2014年10月4日土曜日

ふつうの雑記

以前
「練習を毎日続けていると、あるとき何かのきっかけで突然変化することがある」

と書いたことがありましたが、
どうやらそれは「作画速度」だけの話ではなかったようで

作画においてもその傾向が見られたのでちょっと書いておきます。


▲今年4月。

▲今年9月。

もうかれこれ着色の勉強は5年くらいやってきましたが、
今年の夏コミでチラと見かけたイラストが頭にピリッと来て、

その映像を思い出しながら再現しようとしたら
こんな雰囲気になりました。

おまけに、上のイラストの60%の時間で描き上がりました。


「人間はゲームキャラと違って急成長なんかありえない。
目に見えない変化を少しずつ重ねていくものだ」

と思ってましたが、そういうもんでもないのかもしれない・・と
ちょっと思いました。


もうそろそろ自分の絵柄と色を固定したいと思っていますが、
たぶんあと2年は色々さまようだろうと思っています。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜ 


以前、「つかわなくなったタブレット、あげます」と
告知をしましたが、それは無事
「お絵かき大好きだけどお金がなくて買えない」若者に
譲ることが出来ました。

たまにこのタブレットで描いたイラストを、
「お絵かきが楽しくて仕方ない」というメッセージと一緒に
送ってきてくれます。

このタブレットは、お金が無い中でも「これから本気で練習をするんだ」
という覚悟の証として思い切って買ったもので、
未だ当時の感情は心にハッキリ残っています。

そんな道具がお役御免になった後も、
またお絵かき大好きな人の手に渡って
「仕事」を続けていてくれることがとてもうれしいです。

売ったり捨てたりしなくて本当に良かった。

゚・*:.:♪*・゜゚ミ( ФωФ)・♯*:.。. :*・゜

▲朝の散歩。

夜や朝に私が家を出て近所を散歩すると、
だいたいちくわもついてきます。

(カッチョイイくるまがとまっていたので一緒にパチリ。
なんていう車だろう?)


▲私が公園内をぐるぐる歩き回ると、その後ろ10mくらいをゆっくり
歩きながら付いてきます。

付いてきてあそぶでもなく、
フリスビーキャッチするわけでもなく、

ただひたすらノソノソついてくるだけ。

犬とくらべると大分アンニュイな散歩スタイル。

▲水飲み場。

エサをやるときについでに水も置いてやるのですが
これはなぜか飲まず、給水はきまってここで済ませる。

ふしぎなやつめ・・・

゚・*:.:♪*・゜゚幕末娘子伝・♯*:.。. :*・゜

八重さんの漫画に「九重」というお菓子が出ましたが

これは会津と仙台の銘菓です。


誕生したのは八重さんの時代。
会津の菓子職人が発明して、それを仙台のお菓子屋さんが
許可を得て売り始め、明治天皇に献上した際
侍従が「九重」という名をつけた、という

会津と仙台にゆかりの深いものなんです。

▲水に入れると味と色が溶け出してきます。

しばらくするとこんな感じ。

この白いのはあられ。
上品な甘さのジュースと、あられのプチプチした食感が
独特の味わいを演出してくれます。

10円コーラ見たいなチープさは感じませんよ!



ちなみにこの八重さんの漫画。


こんな報告をしてましたが、現在はこれよりも話が進んでいます。
どういう展開になるかは、おそらく年末か年始にはお知らせできると思います。



8 件のコメント:

  1. プリキュアの寄生虫で三流漫画家のていおさん、今日も素晴らしい謙遜に見せかけた自慢ですね、反吐が出ます。これからも他人を不快にする、ブログ頑張ってくださいね!

    返信削除
    返信
    1. 雑誌連載の一つも取れず人様の創作に乗っかって食い扶持を得ている以上、
      ていおは「三流」どころか「漫画家」とすら呼ばれるべきではない「素人」です。
      今の私を漫画家と呼ぶのは、自分の努力とアイディアで頑張っている漫画家さんに失礼なのでやめてください。

      しかし、私のこの日記を「自慢」と感じたということは、
      貴方の中に多少なりとも私の実力を認める心がある
      ということだと私は受け止めています。

      そうでなければあなたは「自慢」ではなくより蔑みの意味が込められる
      「自惚れ」という言葉を選んだはずなのですから。
      だから、言葉遣いこそ悪いですが、あなたのコメントは本当にうれしいです。


      あなたの言葉遣いは他の読者の方を不愉快にさせてしまいますから、
      以後このようなコメントは削除しなくてはいけません。
      (私の言葉遣いがあなたを不愉快にさせたなら、
      それは削除が出来ないので我慢するか抗議してください。)

      しかし私はいつでも歓迎しています。
      私だけは必ず受け止めますので、どうか削除にめげずに
      これからも私を嫌いながら応援してください。

      今後、あなたの心をさらに燃やす燃料となる記事をひとつ書く予定があります。
      だから、反吐が出てもこのブログを読むのをやめないでください。
      私はそのときのあなたがどのような理屈で私を罵るのか、それが見たいのです。

      そしてそれは恐らく、そのときに私が思う自己評価とほぼ同じであるはずなのです。

      ※  ※  ※

      誰にも相手にされない無価値な人間は、嫌われることさえありません。
      その悲しさと恐ろしさを知っていればこそ、私をののしるコメントさえも
      本当にうれしく感じるのです。

      あなたが言っていることは全て正論ですから、私は反論することも出来ません。
      黙ってそれを克服するべく努力する以外、今の私に出来ることはありません。

      削除
  2. 何もせずいきなり変わることは難しいと思いますので、やはりていおさんの弛まぬ努力が下地になっていると思うのです。
    経験値はじっくり溜まって遂に閾値を超えた、みたいな感じというか、RPGなどの新技発動について修得条件は既に満たしていて今発動した、みたいなものかと。
    よくわかりませんね、申し訳ありません。

    それにしてもまたえらい変わった方に絡まれておりますね。
    感想ブログや二次創作系はオリジナルあっての物ですし、そういうのが許されているのはオリジナルが放置してくれているためですから「寄生虫」というのは正論と言えばそうなんでしょうけど…
    言葉の選択に悪意を感じて除去しそうなものですが、大人対応というか、素晴らしい返しで惚れ惚れしそうです。
    続きが気になるところですが、匿名さんにやる気があればいいですね。

    返信削除
    返信
    1. 初めは消そうと思ったんですが、これに返事する形でしか書けない
      自分の考えがあったので、好都合だから利用させてもらったんです。

      ちょうどやよいちゃんとアカオーニさんの関係ですね。

      しかし、この匿名さんの言葉はやさしいんです。
      普段私が自分自身を罵る言葉に比べたらそよ風みたいなもんで、

      「今更そんな事実を指摘されましても、こちらは重々承知してることですし(゚ω゚)
      私が嫌いでけなそうとしてるのは分かりますけど、言葉選びが私よりもヘタですなぁー」

      としか思いませんでした。

      ちなみに私なら、ていおの心をガッツリえぐる言葉の選び方を知っています。
      それを超えてくるエグさでなければ、このブログを荒らすことさえ出来ないでしょう。

      >匿名さんにやる気があればいいですね。

      やる気よりも、ていお以上の語彙と知恵があるかの問題、というわけです。

      削除
  3. 昔の絵と比較して、ぱっと見、光と影の使い方がかなり効率良くなっていますね
    質感なども上がっているところを見ると、3次元の把握力が高まったのでしょう
    絵画スピードも上がって一石二鳥、まさに技術です

    さて、聞くに堪えない煽りに、冷静で立派な返しをなさいましたね
    努力して来た分の現実的な自信によるものでしょう
    きっかけはプリキュアというアニメの追っかけからでしょうが、
    身に付いた技術は間違いなく、ていおさんのものです
    八重さんの今後の展開も楽しみにしています
    これからもがんばって下さい

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      >努力して来た分の現実的な自信によるものでしょう

      私自身僻み屋なので、匿名さんの気持ちは良く分かるんです。
      より自分が情けなくなるのを知っているので私は思っても言葉にはしませんが。

      過去にこういう人たちと何度も接してきて「またか・・」程度にしか思わなくなったことと、
      おっしゃるとおり自分の努力が自信に変わった事で

      「自分をどうするかは自分以外には決めることは出来ないのだから
      彼らの言葉を気にすることに意味などない」と気づきました。

      あとは、よくネット上で煽り耐性のない人たちが炎上するのを見るに付け「カッコワリィ・・・」と思っていたので、
      「自分ならこうする」というのを試す良い機会だと思っていました。

      いずれにせよ、
      詰まらないブログサイトに通う癖などつかないのが当たり前ですから、
      嫌いな人間でさえ読まずにはいられない私のブログは
      それだけ読ませる力があるということだと思っています。

      私を嫌い、罵る人ほどそれを証明する生き証人となるのですから、
      面白いものです。

      そしてだからこそ、私はこういう人たちが来るのが楽しみなんです。

      削除
  4. >カッチョイイくるまがとまっていたので一緒にパチリ。なんていう車だろう?

    1960年~70年代のクラシックカーにしてはドアミラーが現代風やし『何じゃこの車は?』と思い、色々調べた結果
    どうやら光岡自動車社の『ラセード』って車の様です。

    日産シルビアをベースに
    クラシック風に作った車で、古そうに見せかけて実は平成3年モデルやったりしますw

    中古で200万もしないので、有名になったら購入しはるのもエエかも知れません。

    話は変わって、いっちゃん始めの匿名さん
    『ブログ頑張ってくださいね!』ってトコだけ見てれば平気かと。

    返信削除
    返信
    1. パラレルはんでも直ぐには分かりませんでしたか(`・ω・´)

      光岡自動車!なるほどー!
      オロチとかいうイカれたロマンカーの会社ですよね。

      調べたら、クラシカルでカッチョイイデザインの車を
      沢山出してるようですね。

      でもベースがシルビアなんですか・・・・・
      前輪と後輪の長さが長く見えますが・・目の錯覚ですかね。
      駐車場からはみ出てますし

      ネコが乗っかったりしたらヤバい!と思ってひやひやしましたが、
      そーでもないんですね。いや、困りますけど。

      光岡自動車のHP見たら「ファイナルオロチ」なる車名を発見して
      思わずファイナルワロチしました。
      あんな車が似合う人間てどんなやつでしょうね?
      でも限定5台と知ると魅力的ですね。町で見かけたら写真撮っちゃう。

      >『ブログ頑張ってくださいね!』ってトコだけ見てれば平気かと。

      いえいえ。マジでこの程度なんともないです。物足りないくらいですわ。
      WEB拍手コメントに捨て台詞さえ吐かない、心根の優しいおすましさんでした。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...