2015年4月18日土曜日

残念な番組(´・ω・`)

歴史秘話ヒストリア、結構好きだったんです。



でも今週のは「ひどい」とあきれるしかありませんでした。

タイトルは
【国書偽造 秘められた真実~国境の島・対馬の憂鬱】

対馬藩士と朝鮮通信使のお話です。




数々の史料が残る「朝鮮通信使の狼藉」に触れなかったのはまだ良しとしましょう。



しかし、

「秀吉の兵は200万の朝鮮人を殺し、20万人を拉致した」という韓国人研究者の言葉を
疑うことなく事実として放送したのはどういうことでしょうか。


秀吉の朝鮮出兵でどれだけの数を派兵したのか知りませんが、
刀槍や射程の短い単発の火縄銃でそんな大量殺人が果たして出来るでしょうか。

人は疲れるし、刃は欠けるし、弾薬は尽きます。



さらに、20万もの人質に海を渡らせるのに、
いったい何千隻の船が必要だったでしょうか。

どれだけの労力と時間と経費がかかったでしょう。
それに見合う経済効果があったなら、どこかが必ず栄えたはずですし、
その歴史資料も大量に見つかるはずです。


きこりも農家も刀鍛冶も船大工も
当時の日本にそんなに沢山いたのでしょうか?


200万人を殺せるだけの鉄と火薬が日本にあったでしょうか。


日本の戦は兵1万でも「大軍勢」と呼ばれる程度の規模なのに、
200万人も殺し、20万人も拉致が出来るだけの兵を用意できたのでしょうか。




更に、人質の返還要求があり、それを幕府が呑んだことになっている、ということは
その20万人大量輸送という大プロジェクトをもう一度やった、ということですよね。


あ の 時 代 に。



そんな大事業ならば当然人足も大量に必要となり、
資料や史跡が必ず残っているはずですよね。


そしてそんな資料が本当にあったなら、それを番組が使わないわけがありません。


※  ※  ※

あの韓国の歴史研究家を名乗る人物、
「20万、200万」という数字にリアリティを感じていないのだと思います。

そして当時の文化レベルで「何が出来て何が出来ないのか」も知らないのでしょう。


その考え方が出来ないから、非現実的な数字を
疑いもなく言ってしまうのです。


あるいは、「彼ら」にとって「真実」などはどうでもいいのかもしれませんね。




しかし
「史実」を扱う番組で、素人でも疑問に思う証言を検証もしないなんて
NHKの姿勢も信じられませんね。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


番組は最後に
「誠信の交わり」「相手に誠実に接し、お互いを信頼することが肝心なのです」

という言葉で〆ています


そういえば丁度、かの国の総理やスポークスマンも
「我々の意見をすべて受け入れよ」という要求とともに
「友好のため、日本は誠意を示せ」と言っていますね。



この重なりは意図のない偶然でしょうか。
そう思えるほど自分がお人よしになれないのが残念です。



昨今のNHKの報道姿勢をかえりみても、

私には、まるで「この一言を言うために番組を作ったかのよう」
に思えてなりません。



史家ではない私が言うのはおこがましいことですが、

歴史研究とはさまざまな資料・事象を手繰っていって結論を見出すものであり、


自分が望む結論へ行き着くために
都合よく資料をピックアップする、
なんてことは決してしてはいけないと思います。


しかし今週のOAは、後者であろうと感じずにいられませんでした。



※もしこの「誠意」の話を現代に重ねるのであれば
最低限、対馬の仏像の返還と竹島の漁師殺害に対する謝罪と
証拠がなく口で語り数字ばかりが大きくなる「強制連行されたと名乗る慰安婦」に対し、

かの国に誠意ある態度を求める姿勢が必要です。

彼らは「お互いの」誠意が大事、と語っているのですから。

6 件のコメント:

  1. かの国にやたら偏った報道は、もっとも酷かった時期と比べてだいぶ大人しくなってますよね。
    とはいえ、最近になっても未だに、こういうごく限られた少数の番組でちょくちょく、
    「あれ、これ偏ってんじゃないの?」 と思う内容の放送を見かけることは稀にあります。
    中には 「考えすぎかな?」 程度のものもありますが・・・

    歴史に関して疑わしい発言が多い国の言葉を鵜呑みにして、
    ろくに調査もせずに放送してしまう・・・
    確かにそれは、歴史を扱う日本の番組としてどうなんでしょうね?
    殺害された人数、拉致された人数について明らかに嘘だと分かる発言をしている人には、
    それこそ、もっと誠意をもって真面目に話をしてほしかったと思います。

    返信削除
    返信
    1. >中には 「考えすぎかな?」 程度のものもありますが・・・

      本来そう思えるはずのものさえそうでないような気がしてくるほどに、
      「偏っている」と感じてしまうんですよね。


      同時に、「偏った報道」を見ているとやがて
      「そう思う自分もまた偏っていないと言い切ることは出来ない」という考えにも行き着きます。

      しかしやはり、「彼ら」を見ていると少なくとも、
      「自分は偏っていない」と思い込んでしまうよりはマシではないかと思えてくるのです。


      せめて報道に関わる人たちは、常にそれを意識していてほしいと願ってやみません。

      記事に思い込みや主観が入ってしまったら、それはすでに報道ではなくプロパガンダでしかないのですから。

      削除
  2. 他局はともかくNHKでやられると受信料について不満が生じますね。

    返信削除
    返信
    1. 受信料とってこの偏向はありえませんよね。

      削除
  3. 20万人も連れ帰る手段も水・食料などもありませんよね
    手土産にめずらしい武器を持ち帰ったという記録は読みました
    当時の朝鮮政府による奴婢の扱いや朝鮮出兵時の反乱、
    儒教による仏教への弾圧など韓国の教科書には書いてなさそうです

    まともな人なら幾つか嘘がばれた時点で研究全体の信用が無くなりますが、
    懲りませんからねぇ、ああいう人たち
    本当のことを書いても目立たないが嘘を書けば金になるということでしょう
    面倒なのは次々デタラメを出して来るので防御側は一つ一つ潰していかないといけない点です
    歴史調査でも大量に2次、3次資料用意してさも事実のように研究結果を出す人がいますが、
    その2次資料が全部同じ1次資料を元に書いていることもあって、
    1次資料のデタラメを指摘しても間違いを理解出来ない(しない)ようです

    NHKは国会の答弁でも「外国人職員比率」を答えられない状況ですからねえ
    別にそれが悪い訳ではありませんが、工作に近い番組があるのも事実です
    あと「報道バラエティー」は報道じゃないそうですよ(脚色という嘘OK)

    返信削除
    返信
    1. 気に入らない「事実」から目を背け、気に入ったものであれば史料が伴わない誰かの創作でも
      みんなで飛びつき、語り合って「真実にしよう」としてしまう。

      そんな人たちが歴史を語ってはいけないんです。


      しかし日本人にとってもっと大事なことは、「そういう人たちがそんな要求を堂々としている事」を
      理解し、それを踏まえて行動することです。

      この認識が広まるといいんですが・・

      >あと「報道バラエティー」は報道じゃないそうですよ(脚色という嘘OK)

      ありえませんね。
      それを公共の利益になると言い張るならば、それはただの独善であり、プロパガンダでしかないでしょう。


      自分の正義がこの世の正義と思い込み、人々を巻き込もうとすることは醜く、歪ですが、
      それゆえに、それを知る人は声をあげません。

      それを自覚しない人たちほど拡声器を持って街に出るのが好きなんです。


      どうしたらいいんでしょうね。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...