2016年8月8日月曜日

ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」レビュー

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーわ
すげ柄えええ得えええええええええええええええええええええ
((((;゚Д゚)))

割と最後のほうまでお気楽に見てたのに、
PV始まったところから急に鳥肌たって目が皿になって体が固まったわ!!!



・キャラクターの特徴・楽しさを沢山アピールしつつ
・ご当地の魅力を引き出しつつ
・上級生3人の過去を少しだけ見せつつ

・新しいPVを完成させるまでの千歌の物語をしっかり描いた

この技術の高さ!!!
雲の上を見るような途方もない気持ちになりました。

どの場面にも無駄がないどころか2つ以上の
意図が上手く重ねられています。

それでいてわざとらしさや強引さも感じないなんて。



すごすぎますね(`;ω;')


゚・*:.:♪*・゜゚物語・♯*:.。. :*・゜

「また廃校か」(それくらいは知ってる)
と思いましたが、この千歌のリアクションを見ると
悪いとも言い切れないなぁ(´ω`*)

「μ'sを目指す」千歌の姿を描くなら、
当然やるべき事とも言えるでしょう。

※  ※  ※


今回は学校の統廃合の話が持ち上がったところから

生徒数を集める=そのためのPVを作る

というのが「筋書き」。

それが一度NGを出され、

「この町のよいところを見せろ」
というヒントを貰い、

これに気づく。

これを転校生の梨子が気づくってのがいいですよね!
千歌はこの素晴らしさを「あたりまえ」に思ってたから気づけなかった。

※  ※  ※

そして、仲間とワイワイ楽しくやる中で


「今、気がついた。なくなっちゃダメだって」
「私、この学校好きなんだ」


と気づき、

「私、心の中でずっと叫んでた。
助けてって、ここには何もないって。」

「でも違ったんだ。追いかけて見せるよ、ずっと、ずっと・・
この場所からはじめよう!



という答えを見つける千歌の物語でした。


皆でたのしくやっているだけの事が、
実は千歌にその答えを見つけさせることにもつながっていた。


その進行方法はこれに通じるものがありましたね。



筋書きとしてのゴールは「良いPVを完成させること」でしたが、
物語としてのゴールは千歌が「Aqoursらしさ」を発見することだった。

というわけですね。
お見事です!


※  ※  ※

μ'sを目指して、μ'sの軌跡をなぞろうとしていた千歌が
「自分達らしいこと、自分の地元ならではの事をやろう」という
答えにたどり着く。


そうなると、前作と同じ境遇を与えたことも
「対比」として効果的に効いて来ますね。







「都会の沼津を背景にインチキしよう」と提案していた千歌は
前フリの一環だったんですね!



゚・*:.:♪*・゜゚クライマックス・♯*:.。. :*・゜

「浦の星女学院でスクールアイドルやってるAqoursです!」

のセリフから始まるPVへのつなぎの上手さよ!!



新曲と衣装がいつの間にか出来ていたのはご愛嬌!



「アイドル番組としての新曲投入」

「学校とこの町の良い所を取り入れたPVを作る、
という物語のゴール」

「その製作工程」

その意図を綺麗に一つにまとめたこのPVパートは・・・

見ごたえがありましたね・・・・(`;ω;')



演出家も脚本家もバケモンだと思いました。(;ω;)


こうして分析していたら、そのすごさを改めて
思い知って脇汗ビッショリになりました。


仮にPVを作る準備のシーンをBGMベースのスライドショーで
やっていたらここまでテンポはよくならなかったはずだし、

そもそも尺が足りなくなる分
キャラクターのたのしい掛け合いの部分を
削らなければならなくなっていたことでしょう。

それは、千歌に「この学校、好きなんだ」と言わせる根拠が乏しくなってしまうことにも
つながりかねませんでした。


それをさせず、ここまで綺麗にまとめるなんて・・・・

はぁ~~すげえ・・・


゚・*:.:♪*・゜゚画像でコメント・♯*:.。. :*・゜

今回もまた、ダイヤさんの心が少し動いていることが分かったのがよかったですね。


そしてここ!

そんなセリフは全くなかったのに
「おねえちゃんも一緒にスクールアイドルやろう!と、言いたいんだな」
と見ていて分かっちゃうのがすごいですね!!!


表情とか、それまでの話の流れとか、
そういうのを使って「感じさせる」演出

うっとりしました。(´ω`*)

この後、千歌が声をかけようとするのを
ルビィが引き止めるところも。

この絵とあいまって、
3人の過去に興味深々です。

こういう興味の引き方もうまいですね・・・

「普通の子になろう」としている善子ちゃんに
黒い羽を刺してそそのかせる。

まるちゃんは相変わらずの悪魔っぷり

みらいずらー(*^q^*)

犬嫌い=犬いじられ

そんなことでも楽しいんだなぁ。(´ω`*)


で、千歌んちでシイタケに襲われたであろう後のシーンで
急に早朝のシーンに転換しましたが・・・





その間 ナニがあったんだろう。



ちょっと不自然でしたよね・・


まるちゃんのジト目。たまらぬ。




「私は果南のストーカーだから」


わーお(´ω`*)


きになるずら・・・



普段金剛さんみたいな「デース」口調のくせに、マジなところでは
一番大人っぽい感じになる・・というのは

どういう事情なのか。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

構成としては、6人がそろった後もメンバー集めを継続するのではなく

「Aqours」として千歌たちが目指すべき姿勢を見つけさせる方向へシフトしたんですね。
(前回は善子加入とそれが一緒になってた)


そして、そんな千歌たちの姿を見て3年生の3人が触発される・・・

そういう段取りなのでしょう。


メンバーが9人もいると、そこまでずっとメンバー加入を中心にやっていったら
ワンパターンになってしまうと思うので、

この進行も上手いな・・・・と思いました。



もちろん、そういう事情を理解して作っている毎回の演出家さんたちも監督も。

作画もそうですが、演出もまた技術に差が無く一様にハイレベル。
というのが本当にすごいと思います。



【追記】

「リコー通り」というのが気になって検索してみたら

こんなん出てくるじゃないですか。

大分印象違いますね。

こんなとこ立ってたらハネられちゃうじゃないですか(´ω`*)


リコー通りといいながら、RICOHの会社や工場があるわけではなく
「会社があった」「街灯をリコーが寄付したから」
ということだそうで。


RICOHにしてみたらこのカットを入れてくれたことは
「寄付のしがいがあった」と言えそうですね。


私個人的にもRICOHのカメラで一個ほしいのがあるのを
思い出したので効果はありました。(*^q^*)

4 件のコメント:

  1. 「廃校」と言うキーワードが持つ意味の前作との比較とか、三年生組の闇だとか、語りたい事がてんこ盛りな第六話でしたが、今回は一点だけ。

    _人人人人人人人人人人人人人_
    >善子ちゃん、マジ善子ちゃん。<
     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
    作戦会議場所に松月の喫茶室を選んでカメラが店内に変わった所の話です。
    困惑した様なジト目の善子ちゃんの顔から始まります。
    その後、意識を切り替えた様に表情を変えて「どうして、喫茶店なの?」との問いかけが始まり、何の違和感もなくストーリーは進んで行きますが、実は津島善子の設定に「ミカン嫌い」ってのがあるんです。
    あの表情が、ミカンジュースを出されて逡巡している姿だとしたら。
    2カット後には涼しい顔をして飲んでいる画が挿し込まれているので、ミカン嫌い設定を考える必要が無いと見ることも出来ますが、表情を変えて話を切り出す直前にジュースの氷がカランと鳴って意識をそちらに向かせる演出がなされている事、ケーキに手を着けるより先にジュースだけ一気飲みをしている事などを併せ考えると、設定は生きているかも?と思わされます。
    そして、設定が生きているとしたら、嫌いな物を出されても場を乱さないように冷静を装って対応できる子だと言うことになります。犬が嫌いと言って、トイレに駆け込んだり他人の家の襖障子を蹴破ってベランダ飛び越えるような梨子ちゃんより大人なのかも知れません。
    前回も、身を引こうと輪から離れる際にはチャンと「少しの間だけど、(中略)ありがとう」と礼を言い、アーケードを逃げる時に出合い頭でぶつかりそうになったら「あ、すみません」と謝り、「生徒会長にも怒られたでしょ!?」と言って目上の意見を尊重する社会性を持っている事が示されています。
    しかし、目上を尊重していても理不尽と思えた理事長の言葉には物申す胆力も持ち合わせている事を今回では示し、同級生から「善子ちゃん、面白いよね」と評価を貰える程コミュ力があって、「マジムカつくぅ…よねぇ…ヨネェ」のぎこちなさから普段はそんな言葉は使わないし、人の悪口なんか言ったことも無い善き子である事も示されています。
    善子ちゃん、マジ天使。いや、堕天使。推しメン変わりそうな今日この頃です。

    返信削除
    返信
    1. な・・・なるほど・・・・!そんな細かな演出があったのか・・・・!!
      それは気づけなかった!ありがとうございます!

      先輩にタメ口な一方でかなりの社会性を持ち合わせた「よい子」と言うわけですね。


      さり気ない絵・表情・仕草からも目が離せないというのは
      鑑賞のしがいがありますよね~(`・ω・´)

      削除
  2. お梨子ーさん2016年8月11日 10:42

    昔、沼津にいたので本当に懐かしいです。ちなみに、リコー通りに面してはいませんが、今も西側に少し行ったところにリコー沼津事業所の大きな工場が2つありますよ。名前的に梨子ー通りにしてしまいたいw相変わらず表情が豊富で大好きです。

    返信削除
    返信
    1. 調べがいい加減で失礼いたしました。リコーの工場はあるんですね。
      リコーのカメラを買ったらそれをもって沼津まで行きたくなる気がします。(゚ω゚)
      そこで作っているかは知りませんが。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...