2016年3月10日木曜日

根っこを見たから

▲これについて、解説しておきます。

※追記:「らしいな」という印象の正体




長いことプリキュア感想を書いてきましたが、第2話であそこまで落ち込んだ、
あるいは危機感を感じたのは今年が初めてでした。



「まだ様子見しよう」とおっしゃる方も多かったですが、
私がそうも言ってられないと思ったのはタイトルのとおり「根っこ」を見たからです。



゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

第1話どころか、新番組情報が出たときから私がずっと気にしていたのは

「このキャラクター、舞台を通して具体的に作者が何を描きたい、伝えたいと思っているのか」

ということでした。

http://teioblog.blogspot.jp/2015/12/blog-post_26.html
▲それが番組説明やPのコメントからは見えない、という不安を語っています



※  ※  ※

過去に見てきたプリキュアは、どんな作品でも
第1話では必ず監督の作品イメージが描かれてきました。

・完全無欠のヒロインによる痛快な物語 とか
・ハデでカッコイイプリキュアバトルを見せたい とか
・かわいい、楽しい絵を沢山作って楽しませたい とか
・少年漫画みたいな王道ガチンコ物語をプリキュアでやりたい 

などなど。


「俺が作るプリキュアはこういうのだぜ!」という監督の個性とか主義主張というのが
感じられたものです。


それは、作品をイメージしたなら自然と出るものだと思います。


「イメージは具体的なほど、表現もまた具体的になっていくんだろうな。」
そのように感じていました。




しかしそれが、今年の第一話では感じられませんでした。

「ふつうのプリキュアを作ろうとしているのかな?」

あるいは

「もらった脚本をそのままなぞろうとしたのかな?」

というのが私の印象でした。





感じられなかったということは、「それが無い、ということではないか」

という不安に変わりました。





※  ※  ※

「俺はこういう作品を作りたいんだ!」という監督の意思の力はそのまま
作品の特徴・魅力に変わるものだと思います。



監督の意思は、

「楽しい絵」「見ごたえのある物語」「味わい深い人物描写」などを
作り出すこだわりになっていく創作意識の源泉だと思います。



指揮者が情熱的なほど、楽団の演奏もまた情熱的になるように。



※  ※  ※

「田中監督らしいな、長峯監督らしいな」などと感じたことは皆さんにもあると思います。

その「らしいな」という印象の正体は、

監督の主義主張・美学がアイディアを生み、
それがこだわった表現という形になって、見る人に伝わった証なのです。



それはアニメにかかわらず、いろんな作品を見て感じ取れるものです。


音楽でも料理でも。






だから、第2話まで見ても監督の意志を感じないという事態は私にとっては
危機感を覚えるに十分だったのです。

「それがあるなら必ず最初に出すはず。」
「最初に出ないなら、それはこの先にも出ない。」

そう考えるから、この反応です。



※  ※  ※






本人に伝える気が無いのにこう言うのもおかしいですが、
監督にはもっと情熱的な仕事をしてほしいな・・


と思うのが、第5話まで見た今の私の気持ちです。








゚・*:.:♪*・゜゚いつもの・♯*:.。. :*・゜

さて、こう書いてしまうと当然言われてしまうのが以下の言葉ですね。
以前の記事のコピペですが、貼っておきましょう。


「だったら見るのやめて別の番組見ればいいじゃん」

「グチばっかり言いやがって」





ハッ!馬鹿言ってんじゃねえ!


お前な!創設以来ずっと同じ球団応援してた筋金入りが最近調子悪い
程度の理由で別球団のファンに切り替えようとなんてすると思うか!?



ワシが言ってんのは「あっちがいいからあっち応援しようぜ」じゃねえ!




「あっちがいいからこっちも負けずに頑張って欲しい」




なんだよ!








そんなにケツが軽くてファンが務まるかってんだ!



同志ならそんくらい言わなくてもわかんだろ!








「わかったわかった」


「荒れてんなコイツ・・・」








全員に分ってもらえるとは思ってない。

けど、俺が言いたいのは

「この監督嫌い」じゃない。



「監督頑張ってくれよ」なんだ。



※この意見は、「当ブログの基礎」を前提にしたうえで
語っております。

お子さんが喜んでいるという情報がある以上、
私の不満と良作か否かの判断は別である。とご承知ください。

29 件のコメント:

  1. 私が気になっているのは、今回の魔法つかいプリキュアは「誰の視点でも描かれていない」ように見えることです。
    無印ではなぎさとほのかのふたりが主人公ですが、実際はなぎさ視点で物語は進んでいきますし、Goプリははるかの視点で物語が進んでいきます。

    ところが今回の魔法つかいプリキュアは、主人公はみらいなのでみらい視点で描かれると思いきや、あまりみらいの心情や胸の裡が描かれていないし、みらいのモノローグもない(私が忘れているだけかも知れませんが)。
    かといって、群像劇になるような気配もない。

    結局視聴者である私は誰にも感情移入できずに、和製RPGのようなおつかい物語に見えてしまうんですよね。
    そのあたりもなんというか、販促ノルマでいっぱいいっぱいなのかな、と感じる一因でもあります。

    せっかくキャラクターがみんなかわいいのですから、もっと楽しめたり、アツくなれたりする物語になることを期待します。

    返信削除
    返信
    1. >和製RPGのようなおつかい物語に見えてしまうんですよね。

      そうなんですよね。ちょっとした見せ方の違いだろうと思うのですが、
      印象は大きく違ってしまいますよね。


      >そのあたりもなんというか、販促ノルマでいっぱいいっぱいなのかな、と感じる

      ものすごく「筋書きっぽい」と感じるのはそういうこともあるのかもしれませんね。
      作者がノルマを守ろうと意識すると、物語はどんどん固くなる。

      というのは私も去年何度も経験しました。

      削除
  2. 黙って頭の中で考えていても前に進みませんし、
    整理する意味でも思うことを書き出すのは大事だと思いますよ
    たまったストレスが体に出ますし(病は気からとも言います)

    今期は「漠然と」魔法の世界でドタバタ劇という構想かと思います(主題歌より)
    リコのホウキを自転車に置き換えて、商店街のホウキ屋さんを自転車屋さんとすると、
    普通の下町的な話です
    要はこちらの普通の道具を魔法に置き換えているだけとも言えます
    ですがこれは社会経験を積んだ大人が見るからで、
    子供からすれば魔法のポットも電気ポットも不思議なものでしょうし、
    自転車に乗り始めたらリコのことを思い出すかもしれません
    ということで子供向けとしては悪くないと私は思っています
    ていお先生は理論派だから横展開思考で日用魔法と科学があまり変わらなく見えるのかもですね

    せっかく魔法という題材を選んだのですから、
    監督さんにはその思いを込めた熱い作品を期待しています

    返信削除
    返信
    1. 迷いましたが、発表せずに居られませんでした。

      そのかわり、私の感想に興味をもたれるので無ければ開く気にならないような
      タイトルにしたりして。

      「分ってくれる人だけわかってくれたらいいな」と思っております。


      しかし実は「魔法」とはよほど難しいテーマだと思います。
      便利で何でも出来てしまうからこそ、作者の明確なビジョンと哲学が必要なんです。

      削除
    2. 確かに魔法は難しいですね
      私は魔法にスマイルのデコルやハピネスのプリカードのようなものを期待していました
      今作の場合魔法の失敗=はちゃめちゃなことが起こるではなく失敗なのが少し残念

      プリカードでめぐみの母の病気を治さないという結論を出してますし、
      今回も魔法でなんでも解決は教育上ダメという規定はあると思います
      それでもあえて「魔法」を出したのは…というのを監督に期待してしまうのですよね~
      今期を否定しているのではなくて、「もっと語ってよ」といったところです

      削除
  3. ていお節、いつも楽しく拝読しております。
    さて、最近、オープニングのフルバージョンが聴けるようになり、歌詞が気になってます。
    国、ギャグのツボ、文化、愛し方、痛み。これらが歌詞中で提示される「違い」です。
    この違いを認め合った上で、手を繋いで、素敵と言えることがゴール。そうすれば凄い魔法も復活すると言ってます。
    ギャグのツボ以外が、ガチなだけに、ここが本シリーズのコンセプトなんだろうなと思えます。

    確かにこれまでの展開はしょっぱい部分が多々あり、楽観視出来ないのは明らかなのですが、歌詞を元に作者達の意図を考え直すと、描写に筋が通っていると思えなくもないんです。
    例えば、中韓の反日、ヨーロッパとアラブの対立、そういうリアルに根深い問題の解を出そうとしてシリーズを作っているとすると、作中で描かれる魔法の世界は、せいぜいアラブ文化とか、中華思想とか、ヨーロッパの聖書文化などの隠喩になるはずで、それは異国情緒のような魅力はあれど、やはり人間が生み出した欠点あり長所ありの混沌とした世界なわけです。また、ナシマホウ界は日本の隠喩です。
    そうだとすると、魔法をキラキラに描いて魅力の塊にすることを、最初から回避する必要があり、実際魔法界のキラキラ度合いはあまり描かれていないですよね。
    このシリーズで、本当に人同士の違いを乗り越える解を示すことが出来たならば、多少演出に難ありでもぜんぜんオッケー、崇高なことだと思います。よって、まだまだ目が離せない!
    ていおさんも、フル歌詞からどんな印象を受けたか、いつか書いて貰えると嬉しいです。では。

    返信削除
    返信
    1. そうなのですか・・・

      CDを買う気分になれない私としてはそれもなかなかノレない話です。
      申し訳ないですが・・

      もう少し話が進んで、フルの歌詞と物語の内容が重なった!と思われましたら
      そのときにもう一度ご紹介いただけるとありがたいです。(´・ω・`)

      削除
    2. プロトカプチュー2016年3月11日 12:41

      さかなさん、てぃおさん、横から失礼します。

      国や文化の違いを子供向け作品で描こうとするのなら、
      最初に「違い」をしっかり描くことは大事だと思います。

      たとえば「幼稚園にイスラム教徒の子がやってきた」というアニメを作るとしたら、
      「女の人は髪や顔を隠す」とか「豚肉は食べない」ということを判りやすく描写した上で、
      「私たちとはこんなに違う! → でも友達になれた!」という物語にした方が、子供には伝わると思うんです。

      主題歌の中で「国や文化の違いを越えた友情」を歌っているのであれば、
      なおのこと魔法界とナシマホウ界の違いは強調すべきですよね。
      しかもそれはなるべく早い時点で描いた方がいい。
      「全然違う世界の子と友達になれるのか?」というのは物語のスタートラインですし。
      みらいが魔法界にとびこんだ第一印象からして「驚異の異世界!」である方が効果的なはずです。

      てぃおさんが2話の時点で「車内販売の冷凍みかん」にがっかりされたのはそういう理由じゃないかと推測するのですが、
      いかがでしょうか。

      削除
    3. >なおのこと魔法界とナシマホウ界の違いは強調すべきですよね。
      >しかもそれはなるべく早い時点で描いた方がいい。


      おっしゃるとおりです。

      「それがあるなら、第1話で必ず見せるはず」を具体的に言うとそういうことになります。

      起承転結の「起」なのですから。

      削除
  4. 名無しのSS2016年3月11日 2:16

    第5話まできて、そういう結論に達してしまいましたか…。

    ていおさん、先に謝罪しておきます。申し訳ありませんでした。
    僕は最初、このまほプリが始まってからの1話2話のていおさんの感想を拝見したときに
    ちょっと厳しすぎるのではないだろうか、と感じたのです。
    それは、前作があまりに自分たちにフィットしすぎていたからで、
    ウエスターの言葉を借りるなら『ドーナツの味を知ってしまった』がゆえに
    まほプリに対して必要以上にハードルを高くしてしまっているのではないかと。
    言葉は悪いですが去年ハピネスチャージの後にこのまほプリが始まっていたら
    それなりに楽しめたのではないかと。
    なので、しばらくしたら落ち着いてくるのかな、なんて失礼なことを思っていました。

    それがここ第5話まできて、水準を今年のプリキュアに合わせてくるどころか
    逆に違和感を分析し、さらに深く追求されるとは…。
    このサイトに足を運ぶようになって6年目になりますが、
    改めてそのプリキュアにかける情熱には感服します。

    身勝手な意見ですが、やはり頻繁に足を運ぶ身としては
    辛辣な意見よりも絶賛の嵐が吹き荒れている方が幸せな気持ちになれるので
    いわゆる2クール目以降、なんらかのテコ入れが入ることを期待しています(^^;

    返信削除
  5. >去年ハピネスチャージの後にこのまほプリが始まっていたらそれなりに楽しめたのではないかと。

    結果論で申し訳ないですが、それは確実に無いです。
    立ち直る暇なくさらに落ち込んでいたと思います。東映アニメーションという会社に噛み付いていたかもしれません。
    恐ろしいことです。

    もちろん、そうなる前に感想書くのやめますけどね。


    >辛辣な意見よりも絶賛の嵐が吹き荒れている方が幸せな気持ちになれるので

    それはもちろん私もそうです。

    プリンセスの分析をしている間はたのしかったです。
    「たのしい」という感情を読んでいる人に届けられるということも幸せでした。


    だから、今年もそうなって欲しいのです。

    返信削除
  6. プリキュアの内容に不安を覚える→他の作品を見る→そのレビューを書く。

    この流れ、一年前の時とほぼ同じですね。

    あの時は前々作(ハピネスチャージ)をほぼ見終えてからの事でしたし、その後次作のプリキュア(プリンセス)がすぐに始まりそれが満足に足るものだったから以降他作品に関しての言及はなくなりましたが、今年は新作が始まったばかりでこの有様。

    これからの一年、ていおさんの明日はどっちだ!

    返信削除
    返信
    1. 同じですねぇ・・・(´・ω・`)しかし時期がまるで違います。

      「行動は言葉以上に心を表す」というのは物語に限ったことではないのだと思います。


      この先は「行動で表現して、真意は分ってくれる人だけわかってくれたらいい」というような
      活動になるかもしれませんね。

      場合によっては。

      削除
  7. これを言ったらオシマイよ、な話な上前回の※同様私の完全な想像に過ぎないのですが、“プリキュアブランドを冠することで安定した収入を得たい"上層部と“もういい加減プリキュアやめたい"現場とで齟齬が起こっているのかもしれないですね。

    長峯氏はどれみがやりたいけどプリキュア枠しか貰えなくてハートキャッチを作りました。
    それは梅澤Pが現場に任せる緩い管理体制だったというのもありましたしそれが許されるプリキュア一強の時代であったというのもあるでしょう。
    しかし今回は、あの頃ほどに自由が効く状況ではない。
    安定した収入のためには“プリキュアブランド"の存続のためには奇をてらう余裕すらない。
    当然上は“フツウのプリキュアを作れ"と命令をする。
    本当は、プリキュアすらやめて東映魔女っ子シリーズ的な新作を作りたいのにそれがかなわない。
    そのことが現場の士気の低下を招いているのではないでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ついでにもうひとつ。

      ドキドキ以降のプリキュアは梅澤プリキュアのセルフオマージュだという説があります。
      なるほど、ドキドキの各プリキュアのマークがトランプだったり赤ん坊がいたり、ハピネスの各プリキュアの色の配置だったりに類似が見られます。もちろん、テーマのほうにも。

      そうなると、今回の魔法つかいのオマージュ元は、よりによって(いい意味でも悪い意味でも)無茶苦茶をやらかしたスマイルなんですよねぇ・・・
      スマイル自体も過去シリーズのオマージュ多めでやってきたシリーズということもあり何を拾えばいいのかわからなくなっているのかもしれませんね。

      削除
    2. ん~

      ごめんなさいね。その仮定の話、私には乗っかる場所が見当たりません。(´・ω・`)

      削除
  8. そこまで文句言うなら今の監督より面白い脚本をご自分で作って、ご自分で監督になってください
    愚痴と文句ばかりじゃないですか!
    「あっちが頑張ってるからこっちも頑張れ」?ふざけるな‼‼
    「あっちはあっち こっちはこっち」だろうが‼‼
    すべてのアニメ作品と全部同じラインで評価してるのですか!?
    「あれとこれを比べる」行為事態が間違っていると思います
    面白い回もあれば面白くない回もありますよ!全部が全部ていおさんの好みな話ばかりになると思わないでください‼
    本当にプリキュアの見方を考え直して頂きたい‼‼

    返信削除
    返信
    1. >愚痴と文句ばかりじゃないですか!

      過去の感想を冷静に読み返してみてください。文句ばかり書いているのではありませんよね。
      私はそれを避けたがっていることも分るはずです。

      即ち本質は、私が「文句ばかり言っている」のではなくあなたが、「文句ばかりを気にしている」
      ということなのです。



      >すべてのアニメ作品と全部同じラインで評価してるのですか!?

      もちろんです。基準は「これまでのプリキュアで私が面白いと感じたエピソード」です。

      >本当にプリキュアの見方を考え直して頂きたい‼‼

      それは違います。考え直すべきはあなたの、このブログに対する見方です。
      理解するか、離れるか。

      あなたから原稿料をもらって記事を書いているのでもないかぎり、
      私があなたの望みに従う理由はありません

      削除
  9. 基準にしてるものがあると物の見方ってガラリと変わりますからね
    GOプリを基準にしてれば、ドキやハピなんて見るに耐えない作品ですし、少なくとも現状はまほプリもつまらないでしょう。GOプリも1クールは普通に面白かったですし
    ですが、ドキ以前の過去のプリキュアの中にはGOプリより面白かった作品もありますし、それらと比べるとGOプリも大して面白くなかったというのが個人的な感想です
    結局、何かを基準にしてたらキリはないんだと思います

    返信削除
    返信
    1. 全くそのとおりです。
      だから、いくら反発があったとしても結局は
      自分の価値観で語るほかないのです。

      そうして腹をくくると、誰に何と言われてもなんとも思わなくなるのです。

      そうでなければ感想ブログなんて公開出来ません。

      ※  ※  ※

      しかし誤解しないで頂きたいのは、ハピネスチャージは私にとって良い作品でしたよ。
      クリスマス回に入るまでは楽しく見ていました。

      ドキドキだって名作はいくつもあります。

      名作の本数に差はあれど、
      シリーズ単位で面白い、詰まらないという評価は私には出来ません。

      削除
    2. >シリーズ単位で面白い、詰まらないという評価は私には出来ません。
      そこはこのブログを見た全ての人間が判断してくれるとは思いませんけどね
      まほプリの感想で反感を買ってしまっているのも表現がオーバー過ぎるんだと思いますよ

      削除
    3. >全ての人間が判断してくれるとは思いませんけどね

      それは当然です。
      本文に書いてあるでしょう?
      「全員に自分の本意を分ってもらえると思ってない」と。

      思考・価値観がそれぞれ違う人が読むのですから。

      私はそのように伝わるように書いているつもりですが、
      あくまでも判断するのは受け取り手です。

      それでうらまれたり嫌われたりしてもそれは、仕方が無いと割り切っている、と言っているのです。


      >表現がオーバー過ぎるんだと思いますよ

      反感をもたれるのはもちろんいい気分ではありませんが、
      それで自分の真意が語れなくなるくらいならば反感など気にせず発言します。


      もちろん私自身にもボーダーラインはあり、それを超えねば真意が語れない場合には
      ダンマリということになります。2015年1月のように。

      削除
    4. とりあえず他シリーズをダシにしたような文章は不快です

      削除
    5. 「なるべく」そう思われない努力をしています。

      削除
  10. なんかごちゃごちゃ言ってますが子供は喜んでいるんですよね?
    だとしたら本作のノリは間違いではないのではありませんか?
    大友の感想としての評価なら問題はありませんが、シリーズの心配をするのは時期尚早なのではないでしょうか?
    「がんばれ」じゃなくて「好みじゃなかった」だけですよ。
    (もっとも、スタッフ自身が自分たちの作品を失敗作だなんて決して言わないでしょうけど…)

    返信削除
    返信
    1. >「がんばれ」じゃなくて「好みじゃなかった」だけですよ。

      そうですね。ヲタク目線で言うと物足りない。
      しかしお子さん方は喜んでいるらしい。


      だから、私のブログでは、本人に届かないことを前提に言うのです。「頑張ってくれ」と。


      「お子さんが喜んでいるならいつでも良作と判断しています」「それを前提に自分の意見を書いています」
      という注釈は全ての記事に必要ですか?常連の方でさえ。

      削除
    2. 本文に注釈を追記しました。

      常連様でさえ気付かれないのであれば、それは私の語り方に問題があったのです。

      削除
    3. >~という注釈は全ての記事に必要ですか?常連の方でさえ。
      知っていても、このような個別記事で煽るようでは「いや、ちょっと待て」となるわけですね。
      案の定、アンチていお系のコメントが現れていますし…
      …ていおさんとしてはその方との応酬は楽しいのでしょうけどね(笑)

      「外野の野次」的なスタンスでしたっけ?
      子供は喜んで見ているらしいけど、プリキュアはもっと高みを目指せる…という認識は理解できます。
      これまで何度も成功させてきたのですから「できない」ということはあり得ないですよね。
      まぁ「体調崩すぐらいなら見なきゃいいのに…というわけにはいかない」というのはいまいち解り難いですが…

      …と思ってたんですが、プリキュア新聞ね。
      自分も購入されたという方のブログで見ただけですが、特に決まってないらしいですね。
      なるほど、方向性がはっきりしないわけだ。無謀なのはチャレンジャーとは呼ばないのですがね。
      そうなるとさすがに「頑張ってください」としか言えませんね(笑)

      削除
    4. >知っていても、このような個別記事で煽るようでは

      うーん。決してあおったつもりは無かったですが・・
      自分の意志を整理・確認するという心はありました。

      しかし、もぐりさんでさえそう思われるということは・・・・


      やはりもう少し「今年の自分の書き方」について考えねばならんようです。


      とりあえず、私自身「この思考の量は一般的ではない」という事には気づきました。
      ということは、人と意見が合わなすぎると感じたらまずは「自分の世間ズレ」を疑うべき。

      ですからね・・・・


      >「体調崩すぐらいなら見なきゃいいのに…というわけにはいかない」というのはいまいち解り難いですが

      あ、分りにくいですか(゚ω゚;)


      しかし、例の「白紙」のうわさ。
      あれが事実であるなら私も割りとアッサリした決断をすると思います。

      「体調不良も我慢する」とはいえ「体調不良が平気」というわけではないですから。(゚ω゚)


      なにより「楽しい感想文が書きたい」ですし。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 11/5 キラメッセ沼津 僕ラブサンシャインIN沼津3 申込完了 11/12 池袋...