2013年8月4日日曜日

第27話「バレちゃった!?キュアエースの弱点!」 脚本=田中 仁 演出・絵コンテ=芝田浩樹


(゚ω゚)よかったじゃん

首をかしげるところは色々あったけど、
それは今回の演出脚本がどうこうできる話でもないし、
そういうところを除けば今回の演出脚本はいい仕事したなーと感じました。



 
▲あぐりのおばあ様。
後の事を考えると、あぐりがいかにおばあさんを大事に思っているかを
もうちょっとみせてくれたほうがよりよかったと思うけど。
▲そのおばあ様にグーラをけしかけるアイディア、良いですね。

 ▲こんな時に変身が時間切れ

 ▲「あぐりの大切な人を守る!」という心でギアアップ。
▲このときにパワーアップしたときのカットと
それぞれがパワーアップするきっかけになったキーワードが
挿入されるのが良かったですね。
▲前フリ
▲同じ攻撃でパワーアップ具合を見せる。分りやすくてよかった。


゚・*:.:♪*・ツッコミいろいろ゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲ん?5番目そんなんでいいの?
4週にわたって物語の肝を担って来た「5つの誓い」のラストが
ここへきてキャラの物語にからまないなんて。

随分適当ですのね。

やっぱり今年の監督・構成さんは
「とりあえず色んな設定を出してみるけど深くは考えず後はおざなり」
な話作りをするんだな。と、思いました。

▲・・・ええと、つまり・・・・・・「守るために強くなりたい⇒大人の姿になった方が強いから」
っていうことかな?

でも制作意図ということで考えると・・・何の意味があるんだろう?

先輩としてマナ達に指導する立場なら、ヒネリなんか入れず
年上のキャラクターで良かったんじゃないかな?

「5分しか変身できない」という設定の理由付けの為に子供にしたのかな?
・・・でも、そんな程度なら別の理由が幾らでも浮かびそうなものだけど。

<一度負けた時に変身アイテムがちょっと壊れた>とか、
<変身する力の源に呪い的なものをかけられた>とか。

※  ※  ※

そう考えると、あぐりを小学生にした理由は・・・・・
「ナマイキキャラがウケる!」とでも思ったのかなぁ・・・・?

どういう意図があったんだろう・・・


゚・*:.:♪*・゜゚画像でコメント・♯*:.。. :*・゜




 ▲色々変わってた。かわいいかわいい。

 ▲!?
 ▲!!!?
 ▲Σ(゚Д゚;ノ)ノ
なにいってんのこのキモファルセットは。
グーラさんの頬の赤らめ方はおかしい。

▲うむ。わかりやすい。

▲そのエレンのようなボケ方は・・・まさか音吉じいさんの本で調べたんじゃなかろうな!(;ω;)



 ▲このくだりは子供が喜びそうだ。(´ω`*)いいじゃん。

▲水彩?いいねぇ(´ω`*)
 ▲かわいいじゃん。(゚∀゚)

▲あ、覚えてた。
今更・・・・否。何も言うまい。
▲今回でようやくあぐりに親しみが持てた。ふうあぶなかった。

※  ※  ※

私のパソコンでは漢字で「あぐり」が一発変換されないし
辞書登録も面倒なので、このブログでは今後もひらがな表記にします。(`・ω・´)b

六花ちゃんも「ろくはなちゃん」とタイピングしてますし。(゚∀゚)

▲おー新しいのが来た!(゚∀゚)
ステージ・・というかライティングが派手だね!
▲演出も色々凝ってて面白い。
▲相変わらず表情が・・・・いや、ますます進化しているように見えるね。表情表現。
線に強弱があって手描きのように見えるのもすごいよなぁ・・・ 

 ▲でも歯見せすぎでちょっとキモイって思った。
手描きのキャラクターの方は殆ど歯みせないじゃん。

 ▲他のアニメには歯を見せてかわいい絵柄もあるけど、 プリキュアの絵柄には合わないと思う。
あれかな。流行に乗っかろうとしたのかな。
京アニに憧れちゃったのかな。

▲うーん。すごいなぁ。 手描きにしか見えないなぁ。

▲次回。特訓

 ▲あぐりと皆が仲良くなる回?

▲夏祭りではしゃぐあぐりの姿を描くのか?

そんなことされたらレジーナのこと思い出しちゃうじゃんか・・・・


監督さんはレジーナを暫く寝かせておくつもりのようだけど、
「マナ」というキャラクターにとってはそれでいいのかなぁ?

マグマに落ちかけたレジーナは助けるのに、
敵の手に落ちてしまったレジーナを助けに行かないのは
やっぱり筋が通ってないと思うな。

・・いや、作者にその気がない以上ここで語っても詮無い事だと分ってるけどさ・・・

18 件のコメント:

  1. 今日は色々と設定等後付っぽく感じられる点が多々ありましたが;;ていおさんがそんなに違和感を覚えていない様なので自分も良しとします^^;;

    にしても今日はセラムンのゾイサイトとクオンツァイトみたいな公式ホモっぽい演出には驚かされました_ _;;

    返信削除
  2. え~これはおどろいたわ・・ピーチの漫才を見たみゆきさんより驚いた
    こっちの世界で生まれたプリキュア?変身アイテムがトランプ王国のクリスタルで?
    それも一度敗れてって・・こっちの世界滅んでんじゃないの・・
    インチキくさいジョーはホントに卵拾ったんだ・・

    此れならばレジーナをキュアエースで復活させたほうが、話としては辻褄が有ったんではないだろうか

    キュアエースの話をキッチリ付けないと

    あ~何か違う~とエリカのように叫んでしまいたくなるきっと

    返信削除
  3. 今回は謎解き回でしたが、謎についてはあまりすっきりしませんでした
    でも、そういう縛りの中で出来るだけ頑張ろうとしていると感じられてよかったとも思いました

    特に私がよいと思ったのは、子供には退屈に感じられやすいであろう謎解き回の中で
    面白おかしい絵を前半のお茶会シーンや戦闘でできるだけたくさん入れることで
    子供にも楽しんでもらおうという意思が見えた点です

    まこぴーの茶碗回しとか誤解するにしても無理があるだろうと思いますが
    楽しく盛り上げようという目的があるのであればいいだろうと感じられます

    リーヴァ&グーラの合体ジコチュー召喚シーンとかも
    キモおかしいシーンで笑いをとろうと狙っているのだろうと思えば笑って見れます
    (ウケるか気持ち悪がられるかは微妙なラインだとも思いますがw)

    ということで、今回単独での評価は悪くはないのですが…

    謎解き回なのに新たに生まれた謎の方が多いんじゃないかと思わせるような全体構成は
    やっぱり誉められたものじゃないというのも感じざるを得ません

    エースがこっちの世界で生まれて、アイちゃんと共に戦っていたプリキュアだったということですが
    いつからいつ頃までどこで戦っていたのか
    トランプ王国に伝わっていたクリスタルとエースの変身アイテムが関係しているのは何故か
    クリスタルを集めて登場する「切り札」がエースだったという流れはどう説明されるのか
    アイちゃんは王女やトランプ王国と関係ないのか
    (関係ない場合、岡田が普通に育てていたのは何故なのか)

    …まだ何かあるような気もしますが、とりあえずこれくらいは疑問が増えてしまいました

    そして、これまでにいろいろ出てきた描写や設定の扱いを考えると
    これらの疑問が今後すっきりと解消されると期待して観ることができないんですよね

    今は、そんな自分の嫌な予想を裏切ってくれることを期待するだけです

    返信削除
  4. というか五つの誓いをちゃんと全部覚えてる子供居るんでしょうかねぇ?一話一回限りのやつならばわざわざ五つの誓いなんて大袈裟な言い方せずともエースのお説教というだけで済ませてもいいような気も。

    それとも単なる小学生からのお説教だと感じ悪いからプリキュア五つの誓いという重要そうな風にしてその辺り緩和狙ったとか?いずれにせよ今後コレが生かされるならともかく言うだけ言って終わりだという捨て設定はやめて欲しいものですね。

    あと、あぐりが生意気で上から目線な小学生設定はスイートのアコがそこそこウケた(子供か大きなお友達かは分からないですけど)から媚び狙いと予想してみたり。だって説得力持たせるならそもそもゆりさんみたいな年上キャラにすべきなんですよねこういうのやりたいなら。リアルがどうこう言うの無粋と承知しつつも「あんな大人びた通り越して老成したような小学三、四年なんてそうそう居ないわ!」とツッコミたくなりますね。

    返信削除
  5. 今回の話、面白かったですね。

    謎解きに関しては不鮮明な部分が多かったですが、個人的に今回の話のメインは「亜久里ちゃんに親しみを持たさせる」だったと思うので謎解きに関しては置いておきますが、これまでキュアエースに関しては見透かしたような言動やタイミングのいい登場などから人間味があまり感じられず、親しみを感じにくかったのですが、今回の話で、

    ・お婆ちゃんが大好き
    ・大好きなお婆ちゃんにはプリキュアであることを隠している(おそらく、危ないことをしていることで心配をかけさせたくない)
    ・礼儀作法に厳しいけど、それを一瞬忘れるぐらい甘いものが大好き
    ・野立に詳しくないマナたちをからかって喜ぶ

     といった、人間らしい一面が見れてとても親しみが持てました。ほかにも、お婆ちゃんが危なくて焦るエースなど、これまで「なんだかよくわからないキャラ」から「行動原理が理解できるキャラ」になっていて良かったです。おそらく、野立や茶道といった小学生らしくない趣味も、お婆ちゃんと一緒にやってるうちに覚えてんだろうな、という想像が及ぶお陰が違和感も個人的には感じなかったです。
     なによりも、てぃおさんに「ようやくあぐりに親しみが持てた」と感じさせた時点で、今回の話の最低限の意味はあったのではないかと思います。

    返信削除
  6. あぐりが地球人でおばあちゃんっ子で人間らしくていいなとか
    プリキュアの事を話さないのはおばあちゃんに迷惑がかかる事を懸念してるからなんだろうなとか
    これまで説いてきた五つの誓いを踏まえてみんなで戦っていいなとか
    相変わらず妖精ズは可愛いなとか

    などと思えた所は結構あったんですが、肝心のエースの話がいまいち釈然としませんでした。

    今まで登場時間が短かったのは変身に制限時間があるから。それはいいでしょう。
    じゃあなんで制限時間があるの?とか
    過去にジコチューに負けたらしいけど、それっていつよ?ソードらの世界もジコチューに滅ぼされてるけど、それより前の話なの後の話なの?とか
    後、その当時お前何歳だよ。とか
    結局五つの誓いってどこから出てきたものなの(あぐりが経験から得たものなのか、それ以外の何かなのか。その説明が無いので誓いの説得力が全くない)?とか

    とにかく、また更に疑問(というか説明不足な要素)が増えてしまった回だという印象です。

    返信削除
    返信
    1. 個人的なお返事になりますが;;

      有事さん。遅くなりましたが……、この前の記事では私のコメントにお返事して下さりありがとうございました。

      とても些細なことではありましたが_ _;;なんか慰められた感じがしました!

      本当にお世話様でした><

      削除
  7. 皆さんと同様、今回は今までの高飛車で生意気なあぐり(僕もひらがなでさせていただきますw)から一転、おばあちゃんを守りたいという人間らしい感情や健気さ、マナたちを強くするという目的から外れれば素の彼女はそこまで生意気ではなく先輩として許される範疇の立ち振る舞いであったのも良かったと思います。
    しかしホントに普通の小学生だったとは・・・ホントにレジーナや(エースとシルエットの似ている)王女となんら関係ないのでしょうか・・・だとしたらちょっとキャラクターや視聴者に対して愛の感じられない乱暴なミスリードだな、と思いますし、ますますアイちゃんのマナの妹設定の意味が判らなくなってしまった点は不満に思いました。
    とりあえずこのまま自分がみんなをもっと強くし今度こそ世界を守らねばとするあぐりと、このひとりで懸命に頑張っている可愛らしい女の子をお姉ちゃん的ポジションで優しく接してあげようとするマナたち四人といった、スイート後半に似た空気のパーティでいくのかも知れません。スイート同様アットホーム的で悪くはないのかも知れませんが、ただ世界を守るパーティとしては対等な『5人の絆!』というのが感じられないのがちょっとゆるいな、とこれまたスイート同様に思ったりします。

    返信削除
  8. なるほど、こっちの世界で生まれたプリキュアなのかー
    これでいろいろと合点が…いかねーw

    エース説明回なんだろうけど腑に落ちたような落ちないような
    そんなもどかしさの方が先に立つかなーと

    しかしこれでアイちゃん含め王女様との関係性などがさらに面倒くさいことになりそう
    ひょっとして何事もなく「別人ですがなにか?」で済ませるとか?
    両親が一切出なかったのはそのへんの伏線というのは勘ぐりすぎかな

    >一度負けた
    どこで戦っていたのだろう?
    トランプ王国?地球?
    時系列とか舞台設定の根幹にかかわることだと思うのだけど
    その辺の整合性ちゃんと考えているのかな?

    >時間制限
    ここまで毎回ちょっとずつセリフ入れてれば唐突感が減るのに…

    >パワーアップ
    ロゼッタの反射シールドとか積極的に使えばいいのに勿体ない
    あとフィニッシュが「ラブリーフォースアロー! マックスー!!」
    みたいな感じになるかと思っていたがそんなことは無かったぜ

    >新ED
    CGの出来はもはや超絶神レベル
    ただ画面が切り替わりすぎというか演出的な部分がとっちらかった感じ

    >キャプ
    まさかソードさんがこんな扱いになるとはなあw
    http://viploader.net/anime/src/vlanime093759.jpg

    返信削除
  9. 7話の後では、六花の回w以外でやっと面白いと感じた回だったな。

    どうせパワーアップしたのなら、「ラブリーフォースアロー 〜 max!」 とか 言って欲しかったw
    今後に期待します。やっぱり、シリアスな戦闘シーンをもっと観たいぜよ。

    返信削除
  10. 共同作業はキモいし、あれ今後もやるのかと思うとぞっとするぜ。

    まあ、エースには弱点があるんじゃないかと登場当初から予想はしてたんですが、
    普通過ぎる弱点で少々拍子抜け。(子ども向けにはあれで良いでしょうけどね)
    ある程度エースについては謎が解明されてよかったとは思います。
    まるでここのブログを読んでいるかのような感じすらしましたが。
    5つの誓いの最後がアレですか。う〜ん、一回サブタイトルにまでしたのにこの扱い。
    えりかには絶対無理な5つ目ですな。オールスターズで対面したら真っ先に説教攻めやな(笑)。

    面白くないかと言われればそうでもないんだけど、えっそれでいくの?みたいな感じでした。
    パワーアップしたラブリーフォースアローも、もっと別のエフェクト使ってほしかったな。
    強くなったようにも見えるけど、モヤモヤしてて見ようによっては弱くなったようにも見える。
    どう見えるかが問題。もっとキラキラしてるほうが子どもには嬉しいんじゃないかな。

    因みに、ウチの環境は「あぐり」は「亜久里」、「りっか」は「六花」と
    辞書登録なんてしてないのになぜか一発で変換してくれるドキプリ仕様です(笑)。

    新EDはCGもいいですが、曲もいいですね。
    スマイルは純粋に元気が出る感じでそれも楽しくて良かったのですが、
    ドキプリはそこにメッセージもちゃんと載せてくれてる気がします。

    返信削除
    返信
    1. >ある程度エースについては
      初回視聴時は周りがうるさくうっかり流してみてましたが、
      あとで録画をじっくり眺めると「あれ?そうなの?」ていう部分もありましたね。
      子どもがそこを気にするかどうかは置いといて、皆さんのご指摘どおりです。
      マナたちがプリキュアになる前にすでにプリキュアとして戦っていた頃の
      防犯カメラの映像というのはなかったんでしょうか(笑)。
      また、亜久里にプリキュアとしての資格を与え、その使命を伝える人物が必要になります。
      言葉が充分でないアイちゃんには後者は無理ですよね。誰でしょう?王女?あれ?

      削除
  11. ラブリーフォースアローのパワーアップより全員でウインクする時のソードの表情変わらんもんなんですかね?
    まこぴーパワーアップ回で心のゆとりできてるんだし、もっと笑顔を…!

    5つの誓い、今回の話の肝というわけではありませんでしたが、どうでもいい内容ながら最も重要なことでは?
    プリキュアはレディでなければならないと… 純くんもセバスチャンもプリキュアにはなれないのだ…!
    とりあえず亜久里が地球産のプリキュア、つまりトランプ王国のプリキュアとは異なる存在なのですね。キュアソードが5つの誓いを知らない理由だけははっきりしました。亜久里が考えたそれっぽい要素または地球産プリキュアの伝統だったんでしょうね。クリスタルの件は謎が増えましたが…
    ところでミスリードというほど変な誘導はなかったのでは? 勝手に想像して外れたからって怒るのはみっともないです。

    返信削除
  12. ロイヤルクリスタルが必要、アイちゃんが相棒に必要という条件があるのにもかかわらずキュアエースが地球生まれのプリキュア…??そこが謎でした。

    トランプ王国が滅んでからクリスタルは、マナ達が見つけるまで地球の様々なものに擬態(?)していたわけですから、過去にキュアエースがジコチューと戦って負けたのはトランプ王国が滅ぶ前ということになります。
    そうすると、キュアエースを倒したのにジコチューが地球に何もしなかったのはなぜ?亜久里がクリスタルを持っていて変身できたのはなぜ?という疑問が生まれてきます…

    MXではクイーンがハーティエル達と九条ひかりに分裂したこと。
    アイちゃんに洗脳能力がそなわっていること。
    アンジュは地球の文化を知っていた。

    このあたりを考慮して、アンジュから亜久里とレジーナが生まれたと無理やり解釈すれば謎もある程度解けますが…

    亜久里が過去にジコチューに負けたっていうのは、アンジュの記憶が受け継がれていて、それを混同している。
    5分しかキュアエースが変身できないのは亜久里がアンジュから分裂した不完全体だから。
    ひかりとあかねさん同様、亜久里もおばあちゃんを洗脳している。しかし大事な存在。

    ……これは全て想像ですので置いといて。
    上記の謎以外は全話同様すごく楽しめました。
    亜久里にも愛着がわきましたし、まこぴーの芸もエレンに通じるところがあり、異世界出身のお約束なのかとw

    返信削除
  13. 子供もとても楽しそうに見てましたよ(^^)

    最後、『またみてね!』の前の静止画だったと思うんですけど、マナちゃんが真ん中で、子供が「なんでキュアエースが真ん中じゃないの?」「キュアエースが真ん中の方がいいのに」と不満そうでした。子供の中では主役はすっかりエースみたいです。エースの変身も、見れば見るほど本当にあからさまに核上ですね~。あと、オープニングでエースが映ったシーン、気付いた娘はわざわざ一時停止して巻き戻して見直してました。

    エースの設定、つっこみどころ満載で、むしろもう面白いですね☆
    むちゃくちゃで笑っちゃったけど、子供ウケはよさそう。

    返信削除
  14. 新EDで3DCGがまた進化してましたね!
    こころなしか上北ふたご先生の描くタッチに似てるなぁという印象を受けました。
    歯のせいかなぁ(´・ω・`)?

    返信削除
  15. 武藤カズキン2013年8月5日 16:34

    何というか『そろそろ展開的にキツイから色々教えるね、細かい事は脳内補完ヨロシク』
    という声が聞こえたような気がした今週の感想。

     面白い面白くないどちらかと問われれば、面白かったと答えますが、
    色々と釈然としない所がポロポロ出てきて、例によってモヤモヤした気持ちになりました。
     まずキュアエースはこの時代の地球産、しかもご近所だった。
    正直出てきた次期からして、王女のアストラルボディとか未来のjojoとアン王女の娘とかが王女力の回復で登場とか、
    そっち方面かと思いましたが……
    じゃあ何で今まで全く出てこなかったのかとか、何でロールケーキを知らなかったのかという質問はしちゃいけないのかな?w
     以前ジコチューと戦い敗れ意志の力で大人変身。
    何歳からプリキュアやってんの?という新たな疑問は当然誰も口にしませんね、わかります。
     実は5分しか持たない。
    これが今回の違和感No.1。
    何でもないのに突如時間を気にしだして、後付け設定感バリバリでした。
    再生もしくは分裂するジコチューでも出して持久戦に持ち込まれて焦るとか、いくらでもやりようはあったんじゃないのかなっと思う訳です。

     今週のスパークルソード
    ボーリングの時と同じパターンですね、まず当てる為の下準備が無かった。
    左右に手前からソードを打ち込んで道を塞ぎ避けられなくさせて、それからじっくり打ち込むというのが満点だと思います。
    という事で今回は30点

    面白かったのと言いつつ文句ばっかり言ってる気がするので面白かった事
    以前から何度も言っていた『マコピーは間違った方向に努力してくる方がキャラが立つ』
    マナとの足の痺れのくだりも含めてニヤニヤしました。
    そして亜久里おばあちゃんが来た瞬間、携帯形態になる妖精’s。
    携帯の前にお茶って、lおばあちゃんが孫の精神状態を疑うぞw
    そして今回のMVPはグーラww
    リーヴァが『ワイルドな所が嫌いじゃない』っていって褒めてるのに『シルクハットが嫌いじゃない』って……
    せめて『シルクハットを選ぶお前のセンスが嫌いじゃない』って言ってあげようよ。
    そして頬染めんなwwww
    某王女動画で絶対にネタにされるだろうな。

    レジーナに関しては私的に21話の救出劇で完結しちゃってるので、
    これ以降何されても蛇足にしかならないと思っていますので特に何も感じませんでした。
    いい意味で裏切ってくれるなら良いのですが……
     以前も言いましたが、マナ達は新キャラ亜久里も含めて良い子ちゃん揃いなので、
    レジーナのようなかき回す子は良いアクセントになって日常話も膨らむと思うので、勿体無いなと思えて仕方がありません。

    返信削除
    返信
    1. 武藤カズキン2013年8月6日 5:47

      ああ忘れてた。
      OPとエンディング変わりましたね。
      OPはエースとレジーナの追加。
      エンディングの『ラブリンク』は、曲もダンスもいいですね。
      妖精バルーンがうわぁって感じですがw

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...