2013年11月3日日曜日

【ベテランが教える】おとなのプリキュア映画の見方講座

プリキュアの映画。


オールスターズが始まってからは、それはファンにとっては年に二回のお楽しみとなりました。

しかし大人にとっては冷や汗をかく回数が2倍に増えるという
ジレンマを抱えることにもなったのです。


だってプリキュアは子供のための映画であり、
大人の観客が場違いであることは老若男女の共通認識。


如何に
「プリキュア映画は大人が見ても十分面白いんスよー!オロローン!」

と声高に叫んでみても、世間は分ってくれません。

遠目にヒソヒソされるか逃げられるか、警察呼ばれるのが関の山。
裁判やっても負けるに決まってます。


今日は、そんな世間のコールドアイに恐怖を抱く同志の皆様に、
プリキュア映画ベテランの私が如何なる迫害を受け続けてきたか

如何に心のダメージを回避して映画を見るか!!
ご説明いたします。

コレさえ読めば、あなたも映画館に行く度胸が身につくはず!




゚・*:.:♪*・序章:どうして心が痛むのか゜゚・♯*:.。. :*・゜

『一番辛かったこと?・・ああ、「あの人大人なのに一人で映画見てるよおかあさん」
っぽい表情でお母さんの目を見るちびっ子が、暗い映画館で俺に向かって
ミラクルライトを当ててきた事かな・・・

俺はあの時思ったんだ、「ああ、今の俺にはニフラムが効くかもな」って・・・
・・・・ああ・・まぶしかったなぁ・・・

(映画上映後、死んだ魚の目をしてイオンモールをフラついていた男の話

▲おじょうちゃん、そのライトはピンチになったプリキュアに使うものなんだ。
おじさんをピンチに追い詰めるために使うんじゃぁない!!

※  ※  ※

ああ、どうしてこんなに心が痛むのだろう。
私はただ好きだから映画を見に行っているだけなのに。

愛するってこんなに辛いことなのね。


「冷や汗をかくくらいなら心を凍らせてしまえばいい!」

そう思ったこともありました。天上天下唯我独尊。他人にどう思われようと関係ない!・・
世の中をそう考えてしまえば、こんな辛い思いをしなくても良くなるのではないかと。


しかしそうは行きません。
なぜなら私は紳士(いろんな意味で)日本男児。

思いやりと気遣いの精神はDNAに刻み込まれているのだ。

子供にピュアな視線を向けられたりしたら、そりゃもう反射的に謝ってしまうものなのだ!

※  ※  ※

受付のお姉さんに「プリキュア大人一枚」って言うのもものすごくしんどかった。

それを聞いた直後にお姉さんが「えっ・・」って表情をするのを見逃すことが出来なかった。

田舎の映画館に通っていた頃は、こういう人種が珍しいのかお姉さんの反応も強かった。
(プリキュアの上映館は、青森県内に2つしかなかった。)

モギリのお兄さんの視線も痛かったなぁ。
自動改札にしてくれって思うよなぁ。


だから私は、「これは映画のチケットを買うんじゃない。呪文を唱えるのだ。
コレを言ってお金を払うと映画を見る権利が貰えるのだ。」

というような現実逃避をするようになった。

※ていおは「賦利休亜音内血舞」をとなえた!なんと!
なぜかプリキュア大人一枚のチケットをてにいれた!」

という脳内シミュレーションが出来上がっていた。

※  ※  ※

・・・そんなつらーい過去を乗り越えてきて編み出したのが、この作戦だ!!

゚・*:.:♪*・第1章:ていおの場合゜゚・♯*:.。. :*・゜

この首都圏に越してきてからはお気楽なもの!

最近私が行きつけにしているのは横浜のブルク13。

ここには自動発券機があります!
なんと、もう寿命を削って呪文を唱える必要も無いのです!

更に、首都圏住まいだと友達も気軽に誘えます。

友達の存在は大きいですね。話をしていれば気もまぎれるし、
こころなしか一人で突っ立っている時よりも子供の視線が来ない気がします。


・友達
・自動発券機

この二つは出来れば確保したいですね。

※  ※  ※

しかし!!

自動発券機があればそれでノーダメージになる訳ではありません!

ココで気をつけなくてはいけないのが
「上映時間」と「席の位置」の決め方と「入場のタイミング」!


まず、上映時間は「なるべく一番遅い時間」を選びます。
それから、「レディースデーやファーストデー」などの割引に重ならない日付を
選ぶことも大切です。

なるべく人の少ない映画館で見るのが望ましいですからね。
(子供が沢山居る劇場のミラクルライトは綺麗ですけどね。)

そして席の位置ですが、

▲ココを選びましょう。
ポイントは、

「階段を上ってくる人の視線に入らないこと」
「自分の頭が後ろの子供の視線を邪魔しないこと」
「すぐ入ってすぐ出られる位置を選ぶこと」
です。

間違って席の真ん中なんかを選んでしまうと、

早く劇場入りすれば
▲こんな目にあい、

遅く入れば
▲こういう目に遭うことになる。


だからこの位置を選んだ上で、「入場のタイミング」をギリギリまで
遅くすることが大切なのです。
(この位置に座っても、早く入場してしまうと目の前を子連れが何度も自分の
目の前を通ることになってしまうので注意!!


場内CMが始まって、劇場内が暗くなってから入ります。
お互い顔が分らなければ恐れることは何も無い。
ちびっこもどっちかっていうとスクリーンに目が行くことでしょう。

そして席が端っこであれば、どんなに遅く行っても誰にも迷惑をかけず座ることが出来、
上映後は誰よりも早く退散することが出来るのです。


゚・*:.:♪*・第2章:自動発券機が無い場合゜゚・♯*:.。. :*・゜

恐らく自動発券機なんてハイテクなものは無い映画館の方が多いでしょう。

その場合は心臓に毛が生えたようなツワモノの友達を一緒に誘うか、
心に暗示をかけるしかありませんね。(゚ω゚)


・・・いきなりアドバイスが雑になりましたが・・

なかなかどうして。暗示は侮れませんよ。
私も今は言う機会が少なくはなりましたが
「プリキュア大人一枚」と言う事に大した抵抗感は感じないようになりました。


というのも昔、レンタルビデオでアルバイトしていたときに
こんなことがあったのを思い出したからです。

※  ※  ※

レンタルビデオの収入源はなんと言っても「大人のビデオ」。
しかも私は深夜の勤務ということもあって、それ目当てのお客ばっかりが来てました。


客の立場としては借りるのはむちゃくちゃ恥ずかしいことですが、
店員の立場としては次から次やってくる客を相手にしているうちに
感覚が麻痺します。「それが当たり前」と感じるようになり、

普通の映画を借りる男性客の方が異質に感じるほどになります。


・・そう。つまり
「客がどう思ってるかは知らないけど、店員にしてみれば
そんな客の感情なんざどうーでもいい」ということなんです。

客は堂々としてくれていた方がいい。
挙動が不審なほうが記憶に残る。

だからそう!
「プリキュア大人一枚」は堂々と男らしく、
ハッキリと大声で言ってやれ!

と、私は言いたい。


昔、知り合いに「東映の封筒を持っているので、それを持ってスーツを着て
劇場へ行くことで「関係者を装うの術」を使うようにしている」という
人が居ましたが、


こざかしいわ!!


パンチは腕が伸びきる前に食らった方が痛くない!
だから自分から顔を前に出せ!

・・この例えはちょっとちがうか。



・・・まあとにかく、簡単に言うと「相手は大して気にしてないんだから堂々と行け」
ってことです。

長々と書きましたが、一言で済む内容でしたね。


※  オマケ  ※

昔の私の奮闘振りがブログに残っておりました。

http://blog.goo.ne.jp/teioblog/e/0ae996d21a5e08b2e8309f328d8b9e09

話がとっちらかっていて読みづらくてイライラしますが、
当時一人で映画館に行かざるを得なかった私が如何に浮き足立っていたかが
分ると思います。


しかしなんとへたくそな文章なんだろう。
何故当時は気付かなかったのか。

今の自分も疑ってしまいます。

51 件のコメント:

  1. 私もようやくドキプリの映画を見てきましたよ。一応プリキュア映画は全部見ているのですが、映画館で見るのはこれが初めてです。
    いやぁ、本編は文句なしで良かったんですが、やっぱり20前後の若造でもプリキュア映画を劇場で見るのは苦しかったですね。受付のお姉さんに堂々と「プリキュア大人一枚」って言ってもお姉さんの顔が一瞬だけでしたけど変わりました。…やっぱりキツイもんがありました。一瞬だけでもそういう反応をされてしまったらやっぱりキツイです。
    ちなみに私が取った席はていおさんのアドバイスと同じように「席は端っこ」で、上映時間も「中途半端な時間帯」。「『上映時間』と『席の位置』はOK!よし完璧だ!!」そう思って劇場に行ったらとんでもない大誤算が私を待っていました。
    …意外に劇場内が明るい時間って長いんですね。せいぜい「5分ちょっとだろう」と思っていたのですがその数倍くらいの時間を感じました。
    待っている間、小さい子供に思いっきり「お前なんでここにいるの?」みたいな目で見られましたよ。しかも私の場合、一人ぼっちだったためダメージもモロに来ました。ていおさんのアドバイスにある「遅くに入った方がいい」というのが身に染みて分かりました。…次からは絶対遅く入ることにします。できれば一緒に見てくれる友人も連れて見にいきたいなぁ。私の周りにはプリキュアを見ている友人がいないものですから…。

    返信削除
    返信
    1. ああ・・私が先週のうちにこの記事を書いていれば救える命があったのに。(´;ω;`)

      しかし、次の春の映画のときにはこの情報をお役立てください。

      削除
  2. 公開翌日(日曜)の初回(8時台~9時代前半開始)もオススメですよ!
    放送時間中なので親子連れは少なく、なるべく早く見たいという大きなおともだちも多い(はず)
    まあ、夕方や夜に見に行ったことがないのでどちらが良いかはわかりませんが

    返信削除
    返信
    1. >放送時間中なので親子連れは少なく

      な、なるほど・・確かにそれは盲点!
      次は私も試してみようかな。

      削除
  3. 映画はテレビで見るので(古い作品が好きだから)映画の話をしても理解されないのはつらいです。

    返信削除
  4. お久しぶりのカキコです。
    ドキプリはまだ見に行っていませんが、「ぷりきゅあおとないちまい」は私にとっては楽しいイベントの一つですよー。
    カウンターのお姉さんに伝えた時の反応や、周囲は親子で見に来ている中でのボッチ感。
    テンプレ的な対応が来たり、あの空気感は頑張った自分へのご褒美のようで・・・

    とは書きつつも、我が地元に新たに出来たイオンシネマでは自動発券機が導入されており、少しホッとしたりもしています( ´Д`)=3

    返信削除
    返信
    1. 名は体を表すというヤツですね。(´ω`*)

      しかしその言葉を見るに、貴方は「ドM」に改名されたほうが良いのではないかと思います。(゚∀゚)

      削除
  5. 子供の頃、背が小さく今みたいに映画館が子供用の上げ底座布団を貸してくれなかった頃、通路に面した席は目の前に大人が座らない特別な席でした。図の例だと25の列やDの列です。そんな思い出があるので私は混雑状況と相談して壁際の席に早めに入るようにしています。

    返信削除
  6. 初めまして。
    春のASNS2の折に単独潜入は果たしてきましたが、精神を削られつつ癒されてきたので、少しは軽減できるように今秋の映画は友人を誘い「うん」と言わせることに成功しました。
    そんな友人に予習としてこのページを読むことを勧めさせていただきます。(実際に潜入するのはお互いの有休取得の関係上、来週です)

    返信削除
    返信
    1. 余計な話が多い記事になってしまいましたが、
      参考にしていただける部分があれば幸いです。

      映画、楽しんできてください。(゚ω゚)

      削除
    2. 仕事の都合上有給がキャンセルされたので、平日ではなく本日、友人と潜入してきました。
      『席は通路に近い劇場の隅の隅』『入場するのは暗くなってから』と、アドヴァイス通りの作戦の下、潜入作戦を無事に成功(出来るだけ一般の方々の注意を引かない)させてきました。
      ありがとうございました。
      作品も、個人的には展開が雑(特にラスト)に感じるところもあったのですが、全体的に楽しめる良作でした。

      削除
    3. この記事がお役に立ててよかったです。

      確かに雑さがありましたが、勇気を出して見に行く値打ちはある映画でしたよね。

      削除
  7. いつもは友人と行くことが多いので何とかしにしなくて済んでいますが、一人で観に行くことには抵抗があるので色々と参考にしようと思います

    >挙動が不審な方が印象に残る
    この事は非常に共感出来ます
    レジを打っていたとき、大人の本を間に隠して持って来た客の方が印象に残っています

    返信削除
  8. はじめまして。

    ていおさんの仰るように堂々とすることってホントに大事だと思います。
    私もプリキュアの映画を見る時は努めて堂々と、そして若干期待に目を輝かせながら券を買っています。
    そのおかげか、一人で行っても未だ受付のお姉さんに白い目を向けられたことはありません。

    そういえば去年初めてプリキュアの映画(スマイル)を見に行った時、係のお兄さんにおずおずと「これ要りますか?」ってライトとか諸々を渡されたのを思い出しました。
    田舎で子供が少ないからでしょうが、まさか19歳であんなもの貰うとは思ってもみませんでしたよ。

    返信削除
    返信
    1. そうです。押し負けるわけには行かないんです。
      結局最後は精神論です。プリキュア映画は。

      削除
  9. 過去記事もすごく楽しく読みましたよー(^^)
    臨場感?みたいなのが伝わってきて面白かったです!

    ウチがいつも行く映画館は、普通席の後ろにプレミアム席?みたいな、位置もお値段も高い高級席があって、別料金払ってこの席に座るのってどんな人なんだろうと思ってました。開演直前まで気になってチラチラ見てたけど誰もいなくて、やっぱり誰も買わないよなーと思ったんですが、終演後、見上げてみたら、1名様の方々がいっぱい!!いつのまに!?!?とめちゃめちゃ不思議だったんですが、あえて、暗くなってからいらっしゃってたんですね!納得!

    そしてみなさん、子供の視界にも配慮くださって、あえてはじっこの席なんですね。
    大人ですね!ありがたいです!
    キャラクターショー組の大友さんたちにも、その配慮、お願いしたいです…(>_<)


    返信削除
    返信
    1. 大概の大人ファンはマナーを守る良識派であり、
      子供達の楽しみを見守ることも含めて雰囲気を後ろからこっそり「見させて頂く」のが
      大人ファンの楽しみ方であるのですが、

      ・・居るんですよねぇ。どの業界においても、そういう不心得者が。

      全体から見ればほんの一部のはずなんですが、
      なにしろ悪目立ちする上に注意する人も居なくて、

      結果、タダでさえ肩身の狭い大人ファン全体が誤解されるという
      状況になっています。嘆かわしいですね。(´・ω・`)

      削除
    2. あはは~。
      確かに、誤解、偏見、ありました~(^_^;)スミマセン

      でも、ていおさんのブログにおじゃまさせていただくようになって、偏見もだいぶん薄れましたよ~。
      ていおさんのブログは、プリキュアファンの大人の方々に対する誤解を解くという面でも、一役買っていると思います。

      ただ…幼い娘を持つ親の立場からすると、ていおさんのようなごくごくまっとうな良識を持った方と、一部のそうでない方の判別ができず…たとえば、も さんのように、幼い娘さん連れの保護者と隣り合わせになってしまった場合…やっぱり…どうしても…コールドアイズというか…警戒されてしまいますよね(>_<)わースミマセン!!

      ちなみに、ウチの息子(小学校低学年)は大のプリキュア好きですが、そのことは学校では秘密にしているようです。世の渡り方としては、それで正解かなとも思います(^_^;)
      ただ息子には日ごろから、好きなものは好きで全然いいんだよと、言ってます。

      削除
    3. >(>_<)
      いやもうそれはプリキュアンの受難なので諦めてます。
      あのときは映画で泣きそうになったものの、もしここで泣いたら完全にアウトだっ! とかなり辛かった覚えが・・・
      う~ん、客観的にみると十分アヤシイ人ですね。

      4歳になる姪っ子をプリキュア好きにすべく、一緒にTVを視聴したりプリキュア新聞やゲームを与えたりしています。
      順調にアイカツからプリキュアへ興味が移りつつあり、次回の映画は一緒に行けそうです。イェーイ!

      削除
    4. >まんまるさん

      そりゃそうでしょう。それが一般的な考え方です。
      「プリキュアは子供番組。それを映画まで見に来ようという人はどっかしら感覚がズレてる」
      と思われて当然。・・と、我々も承知しております。

      去年プリキュア映画感想文に
      「大人一人で見に来る人が本当に居るなんて思いませんでした。大人がプリキュア映画を本気で語るなんてちょっとコワイ」
      というコメントをくれた親御さんが来ました。

      我々の考えを分ってくれない人が居ることも分っています。


      だからこそ、我々はこうして映画を見に行くのにビクビクオドオドするわけであり、
      私みたいなものは「ひるむなー!ゆけー!」と勇気を鼓舞するわけです。

      なんと哀しき戦いの宿命(;ω;)うぅ・・

      ※  ※  ※

      >ただ息子には日ごろから、好きなものは好きで全然いいんだよと、言ってます。

      そりゃあいい教育方針ですね!
      目立たぬように自分の感情さえも押し殺して生きるのでは、
      かえってゆがんだ人間が出来上がってしまうと思います。

      少し浮いていたとしても、好きなものを好きに楽しんでいる人の方が
      いい人生を送れるに決まってます。

      削除
  10. 3日15:28のコメントボーっとしていたのでトンチンカンですね。すいません。
    自分は小柄なので大きくなってからでアニメ映画(ドラえもん、クレヨンしんちゃん、コナン等)見に行ってもあまり気にされたことが無かったです。
    小学生未満の誰か(自分の場合は妹だった)と行くという手もあります

    返信削除
  11. 途中で送ってしまいました。自分当時中学生、妹当時小学生
    妹のほうが体が大きいのでお姉ちゃんにみられたんだと思います

    返信削除
  12. 席の位置には無頓着だったので参考になりました。
    受付のお姉さんから少しでも早く離脱したくて「お席の希望はありますか?」の質問には
    「どこでもいいッス」と答えてました。

    オイラ的テクニックとしては、「母娘二人組の後ろに続けて入り、父のふりをする」
    というのがあります。モギリのお兄さんの目はかわせます。

    一番ひどい目にあったのは席の並びがこうなったこと → 母 娘 父 俺 父 娘 母
    お父さんが3人連続だよ。左右の父達はオイラのことをどう思ったんだろう…

    返信削除
    返信
    1. >「どこでもいいッス」と答えてました。

      店員側としては、そういう客が一番困るんですけどね(゚∀゚)
      「なんだこいつ」って思われてますよそれは。確実に。

      >母娘二人組の後ろに続けて入り、父のふりをする

      あー、その作戦はいいかもしれませんね。
      「擬態お父さんの術」と名づけましょう。

      削除
    2. 「擬態お父さんの術」は若すぎると使いにくいかもしれませんね?
      まぁどっちにしても多分雰囲気からバレていると思いますが、
      少なくとも自身の心は守ることが出来そうな気がします。

      お隣さんが父親さんだったら視聴中キツイっす…

      削除
    3. > も さん

      それはもしかして…あえてお父さんが も さん側に座ったのかも…?
      実はキャラクターショーで、あえてその並びで座った経験が…(^_^;)(^_^;)(^_^;)

      …偏見に負けず、頑張ってください!!

      と、私が言うのもナンですが。

      姪っ子さんと映画を見に行かれたあかつきには、今までの分、思いっきり堂々とされてくださいねっ(^^)!

      削除
    4. >左右の父達はオイラのことをどう思ったんだろう…

      そうでしょうねぇ。それは確実に「どうにか思った」結果、意図してその席順に
      お父さん達が「した」んでしょうねぇ。

      いわゆる「お父さんウォール」(;ω;)

      何もする気が無いのにバリヤーを張られるこの哀しさ。
      涙を禁じえませんね。

      削除
    5. あ、ああああ! そうだったのかーっ!(血涙) orz

      削除
  13. 自分の場合基本的に最後列で見てます。その方が画面全体を疲れることなく見渡せるので。

    スマイル映画の試写会の時に最前列が当たってしまって演者を拝顔するには最高だったんですが、いざ映画になった時に顔を見上げなおかつ右に左に振りながら見た事があるんですが、そんな思いはもうしたくないです。
    後、最後列からならミラクルライトを振って一生懸命応援する子供の姿やエンディングのダンスを一緒に踊る子供の姿を無理なく見れますしね。(決して変な意味では無いので誤解なきようお願いします

    それ以外は基本的に気にした事ないというか、プリキュア映画だからといって変な挙動をするわけでもなく他の映画を見るスタンスと同じように大人しく時間を過ごしながら鑑賞しています。
    チケットを買うときも他の映画同様「プリキュア大人一枚」と普通に言っています。

    人から見れば鋼の心とも言われそうですが、基本的に公共の場のマナーを守っていればそこまで怖がる事もないでしょうし、怖がらせる事も無いかのなと。
    変に自意識を働かせるから言動に出るのです。

    もちろん視聴のメインは子供とその親御さんなのでその人たちを無視するような観賞スタイルは褒められたものではありませんが

    返信削除
  14. 凄い考察!!
    ていおさん、すっかり劇場版のベテランになってますねヽ(・∀・ )ノ

    その昔『どうやってダメージを減らしつつ映画を見たらいいんだ』みたいな悩みを持ってはったていおさんに『CM初まって場内暗くなってから入ったらエエですやん』って言ってた頃が懐かしい。

    ただ以前と少し変わった事がありまして。
    ていおさんも『お父さんと間違われる』年になりはった事。

    この年齢になると怖いものはありません。
    家族連れの母親や娘の横に座れば『お父さん』にしか見えなくなります。
    劇場に入る前のロビーでは、1人で居ても『家族を待ってるお父さん』と思われます。

    そんな訳で色々と最強です。

    逆に同姓を誘って行く方が危なかったりします(・ω・)

    ただ、チケットを買う時には1人なのがバレバレで全く効果が無いので
    そこら辺は自販機で済ますか耐えて下さい。

    返信削除
    返信
    1. あー、パラレルさんが教えてくれたんでしたっけ。

      今やベテラン大人プリキュアファンの「常識的たしなみ」になっております。(゚ω゚)

      もうプリキュア映画見ることなんて何とも無いッスねー

      削除
  15. 通路側は避けた方がいいですねー
    階段上がってくる親子にガン見されてかなり辛いですよ(実体験)
    この図だったらK1、26、L1、26辺りがベストプレイスですね

    返信削除
    返信
    1. ん?

      あなたは本文をもう一度 よーーく 読み直してんで下さい。

      劇場に入るのは「暗くなってから」と書いてますよ。よって、
      フクロウでもなければ上がってくる親子と目が合う事は無いです。

      そして、通路に面している席を選ばないと暗い場内で
      「前すみません」を言わなければならなくなるかも知れないんですよ?

      そこを選ぶのはベテランとは言えません。

      削除
  16. 武藤カズキン2013年11月5日 9:30

    私はもう麻痺してるかなw
    ただただ見やすい中段やや後列のど真ん中(I14辺り)を迷わずタッチ(券売機)
    この位置だと疲れないしミラクルライト畑も見渡せる。
    そして明るいうちから買ってきたパンフを暗くなるまで見て、チェックポイントを予習です。
    一度「おにぃちゃん大人なのにプリキュア見てるの?」的なダイレクトアタックを受けたことがありますが、
     「好きな物を素直に好きと言えないのはとても悲しい事だからね(相手の目は見ずパンフ予習)」で後は完全シカトしましたw

    ただ一つ注意してるのは、上映が始まったら口元に手を持って行きつつ見る事ですかね。
    ツッコミの呟きやギャグシーンでニヤけた顔を晒すのは、紳士としてスマートじゃないと思うのでwww

    まあ周りの目は『リアルミラクルライト要員乙』ぐらいに考えて、気にしないのが一番だと思いますがね。
    2000円近く払って何で謂れのない迫害を受けなきゃならんのかとw

    返信削除
    返信
    1. ふぅ~む・・(゚ω゚)
      誤解かもしれませんが、

      > 「好きな物を素直に好きと言えないのは~後は完全シカトしましたw
      >ただ一つ注意してるのは、上映が始まったら口元に手を持って行きつつ見る事ですかね。
      >まあ周りの目は『リアルミラクルライト要員乙』ぐらいに考えて、気にしないのが一番だと思いますがね。
      >2000円近く払って何で謂れのない迫害を受けなきゃならんのかとw

      この4点からはどうも、「一般の人から警戒されるタイプのオーラ」を感じますね。
      それらは警戒されるタイプのヲタの皆さんに良く見られる態度ですから。

      我々の行動は、我々がどんな理屈を打っても世間には理解されにくいタイプのものであり、
      であるが故に、「本来それを楽しむべき層」の人々よりも一歩引いて作品を楽しむ
      慎ましさを私は持つべきだと思います。

      映画館の客としては「金を払えば同じ客」ですが、
      作品のファンとしては平等ではありません。プリキュアは「子供のための作品」ですから。

      勿論、卑屈にまでなる必要は無いと思いますが。

      削除
  17. >武藤カズキンさん
    >ただ一つ注意してるのは、上映が始まったら口元に手を持って行きつつ見る事ですかね。

    日本の映画館での鑑賞マナーとしては上映中は物音を立てない事が大人のマナーだと思います。
    なので上映中にツッコミを入れたり、笑ったりするのは一般人どころか同じ大きなお友達からも奇異の目で見られる可能性があります。
    ゆえに口元を抑えてるんでしょうけど、そもそも顔に出さないように心がけた方がよろしいかと。

    もちろん感情から来るものなので全部を抑えるのは無理かも知れませんが。

    返信削除
    返信
    1. あ、そうか。

      読み直すまで気付きませんでしたが、これは「上映中にちっちゃく声だしちゃってる」
      っていう意味に取れますね。

      それぁいけませんね。

      それは・・・いけませんよ。

      削除
    2. 武藤カズキン2013年11月5日 18:31

      抑えてはいますが、思わずという事もありますので、あくまで念の為の防止策ですよ。
      笑うのもニヤリ笑いの口元を隠すためですしね。
      ベラベラ喋ってたり声だして笑ったりしたら、そりゃ迷惑だし危ない人ですからw

      削除
  18. 当然逆のパターンもありえるわけで…
    この前まどか☆マギカを観に行った時
    周りが大きいお兄さんお姉さんだらけの中に明らかに場違いというか浮いてる親子連れがいましたね
    娘さんは割と大人しかったですけどあれ子供が観て理解できるような話ではないような…

    返信削除
    返信
    1. ・・・パッと見子供向けアニメにも見えますもんね。
      絵かわいいし。

      まどマギにはこの記事のような特別な配慮は必要ないでしょうね。

      映画館の常識的マナーさえあれば。

      削除
    2. 武藤カズキン2013年11月5日 18:35

      まどマギはあの絵柄から『普通の魔法少女モノ』と勘違いした親子が迷い込み、
      号泣して出て行ったという、まことしやかなウワサが……

      削除
  19. 今回見に行った映画館はいつのまにか自動発券機に変わってましたから呪文は不要でした。
    娘がいるので堂々と見に行ける間はいいのですが、
    彼女がプリキュアを卒業したとき、参考にさせていただくかも知れません。
    今回は20代と思しき男性が3人で見に来ているのを目撃しましたが、
    私にはこういう友達はできそうにないので。

    まどマギはプリキュア映画本編の前に予告編流してましたが、誰を対象に流しているんだろう?

    返信削除
    返信
    1. >まどマギはプリキュア映画本編の前に予告編流してましたが、誰を対象に流しているんだろう?

      ・・ワシらじゃないですかのう(´ω`*)

      娘さんとずっと一緒に映画見に行けるように、今のうちから
      映画や番組の内容を語り合ってみてはいかがでしょうか。

      削除
    2. 僕もフレッシュの頃までは毎度ていおさんのような思いをして(平日の昼間スーツ姿、もちろん仕事中w)いましたが、ハートキャッチあたりからは娘を連れて劇場に行っています。
      そんな娘ももう6歳で、最近は「アイカツ」にも夢中に。
      今回は「いつまで一緒にプリキュア見てくれるのかな~」「飽きたらまた仕事中すry」と思いを馳せながらの観賞となりました。
      だいたいどのくらいでプリキュア卒業になるんでしょうかね?

      削除
    3. 大体小学校1年生位で激減するんじゃないですか?
      たのしい幼稚園やひめぐみとかにはプリキュアは掲載されても小学館発行の学習雑誌にはプリキュアは載らないので
      必然的に話題が減ると思います

      削除
    4. ウチの娘は現在小3ですが、今回の映画を見ると決まったときは
      「やったー」言ってたから、まあもうちょっとは大丈夫っぽい。
      でも見たあと感想を訊いても、「まあね」くらいしか返答がないので
      どう思っているのかつかめないところが難しい。
      訊き方を考えないといけないのかもしれませんねぇ。
      まあ卒業してもTVは毎回録画できますから、
      夜な夜な一人寂しく鑑賞することはできますけどね。

      削除
  20. どうも、青森の高校生です。
    最近コロナはプリキュア映画での小さい男の子の座席率が高くて落ち着きます。
    ギャグ場面では大きな声で笑って、しんみりする場面では静かになって、ライトの部分では叫んで振って、一緒に見ていてほっこりします。
    多分制作側の人たちが作品を作るときに想像している、作品を見る子供たちのイメージってあんな感じだと思います。

    男の子でもあの年で先入観なしに女の子向け作品を見れるって素晴らしいと思いながら映画を見ています。
    ていおさん、都会では見れないだろうちびっ子少年のナマ反応が見れるんだから青森で映画見る価値アリですよ!

    返信削除
    返信
    1. コロナとは初めて聞きましたが、青森市にある映画館なんですね。

      私は三沢に住んでいたので映画はおいらせ町のジャスコに行ってました。

      ・・が、往復3万かけて帰郷してまで子供の反応を見る余裕は無いのでやめときます。(゚ω゚)

      ちっちゃい男の子でもプリキュア映画見るんですねぇ。

      削除
  21. 昔聞いてたClubココ&ナッツの音源を聞いてたら、結構「ていお亭ていお」さんなるリスナーがたくさん出てきて、もしかしてあの「ていお」さん?と思ったのですが・・・笑(前田愛さん回と檸檬&紫回かな?) 特にプリキュア映画をどう観に行ったらいいの?みたいな質問の時の盛り上がり具合いいですね^^ 取り上げられた時の感想なんか教えてください☆

    返信削除
    返信
    1. あら。懐かしいですね。勿論当時は第1回から視聴して最終回にはちょっと泣いたクチです。

      確かに、この記事と同じ内容のメールをラジオに送りましたね。

      入野自由さんが「ていおていていお」って韻を踏んだ名前を面白がってくれてたのを今も覚えてます。

      でも基本的には、自分の名前と自分が書いたメールが読まれた後は
      二人のトークを楽しむ一聴取者に気持ちが戻ってたので、はしゃいだりはしなかったですね。

      でも番組を聴いた後は読まれたのが嬉しくて、メールの内容は一生懸命考えてましたね。(´ω`*)

      削除
  22. 私もプリキュア映画は何度も見たことがあるのですが、気にしたらダメな気がする…(;^ω^)
    耐えられなかったら数か月後に出るDVDやBDを待つのもいいでしょうね。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...