>密かにマナが助けてくれたお礼を言うかと期待していましたが、あっさりスルーでしたw
やっぱり先週の怪我描写はイミフだった。


そういえば(゚ω゚)

あれはなんだったんでしょうね。

>ジュンきゅんがマナに弟子入りするに至った経緯は分かったのですが、
最終的な到達地点の設定が曖昧だったため、
どういう自分を変えたいのか、マナのように強くなって何をしたいかが判らず、モヤモヤしました。
今回の最終的なオチである『得意な園芸の腕を生かして皆を笑顔にする』という所にゴールを持っていくなら、
僕は土いじりしか取り得の無いひ弱な男だ→マナさんに弟子入りして力強く頼られる男になりたい
→僕はマナさんのようにはなれない→マナさんのようにじゃなく、僕は僕のできることで皆を笑顔にしよう
って段階を踏んでいけば判りやすかったんじゃないかなと思いました。



「最終的到達地点」
やっぱそこですよね。
そこが明示されていたらもっと良い話になったのにな、と思いますね。


>戦闘もそうですが、ドキスタッフは過程(格闘)をすっ飛ばして結論(必殺技)に持っていく傾向があるので、
もう少し気を遣ってもらいたいなと思います。


今回の演出家・脚本家はどちらもプリキュア暦は結構長いんですけどね。(´・ω・`)


有事さん
>今回イーラはじゅんくんの「先輩よりも強く大きくなりたい」というの願いを突いてジコチューを発生させました。
でもこれって自己中な心でも無ければ自分勝手な願いでもないように思うんですけどねえ。
むしろ背伸びしすぎてる無理してるところはあっても「憧れの人みたいになりたい」という向上心だと思うので悪いことではないはず。


マナさんがそれを否定してたので私もつい納得してしまっていましたが、
確かにそうですよね。

自己中というより嫉妬じゃないかな・・・うーん。
ちょっと強引でしたね。まあ、多少強引でも「何を描きたいか」が見えたから
私はそれで文句なしと思っちゃうわけですが。


辛みそさん
1行目のセリフの件に限らず、今回の脚本って基本的に起承転結の結しか語ってない脚本という印象です。
例えば…マナのようなやり方だけが正解じゃない、というエピソード(説明台詞ではなく)を一個でも入れていれば、ラストの園芸エンドやダイヤやロゼッタの説教パンチの説得力は上がってたのでは?


流石はそのHNのとおり、辛口ですね(´ω`*)

その考え方は私も思いましたが、
「クライマックスまで伏せていた方がインパクトがあろう」という考えだったんじゃないかなと
私は想像しています。

途中で答えに近い要素を匂わせてしまうと、ジュン君が物分りの悪い子に見えてしまうし、
クライマックスの逆転の印象が薄くなってしまいます。
ひいては「プリキュアパートがしょぼくなってしまう」ことにもなりかねません。

「それをそう感じさせないのがプロだろ」と言われたら、私もこれ以上弁護は出来ませんが。 

天鳥さん
全体としては楽しめたんですが、私もやはりそこは気になりましたね

「マナのように大きく強くなりたい」で黒い心が膨らんだだけじゃなく
その後の「なれるわけないや」で縮む描写になっていたのもよろしくない気がしました
どっちかというと、そこで諦めちゃうことの方が望ましくないとすべきじゃないかなーと


む。確かに。(`・ω・´)
そっちの切り口でもきれいにまとめられる気がしますね。


まるっささん
>今回はドキドキ!においては戦闘も動いていて面白い方だったとは思いますが、気になる点は『マナの有能ぶり』がただの便利屋さんレベルの重みのない上っ面 な描写で結局それは(ハートキャッチのゆりさん同様)相手をモンスター化させる要因となるだけ、と一体有能設定ってなんなんだろうか?むしろ『相手の気持 ちを読む』能力がのぞみやみゆきと比べて劣っている分(そこをありすが担当してるわけですが)、歴代でもロースペックの主人公にさえ思えてくる感じです。

あとできれば人助けと便利屋さんとは違うのだよ、という話が今後あればな、と思うのですが・・・無いでしょうね(汗)。


天鳥さんもおっしゃってましたが、確かに「そんなにやっちゃ逆に相手のためになんないよな」
っていう描写もちょっとありましたね。

もっと「重み」のある行動を希望したいですね。

自ら魚を取ってやるのでなく、魚の釣り方を教えるような。


※  ※  ※

厳しい意見ばかり取り上げてしまいましたが、要はみなさん
よい内容だったからこそあと一つ足りない点が気になった

という思いからそう述べているのだと思います。その辺は誤解のないようにお願いします。

5 件のコメント:

  1. 武藤カズキン2013年4月23日 5:58

    そうなんですよね、あと一歩って所がおしい。
    必殺技の使い方も良かったんです。
    ロゼッタがリフレクションで水を跳ね返して被い、ダイヤモンドがシャワーで凍らせる、
    ここまでは「おおっ!!すげぇ連携!!!」っとなったのですが、あとの二人が……
    個人的には、ここからソードがスパークルで例のハート箇所の氷をハート型にくり抜く。
    そしてハートがど真ん中にシュート!
    っとかやってくれたら、もう全部あげちゃってもいいぐらい感激だったのに。
    とか思っちゃうわけです。

    返信削除
  2. うん、いい話だったんですよ。
    ただ今回の純クンの設定は、誤解を恐れず書くと、
    ジコチューじゃなくてデザトリアンだったら、
    すごくハマってたんじゃないかと思うんです。
    かの学校にも別の意味で凄い生徒会長がいますが(笑)。
    ラビーズの伏線は必要だったのか?とか、
    冒頭の花壇は他の見せ方があったんじゃないか?とか、
    男の子が「白馬の王子」という台詞を言うかな?とか、
    まだ突っ込む余地はありますけど、
    戦闘も含め見応えがありましたし、今回はワタクシ的には全然OK。
    少なくとも、ウチの子は楽しんでました。

    返信削除
  3. チェスター2013年4月23日 22:25

    こんばんは~ 久々に感想が書けるので嬉しく思います☆
    しかし、こちらのブログの皆さんの御意見は
    感心させられるものばかりですね。
    それだけ皆さん作品に真摯に向き合ってらっしゃる気がします。

    他の方々と同じく今回のお話は自分も楽しく見させてもらいましたが、
    やはり違和感が・・純くんの「先輩よりも強く大きくなりたい」は
    ジコチューではない気がしたんです。
    例えばですが、憧れのマナ先輩を独り占めしたいっていう気持ちならば
    (六花ちゃんと対立しそうですが)ジコチューも発生するかもしれませんが、
    これは単なる憧れや願望ではないかと。
    "越えられない壁" のような演出をしておきながら、
    その壁を超えたいっていうのがジコチューなのかなあ?と疑問に思いました。
    ジコチューって今まで単なる「ワガママ」な気持ちだったと思うのですが・・
    Te-tsu さんの御意見のようにデザトリアンなら非常によくわかりますが。

    他に今回の気になった点
     ・六花ちゃんは言葉の端々に「マナの事は何でも知ってるのよ」感が
      非常に出てきてるような気がしました。
      だんだん嫁らしくなってきましたね(笑)
     ・TOMさんも書いてましたが、
      いつのまにやら4人は「ソリティア」の2階に入り浸りのようですね。
      アイちゃんを預けたりする際にジョーさんと
      今までの話(アイちゃん誕生とかトランプ王国の話とか)しないのかなあ?
      プリキュア5の時と違って、お店が出来上がっていくシーンが無く
      いつのまにやら常連なので・・ 小さいお子様は違和感無いんでしょうけど。
     ・マナちゃんに弟子入りすれば、美少女4人と過ごせる・・
      そんな学生生活が羨ましい(と思った人はたくさんいるはず!)
     ・マナちゃんは通学カバンに筋力アップの鉄アレイを入れている!?
      いくらなんでも重すぎでは・・(汗)

    返信削除
  4. チェスター2013年4月23日 22:36

    そういえば今回のお話とは全く関係無いので申し訳ありませんが、
    先日、遊園地主催のプリキュアオールスターズショーに行ってまいりました☆

    "オールスターズ" といいながら、
    フレプリより前はメイン(ピーチ,ドリーム,ブルーム,ブラック)
    しか出てきてなかったので、総勢21人。
    ・・それでも多いですが、去年の同じショーでは
    全員(28人)いたのでちょっと寂しく感じました(涙)

    オープニングで全員勢ぞろいしたところで、
    「ところで、今日はどうしてこんなにたくさんのお友達が集まってるの~?」
    といったボケをかましてくれたのは、去年と同じくキュアハッピー(笑)
    今回主役のキュアハートは「お友達みんなとEDダンスを踊ろうよ」といった提案をするなど
    ココでもハイスペック主人公を演じていました。
    ・・で、ドキドキプリキュアEDダンスの振付でも
    ダンスを憶えていないフリをして笑いを誘っていたハッピー。
    ボケキャラとしてショーにはかかせないかもしれません。
    (その分、お子様にも大人気でした)

    観客の中にプリキュアコスプレをした「男の娘」達がいて、
    キュアホワイトやダークプリキュア,キュアエコ―もいたので
    別の意味で注目されてました(汗)
    小さいお子様たちには人気が分かれており、
    一緒に記念撮影してる子もいれば、
    「あれは本物のプリキュアじゃない」って言ってる子も(^^;
    ちなみにうちの子はよくわからなかったみたいで、
    一緒に記念撮影しましたが(笑)

    1ヵ月前にドキプリだけのショーにもいきましたが、
    ボケ役がいなかったせいかちょっとまじめなショーでした。
    スペックが高い主人公(で、ボケ役がいない)ショーだと
    まじめな演出になりがちなのかもしれませんね(汗)

    返信削除
  5. 根源は向上心でも「自分の思い通りにならないことが思い通りになればいい」と願うことをジコチューとするのなら、今回もやっぱりジコチューなのかな、と思ってみたり…

    純君のラビーズは今回こそ出番はありませんでしたが、終盤で使うとみました。いわゆるミラクルライト的存在を今のうちから配布しているのでしょう。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...