2016年4月5日火曜日

山本さんちのガン・ガール第14話

4月5日は山本さんちのガン・ガール第14話が掲載されている
まんがタウン5月号の発売日です。

▲これ。


会津郷土料理「しんごろう」。

▲モデル。

1年半前の取材の成果がちょっとだけ出ましたね。



※  ※  ※

実はこの原稿を描いている間重たい風邪を引いていて

バファリン様が効かないほどの頭痛に
ずっと苦しんでおりました。



締め切り間近まで眠って少しでも症状を緩和させて、
バファリンが効くようになった段階で、大急ぎで仕上げた原稿です。



ミスはあるし、手が震えていたので絵は荒く感じるかもしれません。




言い訳にはしませんが、それでも楽しんでいただけますように。
祈る気分です。




先月が胃痛。今月が頭痛。来月はそのしわ寄せで進行遅れ。


・・・いつになったら順調に仕事が出来るようになるのでしょうね。私は。

12 件のコメント:

  1. こちらでは告知されてないようですが、6月28日に単行本の発売が決まったようですねw

    おめでとうございます!申し訳ない事に連載の方が追いかけられていないのですが、単行本の方はぜひとも買わせて頂きたいと思いますw

    返信削除
    返信
    1. 私は2週間くらい前から告知しようかと思っています。

      ぶっちゃけ雑誌での人気は連載続行には無関係ですから、
      単行本買っていただけるだけで十分ありがたいです。よろしくお願いいたします(´ω`*)

      削除
  2. 名無しのSS2016年4月5日 13:39

    商業誌の単行本、と聞くと、なんというか、いよいよだな、ってなぜかこちらも緊張してきます(笑
    「しんごろう」初めて知りましたが、不思議な料理ですね。
    焦げ目がついているのに柄の竹部分は焦げてないし、なんだか巨大なマッチにも見えるし、
    そして肝心の味が想像できない…
    一見、屋台の出店にもありそうな風貌ですが、しかしそれでいて郷土料理としての風格も感じられます。
    正直、なんとかして食べてみたいと思わせる品物です(^^

    そしてていお様、先日からトップページに「3ヶ月更新がないと出現する広告」なるものが出るようになってきました。
    こちらのページは常に更新されているのに、これもまた不思議なものですね(^^;

    返信削除
    返信
    1. 連載開始時に比べると私自身は全くなんの心境変化も無いですね・・意外と。

      しかし、単行本が売れなければ連載が終わっちゃいますから
      恐怖はありますね・・・(゚ω゚;)どうぞよろしくお願いいたします。


      しんごろうは、ご飯と味噌ですから焼きおにぎりに近いです。
      綺麗な山の空気と古民家の中で食べたので、それはそれは美味しく感じました。


      TOPページをちょっと更新しました。('A`)
      時間が経つのが恐ろしく早いです・・・

      削除
  3. 体調が悪い時でも描き続けなければならないって、
    けっこう辛そうですね……

    >手が震えていたので絵は荒く感じるかもしれません。

    いつも通り「まんがタウン」でトップクラスの画のクオリティだと思います。
    「荒い」とはまったく感じませんでした。
    まぁ、私がド素人なので細かいところまで気付かないだけかもしれませんが…

    八重さんの「進化!」の時と「次 私も…」の時の表情、
    あとぐりぐりされている時の
    「まんがタウンじゃなきゃ描けないギャグ顔」がお気に入りですww

    返信削除
    返信
    1. >「まんがタウンじゃなきゃ描けないギャグ顔」がお気に入りですww

      アレを思いついたときは「やったぜー」でした。
      手が震えているのを利用できたところでもあります(´∀`*)


      体調不良でも休めないのはどの職業でもあることでしょうから、
      特別とは思いませんが・・・いや、しかし辛かったです。

      そのしわ寄せで、本来作画に入っていなければいけない来月号の脚本すらできていないので
      今もまだ辛いんですけどね(^q^)

      削除
  4. 体調不良は、もしかしたら、ダジャレを聞くと怒りが湧く先生の体質が
    嫌だけど必要に迫られて描かなければならないというジレンマから生じた
    アレルギー反応と風邪との相乗効果から生じたものかもしれません。

    ・・・という冗談はさておき、なかなか大変な1ヶ月でしたようで
    というか、これからも大変な1ヶ月を迎えるみたいですので
    お体には十分ご自愛下さい。胃痛、頭痛ときて、腰痛なんてことの無いように。
    漫画家さんは腰を痛める方が多いみたいですので。

    さて、今回は竹子さんの微笑がテーマということで、色々な笑いが楽しめました。
    苦笑い、バカ笑い、不気味な笑い、愛想笑い、失笑、満開の笑顔、下品な笑い、etc...
    あと、高笑いと、照れ笑い辺りが入ってくれば笑いの見本市となりましたね。

    「しんごろう」に似た食べ物として、コッチでは「五平餅」というものがあります。
    形状や味付けは色々ありますが、ウチの地域では草履(小判)型で
    甘辛い醤油ダレが掛かっているものが一般的です。

    単行本が出るのはまだ少し先のようですが、発売が楽しみです。
    雑誌は第1話の掲載時から取ってありますので
    ドコにどんな修正が入ったのかを探すのも面白いかな?なんて思っています。

    返信削除
    返信
    1. 色々な笑いを意識したつもりは無かったですが、そうなってたんですねぇ・・

      本作のテーマが「明るく楽しい会津」である以上、プリキュアじゃないですが「スマイルを描くこと」が
      肝だと思って描いてました。

      五平餅はなぜか青森でも売ってましたね。そういう名前じゃなかったような気がしないでもないですが。

      秋田にはきりたんぽがありますし、形は違えど全国に似たようなものはまだまだあるのかもしれませんね。


      単行本で直せるのは20ページが限度なので吟味しなくてはいけません。(`・ω・´)

      削除
  5. 夕凪さんちのガン・オタク2016年4月9日 18:53

    遅くなりましたが、拝読しました。

    お話としては面白かったです。
    難攻不落の竹子城をいかに攻め落とすか?
    各人各様に攻め込んでみるものの、あえなく敗退。
    それぞれの個性がよく描き分けられて楽しかったです。
    またデレたいのにデレられない照姫様の悩み様も好きですね。
    この方はホントに良い方です。

    という事でお話自体に文句はないのですが、ただ・・・

    そろそろ気合いの入ったガンファイトが見たいものだナァ、
    と思います。
    いやしくも『ガン・ガール』を名乗る以上は、
    たまにとは言いません、年一回でもいいですから
    真剣勝負(鉄砲にヘンな言い方ですが)があって欲しいと思います。

    例えば道場なら道場破りが来る事もあり得るでしょう。
    その道場破りと、道場の看板を賭けての鉄砲腕比べ!
    しかし的を撃ち合うだけでは勝負はつかず、
    互いを撃ち合う(西部劇の決闘シーン)事となる。
    そして道場破りの撃った弾を八重さんが撃ちはじいて決着!
    (ゴ〇ゴ13だって銃弾の狙撃をやった試しはない)

    これなら血をみる事もないでしょう。

    または、いつぞやの妖怪の再登場とか。
    歌の文句によれば「お化けは死なない」そうですから、
    撃っても血生臭い事にはならないでしょう、多分・・・

    誤解のないよう念を押しておきますが、
    私は決して血を望んでいるのではありません。
    逆です。
    血が流れそうなところを、八重さんの銃で防いで欲しいのです。





    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。目論見どおりお楽しみいただけたようで幸いです。

      ご希望の鉄砲バトルについては今後の選択肢にあるのですが
      優先順位は低く、先延ばしになっている状態です。


      やるとしたら猛獣退治・妖怪退治・射撃競争だと思います。
      基本的に八重たちが人に銃口を向ける描写は模擬戦などであってもしないつもりです。

      「明るく楽しい会津」の「ギャグ漫画」を成立させられる上で
      鉄砲を使った活躍・・描くにはもう少し時間と知恵が必要ですので
      お待ちいただければと思います。

      削除
  6. 14話拝見しました
    タイトルの郷土料理しんごろうでほっこりした感じから、
    照姫さま、印籠と流れるギャグで、つかみはバッチリ!
    毎回頭を痛めておられるとは思いますが、回が進むごとに導入がスムーズになってますね
    キャラそれぞれの行動も「らしさ」に加え「良さ」が出ていてとても自然でした
    前回も思ったのですが、コマの奥行きがうまく使えていて、大勢いても窮屈にならないですね
    遠近感的縮尺もバランスがとれていて、ギャグ漫画なのに3Dで見て違和感が無いと感じました
    単行本発売も近付き、ますます商業誌連載の先生として安定したと思います

    しかし…山本流一門、何かお笑い芸する団体と思われていそう…
    照姫さま公認でお父上も何も言えないでしょうしねえ(笑

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!
      導入は毎回「八重が鉄砲少女であること」「どんなお話が始まるのかを予感させること」
      「中心人物のキャラの特徴を見せること」「オチをつけること」
      をクリアしなければならないので大変なのですが、今のところなんとか出来ています。

      遠近感についてはたぶん、以前と比較して遠くにいるキャラの絵を簡素に描く事が
      出来るようになったからだと思います。


      連載開始当初は「手を抜かずにやらなければ」という思いから線の数が増えていたと思うのですが
      肩の力が抜けてきたんだと思います。

      たぶん、文字数も減ってますし、今第1話作ったら別物になる気がします。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 11/5 キラメッセ沼津 僕ラブサンシャインIN沼津3 申込完了 ○ 11/12 ...