2014年4月27日日曜日

第13話「強敵登場!キュアフォーチュンVSプリキュアハンター!」

脚本=成田良美 演出=筆坂明規 絵コンテ=園田 誠
作画監督=織岐一寛、近藤瑠依 美術=佐藤千恵

※  ※  ※

アツーーーーい!Σ(*゚Д`;)

今週のハピネスチャージはいつもと違いましたね!


゚・*:.:♪*・゜゚いつもと違うところ・♯*:.。. :*・゜

 ①物語の主役がひめからめぐみに!

めぐみの特徴やキャラクターが沢山描かれていて、
物語の進行もめぐみが中心になっていました。


めぐみの「強さと器の大きさ」が、見ていてとても心地よかったです。(*´ω`*)

②そしてアツい!

これまでは「コミカル重視で熱さは控えめ」だった「プリキュア」パートですが、
今回は・・・

▲「愛する人を取り戻すために戦う」プリキュアと

 ▲「「愛する人のために戦う人」の力になりたいと願う」プリキュア。


▲「愛のために戦う」という思いは同じであることを告げる。

▲圧倒的強さを見せていたキュアフォーチュンと「対等」になった瞬間。
それを象徴する背中合わせ。

震えましたね(*´ω`*)
脚本も演出もすごくいい!

▲第1話からフォーチュンの強さを見せてきたことが、ここへきて
めぐみの強さを引き立てる効果にもなっています。

▲「力を合わせるとプリキュアは何倍も強くなる」

「仲間」が与えてくれる力の片鱗を実感した一匹狼。
「プリキュア」シリーズには何度となく出てくる描写ですが、

何べん見てもいいですね!心がじんわり熱くなります。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回はフォーチュンとめぐみの2人のお話だったんですね。

物語のいろいろな前フリを描くにあたり、
ひめとゆうこに1回休みを出すアイディア。

物語序盤とはいえ、なかなか大胆な発想ですね。

しかし、そのおかげでキュアフォーチュン、神様、
クイーンミラージュの関係が分かりやすく描かれていました。


 ▲えっ!いきなり誰!
 ▲おまえかーい(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*)



▲「恋愛禁止」をのたまう神様がこのありさま。

・・・というより、「恋愛禁止」というルールを作ったのは
この辺に原因がありそうですね。(゚ω゚)

▲そうなのかー。
OPで涙流してたりくらい顔してたり、
人当たりが厳しかったりするのはそれが理由なのね!

そして、フォーチュンが誕生した成り行きは神様も知らなかった。

▲お姉さんは、オープニングのキュアナイルと同様敵に捕らわれてしまった。
ということなのね。

▲「神様」でありながら、とても人間らしい人物のようですね。

▲神様相手に器のでかいところを見せるめぐみ。
これぞまさにBIGな愛。Σ(*゚Д`;)

ひめ・ゆうこが出ないことで、気が散らずに
めぐみらしさがとてもスッキリ見えた気がします。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

 ▲ひめやゆうこではなかなか出せない「カッコイイ戦い方」も
たっぷり見られて見ごたえがあった。

▲洗練されたキレのある動きではなく、感情のまま愚直に全力パンチ。
めぐみらしい戦い方が見られたのも良かった。

▲今回の戦いがアツくなったのは、この人のおかげでもある。

「コイツには勝てない!マジでヤバい敵」であることを見せるために、
序盤でプリキュアを倒してみせたりもした。

そういう敵を相手にするから今回はとても緊張感があったし、
ゆえに「2人で力を合わせて追い詰める」シーンが盛り上がった。

▲リアクションもよかった。
「プリキュアは一人ひとりは弱いけど、力を合わせられるとすごくつよいぞ!」

という事を敵側が言う事でさりげなく説明している。
(フォーチュンもセリフで言ってたけどね。)

▲ツーン(^ω^)
いいですねぇいいですねぇ

そういうことを言う子があとでどうなるか、
占い師相手に言うのもアレですが、私達にはハッキリ見えますね。

▲口数少ないフォーチュンのオプション。
ツンツンキャラが持つトゲを丸める役割も果たしている。

゚・*:.:♪*・画像でコメント゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲あんぎゃあΣ(*゚Д`;)

▲うーん、なんなんだこのほとばしる色気は!
すごいなぁ。番組放映当時よりもさらにオーラが増している。

あと一瞬なおちゃんかとおもった。
緑でもっさもさのせいかな。(^ω^)

▲声がなんとなく違った気がする。久しぶりだったから調子が違ったのかな。

でも、「こまちさんは変身の名乗りも必殺技もキリッとした声を出さない。
いつものおっとりした感じを崩さないで喋るんです」というディレクションを
今も忘れずに守っているように感じました。

▲まさかの流し目!!
いつのまにかあざとくなっておられる・・・!

▲「プリキュア・ナイルストリーム」とは言わせてもらえなかった。(´;ω;`)
なんかかわいそう。

キュアピラミッドとかキュアマミーとかスフィンクスとかいるのかな・・・
エジプトはモチーフが色々あって面白そう。

▲ 遊戯王にこんなキャラいなかったっけ。
(「ずっと俺のターン」以外の知識は無いんだけど。)

▲え、これどこだろう?滋賀?京都?福井?
東京じゃなかったんだ。

▲今回はチョイ役だったけど、存在感はばっちりだった。さすがだ。

▲オモチャを使うルールを、ギャグとうまく絡めていた。
そしてなにげに面白いデザインのドレスですね!誰が描いたんだろう。

▲日本語で問いかける西洋人に英語で答えるひめさま。
さりげなく英語得意アピールも忘れない。

・・・それともひめも西洋人ということでいいのだろうか。

▲うーん・・・・・・妙に味のある表情だ。癒される・・・・

▲いろいろカワイイ(^ω^)

▲出番は少なくとも、今回もキャラクターらしさが十分出ていた。

 ▲動きもよかった。

 ▲恋愛禁止をのたまう神様の前でこの発言。

 ▲色気より食い気。なんてことだ・・・
ゆうこは一言でキャラクターらしさを出していた。

こういう細かい機転に、成田良美さんらしさを感じる。

▲・・・・・・オモチャにばけそうな予感がする。

中身はオルゴールだったりクレッシェンドトーンが寝てたりしてそう。

▲きっとそうだ。うん。

▲誠司のせいでプリキュアの挨拶が「オッス」に。

でもまあ、相手もカラテカだし、
空手回の事を忘れていないのかな、と思えるし

なにより、「オシャレより動きやすいジャージ」を選んでいた
めぐみにはとても似合っている挨拶のような気がする。

だからとてもいいですね。オッスオッス。(^ω^)

29 件のコメント:

  1. キュアナイル倒しは強さの演出と共にキュアフォーチュンが何故ブルーさんの知らないプリキュアなのかについてのヒントも兼ねてますね。
    倒されたプリキュアが封印状態になっている点がOPの捕らわれたヒトを連想させ、プリチェンミラーが傍に落ちたシーンから誰かが拾うことが想定されます。その伏線をその日のうちに回収し、なんとなく状況が分かる仕様は良いですね。
    ブルーを一人の悩めるヒトとして応対するとは、めぐみさんは主人公してますね。単に神様であることを忘れているわけでは無いんですよ(笑)
    ブルーさんを紹介する時、地球の神様っていうのが普通なのはわかっているんですが、関係者であろうファントムに「地球の神」と言われると、地球以外の神もいるのかと思うのは考え過ぎでしょうね?
    ていうかもしかしてラブリーとブルーさんで恋愛するんでしょうか? ブルーさんにはミラージュさんがいるはずだけど…

    キュアフォーチュンの戦いぶりから空手道というか氷川流を無意識に連想したのか、「オッス」と返すラブリー。
    視聴者さんにとって、フォーチュンの正体に繋がるヒントに違いありません。
    強キャラ出現でオレスキー将軍さっそく見限られたかと思ったけどそういうわけではなくて良かった。
    文句言いつつオレスキーの陰に隠れるなど、無駄にかわいいですね、三幹部さん…

    返信削除
  2. 来週以降の話になりますが、海に行く話のようですが、前には祭りにいったりと、なつが来る前に夏にするような行動をとっていますが、夏になったらなにをするのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 一応ハマグリの旬は二月から四月なので夏というわけではなさそうですよ

      削除
    2. すみません
      夏祭りや海を舞台にした話をするとネタかぶりになるという意味でしたね
      早とちりをして的外れなことを言ってしまいました

      削除
    3. 大丈夫です。良い答えでした。ハマグリの旬って2月から4月なんですね。ありがとうございました。

      削除
  3. テレビの王子様に色々アクションするひめに笑いました(あんた本物の姫でしょってツッコミも)
    子供たちもやりそうなことで、すごく身近に感じますね
    それに対して「王子様じゃおなかはふくれないんだな~」というのも世の大半の女性のリアルな意見です
    最初がコレで最後がめぐみの恋愛フラグのような締めというのは狙った構成かもですね

    封印の箱が「アクシア」というところや、鏡から出た先について「大切に思っている場所」など、
    今作は普通よりももう一歩深い意味を持たせているところも良いですね
    クイーンの過去など謎も映像で子供たちにも分かりやすく描けています

    返信削除
  4. >え、これどこだろう?滋賀?京都?福井?

    練馬区です
    上の青いのは海じゃなくて埼玉県

    返信削除
  5. >▲え、これどこだろう?滋賀?京都?福井? 東京じゃなかったんだ。

    ツイッターに上がっていた比較画像によると「ぴかりが丘」ならぬ「光が丘」のある練馬区にそっくりな形しているらしいっすよ

    返信削除
  6. 練馬区…
    ああ、東映アニメーション本社が大泉学園(練馬区東大泉)にあるからか…

    返信削除
  7. ファントムという強敵を描くにあたって、冒頭でプリキュア一人を倒してしまうという描写は、
    必要だったとは言え、子どもたちにとってたぶん辛い絵ですね。

    非常に情報量の多い話でしたね。
    ただ今回、「ぴかりが丘は3幹部に任せる」旨の指示があったにもかかわらず、
    そこにファントムが一人で現れた。だから、「あれ?なんでいるの?」と思った。
    命令を無視してでもここに来る理由がないとおかしい。
    ブルーとは面識があるどころの騒ぎじゃないようだし、
    「愛を否定する何らかの理由」があって戦ってる雰囲気。その辺りも今後明かされていくんでしょうね。

    それから、ぐらさん、いいキャラだね。

    返信削除
    返信
    1. もちろん、ぴかりが丘がファントムにとって特別な場所であるらしいというのはわかるんです。
      ただ、そこにめぐみとブルーがいたのはたぶん偶然なので、
      もともと「何をしにきたか」がわからない、という意味で言ってます。

      あと、めぐみの台詞「神社壊しちゃダメじゃん!」。
      いや、確かにそうなんだけど、ツッコむとこ、そこ?って、微妙に可笑しかった。

      削除
  8. アクシアとはギリシャ語で価値ある物の意味だそうです
    決して否定的な意味を持ってるわけではないこの箱が封印だの災いだの言われる理由はいったい・・・?
    ちなみにキリスト教やユダヤ教で出てくるモーゼが作った十戒の入った契約の箱(聖櫃)は
    アカシアの木で作られてるので元ネタはそっちの可能性もありますが

    返信削除
  9. 今回の話でなぜフォーチュンがひめを嫌ってるか予想が付いた気がします
    多分姉のテンダーは弱かったプリンセスを庇った事で自分が身代わりに犠牲になってしまったのではないかと
    それで足手まといになりかねない仲間よりも自分独りだけの孤高の戦いを選んだのでは
    今回ラブリーと共闘した事でその考え方も徐々に変わる兆しが見られそうです

    返信削除
  10. 地図の線は県境ではなく市区町村の境界線だったのですね

    >キュアピラミッドとかキュアマミーとかスフィンクスとかいるのかな・・・
    >エジプトはモチーフが色々あって面白そう。

    キュアファラオとかキュアパピルスとか。
    なぜかキュアロゼッタが日本のプリキュアである件。

    返信削除
  11. 正直1クール目はずっと退屈だったんですが、今週は今までで一番面白かった。この調子を維持してほしいものです。
    ブルーやミラージュの過去、空気じゃないめぐみ、フォーチュンとの共闘、恋愛の芽生え、と見どころがかなり多かった。
    ただ、ひめとゆうこに全く出番がなかったのは気になります。ピンチには駆けつけてくると思ったのに・・・。
    ひめを立てるとめぐみが立たず、めぐみを立てるとひめが立たず、販促期間にも関わらずフェードアウト気味なハニー。
    キャラの扱い、もっと上手くやれないもんですかね。
    せっかく恋愛の芽生えが起こったのに来週はそんな空気を一切感じさせないサブタイですし、また1クールみたいな退屈な回が続くというのは憂鬱。
    余談ですがテンダーは秋の追加戦士になりそうな予感。

    返信削除
  12. 今回、正直なことを言いますと、司令官ポジな筈のブルー神の無能さが際立って眉間に皺が寄りました。

    自称神なのに、幻影帝国を自分でなんとかしようとしない、思春期の女の子をわざわざ駆り出して戦わせる、そのクセに「恋愛禁止」だの「テストの成績が悪かったらプリキュアの資格剥奪」と一方的に録に承諾も得ずに条件を押し付けるといったどこまでも自分本位な様はまるでどこぞの契約生物です。

    あと、言わずにおれない所としては、最後の「ひょっとしたら悪いのは僕なのかも…」という台詞から「めぐみ…君がいてくれて良かった」とめぐみを青神様が抱きしめるまでのくだりが、私には善意ある女性を引っ掛ける悪い男にしか見えませんでした。
    もう少しくだけた感じに言うなら、「自分のダメっぷりを外交カードとしてわざとアピールしてみせることで、相手の女性の同情を引いて庇護欲・世話欲を煽り、骨の髄までしゃぶりつく女ったらし」とでも形容すべきでしょうか?ハッキリ言いますが、私はそういうのは大嫌いです。

    ここまで好感度の低い司令官ポジの人ってそうそういないんじゃないですかねぶっちゃけ。
    ちょっとあの貧乏神にはパルミエ王国トリオあたりに説教して欲しいものです。あの3人は、パルミエ王国が滅びたことを使ってのぞみたちに同情引くなんてマネは決してせず、あくまで自分たちの力で王国再建を目指していましたし。

    返信削除
    返信
    1. 流石にキュウベイと同一視するのは悪く見過ぎでしょう。

      ブルーのあれはたらしというよりはブルーの弱さが出た場面であって「めぐみを青神様が抱きしめるまでのくだりが、私には善意ある女性を引っ掛ける悪い男にしか見えませんでした。」や「自分のダメっぷりを外交カードとしてわざとアピールしてみせることで、相手の女性の同情を引いて庇護欲・世話欲を煽り、骨の髄までしゃぶりつく女ったらし」というのも弱い?男が嫌いなだけでよくここまで悪く解釈ものですね、貴方の中のブルーはどれだけたらしなのかと。

      パルミエ王国トリオを例に上げてますけど状況が違う物を比べてもどうしようもないですよ。

      削除
    2. >上の匿名さん
      「ひょっとしたら悪いのは僕なのかも…」とか今さら言うあたり、自分の罪に自覚がないようなことも含めて、否定派の気持ちも分かる気がします。大きなお友達的には頼りない神様とネタキャラに扱われがちですけど、実際のところ元凶かつ他人任せですからね。
      今言えることは「まだまだ物語も序盤なんで決めつけるには早いのでは?」ぐらいでしょうか?
      ところで「成績が悪かったらプリキュア失格」の件はめぐみのこれからの人生を思っての優しさからの発言であることはわかって欲しいなぁ。
      そしてブルーさんがたらしだとしても計算によるものではなく天然だと思われるので、ブルーさんの性格が誉められたものではないにしても、匿名さんの評価内容は悪意に満ちていると言わざるを得ないですね。

      削除
    3. たびたびすみません。
      「ブルーが消えることをファントムの主(多分ミラージュ)が望んでいない」と発言しファントムもそれを認めていることから、幻影帝国との戦いはブルーがミラージュに一生懸命謝ったら解決しそうですよね?
      それをせずに少女(海外勢まで14歳ぐらいなのかどうかはしりませんが)に任せっきりとは酷いヤツです。
      とりあえずなんか事情があるのだとおもいますが…

      削除
    4. >上の匿名さん

      笑っちゃいました!
      言われてみれば確かにあの時の神様は、その場の雰囲気に流されて無責任に女の子に気を持たせる迷惑なオトコですね!
      幼児アニメで、大人の男性の神様と女子中学生で恋愛するとは考えにくいし、今後めぐみちゃんが神様に片思いモードになっちゃったら、神様はホントに罪なオトコですね~。

      そういう迷惑男に振り回された経験がある人が見たら、ラストあたりの神様の言動に嫌悪感もつの、わかるなぁ~(^_^;)

      削除
    5. 訂正!

      そういう迷惑男を見かけたことがある人から見たら、です。

      上の匿名さんがそういう経験が…とかじゃなくて。
      失礼かもしれない書き方になってたらゴメンナサイ。
      私もそういう男の人、見かけたことあるのでよくわかります!
      リアルでも神様みたいな人、いますよね(-_-;)

      削除
    6. 男として見たら、ただのタラシのヘタレ男ですね…
      でも私は某白い営業のようなあくどさよりは甘さを感じました
      彼は「地球の」神様で、むしろ人間に肩入れし過ぎだろうと思います
      たぶん神様なので「地球上のすべてを愛している」のは間違いないと思います

      一輪のひまわりさんが言いました「私は太陽を愛しています、だから私だけに光を」
      太陽さんが言いました「私はあなたを愛しています、だからあなただけに光を…与えたら地球はまっくらです」

      削除
  13. 私も、神様は少しプリキュアに対して独善的なんじゃないかと思いました。「すべての原因は自分にある」とか言いながらプリキュア量産しているし、勝手に「恋愛禁止」にしておきながら自分はめぐみちゃんに抱きついてるし(笑)
    過去にクイーン・ミラージュがらみでなにかあったのはわかるんですが、13話を見る限りでは、神様のふがいなさが発端なんじゃないのかと。まあ、真相が明らかにされていないので、なんとも言えませんが……。
    同情を引くような言い方も、神様の「弱さと優しさ」が混在した結果なんでしょうか。なんだかんだで、プリキュア並に今後の動向が気になるキャラです。
    身を挺してラブリーを守ろうとしたあたりは、カッコよかったですしね。

    それにしても13話はかなり楽しめました! やっぱり成田さんの脚本はうまいなぁ。
    セリフのひとつひとつに、キャラの「らしさ」が凝縮されてるんですよね。ゆうゆうの「王子様じゃおなかはふくれないんだな」とか、本当にうまい。
    プリキュアの「愛する者のために戦う」部分と、「仲間がいるから強くなる」という部分がスマートにまとまっていたのもよかったです。今までのギャグっぽいノリも楽しかったけど、やっぱり熱いバトルはしびれますね!
    フォーチュンがプリンセスを憎む理由も明らかになりつつあるし、ますますつづきが楽しみです。

    返信削除
  14. 普通に考えたらサブキャラに度の過ぎた戦闘力持たせたら
    プリキュアが全く目立たなくなり一体これは何の番組なんだ?て事になるのでさじ加減が難しいところ
    去年の岡田もなまじレジーナと互角に戦える戦闘力があったから
    「だったらお前も戦え」みたいな事になるのを恐れて半年近く放置されたのではと
    そう思えばブルーに戦闘力持たせないのはあくまでプリキュアを目立たせるための措置なのかも
    まあそれなら神様とか御大層なものでなく
    従来通り無力な妖精でいいという気もしますけど
    あと子供が見て退屈じゃなければ別に問題ないかなと

    返信削除
  15. たびたび登場すみません。
    ブルーについて意見が色々上がってますね。
    神話でも、いい人なのに過ちをやらかす神がいたりするので、
    ああ、この物語ではそういう神様なんだなと。だからプリキュアにはいろいろ注意をするけど、
    自分の経験から「そうならないように願って」言っているのであって、
    自分自身はそこを克服してるわけじゃなく、むしろ繰り返しそうになったり、
    実はそれで苦悩しているというのがドラマとして面白くなりそうな部分じゃないでしょうかね?
    そういうキャラが人間でも妖精でもなく神様であるというのが、
    ただ一つの過ちがこのようなスケールになった原因でもある、と考えると筋は通ります。

    今回の描写から、クイーンミラージュもファントムも、根っからの悪ではないことがうかがえます。
    これからどうなっていくのか、とても楽しみです。

    返信削除
  16. >まんまるさん
    >大人の男性の神様と女子中学生で恋愛するとは考えにくいし
    私はセーラームーン世代ですが、うさぎちゃんとまもちゃんは普通に恋愛してましたよね!?
    (当時園児~小3ぐらいでしたが別に変とは思いませんでした)
    度を越えた表現がダメなのはもちろんですが、一線を越えなければプリキュアでも恋愛表現自体はアリなのかなあとも思います。
    わざわざ「恋愛禁止」ってルールを出したのも実は「そういう展開があるぞ」っていう意味に取れなくもないですし。

    あと、敵のファントムさんも絶対クイーンミラージュ様に惚れてますよね!?
    そっちの展開もちょっと楽しみです。
    敵の側にいろんな人間関係が出てくると、物語に深みが出て生き生きしますから。

    返信削除
    返信
    1. 私がセーラームーン世代かはおいといて…(あえて言うならキャンデ…なんでもないです)
      言われて見れば確かに、前に見た以前のプリキュアシリーズの映画でも、プリキュアがちゅうしてましたね←トラウマ
      ちゅうがいいなら、ロリ神様もアリでしょうか…。

      個人的には、私はゆうゆうとせいじくんのペアが好きです(^^)
      早朝練習で会った時のやりとりとか、ハニーがゆうゆうだって気付いてたのもせいじくんだけだったし。
      ハニーのうたのこと、「大森っぽい」って言ってたとき、密かにキュンとしちゃいました。理解者!的な。

      まぁその辺できゃあきゃあ言ってるのは大人だけ(私だけ?)でしょうけどネ。

      削除
  17. 何かブルーが悪者みたいな風潮が…
    クイーンミラージュは元々プリキュアだったんじゃないですか?服装のベストの形状からして
    しかし皆に分け隔てなく注がれるべき神の愛を独り占めしようとしたがために
    他のプリキュアが邪魔だみたいな邪心が芽生えて悪墜ちしたのでは?
    それが原因でブルーはプリキュアは恋愛禁止というルールを作成せざるを得なくなったんじゃないですか?
    ブルーの苦悩も恋愛感情とまではいかなくともミラージュに素っ気無い態度を取ったがためにこうなったのを悔いて
    もう少し親身に接してやるべきだったという自責の念が込められてるのかも

    返信削除
  18. ブルー、クイーンミラージュ、ファントムで三角関係になってたと思いますが、
    ファントムは相手が神様で相思相愛だから身を引いたのではないかと。

    その後、ブルーが原因でクイーンミラージュが闇落ちしたのでファントムも後を追って闇落ち。
    「すべてのプリキュアは俺が倒す」状態のファントムに姉を鏡に封印されたフォーチュンが「ゆ゛る゛ざん゛!!」
    とか妄想してます。

    あと、ブルー、めぐみ、誠司で同じことが繰り返されるのでは?とか予想してます。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...