2013年11月26日火曜日

ていおブログの取り説

この先も定期的に同じ事を語ることがあると思うので、
テンプレ化してHPにリンクを置いておこうと思います。

※  ※  ※

「本当にプリキュアという作品が好きなら、作品の内容には一切の
疑問を持つべきではない。文句を言うていおはプリキュアファンとは言えない」

というコメントは定期的に貰います。

いわゆる原理主義的考え方と言うやつですが、
私はこれについて理解をすることは出来ませんが、
そういう考え方を否定する気もありません。

作品の楽しみ方は千差万別で、正解なんか無いんですから。



※  ※  ※

従来の主張の通り、このブログは
「作品とキャラクターを愛するが故に、疑問に感じたことを隠さず述べる」ことを
モットーにしています。


例えば行きつけの料理屋があって、良い素材が揃っているところが気に入っていたのに、
ある日急に腕の悪い板前が調理場に立って、素材の味を逃がしてしまうような調理を
されてしまったら。

「それでもその素材を食ってることに違いは無いから満足」と考える人も
いるかもしれませんが、私は納得できません。

「折角おいしく食べられるはずだった素材になんて勿体無いことをするんだ!」と
腹を立てます。

私が作品に文句を言うのはそれと同じ理屈です。

※  ※  ※

「作品をどのように見ることが、もっとも作品に愛情を持っている事になるのか」

という事自体も意味の無い主張です。
愛着の強さは目に見えて計れるようなものではないし、
それがステータスになるものでもありません。


ただ自分の心のままに作品を楽しんで、
それぞれが思うままに語り合えばよいのだと思います。


※  ※  ※

ヘタこいた作者に対し口汚く不満をぶつける人たちも、
それはそれでそういう楽しみ方をしているんだと思います。

本当に嫌いになった人は視聴を止めるんですから。

だから、そういう人たちでさえ私は否定する気は起きません。


但し、このブログにおいては、
過ぎた言葉遣いで人を不快にするようなコメントは
削除されます。

それが私自身のコメントであっても。
(出来たら、二度とないようにしたいですが。)

14 件のコメント:

  1. ファンと言う言葉には、疑問を持ちます。私の捉え方が間違っていたらすみませんが
    ファンならばどんなに不味い物が出ても食え、野球負けても愚痴るなと言っているように聞こえてしまいました
    ファンだからこそ黙っていられない、物を知ったような評論家が評価するよりもファンが評価したほうが
    分りやすく納得がいくものが多いと思います、目の高さが一緒でないと解り辛いし、あたかも其れらしい批評で
    豪そうに語る輩より ていおさんの批評は良いと私は思っています。
    ただキャラクターアイちゃんについては個人の視覚の問題でしたが。

    行き過ぎた発言は野球の負けたときの野次に比べれば可愛いもの、これからも野次を飛ばす時は飛ばし
    ほめるべき時は是非ほめて、感想を書いていってください。

    何か言いたい事が纏まっていない文章になってしまいましたが・・失礼します。

    返信削除
  2. 感想記事に言うのもあれかと思ったのでこちらで失礼します。

    >「本当にプリキュアという作品が好きなら、作品の内容には一切の
    >疑問を持つべきではない。文句を言うていおはプリキュアファンとは言えない」

    という意見ですが、考え方という意味では否定することもないのかもしれませんが
    個人的にこういう事言ってる人に「ファン」という言葉を使うのはやはり疑問を覚えます。

    製作者の提供したものを一切の疑問もなく肯定するという行為は最早カルトと同じです。その逆もまたしかりです。

    返信削除
  3. そもそも、ある作品を好きか嫌いかというのと
    その作品の出来が良いか悪いかというのは別の軸ですよね
    もちろん相関はありますけど

    そこを履き違えてる人は多い気がします
    誰だって好きなものに優劣はあるでしょうに…

    返信削除
  4. 僕も『〇〇シリーズの作品は全部愛すべき・褒めるべき』な考え自体は『そういう人も居てくれるのはそれはそれでいいかな?例えばそのシリーズキャラ集合絵とかもできればそういう人に描いてもらいたいし』と思いますが、それをこちらに強要されるのはもちろん論外だったりします。
    決して〇〇シリーズだから見てるのではなく、その作品単体が好きだから見てるのであって。僕自身も飽くまで『プリキュアシリーズ』のファンではなく、『ふたりはプリキュア』『MH』『プリキュア5』『5GOGO』『ハートキャッチプリキュア』『スマイルプリキュア』のファンだと思っておりますので。

    そしてお話は変わりますが・・・日頃拝見させていただいております管理人様のレビューにて気になる点といたしましては、その話の責任をほとんどキャラクターやその性格設定(いわゆる『素材』)に言及することはほとんどなく(除:アイちゃん)、その回の脚本家(あと演出家。場合によってはシリーズ監督)といった特定の個人のみに置かれているところでしょうか。その辺少し『偏り』というものを僭越ながら時折感じたりします。

    失礼致しました。

    返信削除
    返信
    1. >その回の脚本家(あと演出家。場合によってはシリーズ監督)といった特定の個人のみに置かれているところでしょうか

      5人全員がほぼ無欠の超人であることの弊害は事あるごとに述べています。

      そして監督はともかく、私が文句を言った演出家の数は多く、
      「責任を特定の個人のみに置く」という指摘は的を外しています。

      監督と、各話ごとの監督である「演出家」は、
      ヘタを打てば真っ先に批判の矢面に立ち、上手くいったときの賞賛も一番大きく受けるものです。

      私が過去にヘタを打った演出家でも良い仕事をした時には
      手放しに賞賛しているところを見れば、「人物を選んで批判しているのはない」事も分るはずです。
      (例:池田洋子さん演出・36話と24話)

      削除
    2. 管理人様 ご多忙の中、ご返信いただき恐縮です。

      僕の言葉足らずゆえに少しずれがありましたので補足させていただきますと

      『キャラクターへの責任の言及』につきましてはドキドキだけでなく他のシリーズも含めて、ということであります。

      また『特定の個人』といいますのは限定された人物(例えば米村さんとか河野さん、青山さんなど)の意味ではなく数多くの人間によって作られているアニメ作品において、何故脚本家・演出家といった限られた人間だけを採り上げ彼らだけを賞賛はまだしも批評の対象になされるのかな、という意味でありました。 ただ後者(『特定の個人』の件)におきましてはご理解もいただけているようで良かったです。

      それでは、失礼致しました。

      削除
    3. >何故脚本家・演出家といった限られた人間だけを採り上げ彼らだけを賞賛はまだしも批評の対象になされるのかな、という意味でありました。

      それは、「監督」が「責任者」だからです。

      返事は一言で済む質問でしたね。

      削除
  5. 単純な話、全肯定は信者の嗜みです。
    さすがに今の世の中、ミノフスキー物理学に倣うわけにもいきませんが、
    世の中いくらでも好意的解釈を後付できるもんです。

    しかしだからといって批判者の意見を無視するのもよくないと思います。
    信者とてすべてを一度に把握することは困難ですからね。
    批判を真摯に受け止め、それに反論する形で後付を強固なものとするべきです。

    ようするに信者は信者であることを誇りに思うべきであり、
    批判者に対して寛容な心構えで挑むのが良いということです。

    返信削除
  6. >>ヘタこいた作者に対し口汚く不満をぶつける人たちも、
    それはそれでそういう楽しみ方をしているんだと思います。

    そうですね、これはあなたもヘタこいた監督や脚本、演出にたいしてもよく言ってることですからね

    返信削除
    返信
    1. 正しい理解をしていただいて助かります

      削除
  7. 脚本や演出の批判はともかく・・・
    ていおさんのドキドキへの感想記事の書き方に少々問題があるように思います
    去年のスマイルプリキュアでは贔屓目な感想ばかりであったのに対し、ドキドキでは批判を通り越した辛辣な感想が目立ちます。
    一時期は事あるごとに「スマイルでは・・・」「去年では・・・」といったスマイルとの比較の書き込みばかりが目立ち、
    「スマイルの点数を上げるためにドキドキを批判してるのではないか?」とすら思ってしまいました。
    各話の感想についたコメントまとめ記事も批判意見を赤大文字で強調したものばかり。
    仰るとおり人それぞれ好みは確かにありますが、もう少し公平性を保った感想をお願いします。

    返信削除
  8. お久しぶりです。pixivでの活躍、楽しませていただいています。最近はまたも変態メンバーの追加で「ありえへん」と苦笑いしながら見てます。
    「作品とキャラクターを愛するが故に、疑問に感じたことを隠さず述べる」
    という姿勢は僕も賛成します。無批判であるべきというのはもはや愛ではなくて盲信ではないでしょうか。
    間違った所やおかしなことがあれば、忠告するのも愛情だと思います。それが製作者にとって、視聴者が何を求めているか、何が必要か知るきっかけになるからです。
    表現にきつすぎる所がないよう注意しないといけないとは思いますけれどね。
    ところでお願いがあるのですが、引用してらっしゃる画像のサイズが大きく数も多いからか、読み込みもブラウザの反応も遅くなってしまいます(現在XPのSP3で768MB)。
    できれば画像をサムネイル表示にするなどして、ページを軽くして頂けないでしょうか?

    返信削除
  9. 本当に好きなものなら受け入れるだけではなく、おかしいところはちゃんと指摘する
    視聴者として正しい姿勢であると思います。
    ですが、ていおさんはスマイルプリキュアへの評価は甘く、ドキドキプリキュアには必要以上の批判、スタッフに対して中傷に近い感想(ドキドキ41話の「ロートル」など)を載せるという、贔屓や差別を明らかに行っているのであまり賛同はできません。

    返信削除
    返信
    1. そうですね。
      積もり積もった感情が抑えきれずに過ぎた言葉を使ってしまったことは去年は
      本当に多かったと思います。先月、ある人に強烈な一言を持って諭されたので以後は慎むつもりです。

      出来たら、1年早くその一言を貰いたかったと思うほど「人生に効く」一言でした。

      スマイルプリキュアにもラストの展開には不満を描くこともしばしばありましたが、
      物語運びのミスや不満が積もる前に番組が終わったので

      ドキドキプリキュアのときのように不満が大きくならなかった、という違いがあります。

      その違いが、結果として贔屓に見られてしまうんだろうと思います。

      私の文章の解釈は読者に委ねられるものなので、齟齬があっても
      それを正そうとは思いませんが、

      私は特定のスタッフやシリーズの名前で物事の判断をしているのではなく、

      毎回の内容に対して思ったことを述べた結果、
      同じ人物・シリーズに不満が集中してしまったということで、

      名前によって贔屓をする意図を持ったことはありませんし、
      スタッフ内に身内や友達がいるわけでもない以上
      私にはその道理もない、ということは申し上げておきます。


      たとえ私の文章が気に入らなくとも、これからも読み続けていただけると幸いに思っています。

      上記のとおり、私は以後はもう不満を書かないと決めたので、
      また「ハピチャは贔屓しまくってる」と思われてしまうと思いますが、
      それは覚悟しております。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...