2014年2月12日水曜日

川村敏江東映アニメーションプリキュアワークス

もう色んな人がさんざんレビューはしてるでしょうし
タイミングも微妙に遅いですが、やっぱり中身を開いてみたら
黙っていられなかったので私もちょっとだけ語らせていただきます。


・・語るといっても言いたいことといえば

「ギャーwwww」とか「うおぉーーーーー。・゚・(ノ∀;)」とか
「SUGEEEEEEEEE!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ」とか

が8割なので、それを除くとごく短い文章になってしまいますが。

いつぞやのカレンダー漫談みたいに逐一語ったりはしません。キリがないので。


ああ、やっぱりすごいですね。

中身を見ているうちに手が震えてきました。

「江原はインチキだと思う派」を自認している私ですが、このときばかりは
思わずつぶやきました。

「絵からはオーラが出とる。
それらが重なったこの本からはすんげーオーラを感じる!!」

と。


「オーラってなんだよ」と思いますが、しかし「ただ上手い絵」を見る時とは
明らかに違う「迫力」を川村先生の絵からは感じます。

本を繰る手が震えてしまうのは、そのオーラに当てられてしまったせいだと思います。

▲カバーを傷めたくないと思ってはずしたらびっくり。Σ(*゚Д`;)
なんと手の込んだニクい演出でしょう。

色の華やかさは無いんですが、先生の書かれるペンの勢いが感じられて
私はこっちのほうが眺める時間が長かったです。

しかも、ただ衣装を変えただけじゃなくてポーズも微妙に違ったり
妖精やウルフルンが追加されてたりという遊び心も込められている。

▲くいしんぼうなおちゃんΣ(*゚Д`;)

そうそう、こういう「キャラクターらしさ」を1ポーズ・1カットで見せてくれるのも
川村先生の魅力の一つですよね。

ちびウルフルンもかーーわいい。 

▲ここも。シロップと「相棒」めるぽですよ。
ただ余白に浮かせてるんじゃなくて、「楽しそうに跳ねさせてる」のが先生の描き方。 

▲とにかく線のきれいで繊細なこと! 

▲線のひとつひとつまで見入ってしまう。

膨大な量の仕事だけでなく、「よりよく見えるものを」と考え続ける精神がないと
この美しい線は描けないんでしょう。

あこがれるわー・・・・

あこがれるけど、軽はずみに「あやかりたい」なんてことは言えないです。

それくらいものすごいことだと思います。このお仕事は。 


゚・*:.:♪*・人の想像を超えていく゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲プリキュア5OA当時、十分すごいなーと思っていたし、
なんだったらクレヨン王国・おジャ魔女の時から表情の豊かさやポーズのよさには
「飛びぬけて別格」の魅力を感じていたけど・・

 ▲そのわずか1年後。

躍動感のあるポージングと構図、より感情が伝わる表情。

長いキャリアを積んで作画監督になったのに、そこからまた短期間にここまで
進化できるなんて。

ただ何となく仕事をしているだけじゃこの進化はありえません。


初のキャラデザ・作画監督ということで相当気合を入れて1年間
仕事をされたのかな、と想像できます。


▲そこからさらに5年後。

進化をとめた様子は無い! 
着色のスタッフさんも原画の迫力に触発された様子が感じられます。

▲左は仲良し兄妹の様子を見せてくれています。(´ω`*)

そして右は・・・ちょっと見ないうちに色気がグッと増しましたね。男ども。

ナッツの肩にココが手を乗っけてる辺りに

「ココはナッツに馴れ馴れしい」という

キャラ関係を見て取ることが出来ます。


「成田悪美」先生が本気を出したあのドラマCDを思い出しますね・・・ふふっ(´ω`*)

否。腐腐っ


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

最初にこの本を手にとったときは「でかい」と思いました。

けど、中身を見ながら感じたことは
「誌面が小さい」でした。

もっとおっきい絵でじっくり見たい。

なんだったらこの本に収録されているカット全部
部屋の壁に貼っていつでも気軽に見られるようにしたい。

本よりも、いっそページをばらして
ポスター集みたいにして販売してほしいと思いました。

2冊買ったから自力で出来ないことも無いけど・・・
いやいや。そんなことできるわけが無い。

版元に意見してみようかな。(゚ω゚)

6 件のコメント:

  1. あ、ヤバい欲しい(´・ω・)
    こういった画集的なものって、手を出したことがないんですよね。
    ちょっぴり興味はあるけど、きっかけがなくて。

    ・・・。

    私の購買欲を煽ってくれたていおさんに苦言・・・もとい、お礼をw
    Amazonでポチって来ちゃいましたので、ご報告w

    返信削除
    返信
    1. 私の記事がきっかけになったのならよかったです。
      存分にオーラを浴びてくださいw

      削除
  2. 同じ川村デザインで5人構成のプリキュアでもプロデューサーが変わればここまで違いが出てくるんですね。
    またローズを登場させたのも節目の作品だからなんでしょうね。
    ソードも同じ紫で節目の作品の出身でしたが、2年目も作られた5と違いスマイルは1年で終わったため紫は次の作品に繰り下げられたんでしょうね。

    返信削除
  3. マーチが紫の予定でしたが川村さんが頼んで(?)緑になったみたいですよ。スマプリのコンプリートブックに書いてありました。東アニで予約したので19日以降に届くので楽しみにしながら待ってます!川村女神素晴らしい

    返信削除
  4. はじめまして。通りすがりです。
    …悩んでたんですけど…買いますっ!買わないと!後悔する!!!
    記事、ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. ただの信者の礼賛記事でしたが、
      人の背中を押すきっかけになれたことがうれしいです。(´ω`*)

      無事ゲットできることをお祈りしております。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...