2015年11月12日木曜日

感想文延期のお知らせ(と、新人4コマ作家の愚痴(゚∀゚))

15日はコミティアへ行くので更新は月曜日になります。
今回も限定冊子を配布いたします。
コミティア(などのイベント)とていお亭通販以外では公開しない、WEBにも単行本にも載せない
「山本さんちのガン・ガール」描き下ろし情報誌(6ページ・無料)でございます。

なぜこんな冊子を配るかといえば、「山本さんちのガン・ガール」は

幕末モノ、会津モノ、侍モノ、鉄砲モノとして描きたい、面白い情報が
山のようにあるのに、それは「キャラクターモノとして描く」という編集・演出方針のもと
ことごとくNGを食らうのです。

(そのさじ加減を理解した今は、私が自ら情報量を調整していますが。)


そのNGを不満に思っているわけではありませんが、
(むしろ編集部の方針の方が正しいと思いますし)

毎回のように発生する人物・土地・文化・技術などの
「面白いけど4コママンガでは到底扱えない情報」を

あんまり目立たないところでコッソリ発表したい。



ということで毎回制作しようと決めたのです。



当然、編集さんに話は通しています。
編集さんも面白がってくれます。




コミティアへ行かれる方は是非ウチにもお立ち寄りいただけますと幸いです。

※  ※  ※

余談ですが、ここまで山本さんちのガン・ガールを描いて来て思うのは

「普通のマンガでやりてえ!!!」

という思いです。



8ページしかなくて、しかも1本ずつ起承転結をつけねばならない上、

「4コマは気軽に、その回だけを読んでも楽しめるように設計すべき」
と思いますから

プリキュアで学んだ物語のロジックは殆ど使いどころがありません。
(まったく無いとは言いませんが。)





1話ごとに、本当は描きたかった人物描写やギャグ、
捨てるにはもったいないレベルのアイディアを
大量に切り落として捨てています。


完成品の脚本は湯葉みたいなもんです。



「あと1コマあればもっと面白くなるのに」
「小コマ、大ゴマが使えれば状況説明や心理描写が出来るのに」


そんなフラストレーションが結構たまります。




でも

同じ土俵で面白い作品を描いている先輩方が居るのですから、
そんな不満を持っている時点で4コマ作家としては
まったく未熟なんだと思います。


出来ることといえば、その先輩がたの仕事を見て学習することしかありません。ふぅ。

4 件のコメント:

  1. あの「ゆ〇ちゃんそっくりな田舎娘」が
    犬と会話できるだけじゃなく、あの千円札の人の母親だったとは…
    意外でしたw
    息子が囲炉裏に腕を突っ込んだ時は、さぞパニクったことでしょうね。
    早く続きが読みたいです!!! モザイクの下が読みたいです!!!

    >8ページしかなくて、しかも1本ずつ起承転結をつけねばならない上、

    4コマ漫画って、素人がすみっこに描く分には「落書き」程度の感覚で出来てしまいますが、
    プロになるといろんなノルマや目標や技術や制約があって、
    ものすごく難しいイメージがあります。

    『山田のり子』のたかの宗美先生も、単行本12巻で
    「ネタ出しの苦しみは1巻の時から変わりません。」と仰っています。

    ていおさんは今その「苦しみ」の中にいるんですね…
    応援しています!!!!!

    返信削除
    返信
    1. 思いついたときに描いて友達に見せるのとは違って、
      定期的に同じ数生産して品質も確保する。となると趣味や遊び感覚ではやれないですね。

      面白いアイディアでもページ制限や先の展開の都合でカットしなきゃならなかったり、
      逆に足りなければアイディアを足さなければいけませんから、
      どんな条件からでもアイディアや起承転結が作れるようでないと務まらないんだなと感じています。



      >「ネタ出しの苦しみは1巻の時から変わりません。」と仰っています。

      マジですか・・・・・

      「慣れれば段々楽になるだろう」というのが私の観測だったのですが・・・


      いや、まあ、たかの先生は生産数がすごいですからね・・

      >その「苦しみ」の中にいるんですね…

      苦労して作ったものでないと人様に自信を持って届けることが出来ないですし、
      私も買い物するなら真面目に仕事した人の物を買いたいですから、
      私なりに精一杯やろうと思います。

      削除
  2. 会津の人間なんで、「山本さんちのガンガール」は毎月楽しみに読んでます。
    (正直、ガンガールとプリキュア感想でのていおブログとは最初結びついてませんでした(爆))

    そのうち、中野竹子とか出ないかなぁとか思ってます(萌えの桜では登場してたみたいですが)
    どんなネタか楽しみなのでこの小冊子、すごく欲しいですねぇ

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!

      本作がご当地キャラ企画の枠の外に出た以上、
      会津を知らない人にも問題なく楽しんでもらえる作品に
      するというのは当たり前なのですが、

      「会津らしさ」はやはり大事なアイデンティティですので、
      会津のことを少しずつ勉強をして、「らしさ」を演出することで
      「会津の人が喜んでくれるといいな」と思いつつ作っております。



      中野竹子様ですか。(゚ω゚)

      ・・・どの程度先の話をするべきか分らないのでボカしてお答えしますが、

      会津娘といえば大河が始まる前は八重さん以上の有名人だった、という事ですので
      会津が舞台の漫画ならば妹の優子様と併せて「欠かせない」と思っております。

      優子様には今にも続くご子孫がいらっしゃるので、
      そうした方々にも納得していただける作品にしたいと思っています。


      どうぞ、そのときをお楽しみに・・・。


      小冊子は会津佐哲が福島県内のサブカルイベントでも配っているほか、
      ていお亭通販のオマケとしても配布しております。

      会津佐哲にツイッターを介して「くれ」と言えばイベント詳細から
      バックナンバーまで案内してくれると思います。(゚ω゚)

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 11/5 キラメッセ沼津 僕ラブサンシャインIN沼津3 申込完了 11/12 池袋...