2016年4月23日土曜日

ちくわ写真館

ん?なんだカメラか

ぐぅ・・・



仕事で外に出る余裕さえない時の私のちょっとした癒しは
カメラを触ること。


しかしまあ、被写体は常に寝ているので
同じような絵しか取れません。よって殆どが消去となるわけですが



そういうこと続けていると、こうしてたまーに、
面白い絵が撮れる事があるのです。


グラドル気取りか。



▲これと同じような絵は山ほどありました。


ほら、これとか。

切れた耳は本当にジバニャンみたいになりました。

流行を追っていくスタイル。





朝の散歩。

私が公園まで歩くと、なぜか付いて来る。そしてハンティングのお時間。


しかしハトはこう見えてネコの間合いを完全に見切っている。


いや、あるいは本気で獲る気がないということもあるかも。

基本腹減ったら人間からご飯もらうわけですし。



あ、なんかネコっぽい写真。




中身人間なんじゃないかって思うことがチョイチョイあるものですからね。




▲これとか




▲これとか。


▲これとか。




▲なんでしょうか。どことなく人間ぽく感じるのは・・・

飼い主だけでしょうか。


と思ったらこれは犬っぽい。





▲見晴らしがよくてそこそこお日様が当たるこの場所がお気に入りらしい。

・・が、ご近所さんの敷地に我が物顔で居られると
飼い主としては非常にハラハラする。




最近ちょっと仲良くなった子猫。

(虚勢費用が負担になるなぁ・・)なんて考えるので、
かわいいけど複雑な気分になるのですが、

そうこうしているうちにいつの間にか
居なくなってしまうネコというのが結構多い・・というか、

ちくわ以外全員そうですね。



最近はこの子の親のアバズレちゃんも全く姿が見えません。


どういうことなんでしょう。


虚勢費用の心配がなくなったのは助かるけど、
心配になるのでやはり複雑です。

この子らも4人姉妹だったのですが・・・




これまで色んな猫が現れましたが、ここまで
仲良しなのはちくわだけ。

相性なのか縁なのか。


不思議なもんですね。





゚・*:.:♪*・おまけ゜゚・♯*:.。. :*・゜

ネタ出し散歩にもカメラを携帯するようになりました。

カメラを持って歩くと、町の色んなものが
なんだか面白いものに見えてきます。







この町には花を植える人がとても多い、ということにも
カメラを持っていたお陰で気づくことが出来ました。















































▲この看板は何回シャッター切ったか分らない。

このサビ具合、わろてるのか泣いてるのか、
あるいは人には及びも付かない感情を抱いているのか。



なにしろコイツは人間ではないのだから。


考え出すと止まらない。


看板とるのっておもしろいなぁ・・と思い始めています。

そういう趣味を極めてる先人は多いでしょうけども。



2 件のコメント:

  1. 窓に描いてあったドラえもんみたいなのもそうですが、
    シュールな看板を見かけると思わず撮りたくなることがありますw

    写真が趣味というわけじゃないんですが……
    なんか笑ってしまうんですよねww

    看板なので堂々と撮っていいものか悩むこともありますけど…


    >中身人間なんじゃないかって思うことがチョイチョイあるものですからね。

    猫の中に入ってる人間って基本「おっさん」ですよねww

    私の家の近所にも「おっさん」たちのたまり場があります。
    知らない人が近づくと警戒されるので遠くからチラ見するだけですが……
    世界一かわいい「おっさん」たちです(´ω`*)

    返信削除
    返信
    1. 心が動いた瞬間を切り取って、後で見返してまた笑ったり思い出したり出来るっていうのは
      けっこう楽しいし、ちょっとした癒しになると気づきました。

      >猫の中に入ってる人間って基本「おっさん」ですよねww

      かわいいおっさんから怖いおっさん、可愛くないおっさんまで。

      いろいろいますよねぇ・・

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...