2015年8月2日日曜日

Go!プリンセスプリキュア 第26話「トワ様を救え!戦うロイヤルフェアリー!」感想

脚本=高橋ナツコ
演出・絵コンテ=村上貴之
作画監督=五十内裕輔
美術=田中美紀


終始ニヤニヤしながら見てしまいました(´∀`*)



シーンごとに妖精のかわいい、楽しい姿が見られて
つい笑顔になってしまいますね。



ゼツボーグとの戦いも虫取り。
ちびっ子にとって夏といえば虫取り網はマストアイテム。

共感も得られるいいアイディアですね。

もちろんシャットさんのおかげです。


いいアクセントになってた白金さん。

「ほのぼのバトル」を印象付ける、
良いアイディアです。




゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回は「妖精が頑張る回」。

妖精たちが頑張るカワイイ姿を見せつつ、
その中で少しの成長を描く回でした。





・・・・・表向きは。





しかし、裏には別の意図があったのですね。


それがこれ!!(*゚∀゚*)



私は爆笑してしまいました。



このためのお話だったのですね!



でも、そんなノルマがありながら、それを全く感じさせず
楽しくて芯のある一話を作ることが出来たのはお見事です!


作者は、「パフにこの衣装を着させよ」という要求に
応えるにあたって、二人の成長をきっかけにしようと決めました。



たのしい、かわいい姿を見せながら、
肝心なところではしっかり芯の強さを見せる。

自然な会話に思えたトワ様の言葉も、
実はこのときのパフのためだった。

妖精は無力と思いきや

アイディアで一矢報いるというのもいいですね。

「トワさまをおまもりする」という二人の思いも、
言葉だけの抵抗になってしまっては虚しいですもんね。

「力なき正義は無能なり」
と言いますし。


時間稼ぎ⇒プリキュア到着⇒プリキュアもピンチ⇒二人が変身

という流れ。


今回は妖精二人が主役。でも本作の主人公は「プリキュア」。

そのどちらもしっかり立てる物語進行の上手さ!


思わず腕組んでうなづいてしまいました。



゚・*:.:♪*・゜゚・MVP♯*:.。. :*・゜

そんな物語のためにもっとも貢献してくれたのはもちろん

シャットさん!


暑さでイカれたごようす。

冷静な判断力が失われています。

虫に話しかけています。
アブないですね。

今すぐ病院へ行かなくては。

答えを求めるな。

自ら見つけるのだ。
ゆめ先生も言ってただろ!


誰のせいだと・・(ノ∀`)


言っちゃった。

暑さでキレてやがりますね。今日のシャットさん。


このドヤ顔・・・・(´Д`* )


驚く。今自分も同じ事をしているというのに。

ベタベタなコントのノリです。


自分でもウケを取りながら、
パフたちの様子を見て徐々にゼツボーグをパワーアップさせていく。

その力加減が上手かったから、
物語がスムーズに進行しました。


本当にすばらしい活躍です!



シャットさんが空気読めない男だったら
こんなに面白いお話にはなりませんでした。

シャットさんの活躍を讃え、
シャットさんのお墓にセミの抜け殻をお供えしました!



゚・*:.:♪*・゜゚画像でコメント・♯*:.。. :*・゜

いいカットですね~
表情もいい。(´∀`*)

こっちも。


ここは物語には全く関係も必要もないシーン。

でもかわいいからよし。

プリンセスの貴重なプライベートを
垣間見たと思えば。



プリキュアで携帯を使うシーンを見るのは
久しぶり!!mktn以来か?


うん。
確かにプリンセスパフュームに通話機能は
どう見てもなさそうだもんね。


中学生が携帯持つのも10年前と比較したら
珍しくも無いでしょうし。(詳しくはしらないけど)


パパン、なんなんだその柄へのこだわりは。

車に目が行っちゃうね。
なんか存在感ある絵だし。


GTRだよね?


変わりましたね。

変わったのは影のつけ方?
表情のつけ方も違う気がする。

振り付けも含めて、
ハピチャっぽくなったように感じます。



色んな効果を模索しているのか、
それとも映像の監督や技師が違うのか・・


2DアニメーションぽくするCGもあれば、
こういうCGならではの路線を行くものもあるんですね。


ひとつだけ。
私が長らくCGの口の表現が苦手だな・・と
感じていた理由が分かりましたので書いておきます。


それは、漫画絵は「記号」だからです

記号にリアリティが混ぜ込まれていることの違和感が、
私は苦手なのだと思います


もちろん、ただならぬこだわりと圧倒的情熱を感じる映像ですし、
この作品は
「漫画絵と言う記号の塊に対してどんな立体表現が出来るか挑戦している」
ようにも感じられますから、

私の不満は見当違いかもしれませんし、
そもそも私の主観や好みなどは
どうでもいいことなのですが。


はるか・・顔が・・・・

ほう、ゆうき君回か。

夏祭り回にゆうき君を絡めるの?

一体どんな物語になるんだろう。(´∀`*)


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

あれ?そういえば今回はゆいちゃんが居ないのが
気にならなかったな・・

「遊びに行くのに誘わなかった」とかじゃないからかな。
呼んだ所で何の役にも立てないもんね・・


でもこのカットに居ないのはさみしいわー(´・ω・`)

・・と、考えるのは私がゆいちゃん贔屓だからか・・・


しょうがないか・・・

15 件のコメント:

  1. 夏休みの一休み回としては中々コミカルな回でしたね。販促としても自然でしたし。

    シャムールに頼めよ=シャムールははるかと同行。人間になれよ=半人前なのでシャムール居ないと変身できない。と、こういう条件も当たり前のようにクリアしてましたし、その分頑張ってる姿や結実したパワーアップ姿など見どころ満載でありました。しかし今後体力回復機能や捨て身でダメージあるけどやれば敵にダメージ与えられる鳥投げなどは生かされるのでしょうか。ゴープリには捨て設定は少ないと信じたいので楽しみではあります。

    OPに追加幹部居ましたが、果たしてロックらと同格なのか、ドキのおかまとデブコンビみたいに十話ぐらいの季節限定幹部なのか。動かないロックとウェスターさん化しつつあるシャットさんにはない悪役っぷりを見せてみらいたいもんですね。

    返信削除
  2. 寮に誰もいなくなったからこそできたトワのおふざけシーン。人前ではできませんわ。
    しかしあれほど炎を燃やしまくるスカーレットの正体であらせられるトワが、熱で倒れるとはね。
    ツッコんでいいのか悪いのか(笑)。
    しかし妖精たちの戦いが面白かったですねえ。
    セミでもゼツボーグにされてしまうし、しかも小さい、美しくない(笑)。
    シャットさんの墓にセミでも書きますか?

    エンディングが変わりましたね。
    やたらとピンク色成分が増えた気がして、まあそのうち見慣れるんでしょうが、
    ちょっと...いや、見慣れるまでなんども繰り返し見ることにしますわ。

    次回予告:パフ人形が怖いです(笑)。

    返信削除
  3. いや、笑った
    ある意味セミが最高でした。白銀さんは何事にも動じないんでしょうか?

    オープニングもエンディングも変わりましたね、気になったのはオープニング
    歌いにくくない?言い回しが

    あと大人の事情なんでしょうけど、きめ技がフェニックスブレイブに固定された感が・・
    スカーレットバイオリン。売りたいんでしょうか、在庫抱えてたりして

    返信削除
    返信
    1. >スカーレットバイオリン。売りたいんでしょうか

      そりゃあ売りたいに決まってるじゃないですか。(゚ω゚)
      でも、このエピソードを制作している段階では売り上げの良し悪しの結果なんか
      出てないと思いますよ。

      単に「プッシュする時期」と言うだけの事だと思います。

      削除
  4. 妖精でも抵抗できる弱っちぃ敵かと思いきや自己進化を経てプリキュアの動きを封じるほどに成長するとは…恐るべし昆虫…
    プリキュアとバトンタッチしたらすぐに決着かと思っただけに兄妹の活躍がしっかり用意されているとは驚きです。
    (メイド服の販促のため、と言われればそうかもしれないけど、まったくそんな気がしない自然な販促でしたね)
    変身時に人間態にならなかったのは残念かな?と思いましたが、執事試験の頃を思い返せば現在の働きぶりに「成長したなぁ」と感動する心の方が大きいことに気付きます。

    新幹部の存在にシャットさん退場の可能性もちらつくところですが、ギャグキャラになってしまったシャットさんが生き残るためのやられ役としての追加だと思いたい(新キャラの方が気に入る可能性もあるかもしれないけど…)

    返信削除
  5. 「守るために自分の出来ることを」
    変身してお世話するものと思っていましたが、人型になった時はシャムールの力でしたね~

    トワに手摺り滑りのようなちょっと子供っぽいことをさせたり(でも上品でキャラは崩れず)
    風邪をひいたりということで、うまく「トワ=子供=守る対象」のイメージ付けを図っていますね
    パフたちの行動も、アロマ執事試験回の布石がここに活きてきました
    コミカルで情報がいっぱいちりばめられつつも、目的がしっかりしているのでスッキリです
    安易な力(新商品w)の発動ではなく、やれることをやった結果、奇跡が起きたというのがいいですね
    シャットは「美しくない」と言っていましたが、かっこ悪くとも頑張る姿がかっこいいと私は思います
    努力が報われる姿こそ王道に輝いています

    返信削除
  6. ワン・ニャン2015年8月2日 19:40

    新エンディングの映像は確かにハピプリ前半のそれと似ていましたね。あの絵・映像は結構好きです。

    戦闘も前振りもコミカルで、突っ込まれる物語上の弱点もしっかりカバーしてあって、あの2体のマスコットへの愛着を高めてくれる話でした。
    パフの一挙手一投足に「かわえええ!」と悶絶させられました。
    ただの虫からもゼツボーグを作れるという衝撃の事実が私には一番の笑い所でした。そういえば3年ほど前にも虫から集めたバッドエナジーで時計が一周してたような…

    来週はノーブルパーティ回と夢の家回以降ずっと出番ナシだった彼が登場。色んな意味で嵐の予感がします(笑)。

    返信削除
  7. 今回、ゆいちゃんがいなくても気にならなかったのは、避難誘導の必要がなかったからですかねw
    パフが変身したときは、キュアキャンディ並みの戦闘力を発揮するかと期待したんだけど、アロマの方だったとは予想外だった。

    ところで、OP大幅に変わった割にクローズさんが消えてないのは、復活の芽もあるということなのかな?
    バックに浮かぶ登場人物たちは、プリキュアがこれまで倒してきた強敵たちみたいに見えて吹いてしまったw
    映画は、フルCGのが一本あるみたいだし、進化は止まらないですね~~

    返信削除
  8. もうちょっとトワ姫プッシュ期間が続くと思ってたので今回はトワ姫の風邪と看病がメインのようだし主役はトワ姫で妖精は目立つけど脇に・・・って展開だと思ってたら100%妖精主役でトワ姫の風邪はあくまで舞台設定にすぎなかったんで驚きました。
    玩具の展開はあまり気にしてなかったんでパフ達が変身するまで販促回と気付かなかったんで、アロマが助けに来て一緒にゼツボーグに相対した時は、トワ姫がその光景見ていずれカナタと並んで立つフラグになったりするのかなーとか思ったんですがそんなことは無かったww
    とはいえパフの販促回ではあるけどそれを感じさせない楽しい一話になっててお見事としか・・・ニチアサの締めに楽しい30分でした(^u^)(個人的には関西は来週休みなんで楽しい上に二話続きになるような重要回じゃなかったという意味でもありがたかったんですがww)

    いい仕事するシャットさんですが、彼はトワイライト様に執着してるけど当のトワ姫は彼のことを気にしてる様子無いんですよね。今回に至っては声をかけず顔も見てないというか意識すら向けて無さそうだしとことん素で眼中に無いようで・・・・そういう意味ではちょっとシャットさん哀れだなーとw(∩´∀`)∩

    細かい部分の携帯については前二作が通信アイテム持ってたけどプリキュアであることを隠してる以上、関連アイテムは大っぴらには使えないわけで・・・はるはるが両親と一緒の車で普通に電話できてたのを見て携帯電話と通信アイテム、どっちが使いやすいのかな、とか考えてしまいました(^u^)

    新EDはハピチャ前期EDの宮本さん筆頭に10月映画のフルCG編のチームが手掛けているらしいです。宮本さんが下記で呟かれていました
    ttps://twitter.com/gatyapen/status/627629533772910592

    OPは二番になって映像もパワーアップしてますね。トワイライトとスカーレットをどう入れ替えた映像になるのかと思ってたら構図そのままにフローラと向かい合わず並び立たせるのがかっこよくて声が出てしまいました(`・ω・´)

    返信削除
  9. 「アツイ想いは行動で示す」というGo!プリの「イズム」がしっかりと貫かれている良回でしたね。
    アロマはちゃんとお兄ちゃんとしてパフを先導していましたし、パフも芯の強さをしっかりと見せていましたね。
    連携技でリトルフェニックスブレイズ(と勝手に命名)を繰り出した時は、「おぉ!」と声がでてしまいました。
    「主役」としてスポットを当てたからには思う存分活躍させる!という作者の思いが伝わってきました。
    それにしても、お召し替えアイテムまで出るとは、アレンジパフのヒットぶりがうかがえますね。
    今はまだあまり明るい数字の無い本作においては、希望の星なのでしょうか。

    返信削除
  10. えーと、白金さんってパフが二足歩行して前足で網を振り回してるのに驚かないということは、パフが犬ではないことを知っている? もしかしてホープキングダムのロイヤルフェアリーであることまで知っているとか?

    返信削除
  11. 蝉がゼツボーグ、笑ったよ、あなたの夢を見せなさい、の後のシーンに、大笑い、ただ、空を飛びたかっただけ、っていう(笑)、でも、スカーレットの力で、夢がかなったね、あの後、じんじんじんじん、みーん、ってね・・(笑)あれも笑ったわ。

    返信削除
  12. トワが誰もいない手すりで滑って遊んだところは普段なら理性で好奇心を留めてお行儀が悪いことはしてはならないと
    躾けられているトワが熱のせいで判断力が落ちているのでついやってみたいと思ってしまったことを衝動的にやってしまった
    というシーンじゃないんでしょうか?
    仮にそういった理由付けがなかったとしてもお話の合間に(たとえ話に脈絡がなかったとしても)プリキュアの素顔を入れることは
    必要性の有無にかかわらず良いシーンだと思いました。

    返信削除
  13. ていお様ご指摘の通り、今回は、おしゃれヘアアレンジパフの追加商品である
    『パフメイドセット』の紹介が課せられた販促回。
    先日、子供雑誌の表紙をめくり、この商品が載っていたのを見て「なるほど」と爆笑しました。
    (その割には、メイドセットのCMは流れませんでしたが(苦笑))
    以前、(アロマが主の回ではありましたが)パフのメイドとしての頑張りは描かれたことがあるので
    どうやって商品のこの姿に持っていくかと思ったら、このような形でしたね。

    『止め絵口パク多め』『話をする人間以外は極力動かさない』『中割りコマの簡略』等々から
    本編の物語進行は見送り、線の少ない妖精をメインに動かして人物の登場場面を削ることにより
    製作に要するコストを抑え(某漫画の言葉を借りれば『カロリーを抑える』)
    とにかく今回は、絶対条件である販促物を描くという命題クリアに徹したのだなぁ…と思いました。

    プリキュア4人が出て戦闘しまくると、動画枚数が増えてしまうし、キャラの線も多くなる。
    また、中割りコマを削りすぎると戦闘がぎこちなく見えてしまうことから
    アロマ&パフがそのまま戦う展開とし、そのバランスを取るためにセミボーグを用意。
    先週から続いているシャットさんの哀れっぷりも、今回を見据えてのことなのかと。

    そういった事を考えると、シナリオに若干のご都合主義を感じつつも
    話を一定のクオリティで仕上げるための、脚本家さんや演出家さんの苦心の跡に感心しました。
    また、OPの新しいカットや新EDの登場というタイミングから
    興味や注目がそちらに向いたということも奏功したと思いました。

    新EDは、空魔人様が述べられている通り、ハピプリ前期EDを担当された方で
    そのツイートにもあるように、状況描写や空気感を重視した作風ということと
    宮本氏本人も、その質感には賛否両論あることは承知のようですね。
    輪郭線等の線の描き方が独特のタッチで、これはこれで味があるな…と思いました。

    個人的には、EDCGにおけるリアリティ描写で、口の中…特に歯を見せるかどうかについて
    ハピプリではアリだと思いましたが、GOプリではいかがなものかと思いました。

    それこそ記号的に考えると、歯を見せて笑うということは
    『子供っぽさ』『快活さ』といった事を想起させます。
    これは今作の『優雅さ』『上品さ』という方向とは正反対であるため
    前期で歯を見せないEDを見て「ああ、そのあたりを汲んでいるのかな」と思っていたのですが
    どうもこの監督さんは、口の中までリアリティを出すのがお好きなようですね。

    返信削除
  14. 「病気の人のために妖精ががんばる回」
    というだけで微笑ましいのに、そんな妖精たちに合わせたような
    「小さなセミのゼツボーグ」

    これはスイートプリキュアの頃にもあった
    「まったり回」 を彷彿とさせますね。
    虫取り網を持ってきたところなんか特に…。

    >二人の思いも、言葉だけの抵抗になってしまっては虚しいですもんね。
    『5』の頃のココナッツ王子が敵にあっけなく吹っ飛ばされる所を思い出してしまいました…
    「大人の男性2人」 よりも 「まだ幼い兄弟妖精」 の方が役に立ってるって……

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...