2015年2月2日月曜日

「鷲尾天」ッッ!!(*゚∀゚*)

第一話感想コメントより。
OPで【企画】に『鷲尾 天』とクレジットされてるのが堪らなく嬉しかったです。





・・・え?(゚ω゚;)


うおおおおおおおおおお
マジじゃあねえかあーーー!(*゚∀゚*)




見逃してた!(`・ω・´)

な ん・て こ っ た!




多くのプリキュアファンがそうであるように、
そして以前も語ったとおり


私も初代プリキュアプロデューサー・鷲尾さんの
作品作りに対するイズムが好きでした。




しかしどういうことでしょう。

プレスリリースにはそんな情報はありませんでした。




東映アニメーションのHPにも表記はありません。

ああそうか、プロデューサー以上の人たちの発表は
そもそもない、という事か・・・

(企画って具体的に何する人なんだろう・・・・(゚ー゚;A)




もう二度と戻らないと思われていた氏がまたこうして
作品に関わることになった経緯については
つい色々邪推してしまいますが、


ともあれこれはファンにとっては嬉しい情報ですね。


プロデューサーではないとはいえ、こうして作品に関わる以上、
何かしらの形でそのイズムが投影される事になるのでしょう。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


あと、これとは全く関係ない話ですが、
写真を撮ったついでに。




▲これを見た瞬間ギクッとしましたね。
イヌカレーかと思った。(´;ω;`)

10 件のコメント:

  1. ハピネスのスタッフも"盤石"だったことを思って、うれしいけど油断はしないぞという気持ちでいます。
    ただ鷲尾氏は直近の『マジンボーン』がかなり良作なので期待の方が上回りますね。
    「企画」という役職においてどのような色を出してくるのかはわかりませんが、
    生きた人間とその関係に根付いた物語になることを願いたいです。

    返信削除
    返信
    1. ええ。嬉しいけどゆだんは出来ませんね。

      ちょっと期待値が上がった、という感じでしょうか。

      どのみちワシらには「期待すること」しか出来ませんけどね・・
      ・・新監督を信じて、期待しましょう(`・ω・´)

      削除
  2. 「プリキュアシンドローム」を引っ張り出して読んでみましたが、プロデューサーとしての企画会議が書かれていました。(企画というポジションについては記載なし)
    そこでは、番組名、キャラクター名、キャラ設定、決め台詞、商品パッケージなどを同時進行で進めていきます。
    と書かれているので、スポンサーや脚本家やスタッフに配る企画書を作る人達というイメージを持ちました。

    返信削除
    返信
    1. 企画会議の司会みたいな?うーん・・・

      フリーライターの人、ここ読んでくれて取材行ってくれないかなぁ。

      超他力本願だけど、加藤レイズナも相当頑張ってでライターになったのを少しだけ知ってるだけに、
      簡単に「やろうかな」なんていえないし、まして私は同人作家だし。(´・ω・`)

      でもきになるなぁ・・

      削除
  3. おおおおお!!
    満を持してあの方が帰ってきた!!!
    私もまったく気づきませんでした!!!!
    なるほど、はるかちゃんの表情がコロコロ変わって面白かったり、雰囲気が日向さんに似ていたりするのも、
    彼の仕業だったのかもしれませんね!
    敵の雰囲気も、最近ご無沙汰だった邪悪な感じが漂っている気がします!

    突然ではなく、さりげなく、
    誰も気づかないほどのちょっとした原点回帰!!
    「冒険のハピネス」 の次は 「王道のGoプリ」 でしょうか!?
    これは期待せざるを得ない!! 期待せざるを得ない!!
    初代ほどではないにせよ、アクションにストーリーに、
    この方の名前が出てくるだけで、私の期待度は倍以上に跳ね上がってます!!!

    返信削除
    返信
    1. もちろん期待する気持ちは同じですが、
      今作のプロデューサーをするわけではありませんし、
      現プロデューサーのメンツを潰すような働きはしないと思います。

      どういう形で関わるのか・・どこかで取材してくれるといいですね。

      削除
  4. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. 匿名のコメントは許可できません。

      削除
  5. >イヌカレーかと思った。(´;ω;`)
    いやあ、さすがにそれは(笑)。プリキュアであんな前衛的なことはできませんよ。
    劇団イヌカレーもメルヘンチックな作品作れないことはないんですが。

    鷲尾さんという方がやってらしたころのプリキュアは、
    娘が小さすぎたこともあってあんまり見てないんですよ(生まれた年が初代の頃)。
    こうして再びお名前が出てきたということは、
    やはり何かを期待されてのことだと思いますので、
    「プリキュアとは何か」をちゃんと示してくれることを願いますね。

    イヌカレーついでというとちょっと違うんですが、
    今回のOPとEDの文字フォントが独特で、「まどマギ」含むシャフト作品のような、
    「文字も演出の一部にする」という考え方が出てきたのかな?と思いました。
    今作のコンセプトに合うフォントはどれか?というこだわりを感じました。
    ただ、ちょっと細くて読みづらい(笑)。しかも歌詞に間違いあったし。
    シャフト作品のように時折「読ませる気ないだろwww」みたいなOPにはなってないのですが、
    その点だけ気になりました。

    返信削除
    返信
    1. 文字の演出面白かったですね。

      でも、単純に文字が動くから見難かったですね(゚ω゚)
      ピンクのふち文字も動画にすこしのまれ気味だったし。

      まあ、わりとどうでもいいところですが。


      鷲尾さんのカムバックが「わけも無く戻ってきた」ものとは考えにくいですよね。
      氏の影響に期待したいです。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 10/01 大田区産業プラザ ドッキドキ☆ライブ ( スーパーヒロインタイム ) アイ02 ...