2014年7月16日水曜日

ちくわ、運命の選択

ちくわの風邪が治ってから1週間。

今や彼はハトを捕まえて死骸を私に
プレゼントしてくれるほどまでに元気になりました。

あの凄惨な光景はマジでへこみます。

調べてみると、どうやらネコにとっては本当に
プレゼントのつもりらしいので
一応褒めておきましたが。

※  ※  ※

以下の写真は、室内で養生させていた、
試験的家猫生活をしていたときの様子です。

▲かー・・すぴー・・・・ 

私のタオルケットがくちゃくちゃです。



 ▲かわいいような、腹立つような。
そんな思いで近づく私。

▲「ん~~なに~~~~?
あーーいい朝だねぇ。まさにニート日和だ。」

(この日の朝は涼しかった。私も寝たかった。) 

▲寝場所2.
私の仕事机の下。足置き。

たまにヒマをもてあますと私の足につめ立ててパンチしてきます。
ケガするほどじゃないですが、こわいので叱ります。 

▲完治した日の朝。
彼に選択をさせたときの記念写真。

コイツがこのまま外に出れば野良猫ルート。
部屋に戻れば飼い猫ルート。

まさに運命の分かれ道! 

▲・・・・・30分たってもこのままでした。

蚊が入るのがいやなので窓を閉めました。

この日の結論は保留となりました。 

▲・・・お分かりいただけるだろうか。

サブディスプレイの背後に潜む者の姿が。
ラジカセのスイッチが勝手に入ったり切れたりするという怪奇現象も確認された。


・・腹が減ってないときと遊びたくないときは大概このへやのどこかでおとなしくしています。

どこに座るか、というのはつまり私との距離を
どの程度とるか、ということだと思います。

▲仕事をしている私を正面から観察できるポジション。

結構気になります。

▲別の日の朝。
ちなみに、私が寝ているときは私の脛を背中に当てて寝ることが多いです。

あったかいしふわふわなので結構心地よいですが、
寝返りで足を乗っけてしまわないか心配です。 

▲別の日の朝の選択の時間。
今日はどうする? 

▲・・・・・・・・・・・・ 

▲・・・・・・・・・動かず。
どうやらこの場所が気に入っている様子。

さてはこいつ、安全・快適な室内と
自由な外の中間が好みなのではないか。

なんてワガママなやつだ。


・・しかし、この後彼は外に出ました。
祝!野良猫復帰! 

▲3時間後。
「いつもの場所」を覗いてみると・・・

そこにはアクロバティックな寝相で昼寝としゃれ込むちくわの姿が。

▲「え?なに?オレ野生の真っ最中なんですけど?」

私がオリンピックで買ってきた1300円のソファはかなり
気に入っているご様子。 

▲うっ・・眠気が・・・ 

▲すぴー・・・・

もう声をかけてもピクリともしない。
なんてなまいきなのかしら。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

しかしその後も気分によっては家の中に入りたがるので、
体と足の裏を水雑巾で毎回拭いてから家に入れています。

鼻の奥で鼻水が残っているような息の音がするので
獣医さんに電話したら「まだ直ってないから病院来なさい」とちょっと怒られました。

注射は打たなくてよくなったけど、
完治するまでは薬を飲ませなくてはいけない、ということになりました。

そして、できたら室内においとくのがよいと言われました。


しかし・・・・

▲空腹になると机に載って、私の仕事の邪魔をしに来ます。 

▲しかも、普通のエサでは納得しません。
おやつ用高級ドライフードが最低ライン。

サバ缶、あるいはレトルト、刺身が出るまで
私の仕事を阻みます。 

▲仕事になりません。
サバ缶はあるにはありますが、これは私が食べるために買ったものであり、

こないだはカゼで硬いものが食べられなかったから
特別に与えただけのことである・・・・のですが、

そんなことは知ったこっちゃないんでしょうね。 

「いいから出せ。」
そういわんばかりです。

▲可愛くないネコだったらさっさとつまみ出すんですけどね。

くっ・・・・・! 

▲「サバ缶出すまで動かないぞ・・・・」

私の持っているタブペンを攻撃してきます。 

▲座り込みデモに突入しました。 


しばらくはオヤツをちょっとだけ与えるなどして
相手をしていたのですが、

そのオヤツでさえ「これじゃない」と拒否した瞬間
さすがに頭にきたので外に出しました。

かなり時間を無駄に費やしてしまいました。


その後、彼の生活は「日中外に出して、朝晩は家の中」というスタイルに落ち着きました。

私も仕事中はネコの気まぐれに付き合ってられませんし、
コイツも一日中狭い部屋の中にいてはストレスがたまるでしょう。


室内にトイレは設置してありますが、ここで一度もウンコさんはしたことがありません。
外にいる間に済ませてくれているようです。

この点においても、私にとっては都合がよいです。

おしっこは砂がすぐに消臭してくれるのでにおいはまったくありませんが、
ウンコさんはすぐに処理しないと大変なことになりますからね。

8 件のコメント:

  1. 外に出すなら、首輪しておいた方がいいかも!
    ある日突然保健所に・・・なんてことになったら、悔やみきれなくないですか!
    情が移った分、いなくなっちゃった時のダメージ大きいと思います!

    ちくわくん続報気になってたので、記事ありがとうございました(^^)

    返信削除
    返信
    1. 首輪ですか。

      首輪をするといよいよ「ネコを飼う」ということになるのでちょっと心の準備がいるなー

      なんて迷ってたんですよね。ゆくゆくはそうなると思うんですが。
      気持ちが固まったらまた写真とってうpします。(`・ω・´)

      削除
    2. もう飼っているも同然じゃないですか(´Д`) 
      同居はせずとも通い妻状態というか
      ていおさんも早く覚悟を決めてちくわちゃんに「誓いの首輪」の契りをですね……

      削除
    3. そうですね。
      ほぼ飼ってる状態です。
      たぶん、野良猫に使う額でないくらいのお金も使ってるし。

      でもね、「責任」を持つには相応の「覚悟」が必要なんです。
      そして「覚悟」には「考える時間」が必要なんです。

      削除
  2. 雄猫は縄張り確認でよくうろつきます。マーキングも行いますが
    去勢をすると縄張り確認をせず、マ-キングもせず一箇所に居つくようになるらしいです
    ですからひょっとして・・いついたのかも・・

    あと、まんまるさんが言うように迷子札をつけておいたほうが良いかも、家のが車に引かれて3週間帰ってこなかったが迷子札のお陰で保護されて連絡していただいたことがありました。

    そろそろペットテクトも蚤にやられないうちに早目が良いですよ、ダニも気をつけないと運んできます
    ベッドが蚤とダニの巣窟にならいうちにね

    家飼いと違って外には危険が沢山、因みに家の子は、猫白血病を乗り越えましたが猫エイズ保有猫、何処で移されたか・・
    できたら室内飼いをお勧めします。

    しずかくんは如何しちゃったんでしょう大変気になります。

    返信削除
    返信
    1. 迷子札ですか。確かにそれは必要そうですね。

      ペットテクトは病院でつけてもらいました。
      毎月つけなきゃいけないようですが・・

      私の健康のためには欠かせないでしょうね。

      しずかは姿が見えません。どこかで世話してくれてるといいんですが。

      削除
  3. 元気そうで良かったです、すっかり家族してますね
    写真の様子が実に猫らしくて、昔飼っていたうちのミーを思い出しました
    よく朝に胸の上に乗って来て「うぉ、金縛りか?」と起こされました

    首輪と蚤ダニ避けはもちろんのこと、柱やドアがやられる前に、ダンボールの爪とぎがいるかもですね

    返信削除
    返信
    1. 爪とぎは必要ですね。私の椅子でバリバリやるので
      肝を冷やします。

      とりあえずノミとり櫛は買いました。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...