2013年10月21日月曜日

【AA】【プリキュア感想】第37話「なおせ好きキライ!ニンジンVS亜久里!」

脚本=田中 仁 演出=岩井隆央 絵コンテ=門 由利子
※  (*゚∀゚*)  ※

なんだ、ちょうおもしれーじゃん

「今週はなんかちょっとアレ」っていうとてもボンヤリした噂を聞いていたので
多少覚悟をしていたんですが・・いやいや。ハードルを下げる必要も無かったじゃないですか。




序盤からテーマもしっかり見えていたし、
「子供が喜ぶような面白いシーンを沢山入れよう」という意志も感じた、
脚本・演出共にとても良い仕事をされたと思いました。

※  ※  ※

歯医者の次は「好き嫌い」克服の啓発とあぐり回。
二つのテーマの相性も良く、その面白さも最高に引き出して描ききってくれたと思います。

前回に引き続き、キャプ画倍増しでお送りします。

▲テーマ。「今日はこういう話です」と、ここでハッキリ示してた。

それがなくてイマイチ話についていけなかった回があったことを反面教師とすると、
これも大切なシーンなんだなと実感します。

゚・*:.:♪*・本日のMVP゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回の物語を分りやすく面白く描くために、
このキャラクターを用意した所に感心しました。


見た目同様の暑苦しい男。

今回は、あぐりと視聴者に
「生産者がいかに愛情持ってニンジンを育てているか」を伝えること
「起承転結の転」になる大事な要素。

▲すべてはこのシーンのため。
この男はクライマックスのための重要な前フリのキーマンだったというわけです。

そしてそれは、
「寡黙な職人」よりも、こういう「感情を余計に発散し続ける男」の方が
子供達には「この人はニンジンを作るのが大好きなんだな」とわかりやすいし、
何より絵が面白くなる。

▲OH,carrot crazy......

※MVP2号
忘れちゃいけないもう一つの鍵。

そんなニンジン男の大切なニンジンをしっかり無残に踏み潰した
ジコチュー選手!

▲「ああ~っと!こ~れはヒドイ!角野さんの愛情こもったニンジンがめちゃめちゃだー!」

というプロレスの実況が聞こえてくるようだ。
ナイスプレイ!
憎まれてこそ敵役!これは退治されるべき敵の資格十分ッ!!

ニンジンが嫌いなちびっ子も、このシーンには
きっと「ジコチューひどい」と思ってくれるに違いない。


悪役が活躍してくれないとヒーローモノは盛り上がりませんよね。
今回はしっかりその鉄則を守ってくれました。


゚・*:.:♪*・「面白い」シーンまとめ゜゚・♯*:.。. :*・゜


冒頭で述べたように、今回も起承転結の間を「面白いシーン」で
つなぐための色んなアイディアが見られて面白かった。


以下にまとめて貼っていきます。

▲おっ!
そうそう、これだよこれ。おもちゃ売りたかったらこれやらなきゃあな!(゚ω゚)
何に使うかも分らないアイテムを子供が欲しがるわけがない。

ちょっとハデなプラッチックの板を買うのに親に9000円も出させようとするなら、
子供は親を口説くのにものすごい苦労が必要になるのに。

これまで番組は、子供にその苦労をさせる気がなかったもんね。
バンダイに怒られるよー?もー(´ω`*)

或いは、これは既に怒られた後だったりして☆

▲おもちゃ屋さんから聞いた話では、去年のスマイルパクトはものすごく良く売れたという。
それは変身バンクのキレイさもさることながら、こうして
毎回ノルマとして必ずキュアデコルでドラえもんみたいなことをやってたことが
奏功したと思う。

プリキュアに長く関わってきた監督さんらしい、粋なアイディアだった。

これからも毎週やるなら、或いはあの愛Padも売れるかもしれない・・?

▲この沈黙。結構好き。

▲起承転結の起。リアクションもちょっと面白かった。

▲(´ω`*)共感を誘いそう。 

▲嫌がる友達に笑顔で攻撃。小学生の乗りだ。・・・たのしい。 

▲そういうゲームじゃないよ・・・・という、ボケ。いいと思います。 絵も面白いし。

▲オチもいい。 

▲頭脳派ボケ。 

▲六花ちゃんはラリホーをとなえた!

▲カタいの対義語=ユルい。
フザけた絵がイイね。 

▲動きもさることながら、アブない声も良かった。(´^q^`)

▲共感を誘う。(´∀`*)ポッ

▲対あぐり決戦兵器。甘党ホイホイ。

▲こうかはばつぐんだ!

▲「あぐりらしさ」が見られていい。ツッコミもよい。


゚・*:.:♪*・物語のミソ゜゚・♯*:.。. :*・゜

先述の通り、今回はニンジン嫌いなあぐりとアイちゃんがニンジンを好きになるお話。


そして、二人がニンジンを好きになるためには、

二人に「ニンジンは生産者の愛情の塊なのだ」と教えること


そのためにこの男が必要であり、この男のちょっとアレなほどの愛情
見せることが必要だったというわけです。

そのために作者が見せたアイディアは・・・・


実に豊富ッ!!徹底している。

▲登場時からこれ見よがしにニンジンをかじる。アイコンとしては欠かせない。

▲はぁ・・ちょっと言っている意味がわかr・・・ 

▲(ひそ・・ひそひそ・・・)

 ▲わかりやすい、とはこういうことか・・・・・勉強になるわ・・

▲これはすでにニンジンジコチュー。

▲単純な二人がこの熱気に当てられた。(`;ω;')
・・あと、どうでもいいけどこの演出家は野良仕事は未経験者か・・・・

クワの持ち方が間違ってることに黙っていられないのは地方出身者のサガ。 

▲祭りか?祭りやってんのか???
というようなハイテンション。 

▲コレはおにちく。肥にひしゃくをさして持ってきてからの・・

「ひしゃくなんかつかうなーー!」




自分で用意したくせに。

ひどい。

ひどいマッチポンプを見た。
ボンボン餓狼もびっくりだ。 

▲いいえがお。 

▲これぞ農業体験。 



▲ファッ??? 

▲クレイジーさをまだまだアピール。 
「心地よいやりすぎ感」を感じた。

▲愛する子供達を時には武器にも使う。 

▲声出してわろた。(´∀`*)
この記事を書くとき、キャプ画を貼る時、計3回これでわろた。
くそっ・・・・アホ過ぎて好きだ。

▲なんでニンジン嫌いにおばあちゃんがついてくるのかと思ったら 

▲ああ、あぐりの弱点エピソードを語らせるためか。 

▲これもおばあちゃんらしいいいセリフ。 

▲この畑につれてきたのがお父さんではなくおじいちゃんだったのも、
おばあちゃんと話をあわせやすくするためだったんだね。

「生産者」として角野、「料理人」としておじいちゃんとおばあちゃん。
キャラチョイスが的確になされていた。 

▲説明を聞けば印象も変わる。 

▲クライマックスにきんぴらごぼうを作った人を思い出す。
結構重要な役割だった。

゚・*:.:♪*・そして盛り上がるクライマックス゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲気絶した角野のニンジンをここで拾っていたのがとてもいい!
ニンジンは「角野の愛情の塊」。

日ごろ「愛のなんたるか」を語り続けてきたキュアエースがそれを
手にしたことが、クライマックスの鍵になる。 

▲罠にかけられ 

▲アイちゃんを泣かせる流れも自然でよかった。 

▲「アイちゃんが泣くとパワーアップして手がつけられない」という設定も
うまく使った。 

▲序盤で見せていたあぐりのニンジン嫌いがこのシーンに効いている。 

▲そして集まるこれまでの全て。 

「このニンジンは、愛の塊」とは、キュアエースに相応しい、とてもいいセリフですね。

 ▲ピンチのギリギリで遂にそれを克服する、っていうのもいいね。

▲「愛のプリキュア」が「愛の塊」を食ってパワーアップ!!わかりやすい!(*゚∀゚*)
そしてアツいね。

さらに、同じく好き嫌いしていたちびっ子達にも
もっとも自然で効果的な啓発ができたなと、ちょっと感動さえしました。

私も小さかった頃、ポパイに影響されてやたらとホウレンソウを食べたがっていた事がありました。

「ハットリ君みたいに高くジャンプできるようになりたければこのかぼちゃを食え」と親に
まんまと騙されていたこともありました。

仙豆一粒で元気になる孫悟空のマネをして、大豆かじって走り回ったこともあります。
(アレは中学生だったか・・・・・・(遠い目))


しかし不思議なことに、頭の中でパワーアップした自分を想像すると
嫌なものが嫌じゃなくなるんですよね。


このキュアエースがパワーアップするカットは、きっと子供達の印象に強く残るんじゃないかと
思います。

※  ※  ※

・・・ところでこのセリフは・・・あのヒーローが逆転した時に放つ決め台詞に似てますが・・
やなせたかしさんが亡くなったのはごく最近なので、これは、それを意識したものでは
ないですよね。

▲必殺技も盛り上がる。BGMもとてもステキに聞こえた。 
ニンジンとセットで子供にねだられるかもしれない。

▲オバケからカワイイ妖精に。変化を絵でもとても分りやすく見せている。 

▲結。 

▲結2. 

▲うーん、いいシメ方だ。スマイルプリキュア。


゚・*:.:♪*・゜゚その他・画像でコメント・♯*:.。. :*・゜

▲??「これアカンやつや」

▲当然思い出すよね。なおちゃんの天敵。

「このあと美しい蝶になる」って言っても無駄ですよ。
蝶も嫌いなんだからなおちゃんは。 

▲うん。畑で取れたての野菜を食うのはうまい。不思議なもんで。

スーパーで買ったニンジンは生齧りする気にならないけど、
畑で取って、その場で洗ったニンジンはおいしく食べられる。 

▲あー・・ありすだけ帽子をかぶらない理由は、お団子のせいか。
ありす用帽子くらいありそうだけど・・・まあ、余計なところに気が散るから、あってもボツだわな。 

▲背景になんでのりせんべいが飛んでるのかと思ってたけど、ああ~~。

▲おっ!アイちゃんとうとうカマボコになったのか。人気者だねぇー

▲あっ・・
そのギャグまだ押すんだ。

▲あら・・

・・・・ああ、勿論いつかは来るべきものだったんだけど・・・・
大丈夫かなぁ・・・折角面白い話が続いてたのに。不安と心配しか湧かないわ。

うまくやってほしいね。

▲憎めない敵っぽいお間抜け感はでてそうだ。 

▲やだぁ~~六花ちゃんかーわい~~(´∀`*)

ゴエモンインパクトみたーい



▲イヨーッポポン

▲次回は・・面白くなるか、セバスチャン変身回みたいに

雰囲気だけでスベるか・・・のどっちかのような気がする。



21 件のコメント:

  1. 今回、子供もケタケタ笑いながら終始楽しく見てました。
    とにかくあのニンジン農家のお兄さんがもっていきました!
    目が炎になった時はもう大笑いで、私もつられて笑っちゃいました。
    ていおさんがおっしゃっていた『表情豊か』ってこれのことかぁって思いました。
    立ったまま気絶してるのも、子供も爆笑してました。
    ギャグはやりすぎてあっけにとられるくらいが、子供にはちょうどいいのかもしれませんね。
    (今見てるフレッシュも、おっしゃるとおり本当に表情がめまぐるしくコロコロ変わってジェットコースターのようです)

    レジーナちゃん…でてきましたね。
    うまくやってほしい…本当にそうですね。

    返信削除
    返信
    1. ああ、やっぱりお子さんにもウケてましたか。よかったよかった。(´∀`*)

      ニンジン男は、本当にイイキャラ作りましたねぇ。
      「親しみやすい作品」のヒントがあの男にあると感じました。

      しかし今回はプリキュアのオモチャよりもニンジンの方が良く売れそうな番組でしたね。
      バンダイはオモチャよりも野菜売った方がええんちゃいますか!わっはっはっはっ(゚∀゚)

      削除
  2. コミティアお疲れ様ですm(_ _)m

    鍬のシーンは改めて画像見て気づいたのですが、確かに普通は取っ手の下と真ん中を持たないとあの重い鍬を支えられないですよね。
    特に小学生のあぐりだと取っ手の下だけを持って耕すとなると鍬を持ち上げた際そのまま倒れてしまいそうですね^^;;

    あと個人的に思ったのが、今回はニンジンキライの男の子がジコチューになった点。
    まこぴーの虫歯回でもこのように虫歯キライの子がイヤイヤ言ってジコチューになる流れの方が自然な感じがして良かったなあと、今回の話を見て思いまして。
    正直あの時の設定を今回に置き換えると、みんなにおいしいニンジンを生産しているはずの角野さんが内心では「実はニンジンを作るのが面倒で嫌なんだよなあ」と思ってジコチューにされる様な感じでしたからね(ちょっと意味合いは違うかもですが;;)

    返信削除
  3. ていおさんやお子さんには受けが良かったようですが私的にはどうも駄目でした。
    面白くないわけじゃないけどいまいちテンポが悪いというか…

    >亜久里とアイちゃん
    アイちゃんは亜久里専属の妖精ですよね?
    しかも、負けたとはいえ生死を共にした戦友なんでしょ?
    そういう二人の絆をより深く描く格好の機会だと思ったけど
    そういう描写が全くないとかどういうことなの?

    やはりアイちゃんは変身パートナーではなくシフォンポジションにしておいた方が
    物語的にもキャラ的にもよかったような気がします

    >ふなっしー
    親御さん、大友かつ関東限定ネタのような気がしますが、
    こっちはお子さんたちへのウケはどうだったんですかね

    >老いらくの恋?
    まさかこれ進展したりしないよねw

    >人参の人
    無駄に濃いだけだった印象。
    何故この人をジコチューの元にしなかったんだろう

    この人も元は大友向けネタですが、島本先生に反応してもらいたいがための
    キャラデザなんてことはさすがに無いと信じたい

    >ソードのパッド技
    スパークルソードとの差別化がされていないどころか
    余計に迫力が無くなってるとか…

    ロゼッタバルーンあたりにしてもそうですが、
    各人の固有技をもっと積極的かつ大事に扱ってほしいものです
    現状一発ネタで終わってるのが勿体なさすぎ

    >レジーナ
    ある意味予想通り
    予告から察するに次回も出る出る詐欺ですかね
    おまけにレジーナ本格復活の前にゴルフ休みでどうにも間が悪い

    返信削除
    返信
    1. >人参の人
      >無駄に濃いだけだった印象。
      >何故この人をジコチューの元にしなかったんだろう

      いやいや。逆にこの人をジコチューの元にしちゃいけなかったですよ!
      あくまでこの人は子供たちに「自分たちにおいしいニンジンを作ってくれている農家の人」と好印象を与えなければいけないキャラだったのですから!
      この人がニンジンを作るのに込める情熱、そしておばあちゃんがそのニンジンから料理を作る思いを知ることで、亜久里はニンジン嫌いを克服するのが今回の話のテーマだったのですから。
      まあ、確かに少々キャラが濃すぎたというのはありますが^^;;(どちらかといえば番くんのイメージが強かったので、てっきり声は置鮎さんである事を期待していましたw)

      だからこそまこぴーの虫歯回でも本当は歯医者さんより歯医者嫌いの子がジコチューの元となるべきだったんですよね(あの歯医者さんに対してまんまるさん含め親御さん達の評価があまり宜しくなかったので_ _;;)

      削除
    2. >親御さん、大友かつ関東限定ネタのような気がしますが、

      そうですか?私はニュースサイトでたまに見かけるていどの知識しかありませんが、
      あのニンジンがふなっしーに似てるとは思えませんし、

      あのシーンだけでちゃんと笑えるようにできていた事から考えて
      パロディネタに走ったとは思えません。私は。

      番君、或いは島本先生が描かれるキャラクターに似ていることについても、
      ただそれだけのことではないでしょうか。

      ※いつぞやの「やらせはせん!やらせはせんぞー!」はシーンにあっていないセリフを
      無理にねじ込んだように感じたところが私は「嫌い」でしたが、
      今回のお話は脚本家が用意した「暑苦しいキャラクター」に
      マッチしたデザインなのですから、作意がどうであったとしても私はこれでいいと思います。

      他のMNTYさんが仰るポイントも、子供には気付き得ないところばかりですから
      子供番組への不平にしてはちょっと大人目線に寄っているのではないかと思います。

      削除
    3. ありゃ知ってる人が見たら大抵の人はふなっしーを思い浮かべるかなーと。
      容姿じゃなくて動きというか雰囲気の方ですけどね。

      また、「やらせはせんぞー」とかコラコラ問答のような
      安易かつ場違いな大友ネタを過去にいろいろやらかしているからこそ
      今回のふなっしーや人参の人にしても面白さを感じるよりも
      「またやりやがった」という不満ややりきれない思いが先立つんですよね。
      (その辺があるからテンポが悪く感じるわけですが)

      あと大人目線に偏り過ぎという指摘はある意味その通りです。
      独身野郎が脳内の子供視点でどんなに語ったところで
      こちらに書き込んでいらっしゃる本当の親御さんたちの
      生の声に比べて説得力に雲泥の差が出るわけで。

      であるならば大友視点で書いた方がまだマシというか、
      嘘偽りない感想を書き込めますからねw

      削除
    4. >であるならば大友視点で書いた方がまだマシというか、嘘偽りない感想を書き込めますからねw

      仰るとおりですね。(´ω`*)
      私も「子供が喜ぶんじゃないかな」というのが精一杯ですし。


      ・・・確かに、うがった見方をしてしまうような隙を過去にいくつも作ってしまっている点は私も弁護が出来ません。

      よって、これ以上MNTYさんの意見に口を出すことも出来ませんですね(´・ω・`)

      削除
  4. TV情報誌によると来週の脚本担当は米村先生らしいですね。
    22話でのレジーナの心情表現がとても丁寧だったので次回も上手く話を書いてくれるのではと楽しみにしています。

    返信削除
  5. いやぁ面白かった!
    熱い男!一瞬、バン君に見えたのは私だけだっただろうか・・
    ニンジンキャラクター声優さん頑張ったねぇ良い感じ出してたし、マナとのギャップ有り過ぎ
    ニンジンは隣?清瀬市特産、今度は東映地元の練馬大根でわらかしてもらいたいと思います。

    農作業と言えば「ふたりは・・」のキャベツとか色々あったけど此処まで笑わしてくれたのは良いですよね
    仕事等でもやもやしていたのも吹き飛ばしてくれる。何かすっきり
    ただ最後のレジーナが・・ゆっくり復活なのか?次回から登場なのか、最後にあのシーンを入れたのが
    上手く繋がって欲しいですね

    返信削除
  6. 先週の次回予告でニンジンゆるキャラが既に出ていたのでたいした驚きもなく…
    だいたい次回予告が毎回面白すぎるから変に心配しちゃう(笑)。
    亜久里の祖母とマナの祖父が出てきたのはよかったですね。

    返信削除
    返信
    1. まあ欲を言えばそろそろロゼッタバルーンの「毎回のお楽しみ」が
      見てみたい頃なんですが、今回は亜久里回ということで仕方ないとして、
      次回くらい出してくれないと設定自体忘れちゃう。
      みなさん仰ってますが、レジーナもきちんと出してほしいな。

      削除
  7. クワの持ち方は間違っていたんですか・・・(汗 
    ググってみたら、確かにアニメ描写が間違っていて、本来は片手で真ん中へんを持ちつつ、もう片方は少し下辺りを持つのですね。
    住宅街育ちの自分にとって、これが最大の衝撃でした(ぇ

    亜久里とパートナー妖精との描写ですが、甘い匂いに誘われてハウスに入ったのをキュアエースが真っ先に助けに走る場面で、地味ながら絆を表現していたのは、個人的にポイントを挙げたい所です。
    角野さんは過度の濃い、もとい暑苦しい描写で、個人的にはちょっと引いてしまいましたが、お子さんの受け自体は良かったんじゃないかと思います。

    返信削除
  8. 今回は特にやりたいことが明確だったのが良かったです(あぐりのにんじん克服宣言など)
    さらにキャラが表情豊かに主張し行動して行く点で、本来の子供アニメらしかったと思います
    パッドの宣伝もうまく入れてありましたし、キャラが楽しそうにすることを子供たちも真似しますよね

    ポパイが例に挙げてありましたが、確かにキャラが野菜などをおいしそうに食べ、
    パワーアップするというのは子供たちも真似してくれそうです
    大人でもダイエット効果と報道されればサバの水煮を買い占めたりしますしねw

    返信削除
    返信
    1. >大人でもダイエット効果と報道されればサバの水煮を買い占めたりしますしねw

      あっΣ(*゚Д`;)これは鋭い。

      あのブームにサバ缶かったヤツは皆豆腐のカドに頭ぶつけて○○○○○○ですよね。
      ・・あ、話が逸れました。('A`)

      人は意外と成長しない部分ってのがあるのかもしれませんね。

      ただ、子供が野菜をモリモリ食べるのはほほえましいですが、
      大人がサバ缶を買いあさる様は全く笑えませんけどね!!!!


      (食べ物の恨みは相当深いようです。我ながらびっくり。)

      削除
  9. 今週も面白かったですね
    畳み掛けるようにネタを仕掛けてくるテンポがよかったと思います
    また、人参は苦手を克服するための敵ではないというオチもとても教育的だったと思います

    個人的には人参の着ぐるみはふなっしーネタだろうし(見た目じゃなく、動きと話し方がふなっしーだったと思います)
    角野さんの外見は番君(島本先生)を意識していただろうなとは思いますけど、どちらも単体で笑わせることが出来ていたので
    別に問題ではないんじゃないかと思いました

    ただ、皆さんと意見は違うところとして、パッドの使い道はあまり上手くなかったと思いましたね
    正直、あそこは無理やり販促のために入れられたシーンとして浮いているように感じました

    ラブリーパッドはキングジコチューとの戦いのために手に入れた三種の神器であって
    アイちゃんのお世話道具ではないのではないかというのがまずあるのと
    おかゆは普通に作っていたようなので、パッドを使ってジュースを作れても
    魔法アイテムの特別感、ドキドキ感を与えにくいような気がしました

    返信削除
    返信
    1. パッドの使い方は確かに取ってつけた感がありますね。

      ・・・あ、ということはやっぱり「やれ」と言われてやったんですかね(゚∀゚)
      バンダイに怒られたのかなぁ・・Σ(*゚Д`;)

      まあ、露骨でも「魔法」を見せてくれる事自体が楽しいと思うので私はアレでも悪くなかったと思いますが。
      もっと上手くやってくれたら尚よいですけど。

      >パッドを使ってジュースを作れても魔法アイテムの特別感、ドキドキ感を与えにくいような気がしました

      子供達にとって身近な「好きなもの」を出すことがワクワクするんじゃないですかね。

      私は子供の頃ドラえもんに出てきた「カツ丼の成る木」が好きでした。

      ジュースはアイちゃんに与えるより自分で飲んだ方が、私はワクワクするんじゃないかと思いましたが。

      削除
  10. 大まかな流れと熱くてバカっぽい男は良かったと思いますが、お菓子の家の中のシーンが唐突で白けました。
    普通にイーラとエースのやり取りの方が良かったのでは。

    返信削除
  11. 以前あぐりが物を食べながらしゃべっていた時は「こんなのあぐりのキャラじゃない。今回の演出わかってねぇ」と割とボロクソに言っていたようですが今回もヤケ食いというギャグ(?)描写ながら食べながらしゃべっているシーンがありましたよね?そのことには触れないんですか?

    結局自分が面白ければ多少の描写はOKで不満がある回では批評するんですか?

    なんかケンカ腰な口調ですみません。しかし少々気になっていたのでコメントさせていただきました

    返信削除
    返信
    1. ほんとだ。しかし今回は気になりませんでした。何ででしょうね。

      で、見直してみたんですが今回は
      口に含む前に半分しゃべり、後の半分は口に含んだものの完全に口を閉じたまましゃべってますね。

      「口に含んだまましゃべってる」ことには違いありませんが、
      今回下品に感じなかった理由はその辺にあると思います。

      削除
  12. 今回は、声に出して笑えるほど面白い回でした!
    自分としては、マナがふんしたにんじんがツボで思わず二度見しましたね(笑)
    あれはどう見てもふなっしーでしたw

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...