2016年2月14日日曜日

更新予告

時間が無いので手短に。

今朝は体調不良を起こすほど落ち込んだわけですが、

皆様のコメントのお陰で冷静さを取り戻し、元気が戻りました。


特にお子さんのリアクションを伺って
「よっしゃ!じゃあ俺の不満なんかどうでもいいわ!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ」


となることが出来ました。
お陰で仕事もはかどります。

詳しくはまた、後ほど記事にします。


掲示板が荒れて、私をののしる言葉の一つや二つ覚悟していたのですが。

気遣ってくださる方やいさめる方ばかりで、
「みんな優しいな。・゚・(ノ∀;)」

と思いました。


ありがとうございます。

15 件のコメント:

  1. 脚本的・演出的な出来はさておいて、先の記事のコメントでもお子様が楽しく見られていたという意見が多々ありましたが、「おジャ魔女どれみ」が特別な作品である自分にとって魔女っ子的要素を楽しめているという一つの事実はとても嬉しかったです。

    それと同時に最近ではオシャレコーデを中心にしたアイドルものが子供向け作品でも人気で「魔女っ子」というジャンルをあまり見かけなかったのですが、伊達に日本で50年も続いていない普遍的なものなんだなと改めて思いました。

    返信削除
    返信
    1. そういや確かに、いまの風潮は「魔女っこ」よりも「アイドル」ですよね。

      子供たちにとっては、実は斬新なジャンルなのかもしれませんね・・・
      「プリキュア」x「魔女っこ」、どちらの魅力も引き出せたら最強ですね!


      と思う一方で、
      明確なビジョンなく魔女っこを描くことは非常に危険だと思うけど
      その辺大丈夫かな?と今のところは不安に思ってもいます。

      削除
  2. お疲れさまです、意見は意見として色々あっていいと思いますよ

    子供たちが楽しむ上で「真似しやすい」というのは重要なのですが、
    今期は魔法の杖、魔法のホウキと割と用意し易いのも良い点でしょう
    (昔のヒーローでいうマントみたいに)
    列車のカードなど、日常の魔法という形で統一されているようですね
    杖を振ったら磁石で動くとか、画面の映像が動くなんて玩具もすぐ作れそうです
    魔法の杖を使える筐体とかどうでしょうかね?

    ここにいる人たちは10年くらいプリキュアを見続けていますが、
    子供たちにとっては初めてのプリキュア、初めての変身ですし、
    先入観無しに楽しんでくれているのでしょうね
    私は子供たちがケタケタ笑うくらいにはっちゃけた回も期待しています

    返信削除
    返信
    1. >私は子供たちがケタケタ笑うくらいにはっちゃけた回も期待しています

      ええ!ええ!ですからね!
      それが第2話でも十分可能だったはずだとワタクシはですね・・・・!

      ええ、しつこいですね。(゚ω゚)

      腕っこきの演出家さんがまた集まってくれるといいな・・と思っています。

      削除
  3. 復活されたようで何よりです。

    うちの娘も楽しく見ておりましたよ。「カタツムリニア」がお気に入りだそうです。
    「カボチャの馬車」とか、「凍らせる」とか、ちびっこも魔法にはなじみがありますからね。
    親としても「魔法ってすごいね~」で済ませられるので助かります(笑)

    あと、これはうちの娘だけかもしれませんが「二人体制」はちょっと少ないと感じているようです。
    「ふたりは」時代は知らないですし、最近の多人数構成に慣れていると余計に少なく感じるかもしれませんね。
    変身シーンも「べつべつがいい」と言っていました。マネするときにイメージしにくいのかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      お子さんのリアクションはいくらでも伺いたいと思っておりますので。

      下の方のレスにも書いたのですが、
      お子さんが喜んでいたということなら本当に私も気分が晴れますので。

      >これはうちの娘だけかもしれませんが「二人体制」はちょっと少ないと感じているようです。

      私も気になりました。

      これでは一人っ子は変身の真似っこが出来ないじゃないか・・・と。


      「作者は本当に見る子供たちの事を考えているのかな?」などと、
      また極端な考え方をしてしまうほどに。

      それが杞憂になりますように。祈っています。

      削除
  4. 初めまして。いつも楽しくROMらせて頂いております。
    何というか、ていおさんには偉そうな言い方ですがあまり日和って欲しくないなぁと。
    商業誌の連載がある中で他作品への意見を抑えるというのは尤もな理由ですが、「子供には受けている」という錦の御旗の前で自分の意見を抑え込むというのは違う気がします。
    ここはていおさんの場なので、ていおさんなりの正義があっていいと思います。
    「俺の不満なんてどうでもいい」と心から思えるならそれで構いませんが、自分の場で意見することでストレスを溜めるという本末転倒なことにならないことを祈ります。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。ありがとうございます。

      >あまり日和って欲しくないなぁと。

      ええ。ちょっと考えてみましたが、たぶん日和ることは無いとおもいます。


      子供たちが喜んでいたことは「良作と判断する理由」にはなりますが、

      それが私の不満を消す理由にはならないのですから。


      >ここはていおさんの場なので、ていおさんなりの正義があっていいと思います。

      そう言って下さる方が居ると知って大変心強い気持ちがしますが、
      長いこと感想ブログをやっていると

      「そう言ってはくれない人」のことも考えて書かなきゃいけないという事に気づくのです。
      疑問を投げてくれる人がいなくなったら、私の考えの幅も広がらないのですし。


      >「俺の不満なんてどうでもいい」と心から思えるならそれで構いませんが、

      お気遣いありがとうございます。しかし、これについてはマジで心からそうおもっているので大丈夫です。

      「子供たちは楽しめたんだ!」と思った瞬間
      重い気分が晴れて、自分でも驚いたのですから。

      削除
  5. 私はポジティブに捉えて、『これから面白くなる余地が多い』作品だと思って視聴していました。
    大まかな説明が終わってしまえば、あとはどんな話でもやりやすい設定ですので柔軟性があるなぁと。
    キャラの掘り下げも、2人体制のおかげでやりやすいですしね。

    返信削除
    返信
    1. そうですねぇ。第2話で悲観的になるのは早いですよね・・・

      ・・・そうこうしてるうちに第3話がもうすぐですが・・・それを見てからまた考えます(´・ω・`)

      削除
  6. とりあえずていお氏が前作を引き摺る普通の人の子だとわかってひと安心かな
    個人的にはGOプリの答えの出し方に完全に肩透かしを喰らったので今作は今まで通り見守ります
    しかし、これではある意味まほプリよりGOプリのほうが悲惨ですね。他sageの材料にしか使われなくなっては作品の良さはどんどん錆び付いていくだけですからね

    返信削除
    返信
    1. >他sageの材料にしか使われなくなっては作品の良さはどんどん錆び付いていくだけですからね

      そうしないようにするためには、「GOプリはこうだったのに」という言い方をしないことかな、と意識しています。

      しかし全くそれをしないのもプリキュア観想としては不足だと思うので、
      要はバランス感覚に気を使うことが大事なんだと思っています。

      削除
  7. はじめてかきこ2016年2月16日 22:15

    うん、大人的視点で感想を表すのは悪いことじゃないですよ!

    昔っから、子供の番組を横とかで見ながら、親やお兄さんお姉さんは突っ込んだり茶々入れたりしてたわけで。
    それよりはずっと、ていおさんのご意見には愛がありますよ。なんだかんだあってもプリキュアが好きなわけだから。
    また、あくまで大人の意見だよ、って立場を失わず、自分中心独善的なオタクにはなっていないので好感を持っていつも拝見しています。

    さて、うちも、プリンセスプリキュアは、パパママの方がはまって勇気をもらって感動してました。
    子供が大きくなって、高学年とか中学生とか、壁にぶつかるころに、見せてあげたいな、と思っちゃいました。

    が、ここで気がつきました。プリンセスプリキュア、たしかに名作だけど、対象年齢ズレちゃってた⁉︎と。

    たしかに、3歳〜5歳の子供に、感動だとか、壁を乗り越えるチカラだとか、教訓的なのとか、筋が通ったストーリーとかは、あまり重要じゃないですよね。
    作品の質、品格につながるから不要とは言わないけど、それよりハチャメチャ大混乱でウキウキドキドキで、理論抜きで劇的大興奮!楽しいっっ!の方が大事かな、と小さい子の親の私は思ったりします。

    子供達のために素晴らしいものを!と大人たちが部屋に籠ってで考えすぎるのも違うのかもしれませんね。
    このブログで(すこしマニアックな)大人達が何が正しいかと熱く議論するのもまた同様にね。

    すみません、話題からそれてしまいました。
    とにかく、ていおさん、趣味も仕事も、バランスよくファイトです!応援してますp(^_^)q

    返信削除
    返信
    1. >プリンセスプリキュア、たしかに名作だけど、対象年齢ズレちゃってた⁉︎と。

      そうですねぇ。いいところを語ってみたら結構真面目というか大人向けというか・・・


      ・・・と、思ったんですが、よく考えたら大人がいい!と思ったところを挙げ連ねたら
      自然とそうなるよね、という気もします。

      大人びた子が多かったのは間違いないですが、はるはると妖精たちはしっかりコミカルを意識して
      活躍してくれてたなぁと思います。


      でもそれだけに、もうちょっとギャグに振りやすいキャラがいたほうが
      子供たちの楽しみを増やせたんじゃないかな・・ということもちょっと考えました。

      削除
  8. >しかし全くそれをしないのもプリキュア観想としては不足だと思うので、
    >要はバランス感覚に気を使うことが大事なんだと思っています。
    そうですか。S☆Sが理不尽に叩かれまくっていた頃を考えると、私としてはそもそも比べること自体嫌悪感を感じてしまうので、そこの差なんでしょうね
    まほプリとS☆Sが似ているとは思いませんし、まほプリがこれからどうなるかわかりませんけどね

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...