2015年6月26日金曜日

来年もプリキュアやるんですって!(゚ω゚)

人様のブログ記事をソースにしてまた
ブログ記事を書くのはなんだかコスいような気もしますが・・

当ブログは(引用先様もですが)ニュースサイトではないという事でご勘弁いただきたいと思います。


2015東映アニメ株主総会プリキュアまとめ [株主総会]
(管理人様より引用のご許可をいただいております)


>プリキュアの映画の興行収入は、2年連続で落ちている。
今年の「Go!プリンセスプリキュア」は、プリセンセスをモチーフにして
女児が大好きなものを目指した。

現行作品は本来の対象4~6歳向けに徹底して作っており、かなり手応えも感じている 

「今年は子供のためにしっかり作っているな」と
感じる影にはやはり「子供のためにしっかり作ろう」という
制作意思があったんですね。


大人同士でプリキュアの話題をしても「丁寧だよね」という
ワードが誰と話しても必ず出るのですから、
制作側もさぞ手ごたえを感じているのでしょう。

なによりも喜ばしいことですね。

▲このカット、本当に好き。




>来年に関しては準備をしておりまして、プリキュアが再生するように
今鋭意スタッフで努力しております。


来年の監督も決まったんでしょうね。



誰がやるんでしょうね。

その「誰か」は今どんなイメージを膨らませているんでしょうね?


ネタバレ情報にはあんまり興味を持たないくせに、
そういう「人の頭の中」には興味深々です。

15 件のコメント:

  1. 10年一区切り、ここからが正念場ですね(`・ω・´)

    返信削除
    返信
    1. これまでも毎年が正念場だったでしょうし、それはこれからも変わらないと思います。

      「10年はただの結果」と多くの方が仰ってましたから。

      削除
  2. 下手に手広くやろうとするより特定の所に向けて徹底した作りにした方が結果的には沢山の人に支持してもらえるという事ですね。
    ただ、ターゲット層拡大を狙うという考えが必ずしも間違ったものではないとは今でも思っています。現に戦隊や仮面ライダーはそれで成功していますし、プリキュアの場合方法論に問題があっただけだろうと。

    >来年の監督も決まったんでしょうね。
    スプラッシュスターBDBOXの特典についてきたブックレットに書いてある所によると、(当時と流れが同じなら)今の時期がちょうど来期のプリキュアの企画が通ってメインスタッフが決まってる頃ですね。

    返信削除
    返信
    1. 「視聴者層を拡大しようとしたこと」ではなく、不評の原因は別にあると
      私も思います。が、何もいえませんね。

      今年に引き続き、「再生を託せる」と認められる人が
      選ばれるんだと思います。

      削除
    2. >>ただ、ターゲット層拡大を狙うという考えが必ずしも間違ったものではないとは今でも思っています。
      タイミングが悪かったってのもあるように思いますね。
      何せ大ヒットと呼ばれる新規作品が2年続けて出るとは普通予想できないでしょう。
      新しいことを模索することは重要ですが、ここで重なってしまったのは正直不運でしたね

      削除
  3. いやいや、プリキュアは続くと思いますよ?
    落ち目だなんだって言ったってプリキュア以上に稼げるコンテンツを作るのはなかなか難しいですし、むしろもう嫌だろうとネタギレだろうと続けざるを得ないという段階に来ているんだと思います。
    願わくばガンダムのように迷走してわけのわからんことにならないといいんですがね。・・・もうなってたか。

    返信削除
    返信
    1. >迷走してわけのわからんことにならないといいんですがね。・・・もうなってたか。

      それは東映も承知しているようです。
      ≪前の2年間の作品は、ターゲット層を広げようという事で
      本来のプリキュアシリーズのターゲットの4~6歳よりすこし対象年齢を拡げてみたがあまりうまくいかなかった。≫

      そして、それを受けてもとの路線に戻そうとした結果が今なんです。

      「迷走」はあったかもしれませんが、「迷走し続ける」事はないと・・今のところは信じてよいのではないでしょうか。

      削除
    2. ビジネス面でみても、クリエーター面で見ても数少ない「東堂いづみ」原作作品ですからね。
      版権展開の自由度、創作の自由度、難しいながらも達成したときの見返りも大きいですから。

      (仮面ライダーのようなヒーローがインドネシアで展開されていますが、これは「石森プロ」で
      あって東映ではないし)。

      経営側、制作側双方が良いものをつくろうという意思がある限りは見続けられるのではないかと思っています。

      削除
    3. そういえばそうでしたね。
      ワンピースも巨大コンテンツですが、著作権は支払う側ですから
      オリジナルコンテンツを持っているということはものすごいメリットでしょうね。

      「非常に重要な作品の一つ」という言葉はまさにそうなんでしょう。

      大泉学園の駅にある東映の看板もいつもプリキュアですしね。(私が見た限りでは)

      削除
    4. 何年か後に「あそこで終わっておけばよかったのになぁ・・・」って思う人が何人出てくることやら。
      煽る意思はないのですが、単純なハナシ「仮面ライダーの春映画みたいなヒーロー同士の潰し合いがプリキュアにまで飛び火したら嫌だなー」って。
      現に長峯氏は好きみたいですしねぇ、ダークプリキュア5、バーロー、ミラージュ、テンダー、アンラブリーと形を変えて悪側のプリキュアを出してますし。
      借り物で、かつ「重要な作品」であるはずの仮面ライダーでも過去の作品のファンに真っ向から喧嘩を売り、コンテンツとしての価値をじわじわと無くさせるような会社ですよ?プリキュアがそうならないなんて保証は何処にもないじゃないですか。

      削除
    5. 視聴者が喜ばないことをやればそれが自分のメシの種をつぶす。
      ということは誰よりも本人たちが分かっています。

      結果はどうあれ、作者たちは良かれと思って作っているのです。

      そして人の親、あるいは大株主でもない限りは、われわれに出来ることは黙って見守ることしかありません。

      削除
  4. >来年もプリキュアやるんですって!
    これは他の何よりも嬉しい情報です。
    「おぉぉぉッ!!」 と声を上げて喜んでしまいましたw

    そして、来年の新監督ですが、
    今年の作品が歴代でも上位の素晴らしい作品になっていることを考えると、
    ものすごいプレッシャーがあるでしょうね……
    >プリキュアが再生するように
    これを実現させるためには、来年も間違いなく素晴らしい作品にしなければならないのですから。

    来年も「Goプリンセス」と同じく王道で来るのでしょうか?
    前の2年のような変化球な作品は、今はリスクが高そうで作れないですよね。

    返信削除
    返信
    1. プレッシャーはものすごいでしょうが、一人で作品を作るわけでもないですし、
      過去から積み重ねてきた制作のノウハウもあり、先輩からアドバイスももらえる、
      各パートにエキスパートが居る、という状況ですから頼もしいところもあるんじゃないでしょうか。

      もしプリキュアにかかわってきた人が監督になるなら
      「俺ならこうしたい!」という思いは必ずあるはずです。

      それを実現できる機会が来たら、相当ワクワクするんじゃないかと思うんですよね。
      プレッシャーなんか忘れちゃうくらい。


      全部私の想像ですけどね(゚ω゚)


      でも、「プレッシャーだけ」では決してないはずです。

      削除
  5. 波があっても続けていくという覚悟が聞けただけでも良かったと思います
    前2作も好きなので、映画の興行収入減とターゲットミスという評価は残念なのですが、
    逆に丁寧に作りこめば視聴者も分かってくれるということが今作で見えています
    興行が不調な時でも大友が株やグッズで支援出来る体制も検討して欲しいところです
    (視聴者はあくまで幼児で、大人はスマートな形で応援出来るような形式を)

    少し気になったのが、中国等海外向けコンテンツで収益が伸びているという件で、
    あのドラえもんですらケチ付けられることがあるので、あまり頼るのはどうかと…
    世界にプリキュアの精神が広まるのは大歓迎ですけどね

    返信削除
    返信
    1. ドラえもんの中国での興行成績はニュースになりましたからね。

      業界は色めきだつのが当たり前だと思います。
      が、足元は常にしっかり固めていてほしいですよね。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...