2016年8月14日日曜日

アイカツスターズ! 第18話 「ゆりちゃんと一緒」

脚本:柿原優子
絵コンテ:佐山聖子
演出:藤井康晶

うわーーー上手ぇーーーーーー!
(*゚ω゚*)
かなり好き。

ささやかな物語でしたが、この先のゆめの物語のクライマックスのためには
きっと、絶対に欠かせないステップの一つのはず!ですよね。



ギャグが多いわけではなかったのに楽しくて何度も笑ってしまいました。

今回はゆりさんの人柄や幹部の存在を描きつつ、
ゆめがその過程で「自分なりのアイドル活動の形」を見つける物語。

というわけですね。

脇役の存在感をしっかり立たせながら
主人公の成長もしっかり描くという

この段取りがまずすばらしいですね!



※  ※  ※

そして、それを描くための細かな仕込みが
しっかりしていたところも見逃せません!

▲こういうのね。

このシーンがあることで、
「ゆめの手伝いにもこの先意味が見出せるようになる」
と視聴者は期待することが出来るようになります。


これが無かったらゆめは
「この大事なときになんとなく他人を手伝っちゃってる」みたいに
見えてしまったことでしょう。

それからこれ。

あこちゃん、いい活躍でしたね!

こういう子が居ないとゆめを焦らせる事が出来ませんでしたから。


脇役の扱い方が上手いですよね!

この子供たちは、チョイチョイTV視聴者として
登場してた・・・

細かいなぁ!

名も無い脇役まで大事にするのか!
素晴らしいな!!

先輩を手伝ったメリットは、
先輩のノウハウを得られたこと。


同時に由里さんの視聴者好感度も上昇!


脇役の活躍が、主役の物語を
更に引き立ててくれていると感じます。


「幹部」というものがどういうものかも良く分かりましたね。

「ゆめだけえこひいきしてるわけじゃない、協力を仰がれたら誰にでも手を貸す」
この一言も抜かりが無くていいですね!


「主人公だけ特別扱いをする世界ではない」
というこだわりをもって作っていると感じます。


それが、ゆめと視聴者に対する「この先どうなるか分からない緊張感」
を演出することにもなっているんだと思います。



ここは主題とは関係ないけど大好き。

ローラの酢昆布ネタをこんなところで使って見せるとはね!


親切(罠)

しかしこれは、酢昆布の刺激で落ち込ませないというローラの
優しさなのだ!ああ!間違いない!!(`・ω・´)


゚・*:.:♪*・゜゚物語・♯*:.。. :*・゜


圏外で落ち込むゆめ

先輩の背中を見て知った「ファンの獲得方法」

先輩の後押しと

「セルフプロデュース」で

作戦大成功!

おい!まひるちゃんがデレデレじゃあないか!!!おい!!!



頑張り方が庶民的で、
「いろんな人に愛される、親しみやすい」アイドルって感じがしていいですね。




そんな「ステップアップ」の物語をやりつつ

ちょいちょい匂わせている伏線にも
更に触れていく。



いいですね~~なんでしょうか。

すごく気になりますね。

引っ張り方も上手い。






゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

大きな感動があるわけでもないけど、
ゆめの小さな成長や周囲の環境が分かって味わい深かったですね。



たまに「アレ?」ってなることもあるけど、

全体的にキャラクターの扱い方と
徐々に成長していく様子の構成の仕方は

かなりお上手だなと思います。



゚・*:.:♪*・゜゚画像でコメント・♯*:.。. :*・゜

ダにぃ!?((((;゚Д゚)))


ローラ!ローラよ!!

攻めてんなー・・・プリキュア・プリパラとは違うってところを
見せ付けているかのようではないか。



さ・・誘ってやがるぜ・・・映画館に。



どうしよう。きになるなあ。でもなぜかな。
プリキュアは慣れたのにアイカツは慣れないぜ・・・

受付とモギリが怖い!(`;ω;')


でもなー・・・


でも水着の青いローラ姿がみたいぜ・・・(錯乱)


今回は珍しく結構表情を崩しましたな。

いいじゃないか・・・これくらいやってくれたほうが
楽しいよね。

それにしてもここは、アイカツにしては攻めたなー(´ω`*)

屋外でも変身装置はあるんだ!
なるほどー!

面白いな!

庶民派を気取る政治家もこんなことをしたりしますが・・

こっちは気取りではなく本物ですね。

なんか、好きだなぁ。このシーン。




こ、こんな短いスカートでチャリンコ乗ったらアブないって!!

対向車線のおじさんがうらやましいわ。


へっへっへっへっ・・・・・・


恋愛苦手な私ですが、正直、このごろのすばるくんの反応を見るのが
楽しくて仕方ありません。


へっへっへっへっ・・・・どうなんのかなぁ。


おっ!Σ(*゚Д`;)

踏み込んだ!やった!

こうして文章を書いていてもニヤけてしまうぞ!



だがすばるくんのこの反応はまだまだだな・・・

否。構わんとも!
ぜひじっくりゆっくりやっていただきたい!(゚∀゚)

6 件のコメント:

  1. 有莉さんかっこいい‥‥。惚れちゃいそう。
    幹部として舞台裏を支えながら、ゆめのフォローもして大活躍、しかし(あくまで番組の主役はゆめだから)Bパート前に資料を渡して「後はセルフプロデュース」とすっとひく。いいねぇ~。
    「他のみんなはイベント準備」なんて言ってたけど、ひめ先輩 有莉=他の幹部全員 なんて考えて、校内は彼女一人任せたのかも。
    そういえば“ゆりちゃんの〇〇講座”今回なかったな。

    その後のゆめの草の根アイカツももちろん良かったし、応援したくなるよう焚き付け仕込んだスタッフの仕事も見事でした。

    他にも色々あわせて“いいもの視してもらったわー。”な回でした。


    ゆめを応援しに来た姉妹、ニコ、ココと呼ぶみたいですよED見ると。

    で‥‥、なんだーあの次回予告!ゆずちゃんのフリーダムさは見てきたが、来週はミキ先輩も爆発するのか?(バズーカ撃ってるのは、5話ドレス回でミキの隣にいた子かな)

    閑話
    この日の昼、映画のTV放送を見て気付いてしまった。(スターズがつまらないわけではないが)アイカツが好きなのではなく、姫宮いちごが好きだと言う事に。
    3期の視聴に身が入らんわけだ。

    返信削除
    返信
    1. >そういえば“ゆりちゃんの〇〇講座”今回なかったな。

      そういえば。欲しかったですね・・・(´・ω・`)

      削除
  2. 重箱の裏
    次回予告のバズーカ、派手な火炎だが、あれは砲筒内に火薬仕掛けて金属塊の飛翔体飛ばすタイプだな。ロケットランチャーなら火炎は砲筒の後ろから盛大に吹き出して、筒内で加速、安定化するから、飛翔体はおとなしめに砲筒から飛び出す。
    まあ、ガルパンじゃあるまいし頗るドーデモいーんだが。

    返信削除
    返信
    1. 初代ガンダムのハイパーバズーカです。

      削除
  3. 草の根プロモーション活動は、アイドル物としてはありがちなネタとはいえ
    アイカツ!第1期 39話「それゆけ、ソレイユ!」をチラリと思い出させる回。

    もっとも、前作は学園長からの試練という形でのプロモーション活動でしたが
    今回は、本作のキーワードである『セルフプロデュース』を物語に上手く組み込み
    また、ゆめらしさが十分に表現された良回だったと思います。

    また、目まぐるしく変わる表情、動物の尻尾のように気分を表す髪の毛、微妙な表情や姿勢
    小さいファンへの対応、エ…じゃなくてこだわりのある描写など
    今回は、ゆめの描写が細かい所にも気を配られていて、物語に色を添えていたのも良かったです。

    有莉の入賞を自分の事のように喜ぶ幹部時代のツバサも、ツバサの人柄が良く出ていました。

    >脇役の存在感をしっかり立たせながら主人公の成長もしっかり描く
    >それを描くための細かな仕込みがしっかりしていた
    キャラクターが多いのに、こっちはそれを地道に入れている。この差は何でしょうね?

    脇役といえば、ていお様も述べていますが、あこちゃんの扱いが良かったです。
    嫌われない程度に煽らせる匙加減も上手だったと思います。
    小春ちゃんの「お邪魔!?」もかなりツボでした(笑)

    ライブパートは曲は何度も聴いた「アイカツ☆ステップ!」で少々拍子抜けでしたが
    モデリングも揺れ物の表現も改良され、モーションもかなりスムーズに。
    表情も良くなり、虹ブーストの表現まで変わっていて、CGはかなり一新しました。
    あとは、頭部(特に髪の毛)のモデリングがもう少し自然になればかなり良くなると思いますが
    そのあたりもそのうち改良されてくると思っています。

    返信削除
  4.  今回の話を私はちゃんと見たはずなんですが、映画版のおかげで記憶がかなり飛んでしまったようです。
     「アイカツらしい、いい話だった」ということだけは覚えているのですが。

     というわけで、ていおさんも映画を観ることをお勧めします。
     ローラ推しでなくとも、刺激的な内容でしたよ。ドキドキしました。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 10/01 大田区産業プラザ ドッキドキ☆ライブ ( スーパーヒロインタイム ) アイ02 ...