2015年1月16日金曜日

総統は絶望から逃れたいそうです


それは、心のスキマを埋めるために彷徨い歩いた男の話。




今日はツタヤを2件ハシゴしたそうですね

そうだお。まずは話を聞いてくれ。

毎日在庫確認をしてからツタヤに行くのに、
いつも決まって棚に商品が無かった。そこで

店内端末で在庫ありを確認して店員に話を聞いてみれば

「コンピュータに在庫があるのに店舗に無いということは、
ディスクの破損かカリパクか、とにかくこの店には無く、
また人気商品のためいつ再入荷するかも読めないです」

とのことだった。


スターリンのせいなのね!そうなのね!

お の れ ~!
まさかこんな嫌がらせをしてくるとは
思いもしなかったぜ!


スターリン妖怪扱いか


ワシは怒りに任せてもう一軒のツタヤへ走った!

そんなこともあろうかと
もう一軒のツタヤの在庫も確認しておいたのだ!

こんどこそ逃すものか!



そしてついに手に入れた。

おめでとうございます閣下。これでベルリンも安泰ですね


ところが、だ。

微妙についてないことに
2巻から5巻までスッポリなくなっていた。

あるのは1巻だけだった。


とりあえずコレで次の日曜は乗り切れる。
だがその次を乗り切ることはできぬのだ。

無事2巻以降も借りられるかどうか・・
不安でならんよ


大した情熱です。片道7分とはいえ、ヒキコモリのアンタが
ほぼ毎日外出するなんて信じられません。

まだプリパラもあるしラブライブも借りられたでしょう。

一体何がアンタを突き動かすんですか

あなたにはわからないでしょうね!


ワシが来週と再来週の日曜日がいかに怖いか。

生活の一部と化していた番組に今週は全くついていけなかった。
その続きである来週と再来週もついていける自信など無い!

その原因はこの先ではなくこの前に既にあるのだから
取り除かれることも無いのだ。

そして前も言ったが、この番組だけは
「見なければ良かろう」が通用しない!

それは、ワシにとってこの番組がそれほどまでに特別な存在だからだ!


日曜日がこんなに陰鬱に思うことは無い!
だからこそそこから逃れ、心のスキマを埋め続ける作業が
必要なのだ!

毎日何かしらアニメの感想文やらブログを書いてしまうのも
そういう心理だ!


怖くてたまらんのだよ!
それが絶望したものの心理だ!


たかがアニメと笑うだろうがな、ワシにとってあのシリーズとタイトルは
死にかけた人生を救ってくれたかけがえの無いものなのだ。

それを正面から受け止められない、
それに背を向けなくてはいけない、

それに心から「今週も面白かった」と言う事ができない!

その辛さがわかるか。


だがあと2週間!ワシは全力で逃避するぞ!
暗いことではなく、明るい事を考えて過ごすのだ!

それが今のワシに出来る精一杯の、あの伝説のタイトルとの付き合い方だ!

10 件のコメント:

  1. あれ?総統そのDVD、2ndシーズンじゃね…?

    返信削除
    返信
    1. おどかすなよ粛清すっぞ(`・ω・´)

      削除
  2. 失礼ではありますが、この世に男として生をうけたからには戦隊なりライダーなり勇者シリーズなりトランスフォーマーなりで慣れっこなんじゃないですか?シリーズの後継作がタイトルだけを引き継いだ全くの別物になってしまうという事象は。
    誰しもがシリーズの総てを肯定できるわけではないですし、する必要もないでしょう。
    むしろ各作を最初から別物と捉えて独自の良いところを探し、それが無理ならキッパリ忘れるようにした方がストレスなんか溜まりません。
    またプリキュアには『上北ふたご版』というクオリティが無駄に高い漫画版があります。テレビシリーズがアレで視聴がキツければこちらで記憶を上書きしてしまえばいいのです。
    タイトルなんて商業的な都合で引き継いだにすぎないのですから、視聴者側の取り方ひとつで如何様にもなるものだと思いますよ?

    ちなみに、アイカツ!はノベライズ版や白雪バンビ先生による漫画もあります。
    アニメが見れなければこの手もありますよ。

    返信削除
    返信
    1. あれだけ文句を書いたスイートもドキドキも良いところを見つけて最後には「1年間見続けて良かった」と
      言うことができた私にとってこれははじめての出来事。

      理屈は仰るとおりですがなかなかそうスッパリいくもんではありません。何しろ10年安泰だったものですからね。

      とはいえ、既に切り替える行動ははじめている。というのが現在のところです。

      プロデューサーがここを読まないことを祈りますが、作者が変わり、そのイズムも失われ
      ただ変身要素とタイトルだけが継承されただけの作品は既にその作品ではなくなっていると思っています。

      往年のファントしてはそれが何より寂しく、また腹立たしく思うのです。
      自分勝手な正義という事は承知の上で。

      削除
  3. さあ、傷心のていお先生の元に青髪の青年がピンク色の使者を引き連れてやってきましたよ


    「それまで見えていなかった、見過ごしていた世界がプリキュアと一緒に居るとキラキラと輝いて見えてきた。
    心を幸せで満たすってこういうことだとプリキュアは私に教えてくれたの。」

    「その思いは、プリキュアへの愛が叶わないとわかったからって消えたりしないよ!」
    「あなたも同じはず!一度見た幸せはどんな苦しみや悲しみの中でもなくなったりしないはずだよ!」


    「ていおセンセ、あなたは強い。それはプリキュアを愛する力が残ってる証。その力があれば幸せは必ずあなたの元へ戻ってくる!」



    この台詞でていお先生が説得されれば成田先生の勝ち、なんだけどなあ・・・・

    返信削除
    返信
    1. フォーーーーーーーーーー(*゚∀゚*)ーーーーーーーーーーー!

      やばい!闇オチの最後のスイッチ押された気分だ!

      ミラージュもこういう気分だったのか・・・

      問題は私の場合、例えるならブルーの人格が変わってしまって今のブルーが心底「こいつじゃない」と
      思っているところですね。

      ミラージュが好きだったのは、在りし日のブルーであり、ブルーの名を借りただけの別モノが
      その名を語る事は万死に値する罪です。

      ゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


      ただね、わかっちゃあいるんですよ。だからあまり沢山言わないんですが、

      ようはどんな言葉を尽くしても
      「うわーん、ワシの見たいプリキュアはコレジャナーイ」

      という、歴代それぞれにいるアンチ共と言っていることは変らないのだと。
      いい年こいてね。


      だから、聞き分けの無い子供のように文句を言い続けるよりも
      自分が見たい作品は自分で作ろうと思っています。ちょうどその場所にもありつけたので。

      削除
  4. ていおさん今作のプリキュアで相当傷ついておられるようですね・・・・
    私は、今までのプリキュアのラスボス戦はほぼすべてアツく見ていたんですが
    (特にスプラッシュスターとハートキャッチとドキドキがお気に入り)、
    でも今作はラスボス戦ですらそういう「アツさ」を感じませんね・・・・

    私も、ていおさんを真似るわけじゃあないですが、
    スイートプリキュアをツタヤで借りてきて見ていますw
    第1話から「うおおおっ!お母ちゃんがなんかかっこええ!!BGMいいな!!」
    セイレーンとハミィの言い争いを見て、響「私と奏みたい・・・」。
    俺「うああぁ、そうなんだよなぁ、そこからああなってこうなって!こう展開するんだよなぁ!!」
    かなり熱中してしまいましたww
    次回作Goプリまでにあの頃にはあった「アツさ」を充電したいと思います!!!

    返信削除
    返信
    1. スイートですか。私は結構早めに文句を言い始めていますので、楽しんでいるうちはご覧にならない様ご注意ください。

      ただ、そのスイートでさえ最後はスッキリした気分で最終回を見終えることが出来ました。

      そう考えると今年はしんどいです。(´・ω・`)

      削除
  5. なんだ、総統閣下いるじゃないですか? 元気そうでなによりですー

    考えてみれば他の年だと埋める物が無かったかもしれないと思うと、ていお様の心境は単純にハピネスの問題だけではなく環境(他のアニメ)の躍進も影響あるのでは?
    まぁハピネスの問題は実に奥深いものです。簡単に言えば「すべては心の在り方次第」という住職さんから語られそうなテーマです。しかしながらハピネスチャージは日曜朝の子供向け番組。お子様ランチに例えるならお子様ランチ用の容器に生活習慣病対策料理を並べようとしているようなもんでしょう。そんな料理で大丈夫かって話です。大人ぶりたい年頃の大きなお友達には非常にありがたい料理ではあるんですがね。
    ハピネスチャージの魅力を100%受け取るには心理学の教科書なんぞを出してこないといけない。なにしろ主人公のめぐみがメサイアコンプレックスだと言うのですからね。重症ではないにしてもそんなネガティブ思想な主人公じゃ子供も戸惑うわ! その点、春野はるかさんは素直な主人公像なので現時点では安心していいんじゃないでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ハピネスチャージに夢中になれていたなら、どれだけ話題になろうが
      他の女児向けアニメを見る気にはならなかったです。確実に。

      現に、去年は「アイカツおじさん騒動」を知りながらも
      アイカツに興味さえ示さなかったのですから。

      >大人ぶりたい年頃の大きなお友達には非常にありがたい料理ではあるんですがね。

      それを作者が想定して作っていたなら、現在の状況の原因はそれだ!と断定できるんですけどね。

      ・・わたしは、そうではないと考えていますが。


      来年の主人公は今のところ大丈夫っぽいと見てます。
      プロデューサーが反省をしてくれているかが心配ですが。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 10/01 大田区産業プラザ ドッキドキ☆ライブ ( スーパーヒロインタイム ) アイ02 ...