2015年5月20日水曜日

アウトでした(`・ω・´)

今、何気なく今週の感想を読み直してみたんですが・・・


これアウトですね。(゚ω゚)




かつて私は

「否定的な言葉を使わなければならない状況になったら、
語ることを放棄して黙る」

と自分に戒めていたはずでした。


ところが、
今年のプリキュアは先週までは殆どケチの付け所がなかっただけに
その意識が緩んでいたようです。





当然作者に難癖つける事を目的に文章を書いているつもりなどありません。


が、言葉の意味は受け取り手が決めるものです。


それを考慮した場合、いかなる否定的な言葉も使うべきではないと
私はある方から教わっていたのでした。




・・・・・・


・・この反省は今回が初めてではなかったような気もします。

もしかしたらすでに手遅れかもしれません。




が、今年もまた気を緩めないように気をつけます。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


「一般的読解力のある大人なら本文の真意は理解してもらえるだろう」

という期待をするべきでもないのだ。
事はそれほど単純ではないらしい。

なにしろ誰が見るかもわからないのに、その「誰」が「どういう人物か」
など分かる訳もないのだ。


まして、これを読む人にはすべて「感情」があるのだからな。






だが今のうち言わせてもらう。

いかに沈黙を宣言したとしても、





来週ゆいちゃんが出なかったときは
そこだけはわめき散らすぞ!






「どうする・・?」

「いまのうちシメとくか・・」




来週の感想やいかに!(`・ω・´)

11 件のコメント:

  1. 確かに前回の感想文は、読んでいて
    「大丈夫なのか今回の感想…」 と思っていた部分もありました。
    でも仕方ないと思います、
    ゆいちゃんがいなかったのは明らかに制作側のミスです。
    プリキュアのことを知って、そのサポートまでしているゆいちゃんが、既に妖精たちと同じくらいの立場になってきているということが、スタッフ間でしっかり意識できていなかったんですよ、きっと。

    でも今回ゆいちゃんがどこにもいなかったのは本当に残念でした。
    物語に絡まないのなら、浜辺で他のお客たちと一緒に談笑しながら
    何か食べているぐらいの登場でもよかったのに……
    いないよりは、何もしていなくても 「ちゃんと居る場面」 をどこかに少しでもはさんで欲しかったです…

    返信削除
    返信
    1. ゆいちゃんのこれまでの扱いは「作為」があったと思います。

      そうだとすると、今回は「伝達ミス」になるんですが、
      その場合絵コンテをチェックしているはずの監督がスルーしたことに疑問が生まれてしまいます。


      今回のゆいちゃんの扱いは監督も特に疑問を持たなかったのだとすると・・・
      ・・ちょっと厄介なことになりますね。

      作者と視聴者で意識のズレが出ていることになってしまいますから。

      削除
  2. うぇ?!そんなにまずかったのですか?
    確かに前のお話の感想から一転しての感想でしたけど、、、、
    確かに商業連載をやられるようになったゆえにこの感想文で気を使うところも多くなると思いますが、いつも通りの厳しくも暖かいていお先生の感想文待ってます!!

    返信削除
    返信
    1. 特に「退屈」の言葉がアウトでしたね。

      せめてここをオブラートに包めばよかったんですが・・


      最後の手段としては読者を限定してしまう方法がありますが・・
      それはまだ検討したくないですね。

      削除
  3. 今年のゴープリは去年のアレの反動か、1話からずっとハイクオリティな作画、脚本、演出が続くという異例中の異例だと思ってます。
    結果、視聴者側のハードルが例年にないほど上がりまくってしまった結果、今回の話は雑…というか、例年のプリキュアの中でもたまにあるイマイチ回レベルだったな、と。
    一番の問題は、成田さんというプリキュアに置いて重鎮中の重鎮の方が、こんな雑な脚本を書いてる点なんですよね。
    去年のアレは論外ですが、これまでのシリーズだと成田さん脚本回=良回みたいな印象が多かったですし。
    (スプラッシュスター最終回、ハートキャッチのなみなみ回、スマイルのビューティVSジョーカー回など)
    成田さんのモチベーションが落ちてるのか、スタッフ間での連携が取れないのか定かではありませんが、今回の話は多くの視聴者が首を傾げたと思いますので、ていおさんがそこまで自分を戒める必要は無いと思います。ダメなものはダメというのも必要です。

    返信削除
    返信
    1. 私が同人作家のままで居続けたなら問題ない発言だったんですけどね・・

      どうやら私だけでなく世間の多くの人が「今回はおかしいぞ」と思っているらしい、というのは
      少しだけ安心感がありますが、それでも私の今の立場では言ってはいけないんです。

      漫画業界とアニメ業界は近い上にびっくりするほど狭いようですから。

      ※  ※  ※

      今回は脚本に限るなら「雑」というよりも「力の入れ方が変」だったというのが私の印象です。

      言葉が多い割りに的確に要旨につながる表現が乏しかったですから・・



      ・・・オホン。これ以上は控えさせていただきます。

      削除
    2. 返信ありがとうございます。商業作家という立場上、以前のように辛口な感想は難しいと思いましたが、
      ていおさんが前回(海の回に)書かれた厳しめの感想を見て、私はむしろ安心しましたよ。(アレに一言も文句出なかったら、逆に心配になるレベル)
      去年のアレのように語る気すら失われるシロモノだったら、一番良い方法は「沈黙する」ですがw

      削除
  4. ていお先生らしい生真面目さですね(もうプロですしね)

    私も先生がおっしゃるように「退屈」の表現は気になりました
    (あとスタッフを名指ししている部分、検索などへの影響として)
    受け手の感性によるものは議論も反論も難しいですし
    ただ、それ以外は具体的な理詰めでの感想ですから、
    スタッフ側もプロとしての理屈で見ると思います

    こういう形式ですし、一般人の意見の対立で炎上したり、
    作品を見ることそのものを否定するような流れにならないように注意は必要ですね
    感想は批判であっても制作者の宝だと思います
    対スポンサーなど、会議時スタッフの武器にもなりえます

    返信削除
    返信
    1. 遠慮すべき表現、言い換えで済ませられる感情表現、、リスクを負ってでも言いたい表現、

      300回続けてなお見極めは難しいです。

      しかしそれでも、毎回考えるしかありません。

      削除
  5. ブログ読者2015年5月22日 14:50

    個人的には今回の、みなみさんの回は神回とまで言わずとも良回でした。
    述べられた感想ほど酷評をつける回ではなかったと思います。ただあれほどの批判的な感想を書かれると他人の感想とは言え、自分の感性はズレてるのかな?とも疑問を抱く次第でした。

    ただ反省を述べるにあたって、総統を使用するのはいかがなものかと思います。

    返信削除
    返信
    1. >ただあれほどの批判的な感想を書かれると他人の感想とは言え、自分の感性はズレてるのかな?とも疑問を抱く次第でした。

      他人の意見に自ら触れた以上は、覚悟していただくほかありません。
      私の意見はあの通りであり、変えようがないのですから。

      しかし、例え自分の感性が大多数の意見からズレていたとしても、
      ご自身が納得しない以上はご自身の意見に疑問を持つ必要はありません。

      作品の見方に作法など無いし、
      「感情」は自分以外の誰のものでもないのですから。


      間違っても、自分の考え方を近づけようなどとは考えてはいけません。


      総統のパートは本文を述べた後の修飾・「オマケ」です。
      私の基準では、問題はないと思っています。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...