2016年2月1日月曜日

途中経過

感想を描く前に、余韻に浸りたくて第1話から主要な回を見直しています。

1話、10話、11話、14話、29話、30話、33話、39話、46話、47話、48話、49話。
(主に、敵幹部の活躍を中心に。ほかにもあるけど。)


・・止まりません。(`・ω・´)
名作が多すぎます!




コミティアついでに山本さんちのガン・ガールの会議をするので会津佐哲氏に
ウチに宿泊していただいているので、一緒に
「あの回もよかった、あのシーンはあのときのアレに引っかかってたんだ」

そんなことを語り合うのが楽しくてたまりません。


最終話を見終えたあと、こうして振り返って新たに作品から発見するものがある。
というのはすばらしいと思います。



今の自分の感激を、自分のボキャブラリーでまとめられるのか、ちょっと自信がありません。

やれるだけやってみますけども。





・・・でもあれですね。ここまでものすごい作品が出来てしまうと、まほうつかいプリキュアは
ハードルメチャメチャ上がっちゃいますね。(゚ω゚)




・・来週からは新番組か・・・・

なんか信じられないなぁ。
はるか達の物語の終わりを見届けたのに。

15 件のコメント:

  1. 今、まだ冬……ですよね?
    どうして私は震えながら汗をかいているんでしょう?
    感想ではなくても何か一言書きたかったのですが、
    全く文章が思いつきません……ゼロです…
    もうどれくらい部屋中を歩き回ったか分かりません…
    ブラッドボーンにある鎮静剤が今本気で欲しいです……


    少し落ち着いてきました
    ここまで書くのに40分近くもかかりました。
    自分でもビックリですw

    ていおさん、感想文待っています。
    お仕事もがんばってください。
    次の『魔法使い』の1年間も、感想文とガンガール、両方とも応援しています。
    単行本も絶対買います!!

    返信削除
    返信
    1. 最終話について考えれば考えるほど脳の中に瞳がうごめくようでしたよ。
      「啓蒙が増えるってこういう感じか」と思いました。

      「嫌なことはこれでぜんぶ忘れてしまえばいいのよ・・」
      というわけにもいきませんからね。
      頑張りました。

      単行本、よろしくお願いいたします(`・ω・´)

      削除
  2. 敵幹部の回中心に見直すというのがいかにもていおさんらしいですねw
    後、会津氏もプリキュアを語れるプリキュアおじさんだった事に驚きですw

    もう何度言ったのかわかりませんが、今作ほど枝葉末節までに行き届いて筋の通って満足度の高いアニメは本当に久しぶりです。アニメ作品・娯楽作品としてみても本当に完成度の高いものに仕上がっていて個人的に2015年に放送開始したアニメの中でダントツで面白いと思える作品になりました。

    >・・来週からは新番組か・・・・
    >なんか信じられないなぁ。
    >はるか達の物語の終わりを見届けたのに。
    プリキュア・ライダー・戦隊を視聴する者の宿命ですね。

    最終話の感想と作品の総括、楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. ここ2年くらいは最終回もスンナリ受け入れられてきたのですが・・
      今回は「よかった。こういう終わり方は最高だ」と思っていながらも呆然としてしまいました。

      「これ以上は語ることも無いだろうし、語ってくれるな」とも思うのに、
      やはりはるかたちの物語がもう見られないのは寂しくなりますね。



      ・・おお、

      これぞまさしく私にとっても「お別れ」と「新たに前を向く」お別れの瞬間なのかもしれませんね。

      削除
  3. 初めて投稿いたします。昨日の最終回は、本当に感動しました。最高でした。
    これからの人生で辛いことがあったときに、このアニメのことをきっと思い出すと思います。 挫けそうになったときに、前に進む勇気と力を与えてくれる。私にとっては、そんな物語でした。
    ていおさんが、どんな文章を書かれるのか、期待しながら待っています!

    返信削除
    返信
    1. 私にとっても、「プリキュア」とはそういう作品であり続けてくれていました。

      プリキュアが無ければ今の私の人生はありません。

      プリキュアの姿に勇気をもらうのは子供達だけではありませんよね。



      ゆえに、ちゃんと人物を描いてほしいと思っていたし、
      だからこそ今年の監督・構成には感謝の念に耐えないのです。

      削除
  4. 自分の好きな作品に対して素直な文章は書けないんですか?
    小並感でもいいのに、わざわざ練りに練って飾り着けられた感想を我々は見せられるのでしょうか……
    最終回でまで率直な気持ちを表現できないのですか?
    同人誌上がりの四コマ漫画家が気取らなくても結構です……思ったままの素直な感想を期待してます

    返信削除
    返信
    1. 気に入らないならこなけりゃいいのに。
      個人のブログをわざわざ見にきて、「見せられるのでしょうか……」もないでしょう。

      削除
    2. 購読料を払っている新聞や、受信料を払っているNHKが相手ならともかく、そんな失礼なことを言わなくても、と思いますが。

      削除
    3. A+さんのていおさんの率直な感想を早く読みたいって気持ちもわからなくもないですね。でも、言葉を選んでしまうのも投稿が遅れてしまうのも仕方ないことだと思いますよ。

      一年間続いてきたはるかたちプリキュアやクローズたちディスダークの物語の終わりが描かれる最終回なんですから。その物語の終わりを語ろうとするなら、はるかたちやクローズたちの軌跡をたどるのは必要かと思いますよ。何よりそういう振り返りは楽しいですしね(笑)

      いろいろ書きましたが、ていおさん、最終回の感想楽しみにしています。

      削除
    4. 遅くなってすみませんでした。
      しかし、過去のお話を見返して確認し、引用することで
      自分が思っていたことを整理して読みやすく語れたと思います。


      Dさんのお言葉通り、
      A+さんのコメントは「早く読みたくて腹が立ってしまうほど」であった証拠として頂戴することにしました。
      ありがとうございます。大変な名誉と思っています。

      削除
  5. 初投稿です。
    いつもひっそりと楽しみに見ております。

    感想書けない気持ち、良く分かります。
    例えるならば本当に美味しい料理を食べると逆に言葉が出てこない、多分それと一緒なのでしょうw

    某戦車道アニメのように「ゴープリはいいぞ!」と一言で済めばいいのですがねw

    焦らずゆっくりと感想文待っています。
    言うまでもありませんが、もちろんお仕事最優先で。

    返信削除
    返信
    1. >某戦車道アニメのように「ゴープリはいいぞ!」と一言で済めばいいのですがねw

      ・・・それについては、近々語ることもあろうかと思います。(ノ∀`)


      さらに、仕事の時間をかなりつぶしましたが・・・
      いえ、それでも後悔はありません。

      せめて、感想を読んでくれた方が作品の感動を反芻する、
      そのお手伝いが出来れば幸いに思います。

      削除
  6. 40代のサラリーマンです。
    スマイルプリキュアの後期に、子どもがビデオ屋でプリキュアに興味を示し、映画を借りたのが、はまるきっかけでした。正直、最初はプリキュアに偏見を持っていました。何となく、子どもには、あまり見せない方が良いんじゃないかとすら思っていました。でも、実際に自分で見てみて、印象が180度変わりました。
    決定的にはまるきっかけとなったのは、当時再放送をしていたスプラッシュスターでした。敵だった満と薫が味方になる展開や、底抜けに素朴で、こんな子は世界の、どこにもいないだろう、というくらい良い子である咲と舞。コミカルで魅力的な敵キャラに、ゴーヤーンという大ボスというサプライズ。そして、最終決戦の盛り上がりの熱量に、ただただ魅せられてしまいました。
    最後の決戦が終わった後に、満と薫が「私たちは全ての力を出し切った」「だから、もう悔いはない」というやりとりが、何よりも好きで、強く強く印象に残っています。
    疲れ果てて、もう駄目かも…と思うときがよくありますが、この台詞を思い出すと、熱い涙が自然に出て来て、戦う気力が沸いてくるのです。自分は、本当に持てる力の全てを出し切っているだろうか? 決して諦めずに、全力を尽くしているか? と問いかけられる気がして。これぞ、邪悪な心を打ち砕く、あるいは強く、優しく、美しい、プリキュア魂だと思います。
    プリキュアに、はまって数年になりますが、結構詳しくなったつもりです。周りにいる人たちには全然負ける気がしません(笑)。ただ、ネットサーフィンをしていると、本当にすげーヤツがいっぱいいるんだな。自分より遥かに詳しくて、熱い熱い情熱を持っている奴らが、世の中にいっぱいいるんだな…、と驚かされます。自分にとって、そのトップ級がていおさんであります。
    あなた、本当にすげーですよ。そんな風に生きるのはどうかとも思うけど(笑)、あなたのように生きられたら、とうらやましくも思います。
    これからも是非、全力で突っ走ってほしいです。とりあえず、最終回の感想楽しみにしています。自分では気づくことのできなかった視点というか、魂をゆさぶるような文章を期待しています。
    長文失礼いたしました。これからもプリキュアの魅力を伝えてくれる玉稿を何とぞよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. まさかそこまで評価してくださる方が居ようとは思っても居ませんでした。恐縮です。

      しかし、上のコメント返信にも書きましたが「プリキュア」という作品に人生を救われた私にとっては
      熱が入ることは当然のことなのです。


      私の夢はまだ叶っていませんが、「かなえたい未来への道、それを夢と呼ぶのなら」
      私は今既に叶った夢の中に居るのかもしれない・・

      そう思うのも悪くないかな、という気がしています。


      今年は、こんなに満足できる感想が書けたことを
      作者の皆様に心から感謝、そして尊敬しています。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...