2015年4月19日日曜日

キュアトゥインクルの変身バンクが特別に見える理由

ずーっと前から語ろう語ろうと
思っていたんですが、写真を撮るのが面倒で
今日まで先延ばしにしていたお話です。

が、このカットの話をしたので、
今日こそは語ろうという気になりました。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今年のプリキュア3人の中で、飛びぬけた
見ごたえと印象を残すキュアトゥインクルの変身バンク。



それは主に


・滑らかなアニメーションの枚数

・表情とポーズ、動きの上手さ。特に「目ぢから」

・ポーズ一つ一つに「魅せる」アイディアがあること


などがその理由だと思いますが、更にもうひとつ私は挙げたい。



゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜




昔見たドキュメンタリーで、とある職人さんは
「魂は細部に宿る」


と言っていました。

(検索してみたら、昔から色んな人が同じことを言っていたようですが。)




「パッと見ただけでは気づかない、細かなところまで
仕事の手を抜かない。その仕事に対する姿勢が、

完成した作品の「印象」を変え、
人の心を捉える「魅力」を与えるのだ」

と。


※  ※  ※

私がキュアトゥインクルのバンクにおいて印象に残っていた
「細部のこだわり」は

▲これ。



このドレスアップキーの「揺れ方」。




ほかの二人とは明らかに違います。

例。


例2。


こんな複雑な形の物体を「立体的に揺らす」なんて
ものすっごい面倒くさい筈です!


きわめて高い「立体把握能力」が無ければ
やろうと思ってもできない仕事です。

それこそ、


「これ」を描けるレベルでなければ。


※  ※  ※



しかし、これは本来必要ではないこだわりなんです。

正面からの1枚を二次元で揺らす。

これを監督が受理したということは、
これで必要十分なんです。


たぶん、1枚あたりのお給料は同じなんでしょう。




マーメイド。

こちらはリングにはまった瞬間は立体で描いています。

枚数は5枚。

これでもかなりめんどくさい。
職業が違いますが、私は絶対やりたくない。


しかしこれ!!


星のエフェクトがはじける間も横回転で動いています。

細かく角度が変わる様子で、
28枚。

同じ絵の位置だけ変えるのも
いくつかあったけど、それを含めると30枚以上。




ここでこだわっても手を抜いても同じ給料。

しかも、ここまでは求められていない。



それを分かっていて、それでも
面倒くさいやり方をして、

「要求以上の仕事をする」。



それはどういうことなのでしょうか。



それは、
仕事に対する「こだわり」と
「高い技術に対するプライド」

に他ならないと思います。




仕事に対するストイックな姿勢こそが、

作品全体に「他とは違う段違いの印象」
をもたらしたのだと思います。




※  ※  ※



「技術の伴わない情熱」も、
「情熱のこもらない技術」も人の心は捉えないでしょう。


「高い技術にアツい情熱をこめた作品」こそが
人の心を打ち、そして憧れを駆り立てるのだと思います。




この仕事をしたのが誰か、という証拠が無いから
人物名が指定できなくて歯がゆいですが、

名前は知らずともその職人魂、尊敬いたします。
見習いたいです。

たぶんこの中に居ると思うんだけどね。




゚・*:.:♪*・゜追記・♯*:.。. :*・゜


判明しました。(゚ω゚)

7 件のコメント:

  1. キュアトゥインクルの変身バンクは板岡氏の担当です。
    (田中SDのツィートより)
    https://twitter.com/tanakarion/status/569289114698121217

    また、フローラは志田直哉氏、マーメイドは高橋晃氏です。
    (同、2月1日、2月8日のツィート)

    原画担当がどこまで全部描き込むかはわかりませんが、その人なりの
    思いが入っていると感じています。

    返信削除
    返信
    1. 錚々たる顔ぶれですね。
      その中でも抜きん出た印象を残すとは・・・やはり恐ろしいです!
      板岡さんですね。覚えました。(゚ω゚)

      削除
  2. 私は全くの素人ですが、それでも初めて見た時、え、こっちが主役なの?と思いました。
    他の2人に比べて、妙に立体感やつや感があるなーと感じてたのにはちゃんと理由があったんですね~。

    返信削除
    返信
    1. 料理でも芸術でもスポーツでも、専門家ならば「何がどうだからどんだけすごいか」とわかりますが、

      本当にすごい仕事って言うのは専門家でなくても「なんかすごい」ってわかるものなんですよね。

      あこがれますね。その「なんか」。

      削除
  3. はじめまして、いつもプリキュアの感想をたのしませてもらっています。
    板岡錦先生なのですが、twitterをやっていまして
    https://twitter.com/Itaoka1
    の方に個人的なプリキュアのイラストをしょっちゅう描いてます。
    今回のキュアトゥインクルもクリスタルロッド付きで描いてます。
    何かの参考になればと思ってレスしました。



    返信削除
    返信
    1. フォローしました。

      ・・・・・・・・仕事の原稿じゃないですよね?
      なぜここまでカッチリ描いてしまうのか。

      色つけないのがもったいないですね。

      ただキャラを描くだけじゃなくて、
      ポージングやシチュエーションも描いています。
      背景や小物までカッチリしてます。


      こんな手の込んだ、カネにもならん仕事をなんのために・・・

      ・・・・・

      サービス精神か・・・・それ以外に思いつきません。


      109日目の「かきこみおもちゃ」はさしずめ「 過 剰 サ ー ビ ス 」というところでしょうか。

      ・・いつか、真似できるようになりたいです。その技術と精神。

      削除
    2. 板岡先生、絵の練習も兼ねと簡単に言ってますが、絵のシチュエーションや絵を見ていると、絵をかくのが本当に「心の底から楽しい」んだろうな~と感じてしまいます。
      サービス精神だけだと私にはとても思えないです。
      ジャンルは違いますが私は料理人なので(おおもりご飯が食べたい)、料理を作って仕事が終わって疲れていても、こんな料理いいんじゃないか、こんな料理だしたら面白いかなと思っちゃうと、睡眠時間削っても作ろうかなと試してみようかな~と思ってしまう作って実験してみる事がしょっちゅうあります。
      そしてその料理にお客様がどういう反応をしてくれるか想像するのも楽しみです。
      板岡先生は、サービス精神単独ではなく、それと自分の技術の向上と楽しみ、全部が一致、一体化しているのではないかな~と想像しています。

      そしてそんな絵を見ていると、板岡先生の同人画集「Itaoka画集2014」も買いたくなってきています。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サンシャイン05 申込完了 9/10 大...