2016年7月22日金曜日

ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」レビュー


相変わらず上手いもんですね(`・ω・´)

絵もキャラ演出も背景も。



人の懐に飛び込む明るさと
衣装も作れちゃう器用さと
ミリオタと。

千歌がノリと勢いタイプな分、
実務でしっかり支える女房役か。

おっぱいもむひと

ハーフ?
スクールアイドルが出来たと聞いて
理事長になるダイナミックさと実力が無ければアッサリ終わらせる
サバサバしたタイプ

簡単に言うと「アメリカっぽい」キャラかな?

内気でアイドル好き

おっぱいもまれるひと

イジられ役の地位を着々と積み重ねつつ

いいところで飛び出していって
千歌に最高のインタビューをする活躍!



大人しそうだけど
ちっちゃいギャグ担当なのかー



第3話とは思えないくらい「誰がどんな子」
というイメージが出来ましたね。




゚・*:.:♪*・゜゚物語?・♯*:.。. :*・゜

ドラマとしては淡々としてたというか

「最初のライブを成功させましたよ」
という段取りを見たって感じがします。

「物語」らしいものはあまり無かったような。


それでも楽しく見られたのは、
それぞれの場面でいちいちキャラクターの特徴が見られて
リアクションが上手かったことと、絵が綺麗だったせいかな、と思います。


この先に何が起こるかを期待させる要素もいっぱいあったし。



しかし、第3話で3人チームが曲と衣装とダンスを用意して
最初の手作りライブとは!

ずいぶん急ぐのですね。


いや、でもメインはまさにこの姿を見せることですから
最低人員を集めてちゃっちゃとそこまで持っていくのは
進行としては当たり前、ですわね。


「アイドルものなのになかなかアイドルっぽいことやらねーじゃーん」
なんて思われてしまったら、いいところを見せる前に
離れられてしまいますもんね。


ガルパンも驚くほど早く戦車に乗せて
基礎技術の習得もすごく早く済ませて
さっさと大砲撃たせてすぐに試合まで持って行きましたもんね。


エンタテインメントなんだから、リアリティよりも
重視すべきものは当然あるでしょう。うん。

※  ※  ※

それから、この「急ぐ」は相当高い技術と知恵が無ければ
絶対出来ません。

今回もまた舌を巻きました。
すごいなぁ・・


゚・*:.:♪*・強引な神様Σ(*゚Д`;)゜゚・♯*:.。. :*・゜

基本文句なんて無いんですが、

開始時間間違えてたでしょー!


ってこれは・・ねえ!


ずいぶん強引なやり方じゃあないですか神様。

時間を間違えさせて、雷落として停電にして、
でも発電機はおあつらえ向きに用意してあるだなんて。




「ここまでトントン拍子に来てしまったから、
このままライブが大成功では大した谷も山も作れない!
よーしそれじゃあこうしよう!」

・・というような
脚本家さんの心の声が聞こえるようでした。

▲この表情をさせて、
それでもめげない姿を見せるも

落雷停電で心を折る!


しかしそこでダイヤさんの粋な計らいと
みんなの暖かい応援が!



千歌、復活!
Aqours誕生!


※  ※  ※


うーん。

ちょっと苦しいなと思うのですが、
神様のいたずらとはいえ、

そこで動かされた千歌達の感情にわざとらしさや
「言わされてる感」はありません。




そう考えると、「強引」というだけで
全てを否定することなど出来ないでしょう。


感情移入して「がんばれ!」と思いましたし

「神」に弄ばれていても、彼女たちの健気さは本物でした。




゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

時間を間違えて幕上げるってどう考えてもおかしいですよね。
時計が狂ってたとかならまだしも。

裏方にドジな子が居たなら
不自然さは消せたかもしれません。

ただ、
主役でない子を立たせるべきではないでしょうし
これだけ濃いキャラ説明を続けてきて、それを仕込む尺の
余裕は無かった・・のかもしれないなと思いました。


ここまで上手な進行を見せてきてくれた作品ですから、
ここで「うっかり」片手落ちを見せるとは思えません。

「強引にやらざるを得なかった」のかもしれないな・・・
なんて思いました。



゚・*:.:♪*・゜゚画像でコメント・♯*:.。. :*・゜

鉄壁。

ありがたいですね。(´ω`*)この安心感。

全員ふとももがふといですね。
プリパラ視聴者としては「ああ、男性向けだとこうなるのか」
なんておもいましたよ。

いいですとも!


手書きとCGの違いはわかる。
分かるんだけど、すごくわかりにくい!

手書きに合わせる技術の高さはすごいですね・・・






サービス多いですね。






チーム名決めるのに砂浜をメモにするってのは
上手いアイディアですねー


そこからアイキャッチに繋げるなんてオサレ。(´ω`*)


9 件のコメント:

  1. 3話で、グループ名決定からのチラシ配りからの体育館での3人での初ライブは、旧ラブライブと同じ構成ですね。
    プリキュアにも、いわゆる「8話」と呼ばれるケンカ仲直り名前呼び回があったり、キャラクタでも「ああ、今年の青はこんな感じか」などのシリーズ物としての楽しみがあるように思います。
    おそらくラブライブでも同じ様に、旧作ファンをきちんと取り込みつつ、新しい物語を作っていく構成をしていくのでしょうね、今後も。

    返信削除
    返信
    1. なるほど・・それを狙ってのこの構成というわけですね。(`・ω・´)
      「人気作の続編としてのあり方」の手本が見られるでしょうか。
      そこにも注目してみようと思います。

      削除
  2. ちくわぶドロボー2016年7月22日 21:15

    今回のエピソードは初代ラブライブ3話とかなり意図的に対比させてるシナリオです。
    ですから初見の方には色々不自然な脚本に見えるかもしれません、巷の評判もこれによって賛否両論です。
    ネタバレになるので詳しくは避けますが、千歌達初期メンバーがあっさりライブを成功させた事。
    その後ダイヤが言った「これは今までのスクールアイドルの努力と、街の人達の善意があっての成功ですわ」という台詞。
    これはかなりメタい指摘であり実は重い意味を持っていると思われます、これはスタッフおよび出演者が「先代の人気にあやかった続編」
    と言うことを重々理解しその上で新しいスクールアイドルプロジェクトを立ち上げる意思表明と感じました。
    初代ラブライブの3話を知っている者ならダイヤの苛立ちは理解できます。
    ですから私としては今週の記憶が薄れないうちにていお様にも初代3話までは見て頂く事をお勧めします。

    千歌は今のところ単純なμ'sへの憧れが行動理念の大半を占めていますが、そこから更に飛躍しなければいけない。
    恐らく3年生ユニット側に物語上の大きな障害が立ちはだかるのでしょうがそれを如何に乗り越えるか?
    Aqoursが先代のμ'sと違うスクールアイドルになるための物語は4話からが本番と言う事でしょうね。

    返信削除
    返信
    1. >これはかなりメタい指摘であり実は重い意味を持っていると思われます

      うーむ。
      強引な手段をとった一方で演出したかったのはそこだったわけですね・・・

      「黎明期と、フォーマットが出来上がった後の作品は同じ条件でも同じ結果にはならない」と。

      ファンサービスでもあり、独自性を見せていく意思表示でもある・・
      迷いではなく明確な意思で作っているとわかると、この先の構成が楽しみになってきますね。

      削除
  3. 前作はほとんど見ていないので、オマージュ要素は分かりませんが
    お話全体としては、キャラクターの個性が良く出ていて楽しいお話でした
    ただ、どうしても気になる点が引っかかってしまい
    折角の盛り上がる所で素直に入り込めませんでした。

    まず、グループ名が決まる前にグループ名の入ったビラを配っていて
    「あれ?もうグループ名決まってたっけ?」と思ったら
    その後にグループ名決めの場面が来て「???」

    そして、クライマックスの「時間間違い」については
    ご都合展開だけなら、まだ飲み込めたのですが

    曜からチラシをもらった女子高生のセリフでは日曜日のライブなのに
    町内放送では「土曜日に14時からライブ」と広報していたため
    (ちなみに後で確認したら、配っていたチラシは日曜13時半開場、14時開演)

    「・・・? 時間間違えた?曜日の間違いじゃなくて?
     土曜日に町の人集まってたらいくらなんでも騒ぎになって気付くよね?
     なぜ時間を間違えたことになってる?」

    と、なぜ時間を間違えたことになっているのか分からず混乱してしまい
    そこにご都合展開が乗っかったため、折角の良い話が素直に受け取れませんでした。

    イージーなミスが目に付いたため
    オマージュ要素がふんだんに盛り込まれていると知った時は
    「凝った(?)ギミックにしようとする余り無理が出てしまったのかな?」
    と思ってしまいました。うーん、残念。

    返信削除
    返信
    1. >女子高生のセリフでは日曜日のライブなのに
      町内放送では「土曜日に14時からライブ」と広報していたため

      うわぁ!Σ(*゚Д`;)

      サラッと流してしまいました。ミスなんでしょうかね?
      誰かが気づいてもおかしくないところですが・・・
      でもヘンですよね・・

      削除
  4. 一部の観客はしっかり時間通りに来たことからして、遅れてしまった千歌のお姉ちゃんなりの気遣いかと。そもそもお姉ちゃんは非協力的な素振りを見せてましたからね
    仕切り直しするには心の整理が必要ですし、照れ隠しの意味もあるんじゃないでしょうか

    返信削除
  5. 初めて御意を得ます

    自分、ダイヤ様に「ブッブー!ですわ!!」と罵られそうなニワカではありますが、ラブライブ!サンシャイン!!(以下 LLS)をとても楽しく視聴しています。
    純粋に一本のアニメ番組として楽しんでいるのは勿論ですが、 "シリーズ第二弾" としての見せ方に興味を惹かれます。
    前作のアニメは26話(1クール物×2期)のみですが、雑誌やゲーム等メディアミックス物としては5年の歴史が有り、作品開始当初は声優ヲタにさえ「誰よ?こんなんじゃ、始まる前からオワコンpgr」とか罵倒されていた小さなコンテンツを、最終的には紅白出場・ドームコンサート満杯が出来るまでの物に育て上げたと言う自負があるガチ勢に対して、どう見せて行くのだろう?と言う所を注目しています。
    今までを見る限りでは、少々過剰かと思うほど前作(というより、μ'sの事)を織り込んで展開させている様に見えます。
    そこで、誤解を恐れずに言えば、LLSと言う作品は「橋渡しの為」の作品なのだろうと思っています。少なくとも、今放映中の一期は。
    これでLLSが商業的に悪くない成績を収められたら、ラブライブ!と言う「ブランド」が確立するんじゃないかって、プリキュアみたいに10作以上続くブランドになるんじゃないかって、期待しているんです。
    そうなったら、μ'sにもAqoursにも縛られない、自由な話作りが出来るようになるんじゃないかって。
    実は、自分、ラブライブ!を観ている時、ちょっとプリキュアを重ねて観ています。
    小さな日常に現れる様々な障壁(敵)、それを乗り越えていく為にスクールアイドルになり(変身して)、歌と言う必殺技で障壁を突き崩し、どこまでも前に進んで行く。ほら、そっくりw
    殊にLLSは、キャラデザも前作とイメージが被る所があるし、自然溢れる背景画の美しさも相まって、S☆Sを想起しています。
    無印が5年も同じ面子で続けた事を考えると、プリキュアというよりおジャ魔女やセーラームーンの方が近いのかもしれません。しかし、どれみの後に魔女っ娘物が作られなくなってしまった事、復活してもセーラームーンはセーラームーンでしかなかった事を思うと、同ブランドで展開する難しさが浮き彫りになって見えて来ます。それだけに、頑張ってほしい。人気が出て欲しいと思っている作品です。
    続編を作る時に、ジュエルペット並の荒業が何にでも使えれば楽なんでしょうけど。

    長くなりましたが、最後にもう一つ。
    「あんた、開始時間間違えたでしょ!」は、「遅れてスマン」の美渡姉なりの言い方だと解します。
    千歌の言うことを話半分で聞き、会社で誘うつもりも無かったであろう美渡姉が、妹ののめり込む姿を見て中途半端が嫌いだと本気だと気付いて、全力で応援してくれる。
    「お前らだけで抱え込むな。三人だけの時間は終わった!今からがスタートだ!!全力で走れ!!!」
    そう言っている様に解しています。
    「注文通り連れて来てやったぜ」と言わんばかりにドヤ顔で示すサムズ・アップが、その解釈を裏付けしてくれていると思っています。

    返信削除
    返信
    1. >これでLLSが商業的に悪くない成績を収められたら、ラブライブ!と言う「ブランド」が確立するんじゃないか
      >そうなったら、μ'sにもAqoursにも縛られない、自由な話作りが出来るようになるんじゃないかって。

      私もそう感じていました。

      キャラクターを変えて、しかし「スクールアイドル」「ラブライブ」というコンテンツや
      イズムは継承していくということが出来そうですよね。

      作る側は当然意識するところだと思います。

      前作の要素を引っ張ってくるアイディアも上手いですよね。
      これなら今や巨大コンテンツとなった作品のファンは見ずにいられない。

      そこでまた千歌たちを気に入ってもらえたら、コンテンツは引き続き
      人気を保ったまま続けていけるわけですもんね。


      それが成るかどうかは「サンシャイン」の成否にかかっているわけですから
      相当気合入れて作っているでしょうね。

      まあ、それは今更言うまでもなく物語と映像から十分読み取れることですが。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...