2014年10月13日月曜日

感想文の今後について

私は現在、毎週の感想を書く事について一つ矛盾を抱えています。


詳細は明かせませんが、以前ある人物から

「もし君が同人作家だけで終わらないつもりならば、
漫画・アニメについてネガティブな意見をネット上に公開する事は
君が思う以上のリスクがある事を知っておいてほしい。」

と忠告を受けたことがあります。
そのリスクについても詳しく教えてもらいました。

それは、たまに来るアンチていおの罵詈雑言とは全く違う次元のものであって、
これは心ひとつで軽く流せるようなものではありません。

ゆえに、その忠告を受けてからは「発言には気をつけよう」と思って
感想を書いてきました。


幸い、今年のプリキュアは去年よりも不満点が少なく
発言に気をつける必要などなくすごしてきたのですが・・


・・・最近は大分雲行きが怪しくなってきました。
▲とくにこれとか。


「そういうときが来たら内容をぼかして書けばいい」と思っていたのですが、
いざそのときが来て初めて

「番組を見て感じたことを全部そのまま書くのでなければ、
自分はこの文章は書けない」と気づいたのです。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

・番組に否定的な意見は控えめにしたい
・正直にしか書く事はできない


この矛盾を回避する方法は・・しばらく考えてみましたが

「不満点が内容の半分以上を占めてしまう場合は書くのをやめる」
しかないと思っています。


以後、今週のような感想を書かなければならないと判断したときは

「感想文を描くのは控えます。」だけの記事を作成し、
コメントで皆さんの意見交換だけ見させていただくことに
しようと思います。

最近のゆうゆう回みたいに
いいところばっかり語れるときは、普通に記事を書きます。

21 件のコメント:

  1. 辛口が持ち味だろーとか軽く考えてましたが、リスクなんてものがあるんですね?
    次元が違うとなるとブログ炎上ならまだ可愛い方ということでしょうか。
    有名になるほど本音が語れないとは世知辛いものです。

    ブルーの悪口なら許されると思うんですが(笑) 地球の神様は懐が深いですから!

    返信削除
    返信
    1. 軽く腰ぬかす程度のリスクがありました。

      ブログ炎上なら宣伝になったと喜ぶ余裕もありますが、
      こっちは敵に回すと結構な確率で将来の商売の障害物になることがあります。

      何かの作品にネガティブな発言をし続けることは、それだけその障害物に
      当たる可能性を高くしてしまうということです。

      削除
  2. そりゃそうでしょう、別に気に病む必要はないかと
    そもそも批判がていおさんの主目的ではないでしょうし
    本業の批評家か、個人的に製作スタッフと仲良くなって飲みながら話すならともかく、
    アニメやマンガの業界も商売ですから

    逆に自分の見識を活かした面白い視点や、作品をより楽しめる話題はプラスでしょうね

    返信削除
    返信
    1. >そもそも批判がていおさんの主目的ではないでしょうし

      そうなんですが、たとえばマスコミでもネットの評判でも
      言葉の一部を切り取って悪意ある喧伝でもされたら
      誤解を解くのも難しい、というのがこの世の中ですからね。

      そういう意味では私は既に十分な数の地雷を撒いてきた事になります。

      だからせめて、今後は余計なことは言わないようにしたいのです。

      削除
    2. 忠告があるということは、将来に見込みがあるということですよね(しかも高いレベルで)

      感想やコメントはうまく立ち回って行くとして、あとは自分の作品の中で
      「自分はこう表現する」とやって行くのが漫画家さんでしょうね
      大変でしょうけど、いい意味で今後が楽しみです、頑張って下さいね

      削除
  3. うん、書けない時は書かなくてエエんとちゃいます?

    ネット社会のリスクは並のもんじゃ無いですしね。

    返信削除
    返信
    1. ええ。
      ネット上にさらすリスクはアンチ程度のモノなんかじゃなかったんです。

      削除
  4. これまで、ていおさんの記事については、
    肯定的であれ否定的であれ、それがなぜなのかを明確にされている点で
    読み応えがあり、毎回なるほどねと思わされるものでした。
    昨年一時期、SとかAとかCとかランクをつけていらっしゃったのが、
    いつのまにかなくなっていたのもこれが理由なのかなと、今となっては思いますけど。
    マツコデラックスにしても有吉にしても、本音をいつも語っているように見えて、
    実際にはテレビで言える範囲のことしか言ってないそうなんですね。
    これ以上はヤバい、というのをわかってて業界で仕事してる。
    わかってるから、あの業界で生きていられると。

    死活問題に関わる話ですので、我々読者はそれを受け入れたうえで意見を交わし、
    ていおさんは言える範囲で反応してくださればと思います。
    読者どうしでどんなに意見が活発になっても、やはりていおさんがいないと
    締まりませんし、どこか淋しくなるので。

    返信削除
    返信
    1. >肯定的であれ否定的であれ、それがなぜなのかを明確にされている点で

      そこが最低限のけじめであり、自分自身の学習ためでもあるんですが・・

      それが全体的にネガティブな評価になっていた場合
      「作家」にとってその発言が地雷になってしまうんです。

      ※  ※  ※

      一時期やってたランキングは自分の評価判断を分かりやすくして後で
      見返すときの目印にする、というだけのつもりでしたが
      「世間はそう捉えない。誤解を招く恐れが大いにある」とわかってやめたんです。

      あれは、「どう見られるか」についてもうちょい慎重になるべきでしたね。

      ※  ※  ※

      実際にそのときが来たら果たしてどうなるか・・

      ・・・いつもどおりの感想が書けるならそれに越したことはないんですけどね。

      削除
  5. わー。ていおさんの文章読むの好きなので、すごく残念です。
    でも仕方がないですね。
    本業を大事になさってください!!

    私も仕事の中で、本当に言いたいこと、伝えたいことが言えない状況がちょこちょこあって、その度にもやもやしますが、それはもう仕方ない!と割り切るしかないですね。私も、ギリギリ、スレスレの表現をしてるつもりですが、アウトなことも多々・・・。あいまいに、さらっと流すしかない時もあって、伝わる人にだけ伝わればいいな~と。
    自分のクビをかけてまで、こんな綱渡りなことして何になるのかなと思ったり、でもメッセージがなきゃ、この仕事をしてる意味がないと思ったり、まさに『矛盾』です。

    コツ?をつかむまでは、さじ加減が難しい問題ですね(>_<)

    これからも更新楽しみにしています(^^)


    返信削除
    返信
    1. 今後一切無くなるわけではないですから(´ω`*)

      たぶん何回かは黙らなくてはいけない覚悟はしてますが、
      そう頻繁にそういうことになる、ということはないんじゃないかと思ってます。

      期待というか、祈りをこめてですが。

      削除
    2. クソログってブログがたまたま目に留まって、その10月10日の記事読んで、状況は違うけど、なんとなーく、ていおさんの今の立場とかぶりました。

      アメブロのアメンバー記事みたいに、時々、鍵つけるのも手ですね!
      そしたら今までと変わらないていお節が読めるのかなぁ~。

      でもていおさんのブログには今まで楽しませてもらったし、応援もしてるので、下の兄貴さんのコメントにも共感します。
      もちろん個人的には残念ですが、タダで記事を読ませていただいているこちら側に、夢をつぶしてしまうかもしれないほどのリスクを負ってまで義理立てすることもないですよ(^^)

      削除
    3. それ読んでみました。

      確かにその人と似ているような、そうでもないような・・
      「人に見られることを前提」に書いている以上、誰と会おうが会うまいが
      私はこれまでも確実にどこかで気を使ってきた気がします。

      だって誰にも気を使わずに書いていたならもう今頃は・・・・・自分でも申し開きの出来ないほどの炎上騒ぎを
      起こす文章を書いていたはずですから。


      自分が思うなりの「常識的な範囲内」で自分の気持ちを表現できてきたのが今週までだった、
      という感じですね。
      そして、これからは「アドバイス」にしたがって
      その範囲をさらに狭めなければならなくなったということです。

      会員制ブログというのも考えてみたんですが、
      それではまるでヒソヒソ陰口を叩くみたいでどうも性に合わないし・・・

      私がアンチていおの立場だったら
      「公の場で堂々と言うこともできず、イエスマンだけで自分を囲ってただ嫌悪感情を共有している卑怯者」
      位の事は言うでしょう。

      だからまあ、黙るしかないですね。

      削除
  6. 商業ベースでやるとなると将来的にプロの方々と一緒にお仕事をする可能性がゼロではなくなる訳で、もしそんな時が来た時にもアニメ・マンガに対してネガティブな発言を続けているとお仕事にならなくなるかもしれませんからね。
    商業は同人と違って一人で成り立つものでもないですし、自分に対してネガティブな意見を持った人と仕事したいなんて思わないでしょうし。

    良い落とし所を見つけられるように祈っています。

    返信削除
    返信
    1. 「この業界は狭い」と噂にはよく聞きますからね。

      それでも嘘をつくのが嫌だから、「黙る」という意思表示をすることにしたのです。
      本当に我慢しきれるか分かりませんが・・

      ・・いや、我慢すると思います。

      削除
  7. このブログを楽しみにしている他のファンの方々から全否定されそうな意見ですが、この際なので思い切ってプリキュアのみならず他商業作品に対してのコメントはネガ/ポジ関係無く全て差し控えるという選択肢はどうですか?
    ていおさんがリスクを抱えてまでこのブログで他作品を批評することを、ていおファンは望んでいないと思いますよ。

    私がていおさんの立場なら、他者からの指摘で止めたということに対して「このチキン野郎!」などと罵倒されても、リスク回避を選びます。

    返信削除
    返信
    1. >ネガ/ポジ関係無く全て差し控えるという選択肢はどうですか?

      その必要はありません。

      ネガティブな発言は控えるべきとしても、誉められて喜ばない人は居ないんですから
      ポジティブな発言はどんどんしていくべきと考えています。

      もちろん嘘ついてまで積極的に、なんて考えませんが、
      いつもどおり正直に述べた結果それが人を誉めることになったのならそのまま。
      不満を書かなければならないとなったら黙る。

      そうしてやっていきます。

      ネガティブは敵を作りますが、ポジティブは敵を作りません。
      それは、これまでのアンチ君たちの態度を見ていてよく分かっていることです。

      リスクになりえないことまでも回避する必要はありません。

      削除
  8. 初めてコメント2014年10月16日 20:34

    辛口コメントはいけないという風潮嫌ですね。
    あと金貰ってるんだから駄作つくるなよってのも。
    アニメって科学技術の開発のようなものだと思います。
    研究・開発は失敗ばかりだけど給料はでます。
    色々試行錯誤し100回やって1回新発見出来ればいいほう。
    アニメも同じで駄作の反省からいい話が出来る。駄作の闇が良作を輝かせる。
    そしてその輝きをさらに磨くのが視聴者の辛口コメントではないでしょうか。
    視聴者がいるからアニメが成り立っている。
    一部の駄作廃絶主張者やマナー違反のコメントのために作品を磨く辛口コメントまでシャットアウトしてアニメは視聴者目線から離れて行くことは本当に悲しいものです。

    返信削除
    返信
    1. >辛口コメントはいけないという風潮嫌ですね。

      私はそのような風潮を感じてはいません。
      自分が良かったと思っている作品に一部でも不満を言う人がいたら、
      ついカチンと来て突っ掛かりたくなる人の気持ちは分かるんです。

      また 私は辛口コメントを言っているつもりはありません 。
      私が述べた正直な感想が、人によっては辛口と受け止められてしまうだけの事です。

      そして今回の件はそれとは別に、私がこれからしようとする
      商売に影響を与えるかもしれないから、
      少し配慮をしようというだけのことなのです。

      私が一生同人作家で食っていくつもりだったなら、
      こんな配慮は必要ありませんでした。

      削除
    2. 初めてコメント2014年10月19日 23:38

      おお、表現がおかしかったみたいですね。
      自分は辛口は「素直」という意味で使いましたが辛口というと悪意があるように受け取られがちですね。失礼しました。
      ボキャブラリーがあればこのようなことにならないのに。
      コメントのやり取りでトラブルになるのは考え方の違い以前にこうした言葉の選び方の違いで相手を不快にさせているかも。

      でもコメントで仕事に響くとかやっぱりおかしいと思うのですが。

      削除
    3. >でもコメントで仕事に響くとかやっぱりおかしいと思うのですが。

      おかしい事ではないんですよ。
      同人作家の頃は一人で仕事をしているのですから自分の行動が
      誰かを巻き添えにすることはありませんでした。

      しかし「誰かと一緒に仕事をする」となった場合、
      私が迂闊な事を言ったり何気ない発言がどこで
      反響して取引先に迷惑をかけるか分かりません。

      分かりやすいのはアイドルやタレントが不用意な発言で
      毎日のようにどこかで炎上している事態ですね。

      仕事の相手を大事に思うならば、これは当然の配慮と言える訳です。

      仕事のパートナーを大事にしない人間は作家であれなんであれ
      必ずいつか仕事をする場を失くすものだと思いますし。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 10/01 大田区産業プラザ ドッキドキ☆ライブ ( スーパーヒロインタイム ) アイ02 ...