2016年9月28日水曜日

プリパラ[3rdシーズン]神アイドル編#115「ひびけ!神アイドルグランプリ!」

文字数1154

ああ、こいつはいいや(´∀`*)

モロバレの筋書きを、一切裏切らずただなぞるだけだとしても!
楽しかった!

106話のアレよりずっといい!


今週は「ライブ映像流して、結果を見せるだけ」。それだけ。

しかも、ここまで優勝が持ち回りだったなら結果は誰もが分かります。



それでも楽しくて満足できたのは・・

▲こういうアイディアですね。



見え透いた筋書きも、これだけギャグで飾り付けられれば退屈しません。

お気楽にヘラヘラ笑いながら見られました。(´∀`*)


ひっぱるなぁ!ハシビロコウ!(`・ω・´;)

サパンナ回を見てなかったら大混乱しちゃうよ。



なんか言い出したぞ。(゚ω゚)


普通にみれぃさんに産んでいただくという発想では・・・・


あ、ダメだわな。


中学生には早すぎる。
これは、それを回避しようとした結果なのか。


産ませようとするのは余裕でアウトだけど、
「じゃあ自分が産むならOK」・・???



いやいや!そうはならないと思う!((((;゚Д゚)))


しかしこれはこれで既に放送に乗せられないレベルな気がする
(`・ω・´;)


みれぃキチガイが行くところまで行った感がある。


遂に増殖しだしたし。



しかし、雨宮シリーズは大好きなので心から応援したい。

ちょっとメタい発言。なかなかうまい。面白い。
あろまかわいい

というか、先週ガァルマゲドンがライブやってたのを本気で忘れていた。


動物まで大興奮。

この程度のイカれ具合では驚きもしなくなったけど
冷静に考えるとやはり相当どうかしてる発想だとおもう。


だってラブライブじゃやらないでしょ?

アイカツは・・・・


・・・・無いとは言い切れないか。


▲ユルめだけど好き。(゚ω゚)




こっちはキツい((((;゚Д゚)))


遂に分身しだしたか・・・

「兵馬俑だから」って理由になってるようでなってないですよ。



小学生か!


しかし、ドロシーらしさが見られて嬉しい。
「ボクんち100枚~」は

▲コレ意識したのかな・・・

(「ひゃっくほー」が忘れられない。ドロシーを思い出すと連鎖してこの声が頭に響く。)


これも。ユルいけど好き。


「ライバルもいっぱい!」で出てくるメンバーに
コスモさんまで・・・・


「コズミック!」

一言だけ。



しかし、そこにはコスモさんのあらゆる感情・メッセージが込められていて
その解釈は聞いたものにゆだねられているというわけですね。


これは手ごわいの意味が違うわ・・・



よくわかんないけどよかったね(´;ω;`)


うーん?

やっぱこの子が参加するのか。
まだ一言も喋ってませんが。


この子ぱんつはいてんのかな!?

死ね!



マジかよマック最高だな!




このクレイジーボイスを聞いていると

また途方も無い気持ちになってくるわ・・・('A`)


新喜劇オマージュとは恐れ入った。




ふわりとは好対照になりそう。(´∀`*)


見たことあるライブが結構な尺を食ってたわけですが、
それでも満足できてしまうのは、このライブパートの映像のクオリティが
非常に高くて「何度見ても飽きない」からでしょうね。


録画をヘビロテしてたのに、今回もまたじっくり見てしまった。

※  ※  ※

たっぷり語ったつもりなのに文字数1100台か・・・
感触と実態にズレが大きい事が結構あるようですね。

今週のプリキュアも2600台まで行くとは思わなかったし。
不思議なもんです。

10 件のコメント:

  1.  今回はストーリーは予想通りではあるけれど、そこかしこに狂気が盛られていましたね。
    ここらへんは、さすがプリパラといったところでしょうか。
    アイドルが分身するのはこのアニメのシリーズにおいては珍しくないですが、
    あじみ先生は桁が違った・・・。

    返信削除
    返信
    1. この狂気だけは予想が出来るものではなく、ゆえにストーリーが見え透いていても楽しめてしまうのですね。
      楽しませ方の引き出しが多いのは、長く番組を続ける上では頼もしいでしょうね。

      削除
  2. ハシビロコウはアレたぶん伏線ですよ

    返信削除
    返信
    1. そ・・そうなん?

      しかし、ここまで引っ張られると、そうかもしれないと思えてきますね。

      削除
  3. ありがちな作品ならソラミ・ドレシは止め絵はダイジェストで済ませる処ですが、敢えて見比べさせる事で観客も視聴者も「ちょっと見飽きてきたライブよりトリコロールの方が格上」と認められるように計算されていましたね。ライブCGに関しては、いいと思った演出は強者用にとっておくらしいので、自信とこだわりがあればこその見せ方ですね。順番だからとかこの人(チーム)がなぜあの人(チーム)より上なのかさっぱりわからないといった事がないので結果がわかっていたとしても安心して見られました。お馴染みライブで尺を取った分を取り返すようなギャグと今後の展開に期待させるシーンもあって良かったです。

    返信削除
    返信
    1. >ライブCGに関しては、いいと思った演出は強者用にとっておくらしい

      へぇー(゚д゚)
      何となく感じていた印象は、やはり計算されたものだったんですねぇ!
      しっかりしてるなぁ・・・

      >お馴染みライブで尺を取った分を取り返すようなギャグと今後の展開に期待させるシーンもあって良かったです。

      ええ。何度も見た映像の繰り返しでも飽きないようになってましたね。(`・ω・´)

      削除
  4. プリパラ的展開(なんの捻りもなくトリコロール優勝とか)に慣れてきたらギャグが気になりだした。
    あろまのメタ発言、雨宮くんのいかれ具合、がタツノコ作品ぽいなと、どこがかは説明できないのだが、雨宮くんが「全国のみれぃファンの皆さ~ん」と言い出しそうな所とか?
    そんな事考えてたらひびきの「優勝するのは僕たちだ」が自信じゃなくスタッフへの挑発(僕以外誰が
    神になれる)に聞こえてきた。

    返信削除
    返信
    1. >プリパラ的展開(なんの捻りもなくトリコロール優勝とか)に慣れてきたらギャグが気になりだした。

      作り手側はそれを見越した上で作っているのかもしれませんね!

      物語でも映像でもサプライズが無いなら、
      やれるところでしっかり面白くしようとしているように感じました。

      削除
  5. トリコロールが勿体付けている間に、何も手が入っていない使い回しのライブを流し
    所々にギャグを挟んで本命のトリコロールライブ(これも使い回し)を入れておしまい。
    ライブで随分尺を稼いで、お話としては物語性ゼロ。
    中身が無いなら、せめてライブパートくらい手を入れてよ。

    ギャグも、不条理さ前面に出しているところは勢い任せなので
    果たしてどこまでが子供達にウケているのか?
    少なくとも「兵馬俑」は通じないし、説明できない親も割と居そう。

    中でも(私にとって)最悪だったのは、雨宮君のアレ。正直ドン引き。
    あそこまでいくと思考がヤバすぎて、正直子供に見せても良いものか悩む。
    アニメと現実を混同して考えたくないが、理屈ではなく気持ちの面でキツイ。

    ていお様は
    >106話のアレよりずっといい!

    とのことですが、結果として上手くはいかなかったけど
    あっちの方が物語をやろうとしていた分だけ
    私には「106話のアレの方がずっといい!」でした。

    いくらトリコロールの優勝が規定路線とはいえ、ギャグとライブで場を繋いだだけで
    盛り上げも捻りも何もなく、唱って「ハイおしまい、優勝」では
    止め画スライドで1分間流すのと大して変わらない内容。

    あと、既に本線の出場権を獲得している3組には
    勝つメリットも薄く、負けるデメリットも無く
    第1回予選のような「負けちゃうかも」といった不安描写を要せず
    「トリコロールすごい」「負けちゃったー」と、呑気なもので
    グランプリ予選の仕様そのものが盛り上がりを削いでいる点も興醒めの一因。

    とにかく、一時の寒気以外は終始フラットな感情で見終えることとなった原因を考えてみたら
    こんな自己分析となってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. うーむ手厳しい。けど、仰るとおりですね。

      この内容の薄さは今回の作者にはどうすることも出来なかったでしょうけども・・・
      ・・流石に3年目ともなると出涸らしを一生懸命絞ってお茶淹れるような事になっちゃうんでしょうかね。


      >中でも(私にとって)最悪だったのは、雨宮君のアレ。正直ドン引き。

      ああ・・・そうでしょうね。
      私は同人作家脳で喜んでいましたが、公式でアレは・・確かに・・・

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 5/28 ビッグサイト 僕らのラブライブ!サンシャインSP 04 A64 7/16 池袋サンシャイン ...