2016年4月20日水曜日

プリパラ#92「ちょう絶クール蝶(バタフライ)」感想


ぐああああああああああああああああああああ

やめてやめてやめてやめてやめてやめて
吐いちゃう吐いちゃう吐いちゃう吐いちゃう(`;ω;')

脚本:ふでやすかずゆき
絵コンテ:柊陽菜
演出:小林浩輔 今中奈々

あ゛ぁ~~~~~

きっつ~~~~(`;ω;')





ショックだわ・・・・

8ページ60コマのうち30コマでボケられた気分・・・
食事しながら見たから本当に胃の中のものが戻りそうでした。


「もうやめてー!」って本当に声が出ました。





お約束級から

反則級まで!

ハードパンチの連続攻撃!



なんだよこれ・・・・(`;ω;')なんだよ・・
どんだけブチこんでんだよ・・・


こことかどうなってんだよー
1シーンでどんだけボケんだよ~(;ω;)

①「なおちゃんかわいくかくからね⇒私は花瓶を描く」
②かしこまかしこまかしこまかしこまかしこま
③にくまんをかいたの(一筆)
④にくまん味しないなの~
⑤赤子を召還する魔方陣を描いているのである(花瓶の静物画を描くの授業)

しかも全員ツッコミなしという横暴っぷり!

あじみ先生はどこからボケが始まってるのか分らないから
数え方が分らない。

(その後先生が教室に居た様子がないということは
本当に鳥になって飛び去ったのか。)

自由すぎるやん・・・?(;ω;)





エート、状況を整理しよう。

まず今回の演出ノルマは

「ヒミツの赤ちゃんドタバタコント」を楽しく描くことと、

神コーデを着た驚異の新人が現れて・・

そらみスマイルに宣戦布告!

というプリパラの物語を進める事、だったのだな。


えー、あ、そうか。
今回は物語らしい物語がないな。

誰の人物の起承転結も描かれてなかったって事だ。



だが不思議だ!
であるにもかかわらず序盤で

「誰の何を描くのかがわからないじゃないか!」と思わなかったし
視聴後に「物足りないな」と思うこともなかった!


不満どころかお腹いっぱいな気分になっていた!


・・・・わからない。((((;゚Д゚)))


ギャグが強烈過ぎるともうそれだけで満足できてしまうものなのか。
それとも、ワシが何かを見落としているのか・・・



゚・*:.:♪*・゜゚脇役が濃い・♯*:.。. :*・゜

今回特に印象的だったのは脇役の活きのよさだ!

得田ネネさん。

らぁらのヒミツをおびやかし、楽しいコントを盛り上げる!
いいキャラクター起用だ!

長編シリーズだからこそ持ちえる財産を
隙無く使って来ているな!

▲ええ、お名前は存じておりました。

こんなヤツだとは知りませんでしたが。((((;゚Д゚)))
アイカツの先生キャラもぶっ飛んだのが多いですが、

それどころではありませんね。



こっちは本当に空飛んでるし。



・・べ、勉強になるわ・・・
身につけられるかちょっと自信ないけど。

▲なおちゃんも。サラリとエグい性格を覗かせているわ

大神田校長に居たっては・・・



もうやめて!

私が叫んだのはここ。。・゚・(ノ∀;)



漫才のボケのパターンにこういうのあるけどさ。
アニメで見たのは初めてだわ!!


な に や っ て ん の ? 
。・゚・(ノ∀;)


えっ?




・・・えっ?




そふぃさんは濃いサブキャラが増えてきたことで、
コッチの方に振り切れる作戦に出たんですかね。



▲ジュリーを探しているメガ兄のシーン。


・・・・・・・・・ムーンウォークをする理由は特にありませんよね。

ふざけた姿を見せて、「ふざけてない」と言い放つ、
ふざけたヤツですよね。



・・・この絵コンテさんに「ふつうにやる」っていう
選択肢は無いんでしょうね。


普通に見える場面も全部、ギャグを引き立たせるための
前フリなんじゃないかと思えてきました。

雨宮君。
面白いけど、リアルに居たらドンビキですね(´ω`*)


12日に書き込んでるのに、既にその先にも
記念日があることが確定している!


ということは、たとえ南委員長に会えなかったとしても
もちろん南記念日なのだろう。



キャラクターの特徴をトコトンこじらせるギャグか。
好きだわ・・・同人作家的な意味で。(´ω`*)








゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


すごいですね~

個性の強い脇役が、らぁらの動き回る世界を
ものすごく楽しいものにしてくれています。



これまで描いてきた脇役の財産が無かったら、
今回のネタの殆どは使えなかったはず。



少なくとも今回の演出家さんは
増やしてきたキャラ達を重荷にはしていないように感じ・・・・





・・ん?いや、まてよ?


でもやっぱり、らぁら以外の主役5人はちょっと
脇役っぽい扱いになりかけてたな。

とくにレオナとか。



ん~



そのうえ、この先はまた新たに登場したこの子達の
キャラ紹介と掘り下げをしなきゃならないわけで。



らぁら以外はほぼ脇役になっちゃうのかなぁ。

さみしいなぁ。


▲見せ場が減った分、インパクト勝負。
これはつまり、そういうことだ!

象徴的だな。



このアイディアは見た記憶があるぞ。









プリキュアオールスターズDX3だ!
(と、それ以降のシリーズ)




゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回も赤ちゃんドタバタモノを続けるのか・・・('A`)

と、思ったけど、


そらみスマイルに宣戦布告。

アイドルモノとしてすこし動きがあったので
先週のような「コレジャナイ感」は感じませんでしたね。


シオン、そふぃのクールキャラとの対抗を予感させる演出も 


「ボクとみれぃとあじみ先生を足して割ったような子」
というセリフは、


らぁらたちとのガチンコ勝負を予感させ、
「この先どうなるんだろう?」と
興味を引く仕掛けになっています。


妖精までライバル。

ウサギのほのぼのな一面が見られたのも楽しかった。




▲楽しいコントの連続攻撃だったけど、
「あかちゃんがどうやって出来るか知ってるの?」

というところに触れるのはハラハラしたなぁ!


みれぃさん達を疑うのはやめて!(`;ω;')

チラと、イケナイほうの薄い本が描きたくなったじゃあないか!
;y=ー(゚д゚)・∵. ターン

ふー。




゚・*:.:♪*・゜゚まとめ・♯*:.。. :*・゜



「やめてやめて」とは言ったけど、この、
アイディアの限りやりきる姿勢!


これがなによりも心地よかった。
どんな作品であれ、人の心を掴むのはそういう作品だよな、と思いました。




ん~~、刺激的だった!


プリパラ、アイカツ、プリキュアを一日おきに見て
感想を語るという生活スタイルは、思った以上にシビれるな!

なんだかものすごくいい勉強が出来そうな予感がする。

もっと早くから始めるべきだったかもしれないな!




゚・*:.:♪*・゜゚過去記事リンク・♯*:.。. :*・゜



15 件のコメント:

  1. プリキュアとアイカツは、感想記事読むとある程度内容がわかるんですが。
    プリパラの場合余計わからなくなるんですよね、何なんでしょうねこれ。

    返信削除
    返信
    1. 私の理屈・理論がおっつかないのが理由の一つかもしれませんね。


      何しろ、今回は物語を基礎から分解するという視点では語れて居ませんから。

      削除
  2. あじみ先生は土曜日放送最後の日であり初登場回であの調子で1話丸々喋り続け、その次の月曜日放送最初の日でも同じ調子で喋り続け、以後登場するたびに視聴者の体力を奪い続け来ました (ちなみにライブシーンもあんな雰囲気)
    プリパラ(特にふでやすかずゆき脚本)はノリですべてキメたようなギャグが多いですがこのキャラはその権化みたいなモンです

    そんな無軌道ギャグが競合作品には無いこのアニメならではの特徴ではあるのです

    返信削除
    返信
    1. 無軌道・・言いえて妙ですね。

      この自由さ、どこ行くか分らない雰囲気はまさにそう思います。
      このノリが出来るのが監督以外にも居るというのが、なんかすごい集団だなぁと思います。

      削除
  3. 『アイカツ』がクール路線で行くのも納得です……

    ギャグで『プリパラ』に勝つ方が難しいですから…

    私はまだシーズン3を1話も見てないんですが、
    今回の感想文でより楽しみになりました。
    早くシーズン2を見終えたいと思います!!

    ………でも、シーズン2のプリンス様がイマイチ好きになれないというか、
    あじみ先生の初登場まで見てからシーズン3まで飛ばそうかな……

    それともストーリーを見ておくために、
    シーズン2もラストまでしっかり見るべきか……悩んでいます。

    返信削除
    返信
    1. このノリはアイカツにもプリキュアにも出来ませんね。

      まさにオリジナリティを極めんとしているようです。

      私は34話までしか見てませんが、特に問題ないですよ。
      飛ばしていいんじゃないですか?(゚ω゚)

      削除
    2. 34話までしか見ていないなんて勿体ない!第一期のラストはとても素晴らしいので、ぜひ最後までみることをおすすめします。

      削除
    3. もちろん見ますよ!
      毎週3本更新でなかなかおっつきませんが、すごく盛り上がってて面白いです。

      削除
  4. シーズン2は4クール目突入あたりからシリーズ屈指の盛り上がりがあるので飛ばすのは勿体無い(特にみれぃ好きは必見)
    あと最後まで観ないとふわりが不順なまま活躍が終わってしまう

    そして何よりあじみ先生最大の問題回(であり2年目の一連の騒動の原因)が4クール目にあるので見逃しちゃいけない

    返信削除
    返信
    1. む・・・そうなんですか。

      賛否両論あるけど見所はあるということでしょうか。

      ・・・せっかく録画してるしなぁ・・・見ます。(゚ω゚)

      削除
    2. あじみ先生を見るために続きを見てみたのですが、

      ファルルのライブはやはり圧倒的ですね……。

      あと「黒ファルル」みたいな子がすっごく気になりますw
      「ガァルル」っていうんですか……ww

      声優さんの選択が素晴らしすぎますね!!
      「デ・ジ・キャラット」の真田アサミさん!!
      あのハイテンションな演技が頭をよぎりますww
      早く続きが見たいです!!

      削除
  5. プリパラはふざけるのが自然体です

    返信削除
  6. プリパラはふざけるのが自然体です

    返信削除
  7. プリパラはギャグ>ストーリーの配分ですが
    プリパラの前身であるプリティーリズムはストーリー重視ですよ
    特にプリパラの一年前にやっていたプリティーリズム・レインボーライブは
    プリティーリズムシリーズの集大成といえる出来です

    返信削除
  8. 徳田ねねの漢字間違ってます

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...