2014年2月9日日曜日

第2話「ひめとめぐみの友情!ハピネスチャージプリキュア結成!!」


脚本=成田良美 演出=岩井隆央
絵コンテ=入好さとる 作画監督=赤田信人


▲イイですねぇー・・・(´ω`*)

▲プリンセスのテーマは「勇気」か。

ヘタレで弱くて逃げ足の速い、
勇気から最も遠いキャラクターだからこそ、それを訴えるのに相応しい。
という訳ですね。

昔好きだった少年漫画にもそういうキャラが居たっけ。




人一倍ネガティブなひめが、人一倍ポジティブなめぐみに引っ張られて、
とてもよいチームになった。(*゚ω゚*)

戦い方については詳しいけど勇気をなくして戦えなかったひめと、
勇気はあるけど戦い方を知らなかっためぐみは、長所を出し合って
二人でようやく一人分のプリキュアとして活躍できた。

コンビものとしてこれぞまさしく王道。
とてもよいと思います。(´ω`*)



▲めぐみに引っ張られてすこし勇気を取り戻したひめ。


▲ここも。めぐみに引っ張られて一歩強気が出せた。

▲「二人の長所を出し合う」姿は戦闘シーンにも。

▲初勝利。ひめがめぐみと出会って成長できたという象徴のシーン。


ポージングのかっこよさに、初勝利の喜びや高揚感が感じられて、
私もとてもわくわくしました。(゚ω゚)


※  ※  ※

▲before

 ▲before


▲after

▲after

並べてみると、あらためてこのカットがステキに感じられますね。(´ω`*)

゚・*:.:♪*・プリチェンミラーあそび゜゚・♯*:.。. :*・゜

玩具の楽しさを演出するのも、この枠の番組の大事な努め。
今年の監督さんはそこらへんもバッチリ心得ているようだと感じました。



▲ただカワイイ服にお着替えするんじゃなく、物語に絡めて
玩具の使用を「意味あるもの」にしています。 


▲ちょっとしたドラえもん要素ですね。
秘密道具の変わりに「変身衣装」で目的を達成する。 

ついでに、次に変身する子のキャラクターもアピールしている。



▲いいですねぇ(*゚ω゚*)
ただ見た目が変わるだけよりも、こういう魔法的要素があったほうが
よりワクワクします。

いいアイディアですね!


゚・*:.:♪*・説明が上手い゜゚・♯*:.。. :*・゜

先週に引き続き、今週も沢山あった説明の要素がスムーズに描かれていて
その上手さに思わずため息が出ました。


▲もういちどここから説明。
今回の起承転結の「起」の部分だしね。 

▲今日のテーマは「にげる!」
ひめのキャラクターがもっともわかりやすく見える、象徴的「行動」。

▲大使館に帰ったら神様が来て・・ 

▲神様がざっくりと事の顛末を視聴者に説明する。 

 ▲話はひめの王国の話に移り


▲ひめの王国がどうなっているのかもサクッと説明。

▲ひめががんばるしかない状態。 


▲ここ、ほんとうに上手いなぁ。(´ω`*)
ひめの「逃げ足」という特徴を見せつつ、それがコミカルでもあり、そして
この後の「人探し」の流れに繋がります。

「敵の存在」「王国の状態」「ひめの心情」「お着替え玩具アピール」「めぐみの説得」

という、どれも外してはいけない要素が、まったく不自然さを感じさせず
きれいにつながっています。

すごい。

゚・*:.:♪*・゜゚細かいところ・♯*:.。. :*・゜

▲ひめも本当の力を出せば弱いわけじゃないところを見せるシーンがあったり 

▲鏡から神様が出てきて、鏡を通して世界を見ることが出来たりして
「鏡」が物語の一つの要素であることを演出している。

▲ひめの人見知りはまったく治ってなかったり。
(ありがとうの言い方がいかにもそれっぽくてかわいかった(´ω`*)) 

 ▲ひめは本当は出来る子。言葉で説明するのにうってつけなキャラクター。
そのためのこのキャラクターとも言える。

▲「少々」の後が辛辣。・゚・(ノ∀;)苛立ちもあるのだろう。
しかしそれも愛情の裏返し。

▲それをバッチリ見抜いためぐみ。いいね(´ω`*)


細かいキャラクター描写もとても楽しかったですね!


゚・*:.:♪*・画像でコメント゜゚・♯*:.。. :*・゜


▲ギャース!!!Σ(*゚Д`;) 

▲うーん、来るとわかっていてもうれしい。想像以上にうれしい。
なんて粋な演出を考えてくれたのだろう。 

▲けってーけってーいヽ(´∀`*)ノわーーーーーーー

やばい。今年はBDレコーダーに録画した番組のOPを編集でカットすることが出来ない。

ほの様が来るんだろうと思ってたのに順番を変えてきたのはきっと
「次は誰が来るんだろう」というワクワクを演出しようとしたんでしょう。

ますますもって粋な計らいですね。

来週はだれだろう・・・(´ω`*) 

▲青いマーチシュート。なおちゃんとのコンビ技が見たい。 

▲なんてジコチュ・・・怠け者なやつなんだ!
いいですねぇ。このユルさ。 

▲チョイアーク・・・うん。わかりやすい。

▲彼らの存在意義はこのときのため。

「大きい敵をぶっとばす」だけでなく、三国無双みたいに
「並み居るザコどもをなぎ倒していく」かっこよさ、画のハデさを演出するためのザコキャラ。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

面白い要素が沢山ありましたね。(´ω`*)

コンビを結成した二人がこれからどのような活動をしていくのでしょう。

ハートキャッチと同じく、身の回りにいる人たちの悩みに触れながら
それを解決していく話になるのか、

それとも世界中にあふれたカビを取り除くために
自ら打って出るのか。

あ、それともオールスターズがあるからその前に3人目を出すのかな。

次回も楽しみです。



゚・*:.:♪*・書き方を変えました(゚ω゚)゜゚・♯*:.。. :*・゜

これから先のスケジュールを見ると、ちょっとヤバいくらい暇がない事がわかり、
感想文とコメントまとめで毎週合計6時間も使っていられないと判断しました。

さらに、私がもっとも信頼している人物からのアドバイスがあったことも重なって、
今回から文の書き方を変えました。

画像多めでちょっと淡白な感想になるかもしれませんが、
なるべく楽しく読める文章を目指しますので、お気に召しましたら今後もお付き合いください。

12 件のコメント:

  1. 昨日川村さんの画集を入手した直後のドリームさん・・・えらくキラッキラ輝いて見えましたw ブラックもですが、せっかくの10周年、無印Ver.も・・・というのは流石にぜいたくでしょうか・・・。

    それにしてもめぐみのあまりのフォローの巧みっぷりに・・・ひょっとしたら作り手から世のお母様たちへの(子供をやる気にさせるための)アドバイス?と思ったりしました。

    あとはきちんとコンビ名の由来もスマイル同様に話の中で説明されていたことやちゃんと動いている戦闘にも満足のいくお話でした。ただ、ハートキャッチと違いすぐ3人目が来るせいか、二人用のバンクじゃないのはちょっと残念でした。

    返信削除
  2. 「逃げるんだよぉー!」
    「わああ、なんだこのプリキュア!」
    今回もおもしろかったです!
    最終決戦近くに、逆にラブリーが逃げちゃって、プリンセスが説得とかしたら胸熱ですね!

    あれですかね、前回の手話といい、今回の説得手腕といい、めぐみさんは何か、メンタルケア的な訓練とか受けてるんですかね?
    将来はそんな職業に就きたいとか?

    あと、なんとなくなんですが、ブルーとディープミラーって、同一人物?

    色々あって、次回が楽しみです!

    返信削除
  3. 今回も面白くて話の流れが分かりやすかったですね。
    キャラがみんな魅力的で惹きつけられます。
    やっぱり雑魚戦闘員や小技があると戦闘に幅が出て楽しいです。
    変身バンクはこれから新規で2人用が来るのか、それともキュアハニーが加入してから3人バンクが来る感じでしょうか?
    冒頭のドリームさんは川村女神の本気というかキラッキラしてて大変可愛らしかったですね。
    来週も色々と楽しみです

    返信削除
  4. 初めまして!コメントさせていただき来ます。今年のプリキュアは面白いと思います。めぐみは他人がほっとけない所がマナに、ひめは顔はえりかで怖がるところがやよいに似てますね。今後が楽しみです。

    返信削除
  5. ブルームすっ飛ばしてのドリームにびっくりしました。DVDBOXのCMの時より当時に近い声色になってて個人的に大満足です。

    めぐみちゃんがひめの短所をプラスに言い換える場面。あれ学校の授業でやった記憶があって懐かしいなーと思いました。
    それを踏まえてのお互いの弱いところを補い合うコンビ結成っていうのは良いですね。
    これにあと二人混ざってどんなチームになるんでしょう?想像できません、楽しみです。
    前回のコメントで「鏡がキーワードになってるのかも?」とあったので念頭に置いて視聴してみると、この二人の性格が対になってるのもそのキーワードになぞらえてなのかもと思いました。

    返信削除
  6. 楽しく見ることができました。
    玩具の使い方まで早くも番組で触れられてましたね。
    カードが増えれば変装やフォームチェンジもより多彩になって面白くなりそうです。
    ハートキャッチもそうでしたが、今回のプリキュアも、「技は自分で考える」んですね。
    ここからどんな大技小技が飛び出すか、こちらも楽しみです。

    返信削除
    返信
    1. めぐみが事件解決後、「幸せハピネス!」と言ってるところで
      手をあごの辺りに動かす動作があったので「これも手話?」と気になって調べたら、
      ズバリ、「幸せ」でした。我々の気づかないところで他にも手話が使われてるかもしれません。
      EDダンスでこれに近いようなポーズがありますが意識してるのでしょうかね?

      削除
  7. 説明が多かったのに退屈させない良い話運びでした。

    返信削除
  8. OPのコメントは、最初がブラック(決まってた)であとはランダムらしいですよ!
    それにしても、コメント時のあのアニメーションの本気さに感動してますw
    何度見てもチョイアークがショッk・・・もとい、スナッキーですわ~

    返信削除
  9. 面白いですねぇ今年のプリキュアは、ドキドキは2話目ぐらいでぼやきが出ていたような覚えが有ります。
    今回ていおさんの評価ランキングが無かったですけど?休止?

    返信削除
  10. ハピチャは無難で安心して見られますね。完全にツッコミ待ちだろってくらい毎回苦言を呈さずにはいられなかった作品があったような気がしましたが、済んだことは忘れ去ったので覚えてないです。敢えて気になる点としてはハートキャッチとの差別化ですけどまあ大丈夫かな。今後いい意味でコメント書き込まずにはいられない展開や神回に期待したいですね。

    返信削除
  11. ナマケルダがアリの触覚にキリギリス
    そしてヒメルダの日本名が白雪ひめで鏡が重要なテーマ…
    さしずめクイーンミラージュは継母ですかね?
    何だか童話の世界を今回はよく使ってきますね
    子供にも分かり易くする配慮でしょうか?

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 10/01 大田区産業プラザ ドッキドキ☆ライブ ( スーパーヒロインタイム ) アイ02 ...