2013年6月16日日曜日

第20話「クリスタルの導き!王女様のもとへ!」 脚本=高橋ナツコ 演出・絵コンテ=芝田浩樹

「細かい疑問を残さないようにしよう」という意志が感じられる脚本だったと思います。



 ▲例えばこういうところとか。

▲これまであいまいだったレジーナに対するマナ達の感情が
ようやく分った。

▲「クリスタルを見た時から雰囲気が変わった」事には気づいてた

※  ※  ※

でも、内容に特に不満があるわけでもないのに、
見終えた後に「面白かった」という感情が自分の心に残りませんでした。

その理由が判然としないのですが、

以下に思ったことを書き連ねていきながら
それを探って行きたいと思います。

※  ※  ※

今回のテーマは

・クリスタルに導かれて王女様発見
・レジーナとみんなに和解のきっかけが見える

というところでしょうか。

▲マナ以外は敵意むき出し

▲ハッキリ言われた


▲それでもあきらめないマナ

▲なぞの光

▲目がもどった。王蟲みたいに。

 ▲洗脳が解けたとかそういうこと?


▲ここからマナの本領発揮





※  ※  ※

こうしてキャプ絵を見ながら内容を振り返ってみているうちに・・色々分りました。


正気を取り戻したレジーナに対して
「きっと分かり合えるよ!」「私もいっしょに謝る。友達だから!」と
器のでかいところを見せる所はとてもキャラクターのらしさが見えてよかったと思う。


その一方でなんとなく釈然としないと感じた理由は

レジーナが正気を取り戻すことにマナが関わっていないこと、
その変化の原因に疑問を抱かないこと

に私が違和感を感じてしまったからだと分りました。


マナたちがクレバスに落ちたところからの展開が全てマナにとっては行き当たりばったりで、
レジーナが正気に戻る事にも王女を見つける事にも自発的な行動が見られないところ

私は、見ている当時は理屈では分らないながらも不満に感じていたんだと思います。

(例えば、
光るクリスタルを発見したあと
「この光の差すほうに王女がいるのかもしれない!」として
氷の塊を手でどかして道を作ろうとするマナ。

手がしもやけで痛んでも手を止めないマナに「どうしてそこまでする?」と聞くレジーナ
「王女様はまこぴーがずっと探していた人だから、私も絶対に見つけてあげたい。
友達だから。」と語るマナ。
その言葉を聞いて、始めは理解できずに黙ってみているものの、やがて力を貸すレジーナ。
その結果王女を発見して二人で喜ぶ。

というような展開だったら、私は納得したと思う。)


゚・*:.:♪*・子供フィルター゜゚・♯*:.。. :*・゜

「子供はどのように感じるのだろう?」という視点で見ると、

絵的に面白みのあるシーンが少なかったんじゃないかな、とも思います。


シリアスな会話のシーンや説明の場面は勿論不可欠だけど、
そこへ至るまでのつなぎの展開に

子供が絵で見て「面白い」と思える描写があったら
この退屈感を感じずにすんだの・・かもしれない。
▲万能セバスチャンというのも面白いですが、
折角のプリキュアというファンタジー要素が描かれないのでは残念だと思います。

たとえばつぼみたちなら「妖精のマントで空を飛ぶ」とか、
ラブたちなら「アカルンでワープ」とか
みゆき達なら「本棚ワープかなにかしらのデコルを使う」とか、

要はドラえもんみたいなワクワクするファンタジーを使って、
こういうシーンも「楽しく見せた」だろうな、と思うわけです。

▲このシーンも、長い尺を使った割には振り返ってみると大した意味があると思えません。

仮にギャグのつもりで入れていたのなら、もっとコミカルな絵が見られる
演出を考えたらよかったのに・・と思います。

例えば、1回のジャンプで20メートル以上飛ぶプリキュアに引き換え、
ジョーはひたすらダッシュで登山とか。
「戦士として惨めな姿は見せられない!それにアンがここで待っているかもしれないんだ!」
と息巻いてダッシュする。

「張り切りすぎると危ないですよ」という忠告を受けるも案の定
派手にすっころぶ⇒氷に乗って滑落⇒プリキュアに助けられる

とか。

そういう、子供の興味を引きやすい絵をはさみつつ物語を進めたほうが
良かったんじゃないのかなぁ・・・・・・と、私は思いました。

※  ※  ※

▲あ、でもこれはよかった。
「そうそう、こういうシーンが見たかったんだよ!(*゚∀゚*)」って思った。


゚・*:.:♪*・大人目線゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲大人目線でみるなら、セバスチャンの活躍は面白いと思う。
かれんお嬢様にお付きの坂本さんとの執事対決が見たくなってきた。
 
▲いや!やっぱりちょっと活躍しすぎなんじゃあ・・・


 ▲これね。ちょっと趣旨が分らない。
今回の物語の要旨にからんでもいないし暗示するにしても噛み合ってない。
この山小屋のパートまるまるいらなかったんじゃないかと思う。

▲まっ!(*゚∀゚*)
「わたしもまだそこまでしてもらったこと無いのに!」
という魂の叫びが聞こえてきそう。
 
▲2度目ッ!(゚ω゚)

それはさておき、「私達が、王女様とレジーナのパパの架け橋になろう」っていうセリフは
いいですね。

▲いい(´ω`*)
そうとも、レジーナが聞く耳を持つ今こそそれを言わなくては。

▲(゚ω゚;)いいシーン・・なんだけど、涙には気持ちが付いていかなかった。(´・ω・`)
この前にちょっとだけでもレジーナの心を描いて見せてくれてたら一緒に泣けたと思うんだけどな。
残念。

▲和解したところでいったん引き離される。

▲なんか・・・ヘンな引き方だなぁ・・・(´・ω・`)

消えたわけじゃないし人質でもないし、ひとっとびで手に届くところにいるんだから
止まっていないでイーラたちに飛び掛ったらよかったのに。

「へんなの」と、思った。(゚ω゚)

▲え?もう!?とおもったけどもうすぐ23話ですもんね。

キュアパッションもこんな紹介のされ方してたっけなあ(´ω`*)


゚・*:.:♪*・゜゚まとめ・♯*:.。. :*・゜

結論を言うと、良かったところと不満点が半分ずつという感じです。

「マナらしさ」が見られたところは良かったですが、
大人目線でも子供目線で見ても、「面白い」と感じる部分は少なかったように感じました。


全体的に、演出がちょっと・・たまに「あれ?」って思うところがある回でしたね。

20 件のコメント:

  1. マナとレジーナ関連で「?」となってしまうのは今までの言動が原因かもしれませんね。どうにもマナのひたすらに、それこそ真琴達から顰蹙かっても「なんとなく悪い子じゃなさそう」という直観だけでレジーナに肩入れしてきてるのが腑に落ちないとなれば、今回の歩み寄りに関してていおさんのような感想抱くかもしれません。

    逆に言えば今までの言動を肯定出来たり素直に面白いと感じられる方なら少しぐらい疑問があってもそういうものだという風にスルーして今回の話盛り上がって楽しいと感じられるかもしれません。今後の展開込みでレジーナ関連はドキプリにおける賛否両論要素になりそうですね。


    >レジーナ抵抗くらいすりゃいいのに

    力使えない描写あったので腕力も普通の女の子ぐらいになってしまってると思われます。同世代の男の子と大人の女性二人がかりはありすお嬢様みたいな人でないと振りほどけないでしょうねw

    返信削除
  2. >力使えない描写あったので腕力も普通の女の子ぐらいになってしまってると思われます。

    あ!(゚∀゚;)
    コロッと忘れてました。お恥ずかしい。

    記事に追記する形で訂正を入れようと思いましたが、初見の人には
    ややこしいだけの文章になってしまうので、まるまるカットしました。

    早めのご指摘有難うございます。おかげで傷が浅くてすみました。

    >マナとレジーナ関連で「?」となってしまうのは今までの言動が原因かもしれませんね。

    そうですねぇ・・そう思います。
    レジーナに対する4人の心理描写が十分ではなかったのではないかと
    私は考えています。

    今後の展開次第ではそれらを忘れてもいいと思える事にもなるかもしれないと思っているので
    期待を捨ててはいませんが。

    返信削除
  3. 前半に4人の変身バンクがありましたが、なくても話は成立するので、
    もっと濃密な心の交流をいれる時間も作れただろうに、ちょっと残念です。
    「あ、このひとがあとでジコチューになるな」とこちらに予感させるのも
    今回の話で必要だったのかなあ。なければないで文句言う人もいますけども。
    ていおさんの仰るとおり、前回もそうだけど今回も話の終わり方がピンと来ない。
    全体に時間の使い方が微妙なんですよね。

    新しいプリキュア誕生に向け話が盛り上がってくれることを望みます。

    返信削除
    返信
    1. ええ。もっとよい時間の使い方があったのではないかと感じることが・・
      今回は特に多かったですね。

      主題を語るのに必要でないシーンが多い割には
      肝心の主題を語るのに必要なシーンが欠けていたり。

      削除
    2. レジーナとマナとの和解が描かれ、改心したレジーナがマナたちと組んで、
      果たしてキングジコチューを改心させられるのか?というところに興味を持ちました。
      まあ親は親で、娘をあのまま放置するとも思えませんが、
      相手は何と言ってもラスボス。
      今後の展開を考えるうえで、期待している点。

      ひとつ残念に思ったことを思い出しましたので追加します。
      落下するレジーナの手をハートがつかむ場面で、
      まこぴーにも使った「人助けに理由なんて要らないでしょ?」という
      あの台詞をもう一度聞きたかった。そのためにはもちろん、
      レジーナに「なんで?」とハートに向かって言ってもらう必要はあります。
      予告の時にこの場面があったので、このやりとりもきっとあると思ってたんですが。
      いちばんマナというキャラを象徴していると思うし、
      たぶん、これがあるだけで、レジーナの変化ももっとわかりやすかったと思うんです。
      >レジーナが正気を取り戻すことにマナが関わっていないこと、
      というていおさんの釈然としない部分もこれだけで解決できたのになあ。

      削除
  4. 武藤カズキン2013年6月16日 16:19

    レジーナも武空術使えるんだから、気絶させるとかクレバスに落ちる描写にもう一ひねり欲しかった今週の感想。

    万能セバスチャン再びwww
    レーダーとか見てたら、ますますドラゴンボールチックに感じましたw
    ホント販促しろとは言いませんが、キュアラビーズって子供欲しがるんだろうか……
    前番組のウィザードはクリスマスケーキのリングまで、本編で上手い具合に使ってて関心したんだが……
    キュアラビーズは出現条件が曖昧だから出しにくいってのはわかるけど、
    アイちゃんのチートを全部ラビーズで発動させるとか、もうちょっとドキドキワクワクする工夫ができんかな。

    クレバスに落ちたマナと目が覚めたレジーナの前に出てくるクリスタル。
    ここでレジーナがあっさりマナの手を離してクリスタルに行っちゃった訳ですが、
    ここはマナが必死に握ってて離れない描写を入れたら、マナの本気度を見せられたのになと残念な気持ちになりました。
    そして出てくるアン王女(本体)を見てレジーナの目が青眼に……
    マナはいつものレジーナに戻ったと言いましたが、何度も言ってますが青眼と灼眼の違いが曖昧な為モヤモヤしました。
    その後クリスタルを手にしても灼眼に戻らなかった事から察するに、灼眼モードはクリスタルを集めて王女を発見する為に発動した
    と見る事が出来ますが、それが善悪どちらの意思で発露したのか、ちゃんと上手い具合に回収してくれる事を願わずにはいられません。
    完全和解したものの連れ去られるレジーナ。
    今回は擬似握手でしたが、真の握手はまだ先のようですね。

    今週のスパークルソード
    クレバス発見(遭難原因)と雪達磨の攻撃相殺でしたが、雪達磨は矢で攻撃口を塞ぐ描写があれば良かったんじゃね?という脳内意見から
    40点といった所でしょうかw

    いよいよバレのあの人の情報がチラホラ解禁されてきましたが、どういう形になるのか楽しみです。

    返信削除
    返信
    1. 武藤カズキン2013年6月17日 8:26

      さて、そろそろ1/3を過ぎ、物語も佳境に至ろうというのに、何故私は『ドキドキプリキュア』に完全にのめり込めず、
      モヤモヤとした気持ちになるのか必死に考えました。
      そして考えた末のその答えが、1時間前にある事に思い至りました。
      1時間前、そう『獣電戦隊キョウリュウジャー』の存在です。
      恐竜+人間、聞いぃぃぃて驚け(千葉ヴォイス)なブレイブな戦隊。
      戦隊リーダー『キング』こと桐生ダイゴは、本来マナが歩んでもらいたかった道を全力で突き進んでいる存在です。
      二人の共通点は何でもそつなくこなせて、勘と不思議な魅力で周りを引っ張って行く事、という具合に結構カブってます。
      となると先に存在感を出した方が勝ちなのですが、マナが2週先行の利を生かせずモタモタしているのを尻目に、キングは1話目からブレイブでしたw
      初戦闘後、マナはマコピーに仲間になる事を断られ、キングは他の仲間に正体を晒す事を断られました。
      この後の対応で早速2人の明暗が分かれる事に……
      マナは何も出来ずに見送りましたが、キングは皆の意見を尊重しつつも自分はさっさと変身を解いて自己紹介。
      その後マナはズカズカ踏み込んでマコピーを怒らせ、キングは各々に自分を認めさせ本人の意思で変身解除させました。
      この時点でキングのキャラが先に立って表現が自由になり、逆にマナはキングとカブらないよう制限がかかり、
      キャラがブレまくってしまったように思えます。

      現時点では明確な差ができてしまい、
      キングは積極的で自分の勘を洞察力や観察力を駆使し説明でき、柔軟に相手の主張も受け入れるが、自分の主張はしっかり出す。
      マナは勘に頼りすぎる感があり、その理由を問われると説明できない事が多々ある、周りによく窘められるが迷いながらも最終的には自分の考えを貫く。
      キングは一度決めたら迷い無く進むが、マナは結構迷いまくるのでネガティブ感が付きまとうといった感じでしょうか。
      今回の信じるというお題も、マナは自分が何で信じれるのかの主張が弱い気がしました。
      キングの言葉を借りるなら「元に戻ったな!レジーナはあの時(美術展)からダチだと思ってたから、本当はこんな事する訳ねぇと信じてたぜ!」
      ぐらいは自然に言ってのけるだろうなと思いますし、本来はマナにそうあって欲しかった。

      本来プリキュアがすべき事・期待する事を全部キョウリュウジャーにやられてる状況で、表現の幅が狭まって話がメチャクチャになっている気がする。
      追加戦士の空蝉丸の見せ方キャラ立ても意表を衝かれたし見事だっただけに、エースをしっかり魅せられるかが心配。
      もう全部後手後手にまわってる感じがして、むしろキョウリュウジャーを楽しみにしている自分が居る事が、
      今期プリキュアを楽しめない理由じゃないかと思う。

      削除
  5. 面白いかと言えば面白かったですが確かに腑に落ちないところもありました。
    セバスチャンが便利すぎてホノナギの登山のようなエピソードもなく
    山小屋のシーンも王女様が時空の狭間で遥か昔着きに既に氷付けに成っていたかのような
    説明と今回のジコチューが誰だったのかの説明、短絡過ぎて良く解らなかったのでやっぱ
    必要ないと思いました。
    面白くしたいのは解りますが、シリアスな部分との25分間での配分が上手くいっていない
    勿体無い、王女様発見のシリアス回なのに・・

    さてツイッターで山口さんが23話から展開がといったいた事が見えてきました
    23話といえばパッション誕生回でした、新しいプリキュアもきっと23話でしょうで、誰?
    勿論レジーナでしょう、でもみゆきさんのことを思い出すとひょっとして・・
    キュアクイーンとか氷付けのアクティブ王女様が!パッションと違ってシルエットなので
    顔がわからない分楽しみです、レジーナでしょうけど・・

    返信削除
  6. セバスが有能過ぎてジョーさんが弱く見えますね。王女様もプリキュア並みの力がありそうなんで、ジョーさん立つ瀬無いですね。
    ジョーさんにはフレッシュの西さんのようなノリが欲しいところ。
    マナ達も雪山をプリキュアの力で突破するのは現実的で良いのですが、ちょっとは苦労してもよいのでは?
    あかねだって生身で空港まで走ったんだし…(逆に本棚ワープ使えよとか言われてましたけどね)

    要素がたくさんあって、どこに集中すればいいのか、という点がありますね。
    助けるべき相手が王女(もこぴー&ジョー)とレジーナ(マナ)となってたり、レジーナ関連の変化がいまだに詳細不明だったりと…
    また、変身BGMがいつもと違ったので、前半の山場の変身なのかと思ったけどそうでもない。

    ところでいつもはゴルフで見れなくなるというのに、今回は逆にプリキュアだけ見れるという…
    これが四葉財閥の実力か…ッ!

    返信削除
  7. ロイヤルクリスタルがマッハ3で飛んでいったという説明は必要なかった気がします。ジー岡田は戦闘力は兎も角体力はプリキュアよりないんですね。鎧の所為でしょうか?。山小屋のおじさんが言った伝説は次回以降使うのかどうかで必要だったか決めたいと思います。

    返信削除
  8. はじめましていつもひっそりと拝見しております
    前回といい今回といい普通な回でしたね
    物語の核心に近づくための一歩的なイメージを感じます
    イメージといえば今回山小屋のシーンでRPGゲームみたいな感じで笑っちゃいました
    あの山小屋のシーンは絶対いりませんよね・・・。
    『君を信じるために戦う』そんなマナ様の様子がかっこよかったですキュンキュンでした

    5人目のプリキュアの正体いったいだれなんだ・・・?みゆ○さんか・・・?

    返信削除
  9. 雪山で手をつかんで助けようとしたけどそのまま落下して洗脳解けてごめんなさい・・・せっかくスタッフ刷新したのになぜこうもパクリという名のオマージュが続くのか謎でありますドキドキ!プリキュア。王女様=ひなた?
    ・・・それも原因かも知れませんがストーリー性を重視している割には毎回毎回展開が突飛すぎてこれまでの話との繋がりとか積み重ねとかが感じられないのが勿体無いです。

    あと微細なところで気になったのは
    ・ただぴょんぴょんちょっと急な坂を跳ねてるだけであまり登山している感じも危なっかしさも感じられなかった。
    ・奇跡の光=ダイヤモンドシャワー・・・個人の単独技、しかも今回の物語のメインでもないダイヤモンドの技って(汗)。ここは全員かマナ&レジーナに由来するものじゃないと・・・。
    ・なぜみんな氷(クリスタル?)漬けになってる王女さま見て驚き悲しまないの!!
    といったところです。

    でも『あたしはもっとバカ』は良い台詞だったと思います。なんだかダークドリームさんと同じ道を辿りそうでヤバイですが・・・それでも今後のマナとレジーナのドラマは往年のロボットアニメみたいで楽しみであります。

    返信削除
    返信
    1. >せっかくスタッフ刷新したのになぜこうもパクリという名のオマージュが続くのか謎でありますドキドキ!プリキュア。王女様=ひなた?

      流石にそれはこじつけというか、歪んだ解釈をしてると思いますよ。

      どっちかって言うとまこぴーに手を差し伸べたシーンを作者は意識したと私は思いました。

      削除
  10. ケロロ軍曹2013年6月18日 15:02

    このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  11. 子供フィルターのていおさんの記事、まるまる同意見です!
    ていうか、むしろていおさんに脚本書いてほしかった~とまで思ってしまいました。
    子供はけっこう一生懸命見ていた方ですが、ていおさんのご提案されているシーンがあったら、もっと楽しめていたと思います。
    とりあえず、子供は前回、今回と、やっと今期のプリキュアに入り込んできたようです。
    来週の新しいプリキュアも、何の先入観もなしにとても楽しみにしています(^^)
    これから盛り返してくれるといいなぁ。
    ちなみに。子供の1番好きなキャラはまこぴーです。
    マナちゃんはあんまし好きじゃないらしい…(^_^;)

    返信削除
  12. プリキュア軍曹2013年6月19日 20:20

    う~ん…今回も尿意もないのに残尿感を感じたりしていました…!
    具体的にどのへんが?って聞かれると返事に窮するんですが…!
    とにかくお仕置きされるのがイヤでレジーナを連れ戻そうとするあの3バカどもがどんだけやる気ねぇんだテメェら!?って感じで人間の汚い部分がだいぶ浮き彫りになってたような気がします…!
    て言うかあいつらは近いうちにキングジコチューが復活するって確信有ったのでしょうか?
    よくいろんな人が「スマイルは良かった」って言ったりしてるけど,
    個人的にはスマイルもまたネタを詰め込みすぎてオチで失敗したパターンだとも思えます。
    前作がサブキャラがあんまり話にからんでなかったので今回は少しでもからませようと必死になってるのかもしれませんが正直焼け石に水って印象です…!
    こんなんでしっかり有終の美を飾れるでしょうか…?
    毎週もやもやすることになるかも…!

    でも少しは変わっていってくれることを私,信じてる…!(なぜかブッキー風。)
    以上,ここにコメントを書きに来る方々ほど明確な分析が毎回できていないプリキュア軍曹でした。

    返信削除
    返信
    1. 毎週このコメント欄を見るとあなたのコメントも自動的に目に入ってしまいますが
      他の方ほど明確な分析ができていないのを自覚しているなら無理をしない方が良いと思いますよ
      あなたのコメントは他の方のレベルにあわせようと無理に意見を語ろうとして
      単に的外れな事を言っているようにしか見えません。
      それに加えて
      >個人的にはスマイルもまたネタを詰め込みすぎてオチで失敗したパターンだとも思えます。

      成功失敗をそんな簡単な理屈で語るなんて最悪だと思います。
      思慮の浅さを文面に充満させているあなたにそれを語られると不愉快さは更に上がります。
      このブログのコメント欄は好きですが、私はあなたのコメントは見たくないです。

      すこしエキサイトしてしまいました。管理人さん、不適切であれば申し訳ありません、消してくださって構いません

      削除
    2. 同意ですね。この人には
      無理に慣用句を使ってみたものの使い方が間違っているあたりに無理やり感と知性の無さを感じてました
      「有終の美」って何が終わることに対していってんのかな?

      >具体的にどのへんが?って聞かれると返事に窮するんですが…!
      分らないなら黙ってれば?答えはていおさんが書いてるじゃん
      それ以外に原因があると思うならその答えが出るまで黙ってれば?

      プリキュア軍曹さんにコメントを求める人は居ないんだから
      他の人みたく明快なコメントが出来ないとわかってるなら黙ってたらいいよ

      <軍曹>と名乗ってしまう人には共通してうっとおしいという特性が出るようですね!
      ケロロの方は最近管理人さんは容赦なく削除を始めたようだけどコッチの軍曹はどうなるのかな??

      削除
    3. む・・・かなり辛らつなご意見・・
      コメント欄が荒れることになればすぐに処置をしなくてはいけないのですが

      正直この匿名さんの意見はキツい物言いの部分を除けば
      私が同意するところもあります。

      特に特定シリーズに対し失敗等と軽々に語る当たりには私も大変不快に思います。

      プリキュア軍曹さんに分って欲しい意図もあるので、これ以上雰囲気が険悪になることがなければ
      このコメントは削除せずに残しておくことにします。

      ケロロ軍曹さんの方は意思疎通不可能と判断したので以後のコメントは全て削除することに決めました。
      こちらの軍曹さんはそうでないことを望んでいます。

      削除
    4. ここのコメント欄はていおさんという作家の眼を通しての分析、批評に対しての話題がメインなので
      コメントは自ずから真面目で真摯なものになります。その中でプリキュア軍曹さんの書き込みは
      毛色が変わっててアクセントという意味では嫌いじゃなかったですよ。

      でもプリキュア軍曹さんに言いたいのですが、[思慮が浅い]という批判は甘んじて受けるべきです。

      たとえばこれはていおさんも誤解してるんじゃないかと思いますが、[個人的には(中略)オチで失敗
      したパターンだとも思えます]という一文は[特定シリーズに対し失敗]と受け取られても仕方のない
      書き方ですが、書き手が言いたいことはあくまでも[オチで失敗]であってスマイルの否定ではない
      ように思われます。ていおさんがスマイルの総括で言った[24話以降は退屈だった]と同じ意味
      ではないでしょうか。
      そのように誤解を与えてしまうのはいけません。そしてあなたにはあなただけが持つ意見、見方が
      あるはずです。それを建設的にかつ簡潔に述べればいいのではないでしょうか。
      それはある意味非常に怖いことです。自分の意見が無防備に晒されるわけですから。
      私もここのコメント欄に書き込むときはとても怖い思いをしています。その怖さよりも書かなければ
      ならないという想いが大きいときにのみ書き込みをしています。
      プリキュア軍曹さん、あなたの個性は文体ではなく内容にあります。耳から煙が出るくらいに
      考えて考えて、エンターキーを押す前にもう一度考えて書き込みをしてみましょう。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...