2015年11月21日土曜日

プリパラ21話「解散!?そふぃ様親衛隊」感想

くっ!Σ(*゚Д`;)
かわいすぎるやん・・


話の筋は全て予想通りだったのにすっかり楽しんでしまいました。

今回のテーマは「親の子離れ」。

そふぃ様が親離れした後も、毎回本題とはちょっと離れたところで

「今日は一人でお昼を買いに行くの~」

ぺっwww


などとやっていたのは今回の伏線にもなっていたんですね。



「頑張ってちょっとずつしっかりしてきた」という様子を
毎回見せてきていたから、セリフで語るまでも無く

「もう親衛隊の補助が無くても日常生活には支障なし」

という印象が持てました。





あるいは、
そふぃ様の様子を丁寧に描いてきたからこそ、
親離れのタイミングもまた「自然にそうなった」ものかもしれません。



ここにまたひとつ、作者の「丁寧さ」を見た気がしました。




゚・*:.:♪*・゜゚定番の筋・♯*:.。. :*・゜

「筋」はいたってふつう。

親離れを決意する親衛隊

しかしそふぃ様が忘れられない

そんな話を聞いて励まそうと決意するそふぃ様

▲内容がどうあれ・・・

お互いを思い合う気持ちが十分に出たところで

根本の間違いを正す。
お別れする必要などなし!

これからもファンとして応援したらいいじゃない


ソロのメイキングドラマで気持ちを伝える。

・・・みんないい表情だ。(*´ω`*)


そふぃ様と親衛隊の関係は大して
変わっていないように見えますが、

「保護者」から「ファン」に変わり、
そふぃ様はそのファン達の期待や想いに応える。

という関係になりました。


中身は大きく変わったのですね。

そういう意味では、お互いに確かに「卒業」したのでしょう。

そして新しい関係が始まっていくんですね。



゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

うん。骨組みだけなら簡単です。
(これまでの蓄積あってこそのものですから、言うほど単純でもないですが。)

だけど、そこにどんな肉をつけていくのかのアイディアは
誰にも出来る物ではないでしょうね!

断髪式。これは面白いですね

スケッチ。これは予想が付きやすい

サルから人への進化・・・・・・の図解なのに
向きが逆だと・・・


うん。絵として面白い。

シオンさんたちも絡める。うまい。

・・随分カワイイボケだなぁ。
もっとかっとばしてもいいのに・・


なんて思ってたら!



はぁ!!??Σ(゚Д゚;








ブラシのつもりでザリガニ?











ひ・・卑怯な・・・

ユルめのボケで油断させたところで
こんなハードパンチを出すなんて・・





マトモに食らって
頭クラクラしましたわ・・・・





ドラマはしっかり。


たまにボケをはさみつつ。

!?

たま・・に・・?((((;゚Д゚)))


そふぃの気持ちの伝え方。

たこ・・・

制服クリーニング確定。・゚・(ノ∀;)

・・なんてことは今は些細な問題ですね。

あなご・・(でかい!ウツボじゃないの?)

名残惜しいけど「行かないで」とは言えない。

引き止めないけど、少しでも長くとどまらせようとする「本心」。


それをあらわすのが小出しにする海鮮((((;゚Д゚)))


なんという不思議な世界。
普通のありがちなドラマのところどころに
強力なボケが混ぜ込まれていて

異彩を放っています。


「そふぃ様を邪魔してはいけないと思うから」

「自分のためにみんなを引き止めちゃ悪いから」




お互いを思いあうからこその決別!


・・・の、覚悟を見せる場面。

いいシーンですね。


そのお互いの想いを見せた後のソロライブ。

久々に出たそふぃ様のマイクパフォーマンス。



初登場回と同じ映像なのに、今回はずっとステキに見えました。



絵の力を何倍にも引き立たせる!
それが物語の力だな!


なんてことを考えました。






゚・*:.:♪*・画像でコメント゜゚・♯*:.。. :*・゜

過保護だったけど、そふぃが羽ばたくために、
自分も邪魔しちゃいけない!



育児放棄など以ての外ですが、
過保護もまた当人のためにならない。

子供番組においてその主張は親御さんへのアドバイスという
意図も多少はあったのかな?

このレタス頭ちゃん・・

ロボットみたいな気味の悪さがありますが、
「ふぁ」の名前ということは主人公格の一人か・・



どんな子で、どんな主張があって、
らぁら達のものがたりにどんな影響を与える存在なのかが
想像できませんね・・


とりあえずこの「毒キャンディ」は好きになれそう。


プリキュアではなかなか聞かないせりふですもん。
「ゴミクズ下っ端アイドル」だなんて(*´ω`*)

8 件のコメント:

  1. 最後の、お互い未練があるせいかなかなか離れられなくて
    ちょっとした魚市場みたいなことになってるシーンが
    かわいくて好きでしたw

    そふぃさんってなんとなく母性を引き出させるキャラなんですよね。
    守ってあげたくなるキャラというかなんというか…

    現実であんな子が1人で都会の電車に乗ってたら
    心配で気が気じゃないですし……
    親衛隊の気持ちが少しわかったような気がしました。
    …まさかこれも全て作者の計算だったんでしょうか!!?

    >「ふぁ」の名前ということは主人公格の一人か・・

    主人公格のキャラ全員のイニシャルを繋げると
    「ドレミファソラシ」 になるんですよね!!
    最近になって初めて気づきました。
    ドロシーが最初の一文字目にくるのはなんか許せない気もしますが、
    うまいネーミングですよね。

    返信削除
    返信
    1. >最後の、お互い未練があるせいかなかなか離れられなくて

      おなじボケを繰り返すことで見えてくる微妙な心理描写。

      上手いんですがボケが強すぎて初めは頭クラクラして心理描写を見落としてました。
      恐ろしい「パンチ力」です(`;ω;')

      過去のそふぃさんは世話してやると可憐な姿で応える、という事のようですから、
      それでコスモ姉さんや親衛隊がついつい世話を焼きすぎてしまったのでしょうね・・

      削除
  2. 『解散回だから海産物だ!』
    とダジャレを思いつくまではわかるんですが、それをこうも上手く本編に組み込めるセンスがすごいですよね。

    返信削除
    返信
    1. >『解散回だから海産物だ!』

      え!

      あ、そうなの!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


      たしかにそうなのかも・・・解散と海産・・・・・・・海産式・・・・・

      本当にそうだとするとすごいテクニックだ・・・

      削除
  3. もう何回言ったか解りませんが、キャラとストーリーの「積み重ね」。その大切さですよね。
    プリパラはキャラを本当に大事にしている感じがひしひしと感じられます。

    思い出すと、ファルルも後々のために今のうちに種撒いていましたね。
    突然出てきたキャラが、突然愛を語りだす、なんで事が無いので安心ですね。

    返信削除
    返信
    1. 何度でも言いたくなりますよね。私もついつい言ってしまいます。具体的言及は避けましたが。

      本当に、こんなにエキセントリックなギャグをやってるのに
      根本の仕事は堅実・丁寧なんですよね・・・

      急に現れた子が正体も明かさず上から目線でお説教&変身して「5つの誓いを押し付ける」みたいな
      荒さが全く見つかりません。


      「友達を思いやる」という主義が一貫しているのもとても好きです。

      削除
    2. 「積み重ね」も大事ですがミステリアスキャラを「紐解く」のもいいと思うんですけどね?
      初期時は「なんだこいつ?」と思っていても掘り下げた時に印象がガラッと変わることもあります。
      第一印象と芯との落差にキュンッとなるパターンですね。いわゆる子犬拾う不良少年(笑)
      まぁ「紐解く」といっても時間をかけて仲良くなる過程という意味では「積み重ね」と同じですけどね。

      削除
  4. この回のそふぃの漁師姿が伏線になるなんて誰が思ったか

    キャラを魅力的に魅せるために長尺を掛けてるのは確かに
    1期の時点でメイン7人さらに2期で倍近く増えますがキャラの埋没をなるべく避けるように作られている感じはする
    短いセリフだとしても1話の中に多くの登場人物を登場させて視聴者に印象付かせてる 代わりに口調などのキャラ付け全般が異様に濃くなるってのがこの森脇監督らしい

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...