2013年7月19日金曜日

フレッシュ語り

人にフレッシュを勧める文章を書いたら、なんだか自分でももう一度見直したい
気分になって、現在作画の作業BGM代わりにフレッシュプリキュアを1話から
再生しています。


そしたらまぁ涙が出ること出ること(´;ω;`)

初視聴の時に泣いたのはラブの両親がせっちゃんに「ウチに来なさい」と優しく語り掛ける
場面だけだったのに、どうしたことでしょう。


番組終了後もラブ達を描き続けてきたせいか、
愛着が色あせるどころかより一層深まっていたようで、

キャラクターが「らしさ」を見せるシーンになるたびに
嬉しくて涙がじわじわ出てきます。

現在12話まで見終えましたが、
やっぱり3人の「初めての変身」の場面はいいですね。


ラブはミユキさんをかばって、
美希は「弟の夢を諦めさせないために自分を犠牲にして」
ブッキーは「ラッキー(犬)のために人に頼らず自分で行動する姿を示す」。

※  ※  ※

「やっぱりキャラクターの心の強さ、魅力が一番強く光って見えるのは、
ピンチの時なんだなぁ」(*´ω`*)

「本当に困った時にこそ人の本性が分る」
「困った時にもそばに居てくれる人こそ信用のおける友達」と言うしなぁ。

なんて事を改めてしみじみ考えました。


※  ※  ※

今のところ「ハズレ回」は無いですね。

必ず「描きたいテーマ」「誰のどんな主張を見せるのか」が明らかになっていて、
そのために必要な前フリがキャラクターのコミカルなやりとりとともに
お手本のように上手く配置されています。

コミカルな印象を作るのに特に重要な鍵になっているのは
タルトのテキトーさや胡散臭い大阪弁、
表情と体全体でハデなリアクションをするラブのキャラクター、
そしてボケツッコミがよく入れ替わる、キャラクター同士の
漫才のような掛け合いだろうと思います。


※  ※  ※

そしてカオルちゃんというキャラがまたいいですね。

いつもラブたちの心の動きを見守っていて、
キャラクターが迷った時には解決のきっかけになる
ヒントのようなアドバイスを「ちょっとだけ」教える。

キャラクターの自主性を損なわない、ちょうどいい塩梅の「大人の干渉」。


夢よりも友情を選んだ美希がオーディションを抜け出した時、
ラブたちが戦っている現場まで車を出してくれるところも、

そのマンガみたいな車のかっ飛ばし方も含めてとてもシビれました。

(同じ理由でオーディションを抜け出したうららのことを思い出しますよね。)

前田健の上手いんだかヘタいんだか分らないお芝居がまた、
カオルちゃんの胡散臭さを演出していて良いと思います。

※  ※  ※

スケジュールの関係で、よかったところをじっくり語る暇がありませんが、
原稿が終わったときにまた書きたくなったら書くかもしれません。


フレッシュをチラ見しながらラブたちが登場する漫画を描く と
いつも以上に楽しい気分になります。


・・まあ、描いている内容は
▲こんなんですが。(゚ω゚)またタコにつかまってるね。
本編でミキたんのこんな表情みたことない。

8 件のコメント:

  1. >今のところ「ハズレ回」は無いですね。
    再放送でDVDレコーダーに録画したプリキュアでお気に入りの回を残していますが
    唯一全話残っているのはフレッシュだけてす。
    ちなみに無印、MHあわせて23話 SS13話 5、5GOGOあわせて15話
    スマイル12話

    フレッシュの話が視聴年齢を高めに設定しているようで一寸違った味があって面白いのが良かったですね。

    ラブたちも中学2年て言うよりも高校生ぐらいの設定のような気もする
    公立中学で修学旅行が沖縄って・・中学ならほの、なぎさんの京都が定番でしょ
    大輔とのラブコメもある程度年齢行ってないと解らないでしょう
    今後出てきそうもないプリキュアではありましたね

    ていおさんの新刊フレッシュきたいしています!

    返信削除
    返信
    1. 私もキャラクターの「らしさ」を沢山出せるように知恵を絞りました。
      今迄で一番面白い漫画になると思います。(゚ω゚)おたのしみに

      削除
  2. いいものは何度見てもいいって事ですね。ていおさんは描き続けていますから当時見てた以上に感情が乗ってるんでしょう。

    自分もプリキュアでは無いですが、去年の今頃におジャ魔女どれみを一気見してました。(アニメ本編4年分+映画二本+OVA1クール)
    当時中学生時分では気づけなかった所や解らなかった所に気づけて感動も当時見てた時以上の物がありました。

    返信削除
    返信
    1. おジャ魔女も良いですよね~私も何度見直したことか。

      今また見直したらきっと違う発見があるかもしれませんね。

      おジャ魔女もプリキュアみたいにブランド化してたら
      違うキャラクターのおジャ魔女の物語があったのかなーなんて思いますね。

      削除
  3. 武藤カズキン2013年7月20日 5:58

    私もBS11のフレッシュ再放送録画を見直してます。
    ラブとせつなのどつき愛からのパッション誕生までの流れは、何度見ても良いですね。
    BS11はいよいよ最終局面で、一度見たのにワクワクしている自分が居ます。

    返信削除
    返信
    1. そのあたりは今まで2回くらいしか見てませんが、
      印象的なシーンは脳裏に焼き付いていて今でも脳内再生できます。

      よっぽどインパクトの強い物語だったんだなーと感じます。

      削除
  4. フレッシュはオードリーが出る回が好きですw

    返信削除
    返信
    1. 若林さんの棒読みでゲラゲラ笑ってた覚えがあります。

      オードリーのギャグ、ツッコミをプリキュアの戦闘に混ぜ込み、
      ゲストのオードリーをプリキュアと同等の「笑顔を守る」ヒーローとして描いた

      脚本・演出も素晴らしい回でしたね。
      川村先生の作画も超可愛かった。(´^q^`)

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...