2015年12月10日木曜日

ミラチェンタイム☆ミラクルらみぃ

*WEB拍手コメントより*>ていお先生に朗報です(匿名)



<小学館紹介記事より抜粋>
原作は「スマイルプリキュア!」でおなじみのアニメ監督・大塚隆史さん、
イラストは「スマイルプリキュア!」などで大人気の川村敏江さん、
そして物語は「妖怪ウオッチ」や「俺物語」の脚本でも有名な高橋ナツコさん

という超強力タッグで贈る超特大企画! 面白さ絶対保証の一冊です!
※  ※  ※

ははぁ。(゚ω゚;)

とりあえずその説明文なら「タッグ」ではなく「トリオ」と呼ぶべきですね。
って、それはいいんですが。


新作アニメのメディアミックス・・・・・というわけではなく?

オリジナル作品?(゚ω゚)


大塚さんそんなんもやるんだ・・



テーマは「未来」と「夢」?

スマイルプリキュアっぽいものをもう一度やりたくなったのか、それとも
GO!プリンセスプリキュアに触発されたのか・・?


「プリキュア」というフォーマットが無いオリジナル作品ということは、
原作者・著者の実力勝負、という事になると思います。


出たら読んでみようかな。


とりあえず、表紙絵のでかい画像が見たいですね・・・(゚ω゚)



レビューするかどうかは分りません。
書評はアニメ感想よりも緊張するので。


他人様の作品にああだこうだ言ってる場合でもないですし。

※  ※  ※

追記:

アマゾンにおっきめの画像がありました。



(スマイルパクトみたいのがある・・・)○o(´ω`)

構図とポージングは流石の川村先生。
着色は誰がやったんだろう。



゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

しかし、「来年のプリキュア監督は大塚さんカムバックという目も
あるんじゃないか」と私は思ってたのですが、GOプリの演出に参加したほか
これを準備する余裕があったということは、違うのかなぁ。(´・ω・`)

もうじき明らかになる事ですが。

9 件のコメント:

  1. かつて女児向けの児童文学「黒魔女さんが通る!」もNHKでアニメ化されました。

    ・・・・・・これも!!早く!!

    しかし完全にコレ「プリキュアに変身しないプリキュア」ですよね・・

    返信削除
    返信
    1. >しかし完全にコレ「プリキュアに変身しないプリキュア」ですよね・・

      鷲尾さんのイズムに則るならば、目指しているものは恐らくそうですよね。
      (男の子でも良い、変身しなくても良い。女の子達を夢中にさせられるものがプリキュア。)という意味で。

      削除
  2. URL見てみました。
    どうやら『ひみつのアッコちゃん』のように
    いろんな職業のお姉さんに変身する物語のようですね。
    女の子向けの「王道を行く」作品になるのは間違いないみたいです。

    でも「オトナの楽しさ」ですか……
    ほとんどのオトナたちはこれを忘れて生活していますよね…
    ファミリー向けに、何か深いメッセージなども見られるかもしれません。

    ただの予想ですけど、今からすごく期待してしまいます。
    楽しみです!! 見てみたい!!

    返信削除
    返信
    1. メッセージはあるでしょう。しかし、それが第一になってしまえばエンタテインメントになりません。

      しっかり人物描写で楽しませた後に、「よく考えればそういう教訓が」と考えさせてくれるのが
      作品作りの基礎・・・・と、私は教わっている最中ですが

      「プリキュア」というフォーマットから離れて、そのへんのさじ加減がどうなるのか?

      私が気になるところです。

      削除
  3. 川村敏江さんといえば、来年の正月に公開されるこちら↓の映画でメインアニメーター(総作画監督のようなもの?)を担当されるようです。

    ガラスの花と壊す世界
    http://garakowa.jp/

    PVでは人気キャストや人気キャラ原案さんが推されがちで川村さんが全く推されてない事にいささか不満なんですが、自分は川村敏江さんの作画という事で見てみたいなと思っています。


    時に

    >書評はアニメ感想よりも緊張するので。

    だそうですが、なにゆえアニメのレビューよりも小説のレビューの方が緊張するのか気になります。

    返信削除
    返信
    1. >ガラスの花と壊す世界

      ヒェーー
      映画ですか!まさに引く手あまたってかんじですね。

      線画・ポーズもすばらしいですが着色の色選びや塗り方もとてもいいですね!!!


      >なにゆえアニメのレビューよりも小説のレビューの方が緊張するのか気になります。

      アニメよりも今の私の仕事に近いからです。(゚ω゚)

      本、となると「人のこといってる場合か」って心の声が聞こえてくるので。
      売れなきゃ次が作れないのは同じ立場ですし

      削除
    2. >映画ですか!まさに引く手あまたってかんじですね。

      『プリキュアオールスターズ春のカーニバル』でのあの怖ろしい作画を見せられたら…
      そりゃあ「全体的にあのクオリティで映画1本作らせてください」って
      川村敏江さんに直談判があったとしても全く不思議ではないですよねww

      川村先生の進化といい…ていおさんの進化といい……
      作る側も視聴者側もみんな救って育ててくれる……
      プリキュアって本当偉大だなって思いました!!
      そういえば大塚隆史さんも田中裕太さんもプリキュアに育てられた方でしたね。

      削除
    3. 川村先生の恐ろしいところはセンスが古いところで固定されないことです。

      単に絵が上手いだけでなく、ファッション、ヘアスタイルのデザインセンス、
      目、アタマの描き方が時代の変化に対応しています。

      構図力やデザイン力に定評がささやかれるようになってからも向上心は
      失われるどころか更に加速しているように私には感じられます。

      お年を召されるとどこかの世代で進化が止まるベテランさんも多く見受けられ、
      それはそれで尊敬の対象ではあるのですが、私が先生を尊敬するのはこの
      向上心が一番の理由です。

      見るものに「なんか分らないけどすごい」と思わせるのも、原因はそういうところにあるのだろうと私は見ています。

      削除
  4. 高梨康治「アキバ鋼鉄製作所」
    キュアメタル作曲家「高梨康治」と人気声優「田野アサミ」による、ロックでゆる~い番組♪
    放送日の2/12は田野アサミさん誕生日!ということで『スマイルプリキュア!』で二人が大変お世話になった、アニメーション監督「大塚隆史」さんがスペシャルゲストに来てくれました。
    今回は大塚さんが原作者として携わった「ミラチェンタイム☆ミラクルらみぃ」のお話を中心に、ここでしか聴けない将来の夢探しなどなど・・・ステキなお話が盛りだくさんな放送回です!!!
    お楽しみに♪
    http://www.animate.tv/radio/metal-radio

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...