2016年8月5日金曜日

アイカツスターズ!第17話 「本気のスイッチ!」感想

脚本:街田堂子
絵コンテ:こだま兼嗣
演出:藤本義孝

ぬあああああムズムズするんじゃあああああ



久しぶりのこの感覚!(`・ω・´)

ムズムズして部屋の中をウロつきながらでないと
視聴できませんでした。


セリフの多いこと、進行のスジっぽいこと!(;ω;)


゚・*:.:♪*・゜゚「物語」・♯*:.。. :*・゜

それでも、「何を描きたいか」については
起承転結しっかりしていたのは救いと言えるでしょうか。

今回は「すばるきゅんのためだけに四ツ星に入った」
あこちゃんがアイドルの自覚を持つ最初の一歩を踏み出す物語。

すばるきゅんしか目に入らなくて「自分がアイドルとしてここに立っている」
ということは考えもしなかったあこちゃん


それがこの人(名前を覚えてない)の小さなアドバイスと

ゆめの存在で考え方を変える。

結果、すばるきゅんに認めてもらうことが出来ましたわ!


という「物語」。

あこちゃん回でありながら、ゆめも物語に絡んでるし
一見問題点などなさそうな気はするのですが。

※  ※  ※


セリフが非常に多かったとか

あこちゃん以外のキャラクターらしさを
感じるところが少なかったとか

BGMベースのスライドショー(短時間で人物の感情を深めていく技法)
の使いどころはそこじゃない気がするとか

あこの目的がすばるきゅんなら、「転」の前に
「すばるきゅんに叱られて絶望的にヘコむ」というシークエンスを
入れたほうがよかったんじゃない?とか


結構引っかかってしまうところがありました。

※  ※  ※

あと、希望としては

「あこがアイドルの自覚を持つ」物語なら、
「転」はゆめの台本を見るというだけではなく


「アイドルの自覚を持ち、誰かを楽しませる為に頑張るゆめたちの姿
を見せて欲しかったです。

そして「そんなゆめたちだからこそ発揮される魅力」にあこちゃん(と、ついでにすばる君)が
心打たれる姿を見せて欲しかった。


・そうすればあこちゃんは
「私もすばるきゅんを感動させたい、いや、このステージを沸かせたい!」
という「アイドルとして舞台に立つことを意識する」強い「転」を作れたはずだし

ゆめのアイカツ道がまた一歩進んだ姿も描けたはずです。
すばる君とゆめの距離もほんの少し縮められる印象が作れたと思います。



そういう強い心情描写がないと
ライブステージに向かうあこちゃんにあのセリフを言わせる根拠が足りないと思います。





゚・*:.:♪*・とはいえ゜゚・♯*:.。. :*・゜

こういうちっちゃいコントは楽しかったですね(´ω`*)

思わず噴出しました。

あめをあげるというギャグ。

うーんなぜだ、なぜ面白いのだ・・・(´ω`*)

夜空先輩に似てきたのか!!

心配だ!!



かわいい。べらぼうにかわいい。

ポージングのアイディアも良く出ますわね。こんなに。

一応貼っておこう。




ふーむ・・・・みんな素晴らしく可愛いけど、やっぱ見た目似てるっつうか
「弟キャラ」が3人かぶっているようにも感じるっつうか
かなた君はメガネとヘッドホンとって白黒にしたらすばる君と見分けつけるの
難しそ・・


おや?玄関に誰か来た様だ。だれだろうこんな時間に

(文章はここで終わっている・・・)

4 件のコメント:

  1. 色々と不満のある回でした。僕の場合は
    小春と絡んでいるとき以外のあこに
    キャラクターとしての魅力をまったく感じることができなかったので
    今回の視聴はかなり辛かったです。
    番組のスタッフやスバルに怒られて反省したりだとか、
    M4のメガネ君に一言お礼を言うシーンがあれば大分印象が違ったのですが・・・。

    返信削除
    返信
    1. 時間の割りにキャラクターの魅力は出てませんでしたよね。
      ぬるま湯で入れたお茶みたいな感じでした。
      ちょっとした意識の違いで印象は大きく変わったんじゃないかと
      思うのですけどね。

      削除
  2. 絵的には楽しかったが、あこの魅力が増したかというとどうも‥。

    台詞が多過ぎると感じるのは、会話ではなくあこの説明的な言葉のせいかも。卵尽くしの料理は見れば分かるから、作っているシーンよりM4がどんな顔して食べているかの方が、それぞれの個性とかあこが只のファンで視ている人を考えてない、なんて事見せられそうだが。
    あと、ほとんどあことかなたで話を動かしてるから、すじっぽいのかなぁ。
    >「すばるきゅんに叱られて絶望的にへこむ」
    こんなシーンがあれば薄味感が減っただろうな。

    返信削除
    返信
    1. セリフがなくても伝わるところまで言葉を使っていましたよね。

      スジっぽさは一般的に、キャラクターが「らしさ」を見せて動き回ると
      消えるものです。

      しかし、キャラクターに好きかってやらせてしまうとやらなければいけない筋を
      通過させるのが難しくなってしまう・・・かなり難しいことではあるんです。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...