2016年2月3日水曜日

更新予告

 まるでクローズさんが背後に立っているかのような
危なっかしい状況なのですが(制作進行的意味で)

二つほど追加で語りたいことがございます。

これと・・




▲これについて。



時間、取れるかなぁ・・


でもね、どっちも鳥肌ブワーーーーーーー



ってなったものですから。

黙っていたくないのですよ。


▲ああ、正に「極上」「爆音」でした。

うたい文句に偽りなし!



▲今更買ったのかって!?


ちがいますよ、最終回の感想を(大体)まとめ終えた今だからなんですよ!!

最終回の感動の余韻に浸ったままポチったからこそ
感じるものがあるんですよ!!


音楽の力ってすげえな!

泣くぞ!






あと、明らかにTVとは音が違う!
すごく細かくて深いんだ!


それがまた心に残っていた情景を、
キャラクターの感情と共に呼び覚ましてきてだなぁ!

(ノω・、) うっ・・







やばい!今すぐ語ってしまいそうだ。

興奮のあまり言葉遣いが変わってる!


でも見てください。背後に見える真っ白な原稿を。




くそぉ・・・・(;ω;)



一旦、じゃあの。

5 件のコメント:

  1. 初めまして。
    プリキュアの記事を楽しく拝見させて頂いております。

    アニメは、実際とは違う世界であるからこそ観る人に想像を超えた衝動、感動を与えてくれるものだと感じていて、(完全に受け身です)
    だから、目玉のシーンに限らず、本当に自分の心が揺さぶられたシーンというのには、絵から、表情から、台詞から、そしてBGMから。アニメが魅せうる全てのモノで、作者の世界を受け取って、感動したり、何だか素敵な雰囲気と感じるのだなぁとプリンセスプリキュアを通して、自身が高校3年になってやっと気づきました。
    だから私の中では好きなアニメに、最高の(?)見合った(?)サウンドトラック、という条件は無意識のうちに昔から必須です。

    だから今回、ていおさんがCDを購入なさって語って下さるという事なので、とても楽しみにしております。


    はるか達4人は、アニメとはいえ、本当に大切な友達でありながら、あるからこそ、ノーブルにふさわしく高貴さを失わない人との付き合い方というのが、とても輝いて見えました。というか、似たように女子校を程なく卒業する身にはとても羨ましく思いました。(一応あそこは共学ですが。)
    実際は高校生であっても、進学校であっても、大事な時に、勇気を振り絞って自らの力を出そうとする人は多くないのかもしれません。
    それでも。状況に流されすぎる事もなく、仲間とも助け合いながら、1つ1つ進んでいきたいものです。
    そういう意味でも、プリンセスプリキュアの関係性はとても素敵でした。大人になっても忘れたくないなと思います。

    長文失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. もうすぐ卒業される学生さんには、最終話のはるかたちの姿はとても
      共感できるものであるのではないでしょうか。

      この作品は、これから新しい目標へ進もうとする人たちへは
      最高のエールになってくれるんじゃないかと信じています。



      音楽、お芝居、動画。
      多くの人の手と頭を使い、多くの感覚に訴える映像作品は、
      それらが共鳴したときにはものすごい「ハーモニー」を生み出すものなんだと

      本作を見て改めて感じた次第です。

      削除
  2. おー立川シネマシティじゃないですかw自分も以前見に行きました。

    ガルパンは個人的にここ数年のアニメの中でも飛び抜けて好きな作品なのでていおさんがどのような視点で見るのか興味があったので楽しみですw

    前の記事の返信を見るにTVアニメ本編やOVAなんかもご覧になった感じですかね?

    何にしても仕事の時間をおしてまで見てそれでも尚「後悔はない」と言い切るという事は、つまりそれだけのものというがあったという事なので期待していますw

    返信削除
  3. 「お前の夢はそんなものかよぉ~!」と背後でクローズさんが励ましてくれてますよ(笑
    適度に脳のストレッチをしながら感動のテンションをお仕事に活かして頑張って下さい

    良作の多い時期はテンションも上がりますがお仕事も忙しかったりしますね
    はるかの目を通すと絶望の囁きすら励ましの声になります
    絶望さえも吸収して力に変えるラスボス…ですかね(クローズさん視点)

    返信削除
  4. プリンセスのOST2買いましたか
    ありゃ作曲家高木洋の最高傑作と言っても過言ではない名盤ですよ
    付属ブックレットのインタビューに書いてあったカナタとトワのテーマの仕掛けは高木氏提案ってのがあるように音楽面もプリンセスプリキュアを形作る重要な要素の一つとゆうのが良く分かる

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...