2013年7月22日月曜日

25話コメント紹介

沢山のコメント有難うございます。
私は作品に対して真剣に考える気力を失ったので
皆さんの見解・感想は本当に参考になりました。

以下に私が共感した、或いは「そういう受け取り方もあるか」と思った
ご意見を抜粋してご紹介します。

▲その覚悟があれば変態にもなれるさ。


来週楽しみすぎて1週間が長すぎる・・・


セバスチャンさんのキャラ崩壊より
プリキュア5つの誓いの『守り、守られ』が薄い気がしてそっちが気になりました。

今回の発端だってロゼッタが皆を守れなかったから力不足を感じた という感じでしたけど
後ろでつったってる3人がおかしかったと思います。
『守り、守られ』は後ろに突っ立ってた3人に向けていったほうがなんかしっくりきました。

ギャグ回としてみたらすごく好きなお話でした。
ランス可愛かったですしね。



  1. ギャグ回としては面白い演出が出来てたと思うけど、
    そっちにばかり気が向いて物語のテーマを描くことにはあまり気を使ってないように感じましたね。

    メリハリをつけてどちらも表現しきるような物語を過去に何度も見ているだけに、
    物足りなさを感じてしまいましたね。

えらくとっ散らかった話だなあというのが率直な感想です。

戦闘が計3回でテンポが悪いし、一番盛り上がるはずの最後がバンク連発。
場面転換も非常に多く、各場面が飛び飛びだったことが原因かと思います。

今回のテーマが「愛とは守りあうこと」ならロゼッタが直接セバスチャンを
守るシーンがほしかったです。

キュアセバスチャンがジコチューと戦うもピンチに、
それをロゼッタが覚醒して助けるみたいで良いんじゃないかあと。
マーモ変身よりもありすとセバスチャンの関係に焦点を当ててほしかったです。





  1. そうそう、テーマがあるならもっとそのテーマを強調したキャラの動きや演出が
    見たかったと私も思いました。
 
ハッピーロボみたいなギャグ回ならともかく貴重かつ重要なキャラ回でやる内容ではない。

というかメインがありすなのかセバスチャンなのかキューティマダムなのかもあやふや。
ありすパワーアップ回なのだからあくまでありすをメインに据えるべき。


「楽しい」はあっても深みが足りない感じでしたね。
皆さんが言うようにテーマに集中しきれてない印象のせいでしょうか?

話 の展開としては、偽りの善を振りかざすキューティーマダムをしっかり糾弾できる話に
してほしかったかな? 

良いことしているように見えて実際は悪いことを しているからこそ倒されるべきであり、
変身アイテムを回収する必要があるのですから… 
もし改心していたのなら放置してもいいわけですしね。


「やらせはせん、やらせはせんぞー」で「あ、ガンダム?」って思ったくらいで
あと何一つ記憶に残らんというか。S☆Sのキントレさん@オラオラほど面白くも無かったし
キュアエースさん出てからホントにgdgdだなぁと思う事しきり。
テコ入れの新キャラ出たらもっと盛り上がるもんだと思うんですけどね。

▲これは賛否あると思いますが、私はこういうセンスは嫌いです。

シチュエーションに合ってないものをねじ込んだって演出家の自己満足としか思えませんから。


 序盤のぶっ飛び展開からこれはギャグ回なのか?と思ったら
中盤でありすとセバスチャンの絆を描いたりと、どういった話を見せたいのか、
というのが理解できずにちょっと戸惑ってしまいました。

 今回の話の肝はおそらく「互いに守り、守られながら皆が支えあっている」ということ
だと思うのですが、キューティーマダムや人工コミューンのアイテムのせいでギャグ色が
あまりにも強くなってしまい、その主題が薄まってしまったような気がします。

 ありすというキャラは他の三人に比べて大人な部分があるために成長する話を描くのは
難しいと思うのですが、今回の「自分も誰かに守られている」ということに気づいて成長する
というのは非常に理に適っているために、このような話になってしまったのは残念です。

ギャグ描写でまあまあ楽しむことは出来たんですが
それでもいろいろ中途半端だったかなあという感想です

ギャグ回として笑える、面白い、楽しいシーンを見せるという意味では
ありすの悩みや成長の話があるために弾け切れてない印象がやっぱりありますし

逆に、ありすの成長回として見るにしても
ギャグ回として、話の整合性とか横に置いた展開をしている中で
ありすの覚醒を描写しているのでとってつけたような話になってますし…

23-24回のエースの販促とプリキュアの成長という2つの要素だけでも持て余していたのが
今回はさらにギャグも加われば、さもありなんということでしょうか

やっぱりテーマの組み合わせ、アイデアの取捨選択の問題が大きい気がします

子供&その親的にも、すんごくビミョ~~~でした。ギャグもメッセージも薄味?な印象です。

とりあえずキュアセバスチャン、出すなら出すでもっと大活躍させて欲しかったなぁ。
先週から子供ゴコロは鷲掴みしてたので。
予想外に出番が少なく残念でした。せっかく子供にもわかりやすいギャグ回だったので、
もっとおもいっきり笑わせてあげたかったです。

そしてキューティーマダム、うちの子供ウケは最悪でした。
子供的には、大嫌いな憎っき敵がプリキュアになるのは心底許せないらしい…。

キューティーマダムが出た後のCMで、娘は「もう見ない!!」と、
怒ってどっか行っちゃいました(^_^;)
なんとか呼び戻しましたが、前半のニコニコ笑顔は消え、
むくれっつらで時々プイッと目を反らしながら視聴してました。
そして来週の予告も許せないらしく「見たくない!!」そうです(^_^;)ワタシハタノシミデス。

ありすちゃんの成長に伴う心の動きは理解できましたよ。
実 は、マナちゃんの時もまこぴーの時も、私個人的にはほとんど不自然さを感じないんですよね
(あいまいな描写が多いので子供には何も伝わってない気はします が…
伝わらないと意味がないといえばそうなんですが)。

過程を説明的な文章におこせなくても、漠然として明確じゃなくても、
そういう心情を理解できるとい うか…。
もしかしたらそういう感覚って女性ならではなのかも?とちょっと思ったりもします。

ちなみに、今日旦那はたまたまエースを初めて見たんですが「なんでこの人あとから出てきていきなり超上から目線なの?誰なの?」と不信がってました~☆

■ていお

わちゃー・・・お子さんも楽しめませんでしたか。それは気の毒ですね・・・

このままプリキュアから離れてしまわないといいですが。

>ありすちゃんの成長に伴う心の動きは理解できましたよ。

そうでしたか。
それについては恐らく、私や今回に不満を感じる人たちは
過去のプリキュアを見てきて「キャラクターらしさを見せる幾つかの方程式」
を知っていて、それと比べると不満を感じる内容だから

文句を言っているのではないかと思います。

少なくとも私は、「キャラの気持ちが全く分らない」と感じているわけではなく
「そう描くならもっといい見せ方があるのに」という思いが不満になっています。

レジーナの件といい、自分の店にも顔を出さなくなった岡田といい、
あっちこっちつまみ食いしては途中でほったらかし

味方サイドのみならず、せっかくの追加幹部も既に印象が薄くそしてロクに彼らの描写に
力を入れさえもしないとは・・・もうちょっと物事の優先順位を決めて
あちこち欲張らずバシっと作品を作ってもらいたいものです。

ギャグにするなら、「どんなときも絶対に真顔で動くから、よけいに面白い」
的なアプローチが良かったかも知れません。

一方、ありすも努力してる。ありすも彼のウラの努力と、
お互いの「守りたい」「守られている」という思いが共有できたとき、
ありすの覚醒が始まる...みたいな。

人工コミューンという変化球使っていいから、
そういう話に絞るべきだったのではないかと思います。

人工コミューンは、あくまでレプリカ。オリジナルには到底及ばないということにして、
苦戦するロゼッタを救うべくセバスチャンが変身して立ち向かうも及ばず、

ロゼッタが彼に「なぜ私を...」、あとはお約束の展開。それでよかったんじゃないかな。
マーモが変身して悪事を働く部分はそれなりに意味も理解できたし楽しめたんですが。

エースのポジションが、個人的に迷子になっているような感じもしました。
また、今回はギャグ回と言うより痛い回でしたね・・・しかし、
これはこれで楽しめたのも事実なので、プラマイゼロという感じの回でした。


゚・*:.:♪*・まとめ゜゚・♯*:.。. :*・゜

コメントを拝見していて特に共感したのは

「1~25話を通して物語進行の核になる「事件・人物」の選択や投入タイミングが悪く、
あれもこれもと投入した結果殆どが中途半端になってるよな」

ということです。

勿論、それが0点だというわけではなく、「もっと他にやりようがあったのに」という意味での
不満です。

過去にいろんなパターンの「良い前例」を 見てきただけに、
もしかしたらハードルが高くなっているのかもしれません。

※  ※  ※

「ギャグが強くてありすのシリアスが目立たない」という意見も結構ありましたが、
ふざけるところは思い切りふざけても、締めるところはしっかり締める、
というメリハリのある演出を過去に何度も見てきたので、これは
演出に問題があったんだろうと私は思います。

32 件のコメント:

  1. 武藤カズキン2013年7月22日 18:13

    大人から子供まで見事にフルボッコですね。
    キューティマダムは自演とはいえ、何で良い事しようと思うのかが意味不明。
    普通の敵幹部ならある程度知名度が出た時点で悪に転じて、
    『この世に正義なんて無いのよっ!!』的なプリキュア否定して、
    肉体言語で論破されるのがお約束だというのに……

    あのAAは言いすぎかなっと思ってたら流石は四次元殺法コンビ
    私の考えを見事に代弁してくれる言葉がまとめにありました。

          r ‐、
          | ○ |         r‐‐、
         _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
        (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
        |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  受け手が望んでいるのは「予想を超えられる事」であり
       │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  「予想を裏切られる事」じゃないぞ!
       │  〉    |│  |`ー^ー― r' |
       │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  予想を外せばなんでもいいというわけではない!
       |  irー-、 ー ,} |    /     iプラス方向に裏切って初めて意味があるのだ!
       | /   `X´ ヽ    /   入  |

    まさにその通りだと思います。

    返信削除
    返信
    1. さすが四次元さんはええこといわはりますな。

      私もその言葉は覚えておきたいと思います。

      削除
  2. >物語進行の核になる「事件・人物」の選択や投入タイミングが悪く、
    >あれもこれもと投入した結果殆どが中途半端になってる

    25話に限らずここまでの全体のストーリー展開自体がそんな感じですからねえ…

    前半はまこぴーとの信頼関係の構築と王女様探しをメインにエース登場で締める
    後半はレジーナとのふれあいと対決を経て信頼関係を構築しキンジコを打倒する

    これにキャラ回やギャグ回を適度に入れるだけで一年通して普通にみれると思うんですがね

    返信削除
    返信
    1. >25話に限らず

      ちょっと説明が足りませんでしたね。書き足しておきました。(゚ω゚)

      しかしアレですね。
      「直球投げればストライク取れるのにわざわざ変化球にこだわって
      フォアボール連発するピッチャー」

      を、見ているみたいな印象を受けますね。

      削除
  3. 厳しい意見が続いていますが、ていおさんのまとめに大共感です
    とにかく詰め込み過ぎて、それぞれをつなぎ埋め込む要素が間に合っていません
    が、プロなら案を削って磨いては当たり前なので、今期は何でも詰め込む作風と考えるようにしました

    各回にどうしても入れて欲しいことが少しでも入っていれば及第点ということで…
    まこぴー回では歌で人々の心を守れることについてありすが言及していましたし
    今回は通常と逆に、守られ愛されることで強く育った、それを認識して大切な人のために強くなるという点
    視聴者の子供たちも色んな人たちから愛され守られていると、いつか感じてくれるのではないでしょうか

    個人的には次回、「医者にとっては敵も味方もみな患者」という感じなら及第点です

    返信削除
  4. 今回の話、というのは置いといて、少し話を変えます。
    リーヴァとグーラね。どれだけのお子様がこのにっくき二人の名前を覚えたかな?
    この二人のジコチューが3幹部のジコチューより強いことを見せるのに、
    今までの技が通用しないことを見せる、あるいは言わせるだけでよいのでしょうか。
    これではプリキュアが弱くなっているようにも見えてしまいます。
    どこかでプリキュア4人のうちの誰かが、「今までのジコチューより強い!」
    と一言でも発していたならば、「強くならなきゃ」というところにつながるはずでした。

    リーヴァとグーラの登場で居場所に困り始めた3幹部。今回はマーモ回。
    次回はイーラ回。てことは...。

    返信削除
    返信
    1. リーヴァとグーラね。どれだけのお子様がこのにっくき二人の名前を覚えたかな?。

      すいません。どっちがどっちだか全然分からないです。

      一応登場した回ではリーヴァとグーラが生み出したジコチューがキュアハート不在の3人のプリキュアと戦っている時にこのジコチュー強いと言われてキュアロゼッタとキュアソードの技が効かなかったので多分これまでの3幹部が生み出したジコチューよりは強いんでしょうけど、キュアハートが不在だったのでそこまで強いというイメージは無いですね。

      削除
  5. キューティーマダム不評ですね。
    考えてみたら非戦闘要因が戦えるというのが
    人口コミューンの面白さだから元々肉弾戦やってた
    マーモが変身してもインパクトが薄いんですね。
    セバスチャンの後だから余計に。

    ギャグ回はギャグ回で構成が大切だと感じました。

    返信削除
  6. 武藤カズキンさんの引用の言葉、大共感です!!!

    それを1番感じたのは、今回じゃないけど新プリキュアの正体!
    大人にとっては『新プリキュア=レジーナ』は予定調和で、それを外すのは斬新って思うのかもしれないけど、経験が圧倒的に少ない幼児は、本当にギリギリまでわかんなくて、そして本当にギリギリになって『もしかしてレジーナがプリキュアになるのかも!?』と、すごいドキドキワクワクするんです(…ウチの子がおバカなだけかもですが(^_^;))。
    その『自分で思いついた』予想が当たったら、それは小学生が算数の問題を自分で解けた時みたいに『わかった!!』ってすごい喜ぶし、なん1つかお姉さんになった気分になれます。

    なのでそこをあえて外して、プリキュアレジーナをワクワクして待ってた子供をガッカリさせるなんて、いくら意外性を求めてるからって子供番組でそれどうなのよ?って思いました。

    もっと単純でいいのに。
    王道展開でいいのに。
    大人は見飽きた展開かもだけど、幼児はプリキュアが生まれて初めてか2番目の(あんぱんのアニメが初めてだとして(^^ゞ)ストーリーアニメなんだから、たとえ王道ど真ん中だって、新鮮に見れますよ大丈夫ですよって言いたいです(>_<)!!

    >Te-tsuさん

    リーヴァとグーラの名前は、私もいまだに覚えられてません(^_^;)
    子供は…初めて出てきた時は食いついて「かたっぽの名前はグーラだった!もうかたっぽはまだわかんない」とかって言ってたけど、もうそれも忘れちゃったんじゃないかな?てか見た目派手なだけで、結局一瞬しか出ないし、なんかよくわかんないないしいつまでたっても覚えられなそうだなぁ(←私が)と思ってます(^_^;)

    返信削除
  7. そうそう、あともう1つ、釈然としないことがあって、敵メンツって、七つの大罪?をモチーフにしてるんですか?無教養の私は初めて聞いた言葉だし、誰がどの罪とかって全然興味ないんですが、幼児はそこ興味を持って楽しめるんでしょうか???

    それとも、私も聞いた七つの大罪を、終盤では私にも幼稚園児でもわかるように解説してくれるんでしょうか?そして幼児はそこから大事なことを学ぶんでしょうか?だったら納得です。

    でもそうじゃなく、単に製作者さんのこだわり?遊び?自己満?大友さん向け?で、そういう設定にしたんだとしたら、もっともっと子供の方をむいてください!!と強く言いたいです。

    細かいところはかなりスルーできるんですが(というか気付けない…)、そういう大きな部分が子供そっちのけなのは腹立ちます!!

    すみません、ていおさん責めてるみたいな文章になっちゃいましたが、それくらい、この無駄に凝った敵設定が気に入らないんです。

    返信削除
    返信
    1. 敵幹部の名前が七つの大罪由来なのはほぼ間違いない(公式発表はされてないので)と思われますが
      多分、ストーリーには一切関わりなく、七つの大罪には最後までは触れることなく終わらせるんじゃないですかね

      この名前の由来で子供たちの興味を引こうとはさすがに思っていないでしょうし
      そこから子供たちに何かを学んでもらおうという狙いも全くないでしょうから
      当然、本編中で七つの大罪に関する解説がなされることもないと思います

      アン王女の名前や妖精達の名前についてもトランプ由来の人物の名前にちなんでいたりするようですが
      子供たちがそういう由来をわからないことで話が面白くないということにはならないでしょうけど…

      製作者のこだわり、大人向けのお遊びかと言えば、その通りの話だと思います
      (自己満足かどうかについては主観的評価になるところなのでコメントは控えておきます)

      削除
    2. あと、一応補足を…
      このような「多分子供にはわからないであろう登場キャラのモチーフ、命名由来」自体は
      ドキドキプリキュアに限らず、これまでの作品でもよくあります

      敵のモチーフや名前が全て毒を持った生物で統一というパターン(これは子供にもわかる範囲ですが)は
      5シリーズとハートキャッチで2回使われてますし
      スプラッシュスターはプリキュアのモチーフが花鳥風月で敵幹部が五行(木火土金水)ですし
      スイートのキャラの名前は音楽関連の用語からとられたものが多いですし
      フレッシュの敵幹部の名前が東西南北…はともかく、
      人間の姿の時の名前が下っ端は「せつな、瞬、隼人」と短い時間っぽい名前で
      ボスや上級幹部はメビウス、クライン、那由多と大きな数からとった名前にしてあるあたりは
      絶対に子供にはわからないであろう法則性だったと思います

      過去の作品はこれらの命名由来がわからないからという理由で楽しめないようなことはなかったので
      ドキドキもキャラクターの名前の付け方に子供にはわからない法則があるという点については
      あまり心配する必要はないのではないかと思います

      削除
  8. 武藤カズキン2013年7月23日 13:56

    >七つの大罪
    ・イーラ  憤怒 ira(イラ)=ラテン語で『憤怒』の意から
    ・ベール  怠惰 『怠惰』を象徴する悪魔ベルフェゴールから
    ・マーモ  強欲 『強欲』を象徴する悪魔マンモンから
    ・グーラ  暴食 gula(グラ)=ラテン語で『暴食』の意から
    ・リーヴァ 嫉妬 『嫉妬』を象徴する悪魔レヴィアタンの英語読みのリヴァイアサンから
    プリキュアスレより転載

     あと残りは傲慢(ごうまん)と色欲ですがキングジコチューとレジーナってこと?
    傲慢はともかく色欲は子供番組じゃできないでしょうから、このまま放置という可能性も……
    これ掻い摘んで説明すると、キリスト教の話になって宗教色強くなっちゃうから、たぶん本編では説明やんないと思います。

    返信削除
    返信
    1. 武藤カズキン2013年7月23日 14:19

      そしてこういうのを教えるのは、中二病の入り口になりやすいので、
      お子さんにはそのままスルーを推奨します。

      削除
  9. 今作はストーリーを重視している様なんですけど。謎の解き方は上手くないと思います。今作の謎は最初に少し触れてその後は出番が来るまで放置する事が多いので。

    返信削除
  10. >天鳥さん

    過去作のモチーフ、面白いですね(^^)!
    教えていただいたモチーフ、フレッシュのボスとかの名前遊び以外は、子供に教えてあげてもまた楽しみ方が広がりそうなものばかりですね☆

    私も、子供が楽しんで視聴していれば、その横で『へぇ~、7つの大罪なんてあるんだ~』と、隠された言葉遊びにもしかしたら興味を持ち、こっそり楽しめたんだと思います。

    でも、子供は楽しんでないどころか視聴をやめそうになっている中、大人にしかわからない(大人なのに私はわかんなかったですが(^_^;))トリック?がしこまれていることにイラッとします…。

    そんなことこだわってるヒマがあるなら、子供が楽しめるギャグの1つでも考えてよ!的な。

    隠された言葉遊び自体は、軸さえちゃんとできてれば面白いと私も思います(^^)

    >武藤カズキンさん

    本当に名前凝ってるんですね~!!
    それ自体は面白いですね!!
    でも子供に言っても「ふーん」で終わりですね(-_-;)

    ちなみに私は今まで、

    いつもイライラしてるからイーラ
    もうもう文句ばっかり言ってるからマーモ
    おなかがグーグーなってばっかりいるからグーラ

    と思ってました(^^)♪♪♪
    くだらなくてスミマセン…。
    でも子供はそういうネーミングの方がむしろわかりやすいし好きだと思うけどなー。
    でもそれじゃあ高額商品を買ってくれる層のハートをキャッチできないんでしょうね~。

    確かに



    返信削除
    返信
    1. 子供向けのギャグをというご意見には同感です
      特にスマイルの後ドキドキだと余計にそう感じることでしょう

      今回の変身も、人工コミューンで妖精さんたちが変身したら絵的にも可愛くて良かったかもです
      もしくは町中の人たちが次々と変身して大騒ぎになって、最後に敵が変身なら(危ないと)納得出来たのではないでしょうか

      削除
  11. スミマセン…
    私の2つのコメント、誤字脱字ヒドイですね…。
    子供の期待を裏切り続けるドキドキに対するイライラが伝わってしまいますね☆

    頭が冷えるまで大人しくしてます。

    返信削除
    返信
    1. プリキュアファンサイトでこういう事言うのもアレかもですが、そこまでストレスが貯まるようなら一度視聴を辞めてみてはいかがですか?
      まんまるさんが書かれるお子さんの反応を読む限り、お子さんはもう殆どドキドキプリキュア全体への興味関心は無いように思えます。
      まんまるさんに説得されて仕方なく見てるようにも見え、むしろストレスにさえなっているようにも感じます。

      親子揃ってストレスを感じる作品をわざわざ見る必要も無いんではないでしょうか。
      他のシリーズ作品は好んで見ている作品もあるようなので無理の無い範囲でそれらを一緒に視聴すれば良いだけではないでしょうか?
      もちろんここまでの苦行に耐えながらも視聴を続けてるのは、それだけこのシリーズに期待しているということの裏返しなんだとも思いますが…

      また、子ども(女児)向けアニメは何もプリキュアだけではないですからね。
      ほぼ同年代を対象にとってる作品には現在放送されてる作品だけでもジュエルペットシリーズやたまごっちがありますし、少し対象が上がりますがプリティーリズムシリーズやアイカツなどもあります。

      親子揃って楽しく見れるアニメが見つかる事を願っています。

      削除
    2. >有事さん

      ありがとうございます(>_<)

      でも、それでも娘はドキドキプリキュアが大大大好きなんです。

      で、毎週つまらないんだけど、また翌週には楽しみにしちゃって、でもまたつまらないというおサル状態です(T_T)

      娘はきっと、プリキュアがつまらないはずがない!という、刷り込みに近い強い先入観があって、つまらなくてもつまらなくても楽しみにしちゃうんだと思います。
      そしてちょっとでも面白いとすごく嬉しそうです。

      だから可哀想で…(>_<)
      まぁ作品のせいというより、学習をしないおバカな娘が不憫なのかなぁ…。。。

      逆に、男の子なのに戦隊モノは嫌いでプリキュアが好きだった上の子は、もうだいぶ離れてて、自分からは前ほど見ようとしてないかも?先日もついに1週抜けたけど、別にいいみたいです。

      子供がプリキュアを卒業するのって、どういうタイミングなんでしょうか…?
      もしかして、今年のような年に脱落しちゃうことが、卒業なのかな…。
      そうだとしたら、ちょっと寂しい気もしますね。

      ちなみに、夏休みにはプリキュアじゃなく、おジャ魔女どれみを借りることにしました(^^)
      楽しめたらいいなと思います☆
      上記のように娘はおサルなので、コメントで視聴年齢が高い教えてもらったフレッシュは、とりあえず後回しにしてみました。

      削除
    3. セクシィードラフト2013年7月24日 2:24

      >子供がプリキュアを卒業するのって、どういうタイミングなんでしょうか…?
      作品によりけりですよねこれは本当に
      よく同じような枠組みに扱われるセーラームーンは小学生高学年でも話題になってましたし・・・あの頃はあの頃で他にも戦う変身する女の子アニメが他にもありましたけど
      どれも高学年にも向けられてる感がありました(恐らくレイアースとか息子さんが見たら、ドハマリするかも)
      プリキュアはだいたい小学生低学年辺りまでですかね?

      プリキュア以外でもオススメのアニメ?おジャ魔女が出てきたのならこれしかあるまい!
      「夢のクレヨン王国」
      これは前年までは「ママレードボーイ」「ご近所物語」「花より男子」と続いたちょっと高学年向けアニメから一変して子供向けになった作品でして本当に子供のためを考えてると思います
      なのでプリキュアほど憧れるカッコイイ女性というのは出てこないでしょうし子供には地味に感じるでしょうけど・・・大人ならこの良さに脳みそくすぐられること間違いなしです
      ちなみに当時のスタッフの話の動画です。どうして、クレヨン王国という原作を選んだのかを語ってます。スタッフは子供の事を考えてますね
      http://nicoviewer.net/sm4518129
      そして夢のクレヨン王国といえばED!これを聞けば優しい作品だと分かると思います
      http://www.youtube.com/watch?v=ggtKYg9HDGE

      あと・・・まんまるさんが子供が女の子向けアニメから卒業しても1人で見ちゃってるかもという話を以前見たので・・・そんな時は「アニマル横町」という女児向けアニメをオススメ!
      ギャグアニメなので子供に見せても良いと思ったら一緒に見て一緒に子供と笑顔になってウルトラハッピーになれればなぁ・・と思います
      試しに1話を
      http://www.youtube.com/watch?v=HJRvWQfZXFY

      削除
    4. セクセィードラフト2013年7月24日 2:55

      ちなみにクレヨン王国から今のプリキュアまで低学年の女の子向けが日曜の8:30から続いてます
      一時期はビックリマンやGS美神といった男の子向けアニメが8:30にやってました
      やっぱり女の子も楽しめなくちゃね!

      長文失礼しました

      削除
    5. お子さんのドキドキプリキュアへの興味関心が低いという印象を受けていましたが実際は毎回の放送を楽しみにしておられるのですね。
      それは失礼しました。
      しかし、それなら尚の事今のドキドキプリキュアの話の分かりづらさが歯がゆいですね…

      >子供がプリキュアを卒業するのって、どういうタイミングなんでしょうか…?
      子供は成長するに従って色々なことに興味関心を持っていきますよね。例えば女の子であるならオシャレであったり恋愛であったり…etc
      プリキュアはそういった要素は基本的に持ちあわせていないのでオシャレや恋愛に興味を持ち始めた子供には物足りなく映るということもあるようです。(オシャレに関してはデータカードダス系のゲームでカバーされてますが

      あくまでも一例ですが、こういう事で興味関心が変わっていく事もあるようです。もちろん変わらず視聴を続けるお子さんもおられますので、見なくなる理由は究極的には人それぞれという事になってしまうんですが…


      >夏休みにはプリキュアじゃなく、おジャ魔女どれみを借りることにしました(^^)
      個人的な感想ですが、「おジャ魔女どれみ」シリーズは親子で見るにはコレほど良い作品も無いと思えるほどに道徳的に良く出来た作品なのでオススメです。

      削除
    6. >セクセィードラフトさん

      レスありがとうございます(*^。^*)♪

      『クレヨン王国』初耳でした!

      娘はあまりテレビっ子じゃないんですが、先日あんぱんを卒業し、残ったプリキュアがこの惨状なので、1コか2コくらいは楽しみにできるアニメがあってもいいなぁ~と思って作品を探していたとこなので(できればなるべく物販が盛んじゃないやつを(^_^;))、すごい参考になりました!

      リンクまで貼っていただいて(*^^*)

      『アニマル横丁』1話見ました!
      かわいいっっっ(>▽<)!!
      カオスっぷりに癒されました~!!

      いろんなアニメが人知れずあるんですね~☆

      >有事さん

      >それは失礼しました

      いえいえ、誰が見ても、もう見なくてもいんじゃね?的な状況なので(^_^;)
      もはや信仰?

      おジャ魔女どれみ、太鼓判押してくださってありがとうございます(*^^*)



      削除
  12. 私も新しい幹部の名前はいまだに覚えてません。

    帽子投げるほうは「スピードワゴン的なアイツ」と認識する始末。

    最近はドキドキを見てイライラする心をフレッシュで癒しています。

    フレッシュを見始める前はあまり気分の良い日曜が過ごせていないことが
    多かったですが、

    最近は不快な気分を引きずらなくなっています。

    ※  ※  ※

    で、どうしてこんなに物語進行がヘンなのか気になったので
    「山口亮太」で検索してみましたが、この人大ベテランなんですね!
    大野敏哉とは違って有名アニメ作品を沢山やってます。

    そのキャリアと経験がありながらこの体たらくということを考えると、
    問題は監督なのだろうか。

    ・・と思って今度は「古賀豪」で検索してみましたが
    この人もシリーズ監督は3回目。ルーキーじゃないんですね。

    ・・ん~、初心者でないなら、どうしてこんな内容になってしまうんでしょうね。(´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. ていおさんはご存知かどうかわかりませんが、某ガンダムのシリーズ構成がそれまでに手がけた某超次元サッカーや箱物ロボットアニメという実績でそれなりに期待されてたのに蓋を開けてみたらどうしてこうなったレベルの作品になっちゃったという事例もありますからねえ…
      ※この人の場合実績作った作品はゲームで某ガンダムはアニメという違いはありますけど

      削除
    2. 武藤カズキン2013年7月24日 9:09

      脚本家間の連携の無さと、今までの物と違う事をしよう違うものを作ろうという気持ちか先走って、
      一番肝心な『面白い作品を作ろう』というのがスッポ抜けてると言った所でしょうか。

      面白いと思ったのは9・14・18・21話だけだなと思ったら、全部田中仁さん脚本だった。
      もう彼の時に期待するしかなさそうだ。

      削除
  13. 新幹部の名前は私も覚えておらず『飛田さん』と『デブ』で認識していますw
    そして元の3人も名前と顔が一致せず『あれ?イーラってどっちだっけ?』みたいなこともしばしばでした。
    劇中でも幹部同士が名前で呼び合うセリフがあまり無いように思えるのもよろしくないかと。
    (『お前たち』とか『あんた』みたいな呼び方が多いような)

    名は体を表すではないですが、その点スマイルは実に解りやすかったのとは正反対ですな。

    返信削除
  14. スマイルプリキュアは一年間敵味方とも構成もやることも結局変化しなかったのに対して、ドキドキプリキュアは半クールくらいでやること変わったりして忙しいですね。フレッシュプリキュアぐらいの変化が丁度良いのかもしれません。とはいえメンバー構成については、噂では「7罪」全てを出すつもりはないらしいのでジコチュー側はこれ以上増えないんでしょうけど…
    名前については印象に残れば由来がなんだろうといいと思いますけどね。とあるガンダムの登場人物なんてほとんどのキャラが数字由来でしたよ。気付かなくて良し、気付いたら気付いたでネタとして良しでいいでしょう。あぁでもジコチュー組の名前は印象に残らないんで問題なんでしたっけ? キャラ毎に作戦上の特徴があるわけでもないですし、なんとなくわかってたら充分と思いますよ。

    自分は物語進行もキャラ設定も不自然とは思えないんですが、強いて言うならプリキュアという児童向けの物語で、レジーナやキュアエースの正体といった話の根幹に関わりそうな謎ってそんなに長く引っ張る必要があるものなのか、引っ張った分の価値があるのか疑問ではありますね。亜久里の正体がジョナサンじゃないかと疑っているので早く答えを教えて欲しいです!

    返信削除
  15. 考えてみるとラテン語とか悪魔の名前とか子供にはさっぱりな由来ですね
    7つの大罪には動物もあてられるので,そっちがモチーフだったら
    「幹部が分かりにくい」といった声も起きなかったのかなと感じました

    返信削除
  16. どうにもこうにも、ドキプリは「キュアエース投入の仕方を間違った」という感じが否めませんね。
    私の目には制作側も扱いに困っているというか、彼女を持て余しているようにも見えます。あくまで私見ですが。
    シャイニールミナスを筆頭とする途中参戦組はどれも本編に先駆けてOP映像に姿があったり、本編で何かしらの前振りや下地作りをした上でメンバーに加わってきたものですが、エースはそういったものが全くない状態で突然出てきましたからねぇ。
    マナ達もクリスタルがプリキュアの人数より一つ多いことについて特に触れることはなかったし、変身する円亜久里がそれまで登場していなかった完全な新キャラということもあって、イレギュラー感が物凄く強いです。
    当初は五人目候補と目されていたレジーナも結局父親のもとへ戻り、ロイヤルクリスタルとの関連についても不明のまま戦線離脱になっちゃったし、現時点での今作は悉く視聴者を悪い意味で振り回しているように思います。

    ジコチュー幹部の名前に関しては一応全員の顔と名前を把握できていますが、「七つの大罪の名を冠する敵キャラ」というと、どうも某錬金術アニメの人造人間達の姿がちらついてしまいますね。そういやアッチにも出演してたな釘宮さん…。

    返信削除
  17. 武藤カズキン2013年7月24日 16:20

    エースの扱いどころか、」1・2話で意味ありげに存在感出してた不良君(二階堂君だっけ?)の扱いにすら困ってる始末w
    彼はこのままコラコラ言ってただけで終わってしまうのだろうかww

    エースに関しては素性をオープンにできないのら、できるまで接触を少なくして謎の人で通せば良かったんでしょうが、
    それだとミルキィローズと被ると思ったんでしょうね。
    素性は明かせない、でも言いたい事は言う。
    それで円亜久里というキャラは、どんどん嫌なヤツになってしまってる。
    素性を明かせない事に対して葛藤するシーンでも出せば、すこしは軽減されたんでしょうけど、無理でしょうね……
    違う事をするというのに必死になって、それが面白さに直結していないという事に気付かないと、
    このままズルズルと話数を重ねるだけになってしまうでしょう。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 10/01 大田区産業プラザ ドッキドキ☆ライブ ( スーパーヒロインタイム ) アイ02 ...