2014年7月13日日曜日

第24話「いおなコーチのプリキュアパワーアップ大作戦!」

脚本=大場小ゆり 演出=鈴木裕介 絵コンテ=いなばちあき 
作画監督=赤田信人 美術=斉藤 優

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲コイッッッツはほんっっっまに・・・・!(`;ω;')
身近にこんな知り合いおったら相当イライラするやろね。(゚ω゚)

なんかいい人っぽいけど、本人が意識しないところで
人の心をもてあそんじゃってるみたいな、そういう邪悪さっつうの?

それに本人の主張の無さ合わさって、それがクイーンミラージュを怒らせる元になって・・・
じつはコイツがすべての混乱の原因なんじゃないかと思えてきた。



▲いおなが誠司に気があるような雰囲気があったのならともかく、
そんなそぶりさえなかった いおな に急にこんな話を振りはじめ

▲「え!なんやもうおるんかいな!誰や誰!
おっちゃんにいうてみいな!

大丈夫や!ワイは口堅いでー!
オレやでー!神様やでー!」


・・聞き出そうとするデリカシーのなさ!!

▲更に、「スイカ食べよう」と呼ばれても聞こえない振りして
ろまんちっくな星空のもとに女子中学生が来るのを待ち伏せ!

見事罠にかけました。
(カゼのせい、ということになりそうだけど。)

▲で、おひめさまだっこ。

この罠が狙ったものでもタチが悪いが、

意識したものでなかったとすると、それはもう
天然タラシと呼ぶほかない。 


なんッだおまえ!(*゚ω゚*)

(この文章を書いてる最中、私はなぜかニヤケが止まりませんが。
意見とは裏腹に、意外と私はこういうのが好きだったりするのでしょうか。)

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


・・来ましたね。

これがプロデューサーが言ってた
「子供以外の視聴者も意識して恋愛の要素も入れる」ってやつ。

たぶん次回から本格的になると思うんだけど、
どう受け止めたらいいか難しいですね。

だって「私は」プリキュアにそういうものを求めてなかったから。


でも
フレッシュの「あまずっぺー」やつは結構楽しんでみてたから、
もしかしたら意外とアリと思えるかもしれないけど。


あと、妹の幼いころを思い出してみると
結構おマセさんだったから、女児にもウケるかも知れない、とも思います。



゚・*:.:♪*・ユルさに全力゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回は「恋愛ネタのスタート」と
「特訓を通して4人がチームになったことを印象付ける」お話。

特訓パートはキャラクターの個性もよく出ていたし、
表情も豊かでお出かけのワクワク感や、友達と遊ぶ楽しさなんかが
たくさん出ていて、それだけで楽しかったですね。

 ▲ゆうゆう・・・

▲ゆうゆうう・・・・
隙あらば食う。ここぞとばかりに食う。
  
▲いおな は芯の強いところを見せる。
神様相手でも遠慮なし。

▲で、ちょっとこういうあざといところを見せて調整。

▲まじめ。 

 ▲まじ・・・・え?

▲・・・・・あ、
エレンタイプの子か。

エレンにリーダーシップを上乗せしちゃった感じか・・・Σ(*゚Д`;)

面白いしわかりやすい。

音吉さんの本を読ませたくなるね。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

しかし、ただ楽しく遊んでいる様子を見せるのではなく
「特訓の成果をわかりやすく演出する」事で
「特訓」というテーマでしっかり起承転結つけている事も素晴らしかったです。

 ▲ふざけてる。・・と思いきや

 ▲めぐみはまじめにやっていたようだ。

「あのふざけた特訓に効果があったんだ」という、
いおなのボケをもう一段膨らませて笑いに変えることにも成功している。

▲ビーチバレー。
遊んでる。これはどうみてもただ楽しく遊んでる・・・

・・・と思いきや。 
▲プリキュアの戦いにしっかり反映。
実にわかりやすい演出ですね。 

 ▲ポーズ決めでも1ギャグ。
子供はこういう単純なのが好きらしいからね。

▲ここでしっかり決まったのも特訓のおかげ。 

▲この対比も効果的!いいですね!
オレスキーさん、さすが見事なピエロっぷり。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回は深いことを考えず、リラックスして楽しく見られました。
「プリキュア」のアクションも見ごたえがあったし、

「子供がどういうものを見たいのか、どういうものを喜ぶのか。」を
考えてしっかり作ったことが存分に感じられました。

素晴らしいですね。(´ω`*)

゚・*:.:♪*・画像でコメント゜゚・♯*:.。. :*・゜

▲でた!元祖あざとい一号!
一瞬「黄瀬さんか!?どっちだ!」と迷いました。

やっぱりキラッキラですね~~~!

デジタル彩色技術があがったせいでしょうが、
番組OA当時よりも更に華麗に見えます。

▲んーむ。背景にははじけるレモンの香りを感じるですわー。 


▲ポーズもバッチリですな。かれんさんの次にあざとい。

・・あ、そういえば声がなんかちょっと違って聞こえましたね。

いろんなキャラクターを演じてきた人が
数年ぶりに、ほんの数秒だけ・という条件で
昔のキャラを演じるとなると、

コンディションを合わせるのは相当難しいんでしょうな。

▲触れ忘れてたけど、右下のいおながかわいい。 

▲「マリン」 コーデ。
やるっしゅ。

▲「おまえたちー!遊びに来たんとちゃうやでー!
まじめにやらんとしょうちせんやでー!」 

 ▲まじめにタンバリンやでー!
室内ではあかんねん!砂浜でタンバることに
いみがあるやでー!

▲「遊びに来たんじゃない、まじめに練習せえ」⇒結果。

このカットは実にいいですね。 

 ▲解禁ッ!ついにプリキュアで水着解禁やでー!

・・・・・・・・・・・・・。


・・うん。

▲このオレスキーさんの「はいこんにちはー」の言い方がww




・・・・・・しかしプリキュアってのは夏になるとほぼ必ず砂浜に行って遊びますが、
ことごとく衣装がアレですな。


(いや、本当に水着着られたら怒るんですけどね。)

▲ギャグには最高の存在となるオレスキーさん。

でも最近彼のキャラが濃すぎて
ナマケルダさんとホッシーワさんがちょっと薄く感じちゃうよね。

特にナマケルダさん。

本当に、怠け過ぎて見せ場がなくなってしまっているようです。

▲せいじ。最近いいとこないですねこの男。 


▲ん?

なんだい?夏の暑さでみんなほてっちゃうのかい!!

一体どうなるんでしょう。


プロデューサーと構成が「恋愛要素」をどの程度入れてくるのか。
そして、この作品で「大人世代を意識する」ことが果たして当たるのかあたらないのか。


私はその行方に興味があります。

だってプリキュアはこれまでは
「大人を意識しない」事が大人の支持を集めてきたのだから。

28 件のコメント:

  1. フレプリのあまずっぱさはむしろ好きでしたけど、今回の展開は苦手です・・・
    これは、子供が得する展開なんでしょうか??

    恋愛禁止とか言いながら女の子をたらし込んでる神様が、吐き気を催す邪悪にしか見えません。

    二人の男女が互いに(もしくは一方的に)相手を意識するようになりつつ、でも照れくさかったりこれまでの関係を壊したくなくてハッキリ言えないみたいな展開は、やきもきしつつも楽しめるのですが。
    多分、三角にも四角にも関係が発展する事が見えている点が、苦手なポイントなのかもしれません。既に三角になりかけていますし。

    そもそも、フォーチュンと共闘する話まで、めぐみが神様を意識し始めるようなフラグって立っていましたっけ??
    積み上げてきたものが殆どないのに距離が縮まるのが急すぎて、いきなり大量のサラダ油を飲まされたような気分で胸焼けがします。
    恋は突然訪れるもの、という事を表現したいのかもしれませんが、それはめぐみ視点での話であり、視聴者視点だとフラグ不足のように見えました。

    OPを見ている限りでも、どうも神様&めぐみ、せいじ&ひめで落ち着かせたいのかもしれませんが、このままだと気持ち悪さだけが残りそうです。

    話自体は面白かったのですけど、ラストとこれからの展開を考えると、素直に「おいしかった!ごちそうさま!」とは言えませんでした。

    返信削除
    返信
    1. >吐き気を催す邪悪にしか見えません
      以前にもそういう意見があって、その時は天然だからと擁護してみましたが…
      なんというか擁護しちゃいけない感じです。ミラージュとの関係も説明してないですし…
      彼が恋愛禁止にしている原因がミラージュの顛末だと予想されるので、自分に向けられる感情にもう少し敏感になっておかないとよくないんじゃありませんか、地球の神様?
      まぁ今回は高熱と看病に対する誤解でしかないわけですが、誠司もめぐみのこと意識しちゃったかな? 誠司がめぐみを意識する展開はこれまでなかったので、続きが気になります。

      フラグは前にファントムと対決した時に発生し、潮干狩りで一度だけ繋ぎましたけど、その後はひめといおなの話になってしまいましたので若干飛び飛びになってしまいましたかね? 先週のブルー対ミラージュでおさらいと予習はできたかと思います。

      ナマケルダは怠けて印象薄いというけれど、「~ですぞ」が特徴的でよくひめも真似するので忘れられることはないのでは?

      削除
    2. >今回は高熱と看病に対する誤解でしかない
      細かいところですが、ここは誤解はしてないんじゃないですかね
      わざわざその前に「顔が赤いぞ」と心配しているシーンも入れてますし
      熱出して倒れちゃっただけで、特別なことではないと理解した上でなお
      ブルーに運ばれているめぐみをみてモヤモヤした気分になったということなのではないかなーと

      つまり、誤解してと言うよりもより一歩踏みこんでいるのではないかなと!甘ずっぺーなんではないかと!

      削除
  2. 今回含めて今までの神様の言動に大きいお友達側としては「他人に厳しく自分に甘いロリコン野郎」な印象抱いてることでしょう。私もそう思わないわけでもないです。

    では少し冷静になって考えてみますと、恐らく神様的にはまだ昔の女の事もあることでしょうし下心抜きで年少者に優しくしてるだけであり、めぐみがドキドキしたり誠司がもやもやしてるのは免疫力がないに等しい相手側の過剰反応といえるかもしれなくもあり、視聴者もめぐみ達視点で物事を観てるから神様がいかにもな感じに見えてしまうのかもしれませんね。つまり神様は(批判の余地はあれども)まだネットで叩かれる程ではなくもう少し手加減してやってもよいのでは!?という結論に。

    でもほんの僅か、一言でも露骨にミラージュよりめぐみに好意を抱いてる発言した瞬間に助走つけて殴るレベルの邪神確定ですけどね(笑顔)スタッフには神様の扱いはそれほど紙一重なものがあると自覚して今後の話を作ってもらいたいものです。

    返信削除
    返信
    1. 補足しますと、個人的にこの間の修羅場ちっくなご対面なあれはまだセーフとみなしてます。まだ濁してる感じがするので、終盤ぐらいに神様やらかしそうで怖いんですけどねぇ……。

      削除
  3. プリキュアの水着禁止について気になる事があります。大人が怒るという話がある様ですが、メインターゲットである女児は水着の事をどう思っているのでしょうか? 「何でプリキュアは海に行ったのに泳がないの?」 「プリキュアは海に行っても泳いじゃだめなの?」 というのかもしれません。親の意見だけで水着を禁止しているのであれば、女児にも意見を伝える権利はあるはずだと思います。

    返信削除
    返信
    1. 確かに、子供は「海に行ったら水着で遊ぶ」というのが当たり前の認識ですよね。
      そこへ「子供番組に色気を出すな」と怒るのは大人目線であって、子供はなんとも思わないところですよね。

      一方で、これまでのプリキュアも今回も
      水着でなくても違和感なく描かれてきましたから、大多数の子供は恐らく
      そんなところには疑問も感じていないのではないかと推測します。

      削除
    2. 水着で違和感なく~といのうで気付いたんですが海に行っても海に入らないで遊ぶという選択になるプリキュア。だからか同じ水場でもプールなどの夏に「泳ぐ」以外の選択肢の無い場所にはシリーズ通して寄り付いてないですよね。この先あるなら学校のプール掃除とか体操服のままで水の無いプールに・・・なのかなーと。メイン視聴層の子供たちが違和感ないなら毎年あの手この手でどう自然に水着にならず水場に立ち寄る理由を作るのかを期待するのも一つの楽しみ方になるかもしれませんね(*´Д`)

      削除
    3. 親の意見で水着禁止なわけじゃないのでは?
      ドラえもんは水着もお風呂も普通にあるし、でも何とも思わないですよ~。
      逆にプリキュアで水着なくても、親も子供もなんとも思わないですよ~。
      てかそもそも、水着のあるないに気付きません(^_^;)

      プリキュアで水着ないのは、子供への配慮というより、子供のためのイベント会場に、変な大友さん(一部のね)が今以上に押し寄せないための予防策なんじゃないかな?

      そういえば一昨年、れいかちゃんもプールなのに凍っちゃって、スケートしてましたね(^^)

      削除
    4. >まんまるさん
      それがね、あったんですよ。
      フレッシュ第2話のミキたんがプールで泳いでシャワー浴びるシーンで
      「過剰な」親御さんから苦言が。

      今の製作現場でそれがどの程度影響してるかはわかりませんが、
      特別意図がない限りは無闇に水着着させようとはしないようにしてる・・かもしれません。


      ほかにも有名なところで言うと
      ハートキャッチの妖精が心の種を尻から出すところでもクレームが入って
      中盤からはちょっと編集がされていたりもします。

      めんどくさいですよねー。(´・ω・`)

      削除
    5. >あの手この手でどう自然に水着にならず水場に立ち寄る理由を作るのかを期待するのも一つの楽しみ方になるかもしれませんね(*´Д`)

      確かにそれはありますね。
      これぞ大人だけの楽しみ方。

      削除
    6. わー、そうなんですねー!

      どこにでもモンスターはいますねー(>_<)
      でもキャラクターショーに今以上に大友さんが増えるのも確かに困るので、禁止でいいかも(^_^;)

      削除
  4. (続き)さらに「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」では水着シーンがあるらしいです。それは男児にな水着シーンを見せても問題無い、プリキュアより早く放送し、そのようなシーンがあっても親子が安心して見られる作品だという事を意味しているのでしょうか?
    これはプリキュアの水着が見たいからこの様なコメントを公開したのではなく、水着禁止とその理由を僕なりに考えるとどうしても気になる点が浮かんだのでこのコメントを公開する事にしました。
    最後に、3つ連続で匿名でごめんなさい。名前ごと公開する方法わかわないのです。

    返信削除
    返信
    1. カレンダーでは水着ありますので、完全に禁止されてるわけでもないんでしょうけどね。
      過去に例がなかったわけでもないですし…

      実際に騒ぐ大人がいたのだからしょうがないんじゃないですかね。
      なんといっても実際にお金を動かすのは女児ではなくその親ですから(笑)
      騒ぐ大人の延長にあるのが薄い本ならともかく、児童ポルノ法とか非実在青少年というヤツになるので、割と冗談では済まないんですよね…
      だからホッシーワさんなら大丈夫なんですよ。明らかに大人キャラですから。

      削除
  5. (続き)僕の名前は村上 正光です。現役高校生のファンになります。

    返信削除
    返信
    1. 投稿欄の「コメントの投稿者」をクリックすると選択肢が出ます。
      HNはそこから入力できます

      削除
  6. 前半の特訓から戦闘までの流れ、今回も楽しく見れました
    いおなの真面目に面白いことをやってくれるところが先週から引き続き楽しかったですし
    変身なしのラブリービーム練習が本当に成果を出したところなどは大笑いさせてもらいました

    いろいろと危うい最後の恋愛展開への導入展開も私としてはこれからが楽しみになりましたね
    今のところは私もAさんと同様ブルーとしてはまったく下心なく周囲に優しくしているだけだと思いますし
    (それが天然タラシなんだというのは否定できないでしょうけどw)
    ミラージュとの関係がすでに明らかにされている以上は、めぐみとブルーのカップルが成立したりするわけではなく
    めぐみのブルーへの憧れは今まで無頓着だった恋愛について考えたり、誠司との関係を見直したり
    自分を大切にしようとしない欠点を見つめ直したりするためのきっかけとして描かれるのだろうと予想しているので
    これからめぐみ編のストーリーが始まるという期待の方が大きいです

    ……ブルーがめぐみの憧れに応えてしまったりしたら、私も一転して反ブルー派に転じますがw
    その展開はさすがに大問題になることは製作者もわかっているのではないかと思います


    水着については、無理矢理大人向けサービスシーンを作ったというのではなく
    話の展開の中で自然に泳ぐシーンがあったということなら別に怒る必要はないように思いますが…

    製作者側は、毎年のお約束としていろいろ言い訳を考えるのを楽しんでいるんじゃないですかね
    視聴者側にも「今年はこう来たか!」と楽しんでいる人も私の他にも意外といるような気がします

    返信削除
  7. 面白かったぁ
    最強の節約まじめ天然キャラのイオナちゃん!同人がネタに困らないお便利キャラになりそうですな
    せっちゃん、エレン、レイカ、イオナで真面目四天王!

    ホッシーワの水着姿良いんじゃないですか?年がら年中臍だしサソリーナと何処が違うんだろう?

    ずいぶん軽い神様って感じは前からしていたんですが、何も出来ない代わりに、いたいけな少女をたぶらかす能力だけはあるようですね

    来週・・恋愛感情入り乱れの様相が・・

    返信削除
  8. ワン・ニャン2014年7月13日 20:35

    実は私は青神さんのことが前から気に入らなかったのですが、今週のラストと来週で彼への殺意が更にヒートアップしそうです(笑)
    せっかくなので、私が青神さんについて気に入らないポイントを羅列してみたいと思います。

    ①クイーンミラージュと面識があり、今正に起きている世界の危機の発端の片棒を担いでる自覚がありながら自分で解決しようとしない
    ②自分とは直接的な関係がない未成年者、それも女の子を世界中から集め、危険極まりない戦場に駆り出している。そして自分は安全な所で高みの見物。
    ③彼が徴用したプリキュアの中には敵の根城に幽閉状態になり、日常生活から切り離された子までいるのにそういう人たちのため何か手を打とうとする描写がない
    ④その脅威であるファントムの存在を、3ヶ月以上めぐみたちに黙っていた
    ⑤プリキュアたちに、「恋愛禁止」や「学業が芳しくなければ資格剥奪」など、ルールを身勝手かつ一方的に押し付ける
    ⑥「恋愛禁止」のルールを設けていながら、自分に従順なお気に入りの子=めぐみに「もしかしたら全ての元凶は僕なのかも…(だからそんな僕って可哀想でしょ?慰めて!)」と庇護欲へ付け込み、唾を付けた

    …と、まあこんな感じでしょうか?書き忘れていたポイントがあったらまた追記するかもです。

    ひょっとしたら、成田良美さんは「ココのぞをもう一度」とでも思っているのかもしれませんが、ココは「自分とは本来無関係なのぞみたちを戦いに巻き込んだ」ということについて良心の呵責を感じていたし、プリキュアは目の前にいる5(のちに+1)人以外いませんでした。
    しかしさっき言った①から⑤までのポイントがあるせいで、私は青神さんには全く感情移入出来ません。
    むしろ、脚本神に邪魔されて何の活躍もさせてもらえない誠司が可哀想で可哀想で…
    ここは、「全ての元凶は僕なのかもしれない」などとほざくその口に「そうだよ!全部お前が悪いんだよ!否定してもらおうたぁ随分と卑怯じゃあないか!」とでも青神さんに説教してくれる人が必要ではないでしょうか?
    これで青神さんをageるために誠司をsageて「こんな奴より青神さんの方がめぐみに釣り合うよね?」とでも言って来たら、私は長峯と成田に絶望します。
    世界の危機の発端ならば、青神さんには相応の報いが与えられることを期待します。「子供のための番組」なのですから。

    返信削除
    返信
    1. うーんおっしゃるとおりですね。
      私が漠然と抱えていた神様への嫌悪感はこれだったんですね。

      「サブのキャラクターが主役たちの自主性を妨げないこと」を
      作者は意識していると感じますが、

      ①すべての事情を知っている様子ながら
      ②その処置を小娘に託し
      ③自らは(プリキュアの力を与える以外は)大して動かず
      ④戦いで犠牲になった者達もほったらかしてる(今のところそのようにしか見えない)
      ⑤なのに口ぶりは偉そう

      やなやつですねー!(`・ω・´)
      今のところは。

      成田良美さんはこの男をどういう人物に描こうと考えているんでしょうね。

      削除
    2. 私もブルーに好感を持っているわけではないので、あまりかばいたくないんですけどw

      発端がブルーにあるのはあるにしても、世界が幻影帝国に侵略されている現状では
      プリキュア達も自分達の大切なものを守るための力を欲しているんですよね
      (ここは5におけるココとのぞみ達との関係とは大きく違うところだと思います)
      ブルーが自分のためにプリキュア達を戦わせていると考えるよりは
      彼女達の求めに応じて戦うための力を与えていると考えた方がいいんじゃないかと思います

      戦闘能力がないとされているブルーが自分の問題だからといって、ひとりで問題を抱えようとしても
      幻影帝国に世界が支配されて、世界に不幸が広がるだけなので、奴なりにできることをやっているだけだと思います

      また「女の子に戦わせている」ことを問題視し始めると、世界中の大人たちが何をしているんだということになるので
      プリキュアではそこに触れちゃいけないように思いますw

      事情を話さないことについては、どんな話を隠しているのかわかるまでは最終判断はできないですけど
      話すことによってかえってプリキュア達にかかる負担が増えると思っていたとかならまあ筋は通るんじゃないかなと

      めぐみに、ミラージュが元々悪人ではなかったことを話したりしたら、ただ倒すのではなく説得しようとか考えて
      いまよりも苦労を抱えてしまいそうに見えますしね

      もちろん、すごく微妙な立場にあって扱いの難しいキャラであることは間違いないと思います
      私も今後明らかになるであろう「話さなかった理由」が納得できなければ、迷わずに反ブルー派に転じるでしょうしwww

      削除
  9. ゆうゆうは隙あらば何か食べようとするなぁ
    と、まあ4人揃ってそれぞれ個性がいい形で引き出された回でした
    プリキュアとしては見ていて楽しいのが一番だと思います

    恋愛ネタについては賛否両論ですが、大人になっていく様子を描くというのも面白いでしょう
    また、今までのなぎ藤、ココのぞ等と違い二人の世界で完結しないところも見所かと
    ブルーに対してはいおなの意見が正論ですが、そもそも彼は人間じゃないので…
    正直弁護はしたくないのですが、なんか奇妙に自分の意思が色々抜けている感からすると、
    神というシステムというか、「恋愛を理解していない」のではないかとすら思います
    神がすべてを慈しむのは当然のことで、特定の誰かに特別な思いを持つということが理解出来なそうです

    返信削除
  10. ここでもそうだし、何でそこまで神が叩かれてるのかわかりません。だメンズって感じはしますが…。恋愛要素は女の子向けアニメって感じがして私は好きですけどね。いおながめぐみたちが深く指摘しなかった問題について切り込んでいったのはいいと思います。今回の話は楽しめました。次回も気になりますね!ただ謎を引っ張りすぎるのは去年みたくにはならないでほしいです

    返信削除
  11. プリキュアなのに・・・声をあげて笑ってしまいました・・・悔しい(>_<)
    全力のくだらなさのたたみかけは、世代を超えて楽しめますね!
    先週、今週と、親子で大笑い。
    なにより、楽しそうに視聴する子供の姿が嬉しいです(^^)

    せいじくん目線で見たシュールな特訓の様子、よくいるおっさんのようなオレスキーさんの「はいコンニチワー」。
    プリキュアなんかで笑うもんかと我慢してましたが、ダメでした~。
    大人だけがニヤリとできるギャグではなく、親子で笑えるのがいいですね(^^)
    特訓の様子はまんま、子供のプリキュアごっこで、それを客観的に見た子供たちはこっぱずかしいような可笑しいような気分だったんじゃないかな?

    いおなちゃんを見ていて、富士山頂を秘密基地にしようとしてたれいかちゃんを思い出しました。

    神様は・・・まず、キャンプに誘われて「ボクはやめておくよ」とカマってちゃん発言にイラッ。
    みんなと一緒に電車でいかず、リボンに誘導されて1人鑑移動なのも、病弱か!
    「もしやきみ・・・?」といおなちゃんに聞いたとき、なぜか笑顔なのも、野次馬か!

    でも正直、電気を消して天の川を眺めるロマンチックな神様は、アリだったなぁ。

    彼は天然のタラシですね!
    それでいて『地球の神様』という設定が、またなんなんだです。

    返信削除
    返信
    1. やっぱりお子さんにもおおウケでしたか。
      親子で一緒に笑えるっていいですよね。

      自分の子供のころの気持ちを思い出してみると、
      自分の楽しいもので親も一緒に楽しんでくれると
      とてもうれしく思ったものです。

      そういう意味でも、最近のプリキュアは素晴らしいですね。

      子供がやってる「プリキュアごっご」で本当にプリキュアがパワーアップするというのも
      おもしろいというか、うれしいことかも・・しれませんね。

      「ハドーケン」の練習をまじめにしていた親戚の子のことを思い出しました。

      削除
  12. とりあえずブルーは恋愛禁止令の言い出しっぺなんだから、めぐみ達だけではなく自分の行動にもちゃんと注意を払ってもらいたいですね。
    例え神様でも自分は男でプリキュアは年頃の女の子なわけだし。

    しかしまあ、仕方のない部分があるとはいえ、ここまで非難されるプリキュアの味方キャラも珍しいですね。
    今回の一件で何だかめぐみと誠司の関係がギクシャクしちゃいそうだし、後々ブルーのことが原因で二人が大ゲンカ・・・なんて事になったらどうなっちゃうんだろう?

    返信削除
  13. 普通の大人の感覚からすればなんじゃそりゃあ?というような特訓でしたが、
    これがちゃんと戦闘で活かされてるのがわかりやすすぎる(笑)。

    ブルーは基本、優しい人物なので、全ての言動は良かれと思ってのことでしょうね。
    本人の知らないところで別の問題を引き起こす罪作りなヤツ(笑)。
    これが人間関係の問題だけでなく、プリキュアのピンチを招いたりしたら痛いっす。
    戦闘能力はなくとも、ファントムと刺し違えるくらいの覚悟はあるらしいので、
    終盤、彼も何らかの選択を迫られる場面があってほしい。
    でないとホントに罪作りなヤツで終わっちゃう。

    返信削除
  14. いよいよ恋愛展開がはじまりましたね!
    5の自然に発展していった恋愛展開とは違って
    ハピネスチャージの恋愛展開は結構唐突な感じがしますよね。
    忘れたころにポンとだしてくる様な印象を受けます。
    その辺の違和感やブルーとミラージュの過去が見えない事に憶測が憶測を呼んで嫌悪感がでちゃうんですかね。
    今後のブルーの身の上話が出て解決するといいんですが・・・

    水着に関してはクレームは単に大人のエゴとしか思えませんよ。
    少なくともクレーム入れる大人が子供のころのアニメなんか水着どころかパンツが見える裸が見えるのは当たり前でしたよ。
    大人が大人になった時に子供心を忘れて大人の汚れきった目でみて勝手に不潔だ!子供によくない!
    って叫んでるようにしか見えません。
    現実に暑けりゃ海やプールに入るし、海やプールで水着じゃない方がおかしいでしょ?

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...