2014年4月5日土曜日

道具が死ぬ瞬間

当ブログにしては大変珍しい、「普通の日記」です。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

財布の傷みがどうにもならなくなったので、
7年ぶりに買い換える決意をしました。

▲写真で見るといよいよ ド汚い。

財布を買い換えるたびに思うことがあるので
いわゆる「財布あるある」だと思うのですが、




財布って、「新しいのを買う」と決意したときも
新しいのを買った後も「ちょっと汚れちゃったな」って思う程度だったのに、

中身を全部取り出した瞬間に急にものすごく汚く
ボロボロに成り果てた雰囲気が出ますね。

50年前のものかと思ってしまうほどに。

「さっきまで生きてたものが死んだ」
ように感じます。

 ▲見慣れ過ぎてて汚れに気づかなかったのかな。

そして、新しく買った財布はお金を払った後も
どこか「自分のものじゃない」という雰囲気があるのに、
スーパーのポイントカードとお金を入れた後は

急に「これは俺のもんだ(゚∀゚)」
って気持ちになります。

なんか不思議ですね。(゚ω゚)

▲そして、この小汚い財布が捨てられない・・・ッ!

もう二度と誰も使わないことは分かってるのに捨てられない。
ノーブランドのフェイクレザー。誰かに貰ったものでもないのにね。

2 件のコメント:

  1. すべてのモノに命は宿るという言葉を思い出しましたよ!

    返信削除
    返信
    1. 手になじんだ道具は自分の体の延長のようになりますからね。

      捨てられないのはそういうことなのかもしれません。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...