2013年10月12日土曜日

会津問屋さんのラジ館広告


「萌えの桜」という、山本八重の萌えキャラのグッズを
制作・販売している会津問屋さんからのご依頼で

秋葉原情報誌・ラジ館の広告4コマを描きました。


「ラジ館」は秋葉原駅とその周辺の店舗で手に入るフリーマガジンです。
秋葉原へ行かれる御用のある方はついでに是非お持ちください。

秋葉原まで行けない方は、「続きを読む」をクリックしてご覧下さい。





竹子さんがしっぽのない困ちさんに見えますが、それは私が描いたせいです。(゚ω゚)
※私はキャラデザには関わってません。

「萌えの桜」グッズはこちらのサイトから
通販でもお求めいただけます。

 ▲日本酒・さくら八重。
 
お酒をめったに飲まない上、飲んでもビール派。という私にも
大変飲みやすいお酒でした。

口当たりは水のよう。のど越しもよく、後には華やかな香りが漂います。
・・・お酒の評論なんかしたこと無いですが、私はそう感じました。

スリムな瑠璃色の瓶には荒井チェリー先生作の綺麗なイラストが映えて、
飲み終えた後も飾って楽しむ価値は十分。

・・・・・ワシもいつか、コレくらい綺麗な絵が描けるようになりたいのう・・・
・・と、思わずにいられないのは、私個人の話。

▲お米。「八重のみのり」

会津の農家の皆さんの自信作。

お米の評論が出来るほど敏感な味覚は持ち合わせていないので
どこがどうとは言えませんが、とても美味しいお米でした。

パッケージだけの商品だなんて思わないで頂きたい。

私はこの広告の打ち合わせをする中で、
主催の方の言葉の端々から

「よい商品だからこそ、その魅力を発信したい。
そのためのキャラクター展開なのだ」


という意志を感じました。


内容の打ち合わせだけで数日。この形に決まるまでにまた数日。
4コマ漫画一本のネームのために「日」単位で知恵と時間を使ったのは初めてでした。


※  ※  ※

このフリーマガジンが置いてある期間は
「次号が出る12月10日まで、もしくは無くなるまで」だそうです。



広告の中に説明がありませんでしたが、萌酒が飲めるお店は「@ほぉ~むカフェ華店」です。
(私は行く度胸がありませんが。)

『ラジ館』46ページのクーポンで試飲が出来るそうです。
更に、本日12日から「八重のコスチュームを着たメイドさん」が、
「@ほぉ~むカフェ華店」で毎週末(土・日・祝)に登場するそうです。


※  会津  ※

会津は私が中学の修学旅行で行った場所。

私の故郷・青森県東部は、会津藩を没収された藩士が斗南藩を立てた場所。
歴史に明るくない私は「なんとなく縁があるんだなぁ」という程度の認識で、

なんとなく会津という名前に親しみを持っていました。

(爺さんが樺太、ばあちゃんが八戸生まれなので、血縁は無いと思います。)

▲その修学旅行で買った土産の白虎隊マグカップ。未だ現役。
もうすぐ使い続けて20年。すげえ。

「悲惨な最期を遂げた隊士なのに、こののんきな絵柄はどうなのよ?」
と思い続けて20年。



そんなわけで、こうしてまた会津と縁があったことが、なんとなく嬉しく思っています。

5 件のコメント:

  1. 熱意のある方々と良いお仕事をなさいましたね
    会津問屋さんのHPも拝見しましたが、地元と商品を知ってもらいたいという情熱を感じました
    元々お酒は酒器にこだわったり雰囲気作りしますし、歴史や謂れも味のうちです
    分かりやすくアピールするこの方向も正解だと思います

    イラストはイラストの良さがありますが、やはり漫画形式になるとキャラが生きてより身近に感じます
    商品のCMということで色々と難しい点があったとは思いますが、
    ていおさんの絵柄は見ているだけで明るさ楽しさが伝わりますし、
    今後も幅広く色々なところでのご活躍を期待しております

    返信削除
  2. ありがとうございます。

    アピールポイントは沢山提示していただいたのですが、その中から
    最も商品紹介に効果的な言葉だけを選んで詰め込みました。

    依頼要求を聞いた時には
    「4コマのなかに3人のキャラクターのアピールと二つの商品の紹介を入れて4コマ目で落とせって?」
    とガイアの夜明けの役所広司みたいに芝居がかった独り言を言ったりしましたが、

    この4コマのネームが閃いた瞬間は「やったぜ」感で胸がキュンキュンどころかゾワッときました。
    楽しいお仕事でした。

    返信削除
  3. 野暮なことかもしれませんが、どういうところからの縁で今回のお仕事に繋がったのか非常に気になります。

    小学館の編集さんあたりからの紹介だったのか、相手先に同人でのお仕事を知ってくれてる人がいた(ようは直接の依頼)のか、あるいはまた別の何かなのか

    返信削除
    返信
    1. プリキュア同人で「ていお」の事を知ったそうです。
      この企画には私以外にもプリキュア同人界隈でよく見かける方が参加しておられます。

      削除
    2. なるほど、同人活動を知ってくれてる方が相手先にいらっしゃったと。
      あんまり接点の無さそうな業種からのお仕事とのことで意外でしたが、こういう事に興味関心のある人は最早どこにでもいる世の中なんですねえ

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...