2015年10月24日土曜日

プリパラ第14話「ライバル登場!イゴ、よろしく!」感想

パキらぬ。(`・ω・´)




・・・・・・ツッコミポイントの多いアニメだことで・・・



らぁらたち主人公のキャラが強いのだから、
それに負けない濃いライバルキャラを用意しなければならない!

というのは分かります。


しかし、「1クセ」では足りないと思ったのか。
何クセあるんでしょうかこのシオンさんは。

囲碁がしたくなったら廊下でも

四字熟語(勇ましいのがお好き?)

パキらぬ。

親切にしてくれたらぁらたちに迷わず宣戦布告。


壊滅的オンチもダンスも

囲碁脳変換で

天才的にマスター。

※  ※  ※


うん。

「ライバル育成に尺なんか使ってられない。
ちゃっちゃとらぁらと同じレベルまで上げるぞ!」

という作者の都合はわかります。

これはつまり、らぁらが13話かけて獲得してきた
経験値を一話のうちに全部与えるチート育成。





新曲も

チーム名も。

※  ※  ※


しかし、囲碁とアイドルはどう考えても相性が悪い
・・・というか、一緒には描けないだろうと
思ってました。



そこはアイディアでしたね~(゚ω゚)





五線紙と囲碁の盤を重ね合わせることで
二つの共通点を描き出し、

「囲碁も歌も同じである」という説明に・・・・












・・・・・・・・・













は?(・ω`・)










一瞬

「あ、なるほどうまい」



と思いましたが、













一体何がなるほどなんでしょうか。



何が上手いんでしょうか。





棋譜をダンスのステップに変換。

あっというまにマスター。





これでダンスが上手いことの説明になってると思うのか。











アイディアじゃなかった。









力づくだった。






「え?でも・・」とか「それはおかしい」とか
言わせず強引に押し切って来た。









プリキュアと頭文字Dでしか勉強してこなかった私には
少なからずショックでした。

(※アニメ頭文字Dは少なく見積もっても500回以上見てます(゚ω゚))

(藤原文太が速いのは毎日豆腐作ってるからだ、
で納得しろと言われたら混乱して嘔吐します。)


そんなやりかたもあるんだね・・・

四字熟語も彼女のシンボルなのね・・

ウサギに耳も貸さなかったシオンさんが




四字熟語で説得したらあっさり転んだ。



・・・・・・・・・・しかし、シオンさんの落とし方を正確に見抜く
このウサギの眼力。



なるほど、優秀なスカウトなのは
確かなようです。(`・ω・´)



゚・*:.:♪*・゜゚手堅い・♯*:.。. :*・゜

そんなアヴァンギャルドなキャラ育成をする一方で、

物語作り自体は非常に堅実で分かりやすく作られていました。


らぁら達が3人チームになった今、
彼女達には新たな活動の目標が必要でした。


今回はそれを示す回というわけですね。


それが「パラダイスコーデを入手せよ!」
という指令。

そして

ライバルキャラの投入。

この絵が最高に分かりやすい。



そして、シオンさんがらぁら達のライバルなんだな、

ということを印象付ける為の演出も用意!


即ち

みなみ風紀委員に恨みがある。
(100%シオンさんが悪い)

いつかお前を投了させてやる!

逆恨みというのが楽しいしかわいい。


そして打倒宣言。
「お前達は敵だ!」

分かりやすい。

それでいてかわいげのあるところも見せて
「ライバルだけど悪い子じゃない」と思わせるように
配慮もしてある。

うーん(´ω`*)

衣装もライバルらしく。
らぁら達とは違うベクトルのカッコ可愛い感じに。

ライブの出来もさることながら、
クマの絶望的リアクションも「手ごわいライバルが現れた」事を演出するのに
非常に効果的でした。




ドロシーとレオナが若干付け合せっぽいですが、
たぶんこれから・・・


なんですかこのドロシーさんのポーズは。


完全にヨゴレじゃないですか!!


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜




これからライバル編がはじまるのですね。
一体どんな物語が展開するのか。
そこにどんなアイディアが見られるのか。
非常に楽しみです。





・・・・・・・・・



・・・・・・・・あと、↑このカットのシオンさんが
可愛くて仕方ありませんね(`;ω;')

いつかはこんなあざとい表情を見せてくれるようになるのでしょうか。(*゚∀゚*)



※  ※  ※

ところで。

キャラクター名が真ん中&東西南北といういちご100%方式
というのは分かるのですが

ライバルキャラに「東」を当て、

「東堂」としたのは


東映アニメーションの東堂いずみに
多少なりとも引っ掛けているのでしょうか?

プリキュアのライバル的企画であることは明白ですし。



どうなんでしょうね。(゚ω゚)


※  ※  ※


あとはCGアニメのクオリティ。
見慣れてさえやはり「すごいなぁ」と感心します。


漫画絵を、その魅力をそのままモデリングして、
ちゃんとどの角度から見ても可愛く作っています。

目がチカチカするデザインはともかく、複雑な衣装も遠慮なくグリグリ動かせる、
というCGの利点もしっかり利用しています。



゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

そういえばこのアニメはここまで
「作画崩壊」あるいは「個性的作画監督」に
お目にかかった覚えがありませんね。

アイカツも割りとそうだったけど。



・・・・・・・・やっぱりこの点は東映アニメの方が
特殊なのでしょうかね。

6 件のコメント:

  1. >なんですかこのドロシーさんのポーズは。
    >完全にヨゴレじゃないですか!!

    アニメで見ていた時は気にしなかったんですが、
    こういしてキャプチャで見るとハッキリわかりますね。
    これは完全にD〇IGOの「ウ〇ッシュ!」ですよねww

    >・・・・・・・・あと、↑このカットのシオンさんが
    >可愛くて仕方ありませんね(`;ω;')

    ですよね!!!
    そして今回のOPでもみれぃさんの可愛さが本当に素晴らしいです!!
    シオン&みれぃ がこのカットを支配しています!!w

    返信削除
    返信
    1. >これは完全にD〇IGOの「ウ〇ッシュ!」ですよねww

      ああ、どっかで見た気がしましたが・・・・

      って、やっぱりふざけてるじゃないですか(`・ω・´)

      >シオン&みれぃ がこのカットを支配しています!!w

      あざといといえば全員あざといですが、
      なにげにドロシーさんがちゃんと美少女しているのが貴重な気がしました。

      削除
  2. ドレッシングまみれのパフェなんぞ食うたら腹壊しそう(笑)

    それはさておき、・・・うーん・・・。

    この回については、相変わらずのブッ飛んだギャグと、それによる話の勢いについては「らしさ」があって良かったです。また、思い返してみれば後々に繋がる種もしっかり撒いていた点は評価したいのですが、とにかくライバルユニットの登場と、そのライバルが強敵であるということを1話で詰め込んでちゃっちゃと終わらせるためだけの話で、言いすぎかもしれませんが、物語としてはほとんど中身が無いと感じました。

    今回一番出番の多かったシオンに物語は存在しませんでした。「余裕こいていたら、ライバルの強力さを目の当たりにして気持ちを改めた」という、ソラミ側(主にクマ)に心の動きがありましたが、物語としてスポットは当てられていません。

    話の中でメイキングドラマとその意義(観客にどんな思いを伝えたいかを形にしたもの)に触れたものの、発動したのはプリティーリズムの「プリズムライブ」をオマージュしたようなメイキングドラマで、そこには思いを伝えるメッセージ性は無く、ライブパートを物語の一部とするためのライブ中のモノローグも今回はありませんでした。

    シオンがプリパラを始めた動機が動機だけにまた、ドレッシングパフェの結成の経緯も経緯だけに物語を描きにくかったのかもしれませんが、そこはもう少し「シオンがプリパラに対する思いを強める」とか「今ひとつ協調性の無いユニットがソラミを倒すために一つにまとまる」といった点を描いて欲しかったと思いました。

    「ギャグアニメに物語は不要」という感覚で視聴する分には何も問題無いのですが、自分にはどうしてもそこが気になってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. >シオンに物語は存在しませんでした

      あ。ホントだ。

      ヘラヘラ笑ってみてたら完全に見落としてました。

      「物語」がないのに満足しちゃってましたね・・・(゚ω゚;)
      まだ自分の知らない道理があるのかもしれません・・


      >そこには思いを伝えるメッセージ性は無く、ライブパートを物語の一部とするためのライブ中のモノローグも今回はありませんでした。

      なんということでしょう(`・ω・´)

      私はシオンさんというキャラに気を取られるあまり
      分析がザルになっていたではありませんか!


      そうですよね。

      ここは「宣戦布告」を可愛くやるようなアイディアには出来なかったのでしょうか。

      ・・・・・既にCGを発注しちゃってたからどうにもならなかったとか?


      >今ひとつ協調性の無いユニットがソラミを倒すために一つにまとまる」といった点を描いて欲しかったと思いました。

      んん~~~

      ひょっとして普段私が書いている「不満」を読んだ人はこういう気持ちだったのでしょうか。

      まさにおっしゃるとおりだと思いますが
      まったくそんな事は思いませんでした。


      プリキュアじゃないと何かのスイッチを無意識にオフにするのでしょうかね・・・(`・ω・´)

      削除
  3. >ドロシーとレオナが若干付け合せっぽいですが

    いやぁ、僕も初めて観た時は
    え!?お前等ただのモブじゃなかったのかよ!
    って思いましたよ。

    それが、まさかねぇ、
    観ていけばわかると思いますが
    本当、全く付け合わせじゃないですよ。この二人は。

    ドロシーなんて参加してる脚本家に
    一番のお気に入りとまで言われるようになりますから。
    いやはや。

    返信削除
    返信
    1. そ、そうなんですか・・・

      今のところはあまり想像ができませんが・・

      ましてレオナなんてドロシーのオマケっぽく見えますが(`・ω・´)
      一体なにをどうするのでしょうか。非常に興味深いですね。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 11/5 キラメッセ沼津 僕ラブサンシャインIN沼津3 申込完了 11/12 池袋...