2013年5月26日日曜日

第17話「ショック!奪われたクリスタル!」 脚本=米村正二 演出=田中裕太 絵コンテ=池畠博史

よかった(゚ω゚)


 プリキュアが子供達のお手本のように行動してたところにとても好感持てましたね。

▲「友達」が謝るということをまだ知らない幼稚な子だったなら、
自分達がやったことでなくてもかわりに謝る。


▲「正直に謝れば優しく許してくれる」大人がいる。
ということを見せるのもまた大事だった。


▲「友達」であるが故に生まれる責任。
学校の先生が「連帯責任」と説くよりも良い教材になると思う。

▲そのマナたちの行動を見て、「友達」の意味を学んでいくレジーナ。

▲そこで更に「真の友情」「信頼度の格の違い」を見せ付ける六花ちゃん。
「こういう関係っていいなぁ」と思わせるには威力十分ッ!
▲こうかはばつぐんだ!

 まあしかし、この4人は器がでけぇなぁー(´ω`*)

大人でもなかなかこんなできた人はいないんじゃないでしょうか。
自分の子供ならまだしも、友達があんなことやらかしたなら、

私も後始末はするとしても、説教や嫌味の3~40発は放たずにはいられないと思います。

もっとも、
▲このレジーナの良くも悪くも「子供っぽい」ところがマナたちの意識を
「お姉さんモード」にシフトさせているのかもしれませんが。

こういう子が近くにいたら、大抵の人は子供っぽく振舞うことができなくなるもの。




゚・*:.:♪*・ここだけは納得いかない゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲今回唯一引っかかったのがこの場面。

前回
「レジーナ、私と本当の友達になろう?」
「なにそれ?意味わかんない」

 と言って分かれたのが最後だったのに。

前回「本当の友達ってなんだろう?」と考えるシーンはあったけど、それでも

▲突然ニッコニコで
「マナ聞いて!私今度こそいい子になったんだよ!ホントの友達になるためにね。」

と言ってきた姿にはかなりの違和感を感じました。


「いい子になれ」「いい子にならなきゃいけない」「そうでなきゃ友達になれない」
なんて誰にも言われてないのに。

良し悪しに無頓着なレジーナから何故「いい子になった」なんて言葉が出るだろうか。


脚本家はともかく、心理描写の上手い田中裕太さんがこのセリフをカットしなかった
というのも不思議に思いました。

※  ※  ※

「子供っぽいから険悪な分かれ方をしたことなんかも忘れちゃう」
「本当の友達ってなんだろう?と考えるうちにまたマナと仲良くしたくなった」

のかな?と好意的に考える事も出来ますが、

 それよりなら私は

・もういちど「本当の友達ってなんだろう?」とレジーナが自問するところからスタート
・彫刻の森に来たマナたちを遠巻きに伺うもすぐに発見される
・レジーナの気持ちを察して「一緒に行こう」と誘うマナ
・いつもの明るいレジーナに戻る。「ホントに反省したんでしょうね?」「したした☆」

という流れの方が納得できたな・・。


゚・*:.:♪*・画像でコメント゜゚・♯*:.。. :*・゜

これ。王女様は石化してたのかな?
と、思ってただけに


これにはびびった!Σ(゚Д゚;ノ)ノ

。・゚・(ノ∀;)アアアーーーーッ!日曜の朝からフェイタリティーーーーー(`;ω;')


先日、子持ちの方から「子供は絵がおもしろい所を何度も巻戻して見ていた」という
ご意見を頂いたのを思い出しました。

とすると、このシーンも子供達には大うけだったのかな?
演出はそれを計算して描いたのかな?


いきなりなんか出てきたぞ!えー!
プリキュアよりも強いところを見せた男キャラはコイツが初めて。

ジョー≧音吉>>>越えられない弱者という役割の壁>>ポップ=シロップ>>ココナツ

▲・・と、思ったら
▲あっさり屈した。まだまだ余裕っぽいけど。良く分らん強さだ。

▲なんかちょっと思わせぶりだな・・と思わせるカットだと思ったら、そういうことだったのね。

▲このまこぴーの疑問も、いきなりジョーが現れることの不自然さを消すためだったのか。

「どうして」という言葉を視聴者に聞かせることで、
後半いきなり鎧の戦士が現れることが「その答え」に変わる。

 


▲この「なりたいっ!」の言い方にとても「らしさ」が感じられて良かったですね。
たとえばエレンだったらかなりテレまくった末に深刻な感じで言うと思いますが、

レジーナはとにかく素直だからこういう言い方になるんだろうと思います。
上手い!

▲いいねぇ(´ω`*)いいえがお。いい「うん」。

レジーナは良し悪しの区別なく全ての感情に素直な子なんだな。

▲直球ッ!

▲直球直球ぅ~ッ! 

 ▲この直球ぶりはなおちゃんをかるく超えてるんじゃないだろうか。

▲今回は六花ちゃんらしさがちょいちょい見られてよかった。(´ω`*)
ヤキモチが見られなくなったのは寂しいけど、代わりに「ゆるぎない正妻」という自信が
感じられたね。

▲またですか。いいのかなぁ。パワーアップしたのにいいとこ殆どないじゃないですかー
「おもちゃが強いところを見せつつ負ける」という見せ方をして欲しいな。

 ▲なんだろう。なんかとてもいいセリフ。
まさか石化フェチですか。ニッチな趣味をお持ちのようで。

▲今週の作画はかわいかったなぁ。(´ω`*)
レジーナの無邪気なかわいさがより際立ったと思う。
▲あっ・・・

・・あ、いいえ。

来週はアクションシーンに期待してみよう。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今週は
・ジョーの正体が明かされる
・赤いクリスタル登場
・レジーナはいい子だけど操られてた説明

そして
前回「本当の友達ってなんだろう?」と思ったレジーナに
その意味を教える回。

折角仲良くなれそうになったところに邪魔が入ったのは
定番のお約束とはいえ、やっぱり切ないですね。

この先レジーナがマナ達のやさしさを受けてそれをどのように克服し成長していくのか?
続きが楽しみになってきました。

14 件のコメント:

  1. 今週はよかったですねー

    相変わらず展開はちょっと速足で、もう少しじっくり見たいなという気持ちもありますが
    レジーナが「本当の友達になりたい」と考えだす過程は先週のためがあったので、するりと入ってきました

    自分ではスルーしてしまっていましたが、指摘されている「いい子になった」は確かに先週の流れからは違和感がある台詞ですね

    ただ、目が赤くなる前からアイちゃんが懐かないという先週までのレジーナとの違いを表現していたシーンがあったので
    ここも先週からの間にキングジコチューになにか弄られていることを示す伏線だったりするのかも?と深読みしてみたり…
    無邪気なレジーナをマナ達に接近させて、クリスタル奪取を企んだという流れはほぼ間違いないだろう定番のお約束ですしね
    (もちろん、近付いた後でマナ達の友情に心を動かされたのは素のレジーナの人格という前提で)

    そして、今週は話の本筋以外の演出も楽しめました
    レジーナのストレートすぎる発言にジト目になる4人とか
    王女っぽい像の前で「彫刻の方が僕に一目惚れ~」とか言いだす岡田のひどい惚気とか
    壊れた像を一応くっつけてみようとする4人とか

    来週以降が楽しみです

    返信削除
    返信
    1. 真琴は表情険しいままだったので
      レジーナのストレートすぎる発言に反応しているのは3人+3匹でしたね

      ここは真琴達だけ違うということが重要なシーンだったので一応訂正

      削除
  2. 少なくとも現時点では

    ・アクションは期待しない。
    ・展開とは早くて無駄のない急なものである。
    ・登場しなくなったキャラのことはいちいち気にしない。

    ・・・を念頭におけば、少なくともプリキュアでは今まで見られなかったレジーナというキャラと彼女がもたらす展開が楽しめた回だと思います。
    そして大人数を一度に動かせていた点においては、ライダーにおいてもプリキュアにおいても見受けられる米村脚本の上手さが出ていた回だったかと。久しぶりにちゃんと各キャラの個性がきちんと描けていたとも思います。

    あとは現状主役としてちょっと頼りないマナがどう強くなっていくか、が全てでしょうか。今後の予想のつかない展開のためにも、そしてレジーナのためにも・・・。

    返信削除
  3. 面白かったぁ、レジーナの手でロイヤルクリスタルになった時は
    レジーナやっぱりプリキュアと思ったが、目が赤くなって・・
    青い目のほうが可愛いのに・・・

    フィアンセって未発表?アン王女と名で呼び合うまこぴーがしらんとは?
    タキシード仮面のように仮面でも着けていたのだろうか?

    本日の1番は「飾ってやる」・・館長!アナコンディより手っ取り早いです!

    返信削除
  4. 本当の友達といえば「嘘を吐かないこと」がよく挙げられます。
    今回レジーナは敵陣営側の存在ということで、クイーン・クリスタル探しという点に嘘をつくことになってしまうわけで、大丈夫か?と心配しておりましたが、レジーナが自力で嘘を看破し、マナも観念したので一安心です。
    それにしてもクリスタルの出現条件がいまだによくわかりませんね。

    返信削除
  5. レジーナと仲良くなる過程はポイントが押さえてあって良かったですね。
    あとクリスタルゲット、今週の被害者と交流、後片付けでの友情論、直後のシュールギャグと
    石像破壊がシナリオ的に価千金の活躍をしてたかと。
    ただレジーナとマナ以外の3人が仲良くなるには早すぎると感じました。
    イベントの詰め込み具合からしてしょうがないんでしょうか。

    返信削除
  6. >「いい子になれ」「いい子にならなきゃいけない」「そうでなきゃ友達になれない」
    >なんて誰にも言われてないのに。

    言われてますよ、レジーナ。なので違和感は無かったですね。むしろ自分なりの答えを出したんだなといじらしく
    なりまたし、レジーナの成長とその変貌を通してストーリーが進んだとの感があります。
    レジーナにいつ誰が言ったのかは不明ですが、以前に「いい子」になれと言われて、なろうとしたけどなれなかったのは
    自明です。セジーナのセリフをもう一度読み返してみれば分かります。
    レジーナは善悪の分別はつくのですが、それ以上に自分の感情を優先する子という設定であり、それはプリキュアの
    主視聴者である幼女そのものです。作者はレジーナを通して教育、と言ったら大袈裟かもしれませんが、友達とは
    こういうものだよと教えてくれています。それはプリキュアシリーズのテーマの一つであり、それを変に飾らずに
    (飾ったら幼女に伝わりません)伝えてくれたのは王道を行くようで安心でした。
    その甲斐あって「私も、友達になりたいっ!」と叫んだレジーナ。白眉でしたねぇ。見ててウルウルしちゃいましたよ。

    そんなレジーナの心を狂わせるロイヤルクリスタルが憎いっ! 友情よりもロイヤルクリスタル集めを優先させているのは
    キングジコチューなんだろうか。そうだとしたらなんてオヤジだ!

    返信削除
  7. コッペさまも思い出してあげてくださいw

    「あの騎士はいったい?」みたいなこともなくあっさり正体バレきましたな。
    レジーナにしても登場→正体バラシ→善落ちの兆し?→クリスタルで再悪落ちが
    一気呵成に展開していったし、その辺の溜めはしない方針なんですかね。

    あと青黄のバトルでの弱体っぷりが早すぎやしませんかね。
    ハートvsレジーナでジコチューからダイヤモンドとロゼッタでソード(石化)を守るとか
    もうちょっとちゃんとした見せ場を作ってあげてもいいような。

    そして来週は…うん…まあその頑張ろうw

    返信削除
  8. う〜ん、楽しかったようにも思うけど、
    仲良くなりかけたレジーナがクリスタルで豹変するというのが、
    どう考えていいのか難しいところです。
    レジーナのドキドキに反応してクリスタル化したまではまだわかったんです。
    クリスタルに何か特殊な能力があるんでしょうが、
    たった1個でレジーナを変えるほどの力があるのが謎。
    3個持ってるまこぴーに何の変化もないのに。
    いつかきちんと説明される時が来るとは思いたいですが、
    所持する者によって善にも悪にもなる、
    まあそういうものが争奪戦になるのはよくある話ですね。

    赤い目になったレジーナは今後例のトリオにどんな仕打ちをするんでしょう?
    期待していいのか悪いのか…。より悪の幹部らしい振舞いになっていくのでしょうか?
    あの可愛い無邪気なレジーナを返せ〜とかいう大友が増えたりして。

    そしてクリスタルが揃ったとき、何が起こるのか?
    4人は?王女様は?レジーナは?目が離せない…と思ったら、
    次回はいったい、ナンノハナシヲシテルンダオマエタチ〜!

    返信削除
    返信
    1. 「婚約者」ジョー岡田については、
      彫刻を見ながら「王女様が悲しい顔をしていた」という台詞が
      関係しているようでちょっと気になっています。
      婚約者でありながらまこぴーが全然知らないくらいの距離にいて、
      王国が滅んだ時には王女様のそばにいなかったから、
      随分前から?人間界にやってきて店をやりつつ
      新たなプリキュアを探していた、みたいなことなんでしょうかね。
      その辺のことも少しは次回語られるんでしょうか。
      マナの興味はそこじゃないようですが(笑)、
      六花にしっかりツッコんでほしいところですな。

      削除
  9. 武藤カズキン2013年5月27日 5:25

    『ジョー岡田?ジョナサン・クロンダイク?どっちかわかんねぇからジョジョって呼んでやるよっ!!』
    っというテンプレが思い浮かんだ今週の感想w

    明らかに何が悪いかわかっていないレジーナと、流石に攻撃的になってしまうありすと六花。
    ロイヤルクリスタルの事や彫刻展に来た理由を、最後まで隠したままで行ったらどうしようと思っていたら(今までのパターンだとあり得ただけに……)、
    マコピーが自爆、マナがさっさとバラしてくれたので安心しました。
    隠し事をしたまま友達とか言われても説得力無いですからね。
    そこから先はまさに先週の感想で私が言ってた事をやってくれた訳ですが、
    先週が先週だっただけに、レジーナは何が原因で考えを改めたのかわからなかったし、マナ達はマナ達で随分急激に注意を促していたので、
    両者共に唐突感を感じました。
    展開的にはコレで良いと思うんですけど、各週の連動感が欠けるなと言った感じですね。

    マナ達の友情に触れて、自分もこうありたいと願うレジーナの気持ちに反応して生まれる新たなロイヤルクリスタル、
    どうやらプリキュア達(w)の心の成長に反応して具現化するようですね。
    今までガラス玉だと思っていた物(自分以外に向けられる友情)が宝石に変わった瞬間っていうのは深読みのしすぎでしょうか。
    頑なに握手しようとする気配も見られませんでしたが、この辺の展開は素晴らしいなと思いました。
    そしてロイヤルクリスタルの出現と共に豹変するレジーナ、時限式の洗脳といった所ですか。
    コレを感じていたから、いつもはレジーナを見ても泣かなかったアイちゃんがグズったんでしょうね。
    でもいつものレジーナと差別化するのに、
    目の色だけじゃなく強引ジコチュー変化のテンプレも変えて欲しかったし、口調とかも変えて欲しかったかなっと思いました。

    前半前にジコチュー化したのでえらい飛ばしてるなぁっと思ったら、
    全員の単独必殺技効かない描写……アレ?これって初フォースアローの時にしっかりやるべきだった描写じゃね?
    もう何回もフォース使ってるのになぜ今更……
    マコピーはマナを守る牽制で使ったとして、「4人居なきゃ、あの技は使えないわよね」ぐらいの煽りはやってくれたら、残りの違和感が減ってたんだけど……
    3人が石化してしまい苦戦するマナのピンチに登場するジョジョw
    ジョナサン・クロンダイクという本名を明かした訳ですが、マコピー回で言ってる方もいた通り明らかに怪しいのだから、
    謎の人の次期に尾行するなりするジョー岡田回をやってたら、今回の正体バレも『何だってっ!!!!!』って感じになったかなという残念感があります。

    今回はお話的には大変楽しめましたが、やはり細かな残念感が出てきてしまいました。
    面白いけど、もっと面白くなるはずなのにって歯痒い気持ちになってしまうのが口惜しいです。

    次は今まで意図的にか、心の内面の描写や行動原理の描写を避けてきたマナの成長回。
    そろそろマナという子を深く知りたいですね。

    返信削除
    返信
    1. 武藤カズキン2013年5月27日 18:42

      もうお約束になってしまった「王女様は”  ”が好きだった」シリーズw
      バラと彫刻を眺めカルタをするのが大好きな王女
      来週はどんな大好きを披露するのか楽しみですwww

      削除
  10. アン王女と長い付き合いみたいなのに婚約者を知らなかった剣崎さんが可哀想です。ジョー岡田は婚約者が居るのに相田さんの事をマイスイートハートと呼んでたんですね。なんか釈然としないです。

    返信削除
  11. 「一蓮托生」…「連帯責任」と言って重く言うのでなければ、かといって押し付けるのでもない。
    その辺の言葉選びが良いな、と思いました。

    ロイヤルクリスタルはプリキュア(1度以上の変身による覚醒済み)以外が持つと妙な作用があるのだろうか?それと、騎士・クロンダイクの偽名での行動。
    その辺が来週は来ると信じて待ってます。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...