2016年7月22日金曜日

アイカツスターズ!第15話 「月と太陽」感想

脚本:森江美咲
演出絵コンテ:山地光人

すごい・・・なんていいセンス

「言葉の使いかた」の上手さよ。




前回の真昼ちゃんがかなりツンツンしてたから
ここからどんな姉妹の物語を見せるんだろうと思ってたら


姉への反発は
好きの裏返しだったのね(´ω`*)


あの反発の強さは好きな気持ちの強さでもあったと。



おっしゃあキター!Σ(*゚Д`;)

・・と、喜びたいところですし、ここは演出家さんが
明らかにその期待に応えてくれたところでもあるのですが

わたしはそれより

こっちのがグッと来ましたね。



このスタイル画は真昼の思い出の場面で出てきたもの。


「仲良かった頃の楽しい思い出の象徴」


真昼が投げ捨ててしまったものを今もこうして持っている、
という事実が、真昼の心を変えたんです。



真昼が思っていたのと同じように、
そして真昼が姉を嫌いになってからもずっと
夜空さんは妹を想っていたんですね。


もし仮にこのシーンを会話だけでやろうとしても
真昼も視聴者も納得できなかったと思います。



この「二人の思い出とその証拠」という
アイテムを用意したセンス!


私は、それが見られたことが何よりうれしかったです。


〆もシャレてましたねー(´ω`*)

仲良かった頃の姉妹に戻れた象徴。


この絵があったら言葉なんかいらないですよね。

結構あったけど。



゚・*:.:♪*・゜゚進行・♯*:.。. :*・゜

こっからの

こう!

はやい!Σ(*゚Д`;)
そのテストとやらは香澄姉妹を動かすための舞台装置でしかない!
余計なところは一切ぶっ飛ばす思い切りの良さ!

時間と絵は肝心なところにだけ使う。
いいですねー

ゆず先輩は前座。
BGMベースのスライドショーで、
短時間ながらしっかり舞台を暖めてましたね!


゚・*:.:♪*・゜゚MVP・♯*:.。. :*・゜


今回のMVPは、物語を分かりやすくしてくれる
改心の一撃を何度も放っていた小春ちゃん!


「真昼ちゃん、また笑顔を忘れてる・・」

「真昼ちゃん、本当は見返したいとかじゃないのかも」

「お姉ちゃんを見返したくて4ツ星に入ったって言ってたよね?
でも本当はちがう。大好きなおねえちゃんに自分を見てほしいから
入ったんじゃないの?」

「真昼ちゃん、本当は寂しかったんだよね?」

シーンの要所要所で鍵となる一言を放ち、真昼ちゃんの
心情描写をサポートしています。

▲ホラ、効いてる効いてる(ノ∀`)

※  ※  ※


ツンツンで本音をなかなか言わない真昼ちゃんの心を
分かりやすく描くには、解説役が必要でした。


それは人の心を察する能力があって、
真昼ちゃんのそばに居ても不自然じゃない人物

でなければ務まりませんでした。


小春ちゃんの起用法、お見事でした。



※  ※  ※

セリフの使い方関連であと2つ。

「あなたと同じ」


これもいい一言でしたねー!(´ω`*)

これがあったら、あとは夜空さんの表情を写すだけで十分!
視聴者に「考えさせる」描き方が出来ますよね。



セリフアレルギーのはずの私が、今回は
何度もハッ!とさせられました。

セリフの量が問題なんじゃなくて、
適切なところで最適な言葉を選べるかどうかが
大事なんだと改めて考えさせられました。


そしてこれ。(´ω`*)

「目も開けていられないくらい眩しく、ね!」

ふぉー!(ノ∀`)
こんなカッコつけたセリフ、物語が盛り上がってなきゃ絶対スベる!!

それが滑るどころかしっかりカッコよく決まってる!
言葉の使い方上手いなぁ・・



゚・*:.:♪*・脇役゜゚・♯*:.。. :*・゜

真昼ちゃんに小春ちゃんがついてお膳たてをしている一方、

夜空さんにはひめさんが。


今回のお話、香澄姉妹だけで成立させようとしたら
すごくぎこちない展開になったとおもいます。

脇役がいい活躍をしたからこその
今回の感動だと私は思います。


゚・*:.:♪*・画像でコメント゜゚・♯*:.。. :*・゜


うわぁ・・・うめぇええ・・・・

ポーズも表情も線もすごいな・・・・



・・・・・・・・・・・・




・・いや、なんか「踊れ!」って言われた気がして。
演出家さんはたぶん視聴者のこういうリアクションを
期待してたんじゃないかと思って。


・・・でも、やってみたら結構恥ずかしい。


あと、脇の描き方に並々ならぬこだわりを感じる。

絵描きさんを尋問したい。そしてその後は固い握手を交わしたい。





真昼さんの「おっと」と他の人の「おっと」は
意味が違う気がしてならない。







こっちは直球で来ましたわね・・


ええ!わかってますとも!

「妹として!家族として!」ですよね!!ええ!!
ご馳走様です!


夜空の荒い息遣い(意味深)


そして
真昼ちゃんはこの表情である。


いったい真昼ちゃんの視線の向こうには
どんな光景が広がっているのか。

想像が捗りますね。


※  ※  ※



今回は脇役だったゆめとローラだけど、
この時点ではローラの方がリードしている・・・ということが
ここで伺えますね。


この関係はたぶん後に活きて来るのでしょう。


リードするローラにあせる気持ちとか、
そこからの逆転の何かをゆめが見つけるとか


そういうのが見られるんじゃないかと期待しています。

3 件のコメント:

  1. ゆめとローラが、同じ組で互いに応援しながら
    切磋琢磨するライバル関係にあるように
    小春ちゃんと真昼も、同じ組でライバルでありながら
    お互いを理解しあう関係になるみたいですね。

    真昼の心の底に潜んだ夜空への思いを、真昼の独白にしてしまうと
    どうしてもわざとらしさや言わされてる感が出てしまう所を
    小春ちゃんが真昼の事を気に掛けて、機微に気付く形にしたのは良かった。
    これは、お話において、真昼の思いを視聴者に分かりやすく見せるためでもあり
    今後、その関係性を出していくためのファーストステップでもあるようです。

    そして、次回はゆめとローラの関係性を掘り下げていくみたいで
    今作は1年というスパンを見据えた上で
    まずは主要な人物の掘り下げや人間関係の構築を
    じっくりやっているという感じがします。

    きっちりじっくり描いたことにより、今後
    キャラクターの関係性が物語に影響を与える話となったとしても
    「上っ面感」や「薄っぺらさ」は感じなくて済みそうです。

    反面、アイドルとしての実力はまだまだな1年生なのに
    アイドルとして大事な各要素を成長させることにスポットを当てた話
    オーディションに挑む→合格するために足りない要素に気付く→試練を乗り越えて獲得する
    といった話が、まだまだゆめには少ないような気がしますので
    「知らないうちに実力が付いていた」なんて事がなければ良いなと思います。

    『語る所では語る』『画に添えるだけの時は補完で済ます』
    といった台詞の使い分けも巧みでしたし
    主題が絞られて明確になるよう、物語の流れはしっかり示しつつ
    濃淡を付けた尺の使い分けも見事で
    非常にメリハリがあって見ごたえがありました。
    こういう描き方をしてくれると、やりたい事も理解できるし、気持ちも入りますね。

    返信削除
    返信
    1. 見事な補足・・ありがとうございます。

      >「知らないうちに実力が付いていた」なんて事がなければ良いなと思います。

      ゆめには第1話で気絶したヒミツがあるようなので、
      その辺を見据えている時点で成長を描かないなんてミスはしなさそうですが・・

      でも、まだ紹介し切れていないキャラクターも居ますし、大風呂敷の中で
      ゆめが主役としてしっかり目立つ物語になるかどうか、というのは気になりますね。


      もしそれが不足無く描かれるならきっとすごい感動すると思うんです。

      削除
  2. 素敵な話と綺麗な絵を楽しめばいいのに、技法を考えてしまって素直に観れない。ついらぁらのん姉妹、はるかももか姉妹と比べてしまう。どれかが優れているわけでも無いが。
    アイカツは楽しむ物、対抗心や勝ち負けではない、と真昼も言ってるのに。反省。

    なんて思って見返したら重箱の隅が気になる(笑)
    ・保険医がいい性格してる、姉妹喧嘩は犬も喰わないと、平手打ちの音がしてもまったく動揺しない。
    ・ゆめのオムライスでか!
    ・香澄家はさすが裕福だな。夜空の色鉛筆、金帯の位置と箱のデザインからすると、ホルベイン アーチスト 150色(3.5万余)だぞ。
    ・夜空のお仕事の司会者はタモリか?でも音楽番組で「いいとも!」は言わないよな。
    ・夜空と真昼、衣裳の基本ラインは同じだが夜空の方が一段どころかかなり豪華だ。(トップアイドルだしな)

    ゆずとハルカのステージも見たかったな。アイカツははっちゃけた子少ないから。いや尺的に無い物ねだりなんだけど。

    ‥‥‥姉妹と言えばもう一組居たような?




    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...