2013年7月14日日曜日

24話感想・の前に

・・感想文は書けました。

「作者への最低限のリスペクトを損なわないように」と
ものすごく気を使う感想文になりました。短いけど、いつもより長い時間がかかりました。

軽く頭痛がしています。


しかし私は今回の話を見て、
「今作の監督と構成さんはこの仕事をするに足る力を持たずにこの仕事を受けたのだな」

とまで思ってしまいました。

「酷すぎて感想文を書きたくない」と思ったのは、180回も感想文を書いてきて初めてです。



そういう気持ちで書いた感想文ですから、
また気づかずに過ぎた言葉表現をしてしまっているかもしれません。

だから、気持ちが落ち着くまで1日寝かせます。


その後読み返して修正を入れてから公開することにさせてください。

9 件のコメント:

  1. 今回の話、ダビィだけ見てるとなかなか楽しいもんですよ?
    やっぱダビィの言動は安心感ありますね。可愛いし、大人っぽい感じが素敵です。

    ここは、可愛い可愛い言うだけのサイトとは違いますから辛辣な意見もいいと思うんですけどね?
    ゆっくり気持ちを落ち着かせて、なんか良いとこ探しでもしてみてください…

    返信削除
  2. はじめまして。

    今日はEDテロップの「成田良美」の文字を見てビックリしました。
    やはり新キャラキュアエースと個人回の同時進行は厳しいのではないかと思います。
    詰め込みすぎて(時間が足らなくて)大事なところが疎かになっている感じ。
    もっとまこぴー自身が心動かされ、答えをみつけるシチュエーションや舞台をじっくり描いて欲しかったです。
    前半のマナとありすのブレた作戦も何だったのか、結局王女の鶴の一声で終わってしまった。

    (まこぴーはソングバード以外は劇中で歌わないのかな?せっかくCDも出したんだし…)

    ドキプリは次から次へと伏線や謎を出してくるから少ししんどく感じます。
    中々息継ぎの出来ないクロールをしている様な気分…
    この辺りで一度清算回を入れて欲しかったのですが、流れ的にそれも望めそうにないですね。

    ていおさんのコメント楽しみに、ドキドキしながら待っています。

    返信削除
  3. 具体的コメントはていおさんの後にするとして、今は一言だけ。

    「次回予告にぜ〜んぶ持ってかれてしまった」

    返信削除
  4. 先週もていおさんの感想文どうなっちゃうんだろうかと思っていましたが
    今週は流石に怒り出すんじゃないかと恐る恐る見に来ましたが・・間をおきますか
    それがいいと思います。

    今週は企業宣伝キュアエースのグッツを売りたいのかまこぴー回なのにまこぴー
    変身すらなし・・あっさりラビーズ製造メーカーアイちゃんが鏡のラビーズささっと出し、
    本来ならまこぴーが悩んで悩んで行き着いて自分自身の心や手の中からラビーズ出すのが
    上等だと思うのになぁ、蝶捕まえるのに必死な人や青鍵出てこないで必死になってた人が
    いい話だったので同じぐらい期待していたのに残念すぎる・・アン王女もサッサと喋っちゃうし

    今回以上に来週の予告・・来週も感想文が大変な予感がします・・

    返信削除
  5. 今回はちょっと、正直言って早く起きたのを後悔しました
    それぞれのネタ単体で見ると面白くても、全くそれらが噛み合わずに不良品の歯車みたいな印象を受けました
    せっかくのまこぴー回なのに出番や見せ場がロクに無かったのは流石にどうかと思います
    来週は今回とは違った意味でメインの影が薄くなりそうなので心配です
    ありすちゃん一番好きだから頑張ってもらいたいのですがね…

    返信削除
  6. 真琴のメイン回だからどこに住んで居るのが明らかに成るかと思ったけどそんな事は無かった。登場時期を考えるとどこに住んで居るのか位は明らかに成っているのが普通なんですけどいつ明らかにするのか。

    前回予告の時点でレジーナに触れないと思っていたら本当に全く触れなくてびっくりしました。マナ達に言わせるとか、キングジコチュー側にレジーナに付いて言わせる尺は有ったと思います。

    キュアエースの変身前の名前が明らかに成りましたけど誰も呼ばないので視聴者に名前を覚えさせる気が有るのか疑問に思いました。

    返信削除
  7. 武藤カズキン2013年7月14日 21:52

    何これランニング時のダビィかわいいと思った今週の感想

    何というかシリアスに表現できないから、ギャグに走るのかなって思った。
    今までがむしゃらに歌い続けてきたマコピーにとって、歌を止めるというのは一大決心。
    ギャグで誤魔化さずにしっかり表現して欲しかったなという気持ちが、見つづけてるうちに大きくなっていきました。
    トランプ王国でマコピーにとって、歌というのはどういうものだったのか。
    歌い始めた切欠は?、こっちの世界にきてストリートミュージシャンやってたのは前にもう見たから、
    プロダクションに入るまで、デビューするまではどういう感じだったのか。
    その辺をしっかり振り返って、自分を見つめなおしてから答えを出して欲しかったなっと思いました。
    出した答えや考え方が良かっただけに、やっぱり『過程がスッポリ抜けてる』感じがして残念だった。
    そして変身して来るんじゃなく、来てから変身する方が良いんじゃないかと、
    空気読まずメイン待遇で変身してるエースを見て思いましたw

    そして円 亜久里ちゃんですが……
    キャラの性質上今まで出て来れなかったってのはわかりますが、悪い方向にキャラが固まって行きつつあります。
    ぽっと出のガキが何語ってくれてんのと思われても仕方が無い上から目線。
    ウザがられる事が宿命付けられたような、ワタクシ喋り。
    ここからどう挽回するんだろうと心配でなりません。

    今回の中途半端さを見て、どうなのかなと思ってた思考を吹っ飛ばすべく、満を持して登場キュアセバスww
    ハッピーロボクラスの衝撃を受けました。
    コレやるなら、ますます今回ギャグ要らんだろうw

    返信削除
  8. ドキプリは全体的に演出が良いですが、今回は有数の出来だったように思います。

    個人的にナメ構図が好きだからというのがありますが、
    全編を通して画面構成、カット割りが凝ってました。(当シリーズの特色でもあります)
    「今日もかわいいでちゅね~」あたりのあぐりの主観ショットや、
    ハートがジコチューを蹴り上げるカットのアングルなどは面白く、
    「無意味かもしれない」→「でも」のソードは山内重保のようでグッときました。
    また、ダビィがあぐりに飛びかかるところのカット繋ぎや、
    ジコチューに3人がふっ飛ばされてから巻き取られるまでのところも面白かったです。
    個人的には、バイオリンの望遠ショットがすごく良かったですね。あれは痺れました。
    話の筋には関係ないですが、かっこよすぎでしょう。

    また芝居もいつも以上に充実してたように思います。
    たっぷりととられた会話の間(子供向け作品では間をとる演出は回避されがちなようです)や、
    特に、いつも以上に芝居の抑揚がしっかりとコントロールされている印象を受けました。
    まこぴーとダビィ二人きりのシーンでの抑えめの演技が良かったです。
    (ダビィの運転する車内など、初期の話数から二人きりのときはこんな雰囲気ですね。好きです)
    アフレコ演技だけでなく、ソード登場カットの表情なんかも味のある芝居で目を奪われました。
    (並の演出家ならこういうところはキメ顔で登場させちゃったりしそうなもんです)

    あと、ダビィがひたすらかわいかったです。

    とまあ、本作を楽しんでいる者の一感想でした。
    本作は、アクションと啖呵というよりは、
    レイアウト・カット割りで画面を作り、
    セリフ回しと芝居で物語るタイプの、
    シリーズ過去作と比べると演出指向の強めな作品だと思います(私の好みの作風です)。
    ここ最近のていおさんは、「話を効率的に伝達するための脚本づくり」に傾倒しておられるように見受けられますが、
    このように観ている者もいるということが何かのプラスになれば幸いです。

    返信削除
    返信
    1. ご意見有難うございます。

      そうですか。このお話をそのように見る人も居るとは、正直思っても見なかっただけに驚きでした。

      感想本文にも書きましたが、演出はかなり凝っていたと私も感じました。
      ジコチューを蹴り上げるカットは確かに面白みがありました。

      しかし今回を楽しめた方にとって、私の感想は恐らく大変不快に感じられるものとなるでしょう。

      なぜなら、私は「凝った演出が生きるのは、物語の盛り上げがしっかりなされていてこそだ」と思うからです。

      私は、「凝った演出は、物語が盛り上がる過程で作者の感情と共に自然とそういう形になるもの」
      だと、ある監督の仕事ぶりを見て以来考えています。

      そして今回の演出は「凝った演出をすることを第一に考えて物語を作った」ように感じました。

      物語作りを勉強している者として、
      今回の話運びには描くべき肝心なものが大分足りないと私は思っています。

      ※  ※  ※

      私は話がしっかりしていなければその先の「見せ方」を味わうも何も無いと考えるタチです。
      一方あなたは、まず「見せ方」に注目する。

      物事をどういう順番で楽しむか・によって感想も大きく違うのだな、と思うことが出来ました。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...