2016年4月5日火曜日

プリパラ#90「神アイドル始めちゃいました!?」感想


今週から毎週更新です。

事情は最後に説明してます

脚本:土屋理敬
絵コンテ:誌村宏明
演出:小林浩輔

私は34話まで見た後にジャンプして90話

というわけですが

新キャラがわんさか登場したと聞いていたわりには
いまも主役はそらみスマイルとドレッシングパフェの6名なんですね。




長いことプリキュア一筋だったものとしては
同じキャラクターで3年目というのは厳しいんじゃないかと
思うわけですが・・






・・・ああ、そうか。

エイベックスとの関係があるから、おいそれと
キャラクターをリニューアルできない!

という事情があるんでしょうね。




その枷で何処までがんばれるか!


そういう状況だからこそ、
鬼才・森脇監督がどんな知恵を出してくるのか
楽しみでもありますね。




▲この子は新キャラ?



・・・・・・・か・・・かわいい・・・・(´ω`*)



なんつうか、アレね。
「今時のキャラデザ」って感じ。


いや、むしろそれこそが当たり前なはずなのですが。
ワシみたいなヤツにはなんだか新鮮。


▲なるほど、新学期ということで
新しい視聴者の目線で物語を始めていこうというわけですね。



「今日」プリチケが届いた子は即ち

新しくプリパラを始める子たちに重ねる存在。


新しい視聴者は、この子の視点を借りて
「初めて見るプリパラの世界」を知っていくという
仕掛けなんですね。



▲「らぁらちゃんのファンなんです」
からの


「まさかの本人ですか!」ネタはおやくそく。





ですよね。いいですね~~

▲このときと同じ。


しかし何度見てもいい!


ニヤニヤしてしまいます。


相変わらず、
楽しみのツボを外すような隙はなさそうですね。






▲これは何事でしょうか。

メガ兄がいっぱい・・・






・・・正直なこと言っていいですか?





マジで吐きそうになりました。((((;゚Д゚)))




メガ兄が嫌いとかそういうのじゃなくて、
「同じキャラがいっぱいいる」事の気持ち悪さ、

あるいは想定外の表現に思考が着いていけなくて
「なんだこの世界は!」ってなっちゃって


自律神経が軽くヤラれたのかもしれません。(^q^)

▲そのうえこれですよ!



今時!?




いまどき「おもてなし」をぶつけてくるセンス!
しかも、その必要が無い場面!








なんでだ・・・・・・







なんでだーーーーーーー!!!








▲ワシみたいな理屈馬鹿には
そのボケは強烈すぎます。


おごごご・・・・((((;゚Д゚)))






・・・あ、このハードパンチ。
妖怪ウォッチのにおいがする。ちょっとだけだけど。



で、今回はプリパラの舞台とキャラクター紹介。

ライブを沢山見せて
プリパラに興味を持ってもらうところから始めよう。


ということのようですね。



▲おお、この子たちはワシしらない。
紹介してくれるのはありがたい・・・・












なに言ってるのかわからない!((((;゚Д゚)))











・・・・・・。

ずいぶんと濃いぃキャラがいるようですね・・・・




・・・いや、そりゃそうか。

トゲの無い子なんてこの監督が用意するとは思えない。




゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

で、パキる。という要素。

プリパラにおいては外せないですわね。




最後に「今期は神アイドルシステムに挑戦していく物語ですよ」

という方向性を見せて

赤ちゃん育てるのもやりますよっつって

〆。




うん。
「物語」というより「イントロダクション」という感じですね。


ちりちゃんは今後も話の中心になるのか?
それとも、あくまでらぁらが話をまわしていくのか?


沢山居るキャラクターをどのように料理するのか。



「人数が多くなって、濃い描写が少ない」という
視聴者の意見は作者も重々承知のはず。


それにどんなアイディアで答えを出すのか。



期待したいと思います。



平行して、35話以降の視聴も続けます。
こちらは、語りたいことが出来たときにだけ語ります。



゚・*:.:♪*・゜゚プリパラ感想リンク・♯*:.。. :*・゜



チョコパフェとかイケメンとか・・・否。


・・ずいぶんとアッサリ風味のEDですね。
予算かけられないのかな・・


・・・と思ったけどそれは最初からそうでしたね。

むしろ作画枚数は増えていると言うべきかも。


▲ファルルですかね?(゚ω゚)



▲このちりちゃん。

仕草とか表情とかがとても初心者っぽくて、
そうであって当たり前と思いながらも、やっぱり

設計・組み立てともに「上手いな・・」と思いました。











゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


ごきげんよう諸君。

遂にはじまったな!



おじさんやる気満開だお

いいのかお前
アイカツ感想も書くんだろ


あーそーだお!


やってやるお!

わしゃあ楽しい感想ブログが書きたいんだお!


何が悲しゅうて客にも業界にも無駄に敵作って嫌われにゃならんのだ
これから漫画業界で生きていこうっつう人間が!



▲山本さんちのガン・ガール第一巻の
発売日も近づいてきたっつうのに!

(表紙じゃありません。ポスターの編集前原稿です。
発売日は6月28日です。)




あんな記事ばっかり書いてたら損ばっかりじゃ!
やってられっか!

(週3本⇒時間がかかる⇒語るところが多くなる⇒
細かい文句なんか言ってられなくなる⇒7話9話みたいな内容でも
サラリと語れるようになる⇒平和なブログの誕生ww)


ワシの完璧な計算ぷり!




大体、週1本本命決め打ちなんてやってるから
マジになりすぎるのだ!


いや、そもそもウチは
「どこまでマジになれるか」がテーマだったが、

今年はそのノリを守ってたらたぶん事故る!
否!すでに甘めに事故ってる!




だから足場を増やして加重を分散させるのだ!




言わばしょうゆラーメン一筋10年の店が
味噌ととんこつも始めるようなものよ!


クドクドしいしょうゆラーメンだけが目当てのお客には
物足りなくなるかもしれないが勘弁してくれ!





次は木曜日の味噌ラーメンでお目にかかる。



日曜・火曜・木曜というOAタイミングはちょうどいいな!

感情の溜めが6日分だったものがちょうど2日分に分割される。
日曜日の心の負担は相当軽くなるかもしれない。

8 件のコメント:

  1. とりあえず、新規視聴者の為のおさらい的な面が強かったですが
    無理無くこの番組の魅力を伝えていたとは思いますね
    とゆうか個人的には新OPでもう満足しました

    あと、メガ兄ぃサミットの場面でうろたえましたね?
    ご安心を、あのシーンは今まで見続けた人にとっても割と衝撃ですよ
    しかしこのレベルのギャグが頻繁に起きるのがプリパラ
    慣れが必要ですよ そうしないとどんどん頭痛めることに…

    返信削除
    返信
    1. キラキラかわいいOPでしたよねー!
      録画画質を低く設定したことを後悔しました。

      >そうしないとどんどん頭痛めることに…

      そうですね。慣れて、そして自分でもそういう発想が出来るようにならなければと思っています。

      削除
  2. 分散しようとして結局、一つ一つのクオリティ変わらないことになるかも、ですね(笑)
    楽しんでやってください!

    返信削除
    返信
    1. はい。「楽しむこと」をモットーにやっていきたいです!

      余計なことを言う気にならないほどに。

      削除
  3. おもいっきり宣伝だ。
    でも、いい宣伝だ。
    其れを手にする(経験する)事で、楽しい時を作れる事をアピールするのが宣伝の真髄なのだから。

    初めて参加するのに必要な物、事の解説と友達の作り方(プリチケの使い方)を説明。
    そのあと、映像に合わせて歌いたくなる様なシーンの連続で、見てる子がプリパラをやりたくなるしかけ。ながれいしだね、りゅうせきだね、見事だね。(俺はやらないよ、アイマスすら手出してないのに。)
    本当、見始めたばかりの、俺にはありがたい解説回でした。

    めが兄ぃ、確かに気持ち悪い。管理システムがキャラ化した物って認識だったから、エージェントスミスだと思ってたが、キャラ濃すぎ(笑)
    ラストの赤ちゃん、どっかで見た様な…たしか日曜…
    モバイルに取り込んで持ち出したらしないよね!

    返信削除
    返信
    1. ステマじゃないですもんね。

      いわば30分ずっと広告映像を見せているようなもの!

      それでも楽しませることが出来るなら歓迎されるべきですよね。


      >エージェントスミス

      あ、それだ・・・
      しかしところどころ中途半端にローカルなデザインがいることがまた奇妙でね・・


      >ラストの赤ちゃん

      うん。ガチンコしょうぶですね!

      キャラクターデザイン だけ の勝負なら、私は日曜日に軍配を上げます。


      はてさて、上手い描き方が出来るのはどっちか!
      監督・Pのアイディア勝負が見られますかね!

      削除
  4. いきなり90話に飛んでいらっしゃる…!

    個人的に90話、もとい第3シーズン第1話は、
    「そうそう、この娘はこういう娘だった」「この世界観はこういう世界観だった」というのを
    改めて思い出させてくれる(初めての人には教えてくれる)話だったと思います。
    第2シーズンでははっきり言っておざなり過ぎたと思うので、良い仕切り直しのように感じました。

    個人的に印象的だったのは「『かしこま』って何?」っていうやりとりですね。
    おそらく会話を通して説明されたのは90話にしてこれが初めてだったはずで、
    ここ暫く「とりあえず言わせとけば良いだろう」というくらいのノリの台詞に私は感じていたのですが、
    「話を通じて意味があるようにこの台詞を使っていきます」という意思表示のように思えました。考え過ぎかな…。

    …とまぁ、視聴前の方にあまり悪い印象を与えるのも難かと思ってはいたのですが、
    他の方のコメントでもグダる、収拾ついてない、という意見が多かったので、
    流れに乗る感じで私の2期の印象を書いてしまいました。私には正直なところ微妙でした(汗)
    良い話もあるんですけどね…ここで言っても取って付けた感は否めませんが。

    ちなみに、めが兄のバリエーションですが、
    最近やってる劇場版のプリパラからの登場で(パラ宿以外の世界各地のプリパラを行脚するストーリーです)
    めが姉さんもご当地バリエーションでコーデの紹介をしてくれます。
    映画館で笑いを堪えるのに苦労する作品でしたので、機会があれば是非観てみてください(笑)

    返信削除
  5. 悪魔と天使の子はかなり濃いキャラクターですが
    話を追っていくときちんと掘り下げ回があって親しみをもてるようになっているのでご安心を。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...